美人過ぎる人がモテないのは、「容姿の威圧感がハンパないからである」
ぐれん
心理カウンセラーのオニギリの中の人、ぐれんです。

今回の話題は「美人過ぎる人がモテないのは、「容姿の威圧感がハンパないからである」」という話です。

今回は以下のような方に向けておおくりします。

こんな人が読むと役に立つよ
  • 美人なら簡単にモテると思っている人
  • 自分は内心美人の部類なのにモテないと疑問に思ている人
  • 美人が怖い人

いきなりですが、「美人はモテる」というのは真実でしょうか?

、、、まあ、恋愛対象にはなりやすいはずですね。

しかし、「美人過ぎる」、つまり「超絶美人であったなら」どうでしょうか?

意外と超絶美人ってもてません。

いや、失礼!

「モテてるようには見えません」。

そう、潜在的には多くの男性が「付き合いたい」とおもってはいるのですが、綺麗すぎる女性は結構男性の自尊心をえぐってくるもんなのです。

美は凶器なのね、、、。

今回は美人過ぎるとモテない理由について考察してみたいと思いやす。

では、まいる。

スポンサーリンク

美は権威であり凶器である

現代において、女性は男性と比較してかなり恋愛に関してはイージーな印象です。

同じ容姿のレベルの男女を比較した場合、女性の方が圧倒的に需要があるってことですな。

基本的に恋愛は外見上の魅力の均衡が重要であるため、容姿のレベルが上がってくれば当然需要が増してきます。

なので、「美人は美人であるだけでモテる」ようなきがしますね。

まあ、これで大筋で間違ってはいません。

でも、現実を見てみると、案外超絶美人はより格下の美人、へたをすると「ちょっとかわいい」くらいの女性に比べてあんまりモテていないように見えたりするものです。

あまり具体的な名前を出すのは気が引けますが有名人で言うと、橋本環奈さんやツウィさん、キムナヒさん、新垣結衣さんといった面々はまあ超絶美人といってもいい人たちだと思います。

これらの方々はみな、パーツ配置が平均値や黄金比率に非常に近くネオテニー要素も多分にありますね。

さらに言えば、顔に適度な立体感もあり顔に弱点らしい弱点がなく、あったとしても他の要素によって相殺されて無視できるレベルといえましょう。

彼女たちは心理学的な見地から見ても、まごうことなき超絶美人だと思います。

これほどの高水準の人達になると、意外に男性からアプローチされる機会は少な異と思う次第。

というのも、あまりに美しいと男性側の自尊心がへし折られてしまうんですね。

ワンピースの覇王色の覇気ではないですが、超絶美人は存在しているだけで「凄い威圧感」を放ってくるのです。

なので、その場に居合わせた大概の男性は「こんな綺麗な人に自分が相手にされるわけがない」とすぐに思わされるでしょう。

多くの男性は美人過ぎる女性にアプローチをかけても無謀に思えるから、自分の自尊心の保護のためにスルーしようとするわけです。

男性も傷つきたくはないのが普通でしょう。

で、ひどい場合になると、酸っぱいブドウの話よろしく「あんなに美人だと高慢そうだ」とか「男性へん歴がすごそうだ」、「つきあったら金がかかりそう」なんて自己説得してあきらめようとしたりするかもしれません。

超絶美人には潜在的に莫大な需要が存在しているのに、その威圧感のせいで男性がよりつけなくなっているというわけですわね。

そこは容姿が劣っている女性がモテていないのとは決定的にことなっている点でしょう。

もっともモテるのは「ややかわいい、やや美人」くらい

現実的に考えた場合、最もモテるのは「ややかわいい、やや美人」くらいの女性だといえましょう。

「ややかわいい、やや美人」くらいの女性であれば言い方は多少悪いですが、「自分でも行けそう」と思う男性が増えるため超絶美人の場合に比して顕在的な需要が多くなってきます。

もっとも、ここでいう「ややかわいい、やや美人」という人がどのくらいの容姿なのかは問題ですね。

まあ、これはわたしの主観になってしまうので、「科学的根拠がないことは聞くに値しない」!って方々は聞き流してほしいのですが、わたしは世間一般の男女の容姿の平均は10段階で考えるて3くらいだと思っています。

で、わたしがここでいう「ややかわいい、やや美人」は5~6くらいの顔の人達です。

7になるともうパーツ配置や各パーツに弱点らしい弱点はなくなってくるので、「誰が見ても美人」というレベルになってくるって感じですね。

ここまで来て初めて、わたしは「美人」だと思います。

で、超絶美人というのは9~10くらいの人達であり、芸能人でもほとんどいません。

そんな感じです。

ややかわいい、やや美人な女性たちは多くの男性に「自分でも行けそう」と勘違いさせることができるので、表面的には超絶美人たちよりモテます。

愛想がよければなおのことです。

「美人」くらいになると、劇的にアプローチされる数は減る気がしますね。

ただまあ、実際の恋愛では「見た目の均衡」が重要なので、基本的には3の男性が5や6といったレベルの人に挑んでも恋愛感情を持たれることは難しいんですけども。

ただ、結婚であれば、男性が3であっても相当な資産家であれば、5から6くらいの女性と成立するかもしれません。

ま、「その結婚に愛はあるんか?」て聞かれたら、わたしは基本的に「おそらく十中八九ない」て即答しますけどね。

※ここでの愛は恋愛感情の事。

まあ、女性側がいわゆるB専だったら話は別です。

参考記事等

美人は気をつけないと、あっという間に不幸になる

上述した通り、超絶美人は「モテないのではなくてモテていないように見えているだけ」といえるでしょう。

ただ、だからと言って、「幸せな恋愛ができるか」と言ったら話は全く違います。

超絶美人は表面的にはそれほどモテないといっても、努めて親切にしたり笑顔でいたり腰低くして居たらまあ高慢な印象もそれなりに減少させられるので、モテに関しては何も問題はなくなるでしょう。

しかし、恋愛では何度も言っている通り、基本的には外見上の魅力が釣り合っているもの同士が一緒になるので、超絶美人は超絶美男子と一緒になるのが筋というものです。

こういう言い方は本当に失礼なんですが、大体の人は自分より外見が下の相手とは付き合いたくないと思っている気がします(気だからね)。

すくなくとも、自分くらいの見た目はないと納得いかない人が多いと思うんですね。

だとすれば、超絶美人が引かれるのも自分と同格以上の超絶美男子ってことになりますな。

とはいえ、超絶美人と同等くらいの水準の超絶美男子も超絶美人同様ものすごく希少なため、美人側としては「自分と同格の人がいい」という至極当然な望みを抱いても自分と同格の美男と巡り合うことはそうそうあり得ません。

そうなると現実的に考えるなら、美人としては「自分より格下でも性格が良くて仕事が出きればいいか」と妥協せざるをえなくなってきます。

もちろん、限度はありますが。

この妥協ができないと、いつになっても「いい相手がいない」みたいな気分でいることになるでしょう。

意識の持ち方次第で不満や不幸を感じるってことですねえ。

ま、これは全ての人に言えそうではあります。

で、一番厄介なのが次。

最初に言ったように、美人度が高くなってくるとそもそもアタックしてくる人数が激減してきます。

みんな断られるのを恐れて近寄ってきませんから。

しかし、中にはそんなこと全く意に介せずに突っ込んでくる人たちがいます。

全てが全てではないですが、こういった人たちの多くは「いわゆるダメ男やクズ」といった人たちです。

よく世間で「美人って不幸な恋愛している場合が多いような気がする、、」という意見がささやかれるのにこれが関係しているような気がします。

クズやダメ男といわれるようなタイプの人達は本能に訴えかけるのが上手いので、本人の容姿のレベルに関係なく美人を落とせることもままあるんですね。

クズにつかまってしまったら大変です。

美人は変な男性から目を付けられやすい気がするので、そこはかなり注意しないといけないでしょうねえ。

そこら辺について詳しくは以下からどうぞ。

せっかくモテるなら、幸せになるためにそれを活用してほしいものです。

おわりに


この記事は「美人過ぎる人がモテないのは、「容姿の威圧感がハンパないからである」」と題しておおくりしました。

超絶美人は案外もてません、表面的には。

それというのも、その美しさが威圧感となって多くの男性の戦意をそぐからです。

ただ、潜在的にはモテているので、愛想をよくして親近感をわかせるようにすれば問題はないでしょう。

もっとも、美人側が「格下なんぞに好かれてもうっとおしいだけだ」と一蹴するなら話は別でしょうけども。

ただ、美人はいわゆるクズみたいな男性にねらわれやすいため、注意が必要といえるでしょうね。

まあ、結局容姿はどうあれ親近感って重要なんだろうなあ。

では!

参考記事等

スポンサーリンク
CIELで運命の相手探し

Cielは20代中頃の独身女性チームがつくったアプリ。

Cielは婚活、恋活、友達作り等多様なニーズに対応しています。

また、一般にマッチングアプリサービスでは男性側の利用料が高い傾向にありますが、Cielでは女性と25歳未満男性は月会費無料25歳以上男性も月額1,500円(有料会員6か月プラン(9,000円)を選択した場合)と低価格だから、高コスパで相手を探せます。

恋愛や結婚でパートナーを探すとなると、結構時間がかかったりしてしまうものですが、コストが安く済むなら安心してつづけられれるものです。

さあ、Cielに運命の相手を探しに行こう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事