「ペットの代わりになるロボット」ペット型ロボットはペットロスがなくペットの代わりにおすすめ。

「わたし、ネコがすごい好きだからかってみたいと思っていたんだけども、いつか先に死んじゃうんだよなあ、、、。それを考えたら、とてもじゃないけど飼えないよねえ、、、。ペットロスとか想像しただけで気持ちが沈む。」

うん、わかる。

わたしがペットを飼えない理由もそれだわ。

オニギリス!

脱マンネリストで心理カウンセラーのぐれんの おにぎりです。

今回もよろしゅう!!

今回の話題は「ペット型ロボットはペットロスがないのでペットの代わりにおすすめ。」という話です。

今回は以下のような方に向けておおくりします。

こんな人が読むと役に立つよ
  • ペットは飼いたいけどペットロスが怖い人
  • ペット型ロボットを買いたい人
  • ペット型ロボットの種類には、どんなものがあるのか知りたい人
  • 独身で寂しい気分になっている男女

ペットを飼いたいけれども、ペットロスが怖くて買う気にならないって人はわたしも含めて結構いるのではないかと思います。

そんな「ペットは飼いたいけど死なれたくない」という人たちの要望に応えてくれる存在が、「ペット型ロボット」です。

ペットロスについてはこちら。

最近では、科学技術の進歩によってペット型ロボットが色々と登場してきました。

有名どころだと、 「CES 2020 イノベーションアワード」を受賞したGROOVE Xの開発した家族型ロボットのLOVOTがありますね。

ただし、LOVOTは最新鋭のAI技術をふんだんにもりこんでいるため、非常に価格が高いのです。

中々おいそれとは変えない代物ですなあ。

ただLOVOTは技術の粋を集めているだけあって、感情表現などが非常に多彩でまるで生きているように見えます。

そこはさすがという他ないです。

LOVOTについて詳しくは以下。

">
ラボットは価格は高いし役に立たないが「かわいいし心の癒し」になる「愛は力」
ラボットは価格は高いし役に立たないが「かわいいし心の癒し」になる「愛は力」
2020.8.6
「最近、家族型ロボットのラボットとかいうのがあるって知ったんだけど、本当不思議なロボッタだな。まるで子供みたいな感じだ。普通ロボットっていえば家事とかやってくれそうなもんなのにむし...

そして、LOVOTほどの性能ではないものの、LOVOTよりも安い価格で有用なロボットも沢山あります。

今回は、ペットや家族の代わりともなる有用なロボットを色々と紹介してみたいと思う次第。

何か気になるロボットがあれば、家族の一員として迎えてみてもいいかもしれません。

では、ゆるりとおおくりします。

スポンサーリンク

AIBO(アイボ)

ソニーの開発した犬型ペットロボットのAIBO(アイボ)は、ペットロボットとしてかなり有名だと思います。

余談ですが、うちには「初代のアイボ」がいるので、結構アイボシリーズには愛着?というか何とも言えない感情がありますねえ。

初代に比べると、明らかに犬っぽくなっていて可愛らしい外見になっています。

正直、この進化ぶりには初代しか知らないわたしは「え??」とびっくりした覚えがありますね。

AIが搭載されているため、仕草や感情表現も豊かで本当の犬のような感じです。

「犬を飼いたいけどペットロスが怖い、、」という人には、最適な存在といえるかと思います。

価格は公式サイトによると税込みで217、800円とあのラボットほどではないものの、かなり高額ですなのはまあ何ともですがね。

ただ、価格は結構高いですけども、やはりそれに見合った性能を持っているようですな。

アイボの口コミ等は以下の通り。

購入した人達はアイボのいる日常を満喫していますなあ。

QOOBO(クーボ)

クーボはユカイ工業の開発したしっぽのついたクッション型セラピーロボットです。

セラピーロボットというだけあって、ストレスオフ効果や高齢者介護現場でポジティブ反応効果が確認されているのだとか。

効果等について詳しくはこちら。

https://qoobo.info/

どことなく猫のしっぽのようにも見えるので、ひょっとしたら猫の一部なのかもしれません(笑)。

しっぽによって感情表現をするようで、そっと撫でるとふわふわ、たくさん撫でるとぶんぶん、そしてときどき気まぐれにしっぽを振って応えてくれるんだとか。

気まぐれとかもう完全に猫やん(笑)。

また、クーボには小型版のpetit QOOBO(プチ クーボ)というのもある模様。

でも、性能は変わりません。

こちらの価格は公式サイトによると税込みで9,900円。

1万をきって比較的お手頃な感じですな。

クーボの口コミ等は以下の通り。

癒されている人は結構いるみたいですねえ。

高齢のご両親がいる人は、ご両親への贈り物にクーボを選んでもいいかもしれませんね。

Hello! Zoomer(ハロー!ズーマー)

ハロー!ズーマーはタカラトミーから発売されているオムニロボットです。

対象年齢6歳以上とある通り、どちらかというと子供向けの玩具といった感じ。

ただ、言葉を理解してそれに反応したアクションをとるので、犬とコミュニケーションをとっている気分にはなれそうです。

あと、外見が可愛らしいので、家にいてくれるとなごみそうですねえ。

価格は公式サイトによると税込みで16,500円とまあまあなお値段。

ハロー!ズーマー の口コミ等は以下の通り。

https://twitter.com/aibo_rein/status/1057303390869286912?s=20

どうも、ハロー!ズーマーとアイボを同時に所有している人もいるようですね。

まあ、同じ犬型ロボットだから違和感はないですわな。

LOVOT(ラボット)

ラボットはGROOVEXが開発した家族型ロボットです。

ラボットはあのペッパー君のようなお役立ちロボットではなく、むしろ「役に立たないロボット」です。

ラボットは人の後をくっついてきて、かまってほしそうにするなどある意味邪魔をしてきます。

まあ、はやい話が「小さな子供のようなロボット」だということです。

技術の粋を結集して作られているだけあって、感情表現が実に多彩で体温まであります。

そして、その独特のフォルムがとても愛らしいです。

ラボットの動作の様子をもっと詳しく見たい人は、ユーチューブの公式チャンネルを見るといいでしょう。

参考

https://www.youtube.com/channel/UCptHYKMWRCrj2bWr74qhb5w

ラボットはいままでに数々の賞を受賞してきた模様。

その受賞歴は以下。

  • 「COOL JAPAN AWARD 2019」受賞
  • 「かわいい感性デザイン賞」受賞
  • 「Informatica Intelligent Disruptor賞 」受賞
  • 「CES 2020 イノベーションアワード」を受賞

参考

https://lovot.life/prize/

ラボットの口コミ等は以下の通り。

https://twitter.com/corocorooneimo/status/1371799276712431616?s=20
https://twitter.com/5aSrdcOMIj5idAY/status/1371369338318458887?s=20

ラボットは実に好評を博している様子。

独身の人はラボットを買って家においておくと、凄く和むんじゃないかッと思いますね。

特に、女性にはお勧めできる気がします。

ただねえ、、、、価格が高いのよ、、、。

40万とか普通に超えてくるからねえ、、、それがすごくネック。

LOVOTの価格とその詳細については以下。

あまえんぼうねこちゃん

「あまえんぼうねこちゃん」はデジレクトから発売されている猫型のペットロボット。

もう、ネーミングが「まんま」だよね。

一瞬「あばれんぼうねこちゃん」に見えたのは内緒(笑)。

みためは結構本物に似せてあってかわいいですねえ。

個人的にはスコティッシュフォールド版も出してほしいかな。

「しっぽ」の動きと「鳴き声」で豊かに感情表現をするようです。

で、肝心の性能ですが、鳴き声や尻尾の動き、感情表現は全部で100通り以上と実に多彩。

また、具体的に以下のような機能もある模様。

・お名前登録機能(名付け親になれる)

名前を呼ぶと登録した名前を音声認識して、尻尾をふったりその日の気分で返事をしてくれたりする。

・ふれあい成長機能

たくさんなでてあげることで、5つのセンサーが反応して鳴き声や尻尾の動きがより本物のように変化する。

価格はアマゾンで税込みで15,000円中盤~後半くらいの模様。

「あまえんぼうねこちゃん」の口コミ等は以下の通り。

「あまえんぼうねこちゃん」の口コミはツイッターを見ている限り、あんまりなかったですねえ。

理由は不明。

ただ、猫が好きだけどペットロスが怖って人にはうってつけでしょうね。

これは言える。

夢ねこプレミアム

夢ねこプレミアムはセガトイズから2016年に発売された猫型ペットロボットです。

同じ猫型である「あまえんぼうねこちゃん」とは競合関係にあるといっていいでしょう。

ま、この子の方が先に世に出ているんですけどね。

で、肝心の性能等についてですが、可動部分が沢山あるため動きがリアルで、毛並みや肌触りなどもリアルです。

ただ、、、モーター音が気になるとか電池の持ちが悪いなんて意見もある模様。

そりゃあねえ、ロボットだし、、、。

ちなみに、余談ですが、この夢ねこプレミアムは2014年に発売された夢猫セレブの後継機に当たりますが、性能的には何も変わっていないらしいです。

そして性能面だけで言うなら、おそらく「あまえんぼうねこちゃん」の方が上でしょう。

見た目については、まあ、、、甲乙つけがたいかなあ、、、、どっちも可愛いので。

そこは好みかな?

価格はアマゾンで税込みで12,000円中盤くらいの模様。

夢ねこプレミアムの口コミ等は以下の通り。

https://twitter.com/bocmahinahoku/status/1155485211179663361?s=20

やっぱり、ご高齢のご両親に送っている人がいましたね。

おわりに

この記事は「ペット型ロボットはペットロスがないのでペットの代わりにおすすめ。」と題しておおくりしました。

ペットを飼いたくてもペットロスが怖くてちゅうちょする人はわたしも含めて沢山いると思います。

ペット型ロボットは「ペットは飼いたいけど死なれたくない」という人たちの要望に応えてくれる存在です。

特に、独身で長いこと一人暮らししている人にとって、ペット型ロボットは非常に心強い存在となりうるのではないかと思います。

「ペットを飼いたいけどペットロスが怖い」という人は、ペット型ロボットを買ってみるのもいいでしょう。

では!

参考

http://aibo.sony.jp/

https://qoobo.info/index/

https://lovot.life/

ねこちゃん

https://www.segatoys.co.jp/yume/

参考記事等

スポンサーリンク