非モテをこじらせるとミソジニーになる気がするので気をつけた方がいい
ぐれん
心理カウンセラーのオニギリの中の人、ぐれんです

今回の話題は「非モテをこじらせるとミソジニーになる気がするので気をつけた方がいい」という話です。

今回は以下のような方に向けておおくりします。

こんな人が読むと役に立つよ

恋愛がうまくいかない男性等

以前、「ブサイクかどうかよりひねくれることが問題だ」といった記事を投稿しましたが、今回はその各論的なものって感じです。

恋愛が上手くいかず非モテっぽい感じで停滞していると、人によっては段々と「女性は敵!!」等といった思考になってくるといいます。

アメリカではそのような女性嫌いの男性たちをインセルなんて言ったりするようです。

確かに女性の興味がない人への対応には相当辛辣なものがありますし、元彼の未練も「え?もういいの?」と思うくらいあっさり割り切ってしまう人も少なくない気がします。

しかしだからと言って、「女性嫌い」になればなるほど女性から好かれにくくなるでしょうし、もしテクニック的にモテるようになっても長期的な関係を維持できず幸せにつながるような恋愛ができないのではないかと思うんですね。

なので、「女性を恨むようになってはおしまい」です。

、、、はい、そんな気がしますな。

ま、女性の場合にも同様のことが言えそうですがね。

では、ゆるりとおおくりします。

スポンサーリンク

非モテ男子が非モテをこじらせるとミソジニーになる?

いわゆる非モテ男性は女性に無下に扱われることも多く、それが故にひねくれて「どうせ女なんて、、、」のように考えるようになってしまうこともあるといいます。

ただ後述しますが、非モテ男性のほとんどが非モテなのはおよそ戦略ミスが原因です。

なので本来多くの場合はそこまで悲観的になる必要はないと思います。

しかし中には努力の方向性を間違って、女性から無下に扱われ続ける中でミソジニー、つまり「女性嫌悪や女性蔑視」といった考えに染まっていく人が一定数いるものです。

ちなみに、このような非モテたちは海外では「インセル」と称されている模様。

インセルについて詳しくは以下。

確かに最近の恋愛市場は圧倒的な女性優位の状況であるため、「こいつ調子に乗りやがって!」みたいな女性が多いのも事実でしょう。

女性は男性に比較すると結構気分屋で割り切りも早いと思うので、男性からすると無慈悲であったり薄情に見えることもあるかもしれません。

それは以前の記事で述べた通り。

ただこれも進化心理学等の観点から見ればまあとりあえず納得できそうな理屈は立つものです。。

女性は妊娠してしまうという生物的な特性上、「よりよい遺伝子を選択しようとする傾向が高い」と言えます。

なので実は女性の方が男性よりも面食いであるなんて話もありますね。

なのである意味「女性が興味がない異性に対して辛辣な対応をとる」のには致し方ない面もあるという事ですな。

もっともそれを許容していいという話ではないですけどね。

とにかく、非モテ男性が女性から辛辣な扱いばかりを受けてひねくれるのもわからんではないです。

しかし、ひねくれていいことはないですね。

少なくとも非モテコミットはやめ、外見を整えよう

私がこれまで人生で見てきた限りにおいて言えることですが、まず非モテの男性のほとんどが「外見の重要性を軽視しすぎている」気がしてならないです。

「誰が見てもわかるイケメン」は元々の顔が整ってない事にはなれません。

しかし、「誰が見てもわかるイケメン」にはなれなくとも、「雰囲気イケメン」にならおよそ誰でもなれるものですし、またそれを目指すべきです。

にもかかわらず、非モテ男性の中にはなぜか「内面で勝負する」とか「内面を見てもらえれば選んでもらえる」なんて事を真面目にいう人がいます。

これは恋愛や結婚に関して言えば、「大間違い」です。

内面を見てもらうには「最低限の外見が必要」だからですな。

まずは外見ありきなんです。

この手の話は当ブログにて何度もしてきたので、改めてしつこく繰り返すことはしませんので詳しくは以下の記事を参照くださいな。

そして、女性に対して依存しすぎるというか「女性に気に入られたい」といった気持を前面に出して、異性に対して余裕がなくなっている様子をさらさないことには注意が必要です。

いわゆる非モテコミットをするなという事ですな。

非モテコミットについて詳しくは以下参照。

とにかく、まずは外見を整えてください。

その状態で女性と接してみると多くの人はかなり状況が変わったことに驚くはずです。

外見を整えないだけで、どれだけ自分が損をしていたのかを実感するでしょう。

実を言えば、わたしは元々結構強いくせっ毛なんですが、20頃から癖がかなりマシになるとともに本格的にヘアアイロンを使うようになりクセが目立たないようにできるようになりました。

正直それだけでかなり印象に対する評価が上がりましたし、なにより毎日鏡を見るのが楽しくなったくらいです。

自分の顔の自己評価は特段の個性や優位性を感じないフツメンですが、自慢ではないですが異性の友人からは超イケメンと言われることもしばしばありました。

これはきっとこれまでの関係性やお世辞といった事を踏まえた評価という事で、「評価の大部分をマイナスしないといけない」と思っています。

ただ「以前よりも格段に評価があがったのは間違いない」です。

髪の癖だけでこうなのですから、髪の色や服やアクセサリーといった色んな事を修正することで相当評価が激変すると思います。

どれだけ評価が変わるかはその人次第といったところではありますが、「絶対に外見を整えて損はない」です。

これは断言できます。

女性は敵ではない!!

非モテ男性には「女性は敵ではないし、そういった思想に染まるな」という事を強く言っておきたいです。

これは人権思想がうんたらとかポリコレがどうとかそういうことではありません。

ミソジニーの沼に陥ってしまうと、「女とは決して分かり合えない」とか「女は敵」なんて考え方を持つようになってしまいがちで、この考え方では恋愛を通して幸せになることなど到底不可能になりますし結婚はなおのことです。

事実、ワイトカ大学の研究によると女性への性的暴行で有罪判決を受けた受刑者の特徴のうちの一つに「女と男は別の生き物である」という考えがあったといいます。

これは「もう決して男女は分かり合うことはできない」という相互理解の放棄を意味しているといえましょう。

確かに女性の気分は変わりやすく「え?土壇場で予定のキャンセルするのかよ??」みたいなことは実に多々あります。

ただそういったところはあっても決して分かり合えないと決めつけては長期的な視点で見て、お互いの関係を健全な形に構成していくことは難しいでしょう。

それに女性側からしても「男は何考えているかよう分からん」という感想でしょうし、実際に女性に本音を聞くとそう思っているようです。

「わからないながらも理解をする姿勢を失わない」のが大事なわけですな。

女性は男性より性格が悪いとかいうけどそれは本当か?

世の中の非モテ男性の中には「女性の方が男性より性格が悪い」と言い出す人がいます。

しかし、これは間違いでしょう。

正直、男性には男性の性格の悪さがあるし女性には女性には女性の性格の悪さがあるものです。

それぞれにはそれぞれの性格の悪さというものがあるので、どっちもどっちだといえましょう。

まあお互いに性質の違う悪さがあるってことですな。

具体的に言うなら、女性の方が共感を大事にする傾向はあるため悪口大会を開催するかもしれませんし、男性は相手に競り勝つために罠を仕掛けるかもしれません。

それぞれにはそれぞれの悪さがあるといえましょう。

ただ、あくまで個人的には女性の方が基本的に話すときにノリがいいし感情表現が豊かで結構すぐにけらけら笑うので話してて面白い感じがしています。

むしろ下手をすると同性の方が厄介な性格の人が多かったような記憶がありますな。

もちろん同性でもいい人が沢山いるのは疑いない事実ですけどね。

とはいえ、こういった私の認識は普遍性のあるものではないのあまり参考にはならないでしょう。

ま、結局のところ、男性も女性も性質の違う「性格の悪さ」をみんな持っているのでことさら「どっちが性格悪い」なんて言うこともないと思います。

どっちもどっちだと思いますね。

おわりに

この記事は「非モテをこじらせるとミソジニーになる気がするので気をつけた方がいい」と題しておおくりしました。

非モテ男性は女性から辛辣な扱いを受けていることが多いため、女性への不信感を募らせていることが多く女性嫌いになってしまう人もいると思います。

しかし、それではもし恋愛できても幸せにはなれないと思うんですね。

それに非モテ男性の多くは、外見をおろそかにしている人が多すぎると思います。

世の非モテ男性にはひねくれているくらいなら一刻も早く外見を改善して、どれくらい外見を変えると女性の対応が変わるかを実感してほしいと思いますね。

本当に外見に気をつけると女性からの対応は変わりますので、雰囲気イケメンを目指してみましょう。

では!

参考記事等

スポンサーリンク
結婚後の家庭生活がうまくいくかはEQでわかる?

EQは心の知能指数。

EQは他人と自分の気持ちの理解、自分の気持ちを相手を傷つけずに伝えるのに不可欠なもの。

心温まる恋人関係、笑顔が絶えない思いやりある家庭にはEQが必要です。

成婚率No.1の結婚相談所「パートナーエージェント」のWEB無料診断で20問の質問(約3分)に答えるだけであなたのEQが分かります。

あなたのEQはどれくらい?

まずは、自分のEQを無料診断。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事