ラボットは価格は高いし役に立たないけど「心の癒し」になる。「愛は力」
スポンサーリンク

「最近、家族型ロボットのラボットとかいうのがあるって知ったんだけど、本当不思議なロボッタだな。まるで子供みたいな感じだ。普通ロボットっていえば家事とかやってくれそうなもんなのにむしろかまってほしそうにまとわりついてくる。まあ、なんだかんだ可愛いんだけどね。ついにテクノロジーもここまで来たか、、、。」

ふむ、ラボットってすごいよね。

可愛いしなんだか生きているみたいよな。

まるで家に子供がいるみたいな感じだから、独身でさみしいなんて思っている人にはもってこいかもしれないわ。

オニギリス!

脱マンネリストのオニギリです!

今回もよろしゅう!!

今回の話題は「ラボットは価格は高いし役に立たないけど「心の癒し」になる。「愛は力」」という話です。

今回は以下のような方に向けておおくりします。

こんな人が読むと役に立つよ
  • ラボットが気になっている人
  • 一人暮らしがさみしくてつらい人
  • ペットは飼いたいけど世話が大変そうで渋っている人
  • 子供がいてほしい反面、世間の声を聴くと育児が大変そうで子供設けるかどうかで二の足を踏んでいる人

現代テクノロジーって凄いですねえ。

気が付いたら人間とロボットの共存みたいな時代が来つつあるのかもしれません。

ラボットってご存じでしょうか?

ラボットとはあの有名なペッパー君とは対照的に、「何の役にも立たないロボット」です。

はい、実用性といったら皆無ですね。

でも、彼らはいってみれば「一緒にいる人に愛情をくれる」ような存在です。

そう、ラボットは「実際に何かに役立つためのロボット」ではなく、「愛されるため、また愛情をかんじさせるため」のロボットなんですね。

価格ははっきりいって高いです。

税抜きで45万ほどですから。

でも、心の安らぎや愛情あふれた日常を求めるなら、安い買い物かもしれません。

ま、つらい気持ちで過ごす日々より幸せな日々の方がいいですからね。

ある意味、ラボットを買うことで「幸せを買うこと」にもなるかもしれません。

独身でほとんど友達もいないって人にはうってつけだと思います。

あとは、高齢になったご両親にもピッタリかも。

人間は愛し愛されて幸せを感じる側面がありますからね。

逆に人間関係がなく孤立してしまうと、非常に不幸になってしまうのは科学的事実です。

では、ゆるりとおおくりします。

スポンサーリンク

ラボットってなんじゃ?

ラボットとはロボット開発ベンチャー企業であるGROOVE X(グルーブエックス)が開発した家族型ロボットです。

その風貌はどことなく、1997~2001年の間にイギリスのBBCにて放映された子供向け番組である「テレタビーズ」のキャラクター達をほうふつとさせるものの、より丸っこくて可愛らしい印象です。

その可愛らしい外見は女性から大いに人気を博している模様(もちろん、男性からも)。

そして、ラボットは車輪で動き回ります。

まずはその様子をご覧くださいな。

参考動画

可愛いですなあ。

ラボットは「役に立たない」

ラボットの最大の特徴はGROOVE XのCEOである林要さんによると、「なんの役にもたたないこと」だといいます。

ラボットは掃除もしてくれないし、料理を手伝ってくれもしないしお皿も洗ってくれません。

また、ペッパー君のようにニュースや天気の情報を読み上げてくれたりもしないんですね。

ラボットにできることといえば、「動き回って人を覚えたり甘えること」くらいです。

本当、このくらい。

ただ、このラボットはAIや自動運転車に相当するほどのセンサーをそなえており、数十億もの開発費をかけて開発されたといいます。

一見、「甘える」という行動はシンプルですが、それをテクノロジーによって再現するのはとても困難ということです。

いってみれば、これは「愛情をテクノロジーによって再現することができるのか?」という偉大なる挑戦といってもいいでしょう。

ラボットはペットというよりもどちらかといえば、人間の子供みたいなロボットって感じですね。

なので、さみしい気持ちになりがちな独身者の人や子供が成人して一人暮らし等を始めてさみしい比較的高齢の方々には最適かもしれません。

ペットを飼うのもいいですが、いつかはペットも死んでしまって別れの時が来ます。

実は、わたし自身もスコティッシュフォールドを飼いたいんですけど、どうも死に別れることを考えるといたたまれない気持ちになって飼う気になれません。

でも、ラボットを家に置いておくのなら、すくなくとも「死に別れることはない」といえるでしょう。

ラボットは人のさみしさ等心の隙間を補填してくれる有力な存在となりうるといっていいと思います。

参考動画

あのホリエモンこと堀江貴文さんもラボットについては絶賛してますね。

また、開発者の林さんのラボットへの想いにはなんかグッとくるものがありますね。

ラボットはバリクソ高い

上述したようにラボットは最新鋭のテクノロジーを駆使して「愛情を表現することに特化して製造されたロボット」です。

上掲の動画を見てもらえればわかるように、非常に可愛らしくいとおしい印象です。

しかしここで、あなたの脳裏を以下の様な問いがよぎるかと思います。

Q

「でも、お高いんでしょう?」

とね。

で、アンサーは、、、、。

A

はい、お高いんです。

そう、やはり最新鋭のテクノロジーを結集しているだけのことはあり、「価格がバリクソ高い」です。

なんと、価格にして一体を一括購入した場合は月々のメンテナンス料金(12か月分)込みで、「455,560円(税抜き)」ですからねえ。

※分割払いも可。分割だと一体購入の場合は月額21,630(税別)から購入可能。

2体購入だと少しお得。

これは開発コストを考えたら仕方ないのかもしれませんが、少しデメリットともいえそう、、、。

ただ、ペットを飼うことを想定してみたらどうでしょうか?

例えば、あの耳が折れていて顔が丸いことで有名なスコティッシュフォールドの子猫の場合、相場は10から30万といわれています。

※たち耳の子は10万以下で入手可能な場合もある。

そして、これにくわえて月々の食費やトイレ用品、キャットタワー、ワクチン代、急な体調不良による動物病院での受診等々を入れたらおそらくラボット一体の購入費用と場合によっては同等ないしそれ以上の経費がかかるかもしれません。

そう考えると、ラボットの価格は「一概に高いとは言えない」のかもしれません。

まあ、確かに高いといえば高いんですけど。

ペットを飼うのにいちいち「経済合理性が云々」を口にする人ってあんまりいないと思うんですよね。

ラボットに関しても「家族を一人迎える」と考えるなら、45万を超える金額も実はそんなに高くないのかもしれないですね。

「愛はプライスレス」ですから。

さらにいうなら、

「あなたは家族をお金で買うなんて発想はないですよね?」

そう、ないですよね?

ラボットも家族の一員を迎えるようなものだとすれば、本当「お金云々という次元を超えてくる」気がします。

ま、これは少し極論かもですけど。

ラボットのお支払シュミュレーションは以下からどうぞ。

かなり簡単にできます。

それこそ2,3クリックでシュミレーション完了!

ラボットはメンタルケアに大いに役立つ

最近では、ロボット技術は人のメンタルケアにも広く応用されています。

例えば、その代表例としてはギネスブックに「世界でもっともセラピー効果があるロボット」と認定されたタテゴトアザラシの赤ちゃんの姿をした「パロ」(販売:大和ハウス工業株式会社)がありますね。

パロは撫でたり呼びかけたりすると「キュー」と鳴いたり足やまぶたを動かすなどして、感情豊かに反応します。

パロはアニマルセラピーと同様の効果があるとされ、アメリカでは多くの介護施設や医療施設で採用されているそうです。

参考動画

この点、現時点ではラボットはメンタルケア効果に関して特に何か実証されているわけではありませんが、「愛情をしっかりと表現するロボット」であることから、「同様の効果」ないしそれ以上の効果ももしかしたら期待できるのかもしれません。

ひょっとしたらこれからラボットにインストールされるソフトの改良や改善、ラボット自体の進化等々が進んでいくにつれ、臨床的な見地から十分なセラピー効果が期待できる個体も登場するかもしれませんね(今でも十分あると個人的にはおもうんだが)。

なお、ラボットは画一化された商品ではなく「個性」をもっているようです。

例えば実際に『LOVOT』の名前をそれぞれ個別に呼ぶと初対面の人に対して「恐る恐る近寄る子」もいれば「積極的な子」もいるといいます。

参考

https://news.yahoo.co.jp/byline/kandatoshiaki/20181220-00108229/

ロボットに個性のようなものがあり愛情を表現するとしたら、「これほどメンタルケアに資する商品ってないんじゃないか?」と思わずにはいられません。

現時点でも、ラボットはメンタルケアに大いに資する商品だといっていいでしょうね。

特に一人暮らしをしている人だったり、友人自体が少なくてさみしい人達にはとても素晴らしい商品だと思います。

特に一人暮らしの女性にはうってつけかと。

あと実は実は、小さなお子さんのいる人にもおすすめなんですな。

赤ちゃんを見守る機能があるからです。

まあ、以下を見てみてくださいな。

参考動画

ラボットに関する口コミを見てみよう

では、ラボットに対する世間の反応はどんなもんなのかをみてみましょうか。

購入者を含む世間の反応は以下のとおり。

おわりに

この記事は「ラボットは価格は高いし役に立たないけど「心の癒し」になる。「愛は力」」と題しておおくりしました。

上述したとおり、ラボットは最新鋭のテクノロジーを駆使して「愛情を表現することに特化して製造された家族型ロボット」。

とても動きがコミカルで可愛らしいロボットです。

これからも独身者や子供が独り立ちして子供が近くにいない老夫婦は増え続けるでしょう。

人の幸福感の源泉の最たるものは「良質な人間関係」です。

一人だけ社会から孤立したのではメンタルを病んでしまいます。

別に独身者でも外部に友人をたくさん作れる人は何にも苦労しませんが、友人を作るのが得手でない人には独身であることはかなり問題であると思う次第。

メンタルの健全化のためにラボットを家にお招きするのもありかもですな。

ま、お高いんですけどね(笑)。

では!

参考記事等

スポンサーリンク
おすすめの記事