サイコパスって女性に多い様に感じてしまう「実際は違うけど」
ぐれん
心理カウンセラーのオニギリの中の人、ぐれんです

今回の話題は「サイコパスって女性に結構多いような感じがしてしまう「実際は違うけど」」という話です。

今回は以下のような方に向けておおくりします。

こんな人が読むと役に立つよ
  • 散々女性に振り回されてきた感のある男性諸氏等
  • 非モテ系の男性

はい、何か物騒なタイトルですいません。

科学的には、「女性にサイコパスが多い」なんて事実は今のところ確認されていないのですが、個人的に「なんとなく多くの女性からそこはかとなくサイコパス臭」を感じたりします。

まあ、女性の中には男性に対して同じことを思っている人もいるかもしれませんが、、。

これはわたしが今まで付き合ってきた女性が悪かったのかもしれません。

女友達のせいかもしれませんね、、、。

また、あまりに偏った情報ばかりをうのみにしてきたせいかもしれません、、、、。

真実は闇の中。

でも、何かそんな気がします。

心当たりある人もいるのではないでしょうか?

もっとも、今回の記事で「女性のことをこき下ろしたいなんて思っているわけでは断じてない」んですね。

ただ、世の「あまり女性とかかわったことがない男性達」には、気を付けておいてほしいってだけです。

女性からそこはかとなく感じるサイコパス性について今回は述べたいと思います。

なお、恋愛をろくにしたこともないのに「女性は薄情っぽいし、恋愛なんてばかばかしいからしなくていいや」等と変に達観してほしくもないとも思っている次第。

本当は恋愛してみたいというのなら、その本心に従うのが正解です。

ちなみに、サイコパスの見分け方や特徴等について詳しくはリンクからどうぞ。

では、まいる。

スポンサーリンク

サイコパスと女性

多分、知っている人もいるでしょうが、サイコパスについて簡単に触れておきますね。

サイコパスとは反社会性人格障害の一種であり、一言で言いあらわすなら、

「共感性のない人間」

のことです。

よくサイコパスを語る際に、快楽殺人鬼が引き合いに出される通り、サイコパスは「かわいそう」みたいないわゆる「思いやりの気持ち」なんてこれっぽっちも持っていません。

そう聞くと、

「え?女性ってめっちゃ思いやりあるじゃん!?」

て思うでしょう、、、、普通は。

はい、そうです。

「普段は思いやりがある」んですよ。

確かに生物的特性として、女性は非常に共感を重視します。

女性は男性より協調性が比較的高いので思いやりはあるといえるでしょう。

、、、が!

時として、彼女たちの本能は理性の判断を超えて「攻撃的?になる」のです。

その攻撃性が一たび発揮されたなら、およそ「思いやりある人がとるとは考えられない行動」をしだすんですわ、、、。

そう、女性はある状況下では「サイコパスみたいな行動に出る」ってことです(まあ、男も大概かもしれんが)。

現代女性から感じるサイコパス性

冒頭で言いましたが、「女性の方がサイコパスが多いなんて事実はありません!」

大事な事なので改めて言っておきます。

し、か、し!

現代の女性からは割とサイコパス性を感じる時があります。

それはどんな場合か?

それは、、、

「恋愛の場面」

です。

正直言って、女性は元々恋愛における「駆け引きが男性よりはるかにうまい」といえます。

そして、非モテ系の人達の体験談とかをそれなりに聞いていると恋愛弱者である性的魅力の低い男性に対する女性達の仕打ちといったら、もうそれはすさまじいものがあるように感じますね。

まさしく、「弱者から搾取するのがさも正当である」と言わんばかりの対応が結構横行しているように見受けられます。

※もちろんすべての女性に当てはまるとは言っていない。そして、例外も沢山いる。

例えば、「日ごろから意中の女性に気を使ってなるべく要望に応えるように努力している」のに、その女性からはいい人どまりで全く相手にもされないし、挙句「キモい」と言われるとかね。

まあいくら努力してつくしても、その努力をあざ笑うかのように足蹴にされるっていう話ですわね(ま、間違った方向に努力してんだから仕方ないが)。

ただ、これは恋愛が本能に基づく行動であるため仕方がないといえば仕方がないのです。

ただの結果論よな。

だから、そのような行動をもって女性に非があるとは全く思いません。

だって、魅力化を感じないならそんなもの有難迷惑よな。

女性としては生存戦略上当然の帰結といえましょう。

女性からしたら強い男性(現代は腕力というよりメンタルの話)が本能的には必要なので、「こいつはご機嫌取りをして誰かのいうことをホイホイ聞く雑魚」みたいに格下認定された時点で態度は自然とそっけなくなるのですな。

「雑魚になんて危なくてついていけねえ、、、」という女性の本能の声が聞こえてきそうですねえ、、、。

実際に言葉にするなら、「色々尽くしてくれるし優しくていい人なのはわかるけど、『生理的に』無理」て感じですかね。

どんなに弱い男性が女性に労力をつぎ込んでも無駄です。

ここには期せずして、搾取構造が生まれているといえます。

たまに、「女性のいうことは何も信用するな。行動だけを信じろ」という人がいますが、それというのもこの本能がためといえるでしょうな。

女性が本能に従うとき、恋愛弱者、いや「男性として弱いもの」は、いくら女性につくしても容赦なく、そしてにべもなく「あなたは論外」とばっさりと切られます。

この客観的に見ると、「哀れみも情けも持たないのか?」と思う程の徹底した行動から、わたしは女性にそこはかとないサイコパス性を感じるわけです。

まあ、でも彼女たちには悪気はないでしょうし、それは生物として考えれば至極妥当。

ま、結局、「誰が悪いとか言えないね」て話ですね。

「そういうもんだ」ってだけよね。

ただ、個人的にそんな気がするなあって話ですよ、そんだけ。

現代の男性は女性に振り回されすぎである

正直、世の中の男性の多くは「女性に振り回されすぎ」だと思うのです。

いちいち女性のラインの既読スルーや未読無視からの返信、さりげない愛想のよさなんかに、一喜一憂したあげくつくしたりしている場合ではないですって。

これがいわゆるネットで言うところの「非モテコミット」とかいうやつでしょうか、、、。

別にそれ害悪だとまでは言いませんが、「振り回されている限りモテるはずはない」と感じます。。

女性は最初から男性を翻弄するような武器をもっているんですから、男性は普通にしてたら完全にお手上げです。

結婚はともかくも、恋愛はとどのつまり「お互いの魅力度で殴りあう戦争」や「パワーバランスにおける絶え間ないせめぎあい」といった感じかもしれません。

なかなか心理学で理想とされているような「対等な人間関係」なんてものは、実現できないのが実情ではないかと思います。

※できないとはいっていない。

そして、現代の恋愛市場では女性側にパワーバランスが傾いているため、女性の圧倒的優位の状態になっているような気がしますね。

いうなれば、一人の女性に何人もの男性が供給されるような状態。

女性からしたら、そりゃあもう「ああ、代わりの男なんていくらでもいるしな」て感じです。

尽くしても何も返ってきません。

まず、非モテ系の男性には、「女性の機嫌をうかがうような日和見主義はやめる」のをおすすめしたい。

「あ?嫌われたとこで知ったこっちゃねえよ!」くらいで生きましょう(実際、嫌われたところでどうでもいいし何も起こんない。死にやしない)。

女性の「君の代わりはいくらでもいる」に対して、「いくらでも尽くすので付き合ってください!」じゃあ奴隷と何が変わるんでしょう?

奴隷は主君と同じ土俵には立てません。

つまり、付き合えっこないです。

向こうが「代わりがいる」とくるなら、男性側も

「いやいや~、調子にってんねえ~。君だって代わりなんていくらだっていんだぜ?目ついてる?」

くらいの姿勢で臨まないでどうするかって話です。

「舐められんな!負けんなよ!」てことね。

非モテ系の男性はまず自尊心から底上げをしてみるといいかと思います。

「異性に認められたい」なんて姿勢はやめて、「俺は俺」て感じでいかないと負けますって。

恋愛と自尊心について詳しくはリンクからどうぞ。

まあ、「恋は戦争」でしょうね。

戦いに備えましょう。

おわりに

この記事は「サイコパスって女性に結構多いような感じがしてしまう「実際は違うけど」」と題しておおくりしました。

女性にサイコパスが多いなんて話はありません。

しかし、女性の非モテ系男性に対する対応には、サイコパスに通ずるある種の「無慈悲さ」を感じたりします。

男も男で「お前もな」て所はあるだろうけどね。

まあ、これは女性の本能からしたら仕方のないことであり、責めるようなものではないです。

誰も責められないし、責めるべきでもないですね。

となれば、男性が恋愛したいのなら、男性側が女性に振り回されないように適応するしかないってことです。

さもなくば、付き合えない、それだけ(かも)。

恋は戦争です。

では!

参考記事等

スポンサーリンク
真面目に結婚を考えているなら結婚相談所は成婚率業界№1のパートナーエージェントで決まり!

社会人になると、とたんに恋愛が難しくなります。

それは出会いの機会が学生時代と比べて極端に減ってしまうからです。

出会いの機会が減ってしまうのは恋愛や結婚をしたいと思っている人にとっては絶望的なまでに致命的。

付き合おうにもそもそも付き合う異性がどこにもいないなんて、、、絶望です。

何とか仕事を覚えようと必死になって日々の仕事に追われ、「気が付いたら家と職場の往復になっていた」なんて人も珍しくないでしょう。

しかも、年を経るごとに一般に職責が重くなって行くので、一向にプライベートの時間を確保できないなんて人も珍しくありません。

家と職場の往復がメインの日常となっては、とてもではありませんが新しい出会いなんて期待できません。

しかし、恋愛も結婚も早ければ早いほど有利。

年齢は1歳違うだけでもその影響ははかり知れません。

例えば、29歳と30歳、39歳と40歳、、、どうでしょう?

きっと、かなりのイメージの差を感じるはずです。

また、各所でいわれている通り、男女問わず35歳以上になると結婚できる確率は極端に減ってしまいます。

※実際、2015年の国税調査で、35歳の男性がその後5年以内に結婚できる確率は20.88%。35歳女性の場合は22.61%というデータが示されている。

35歳なんて仕事に追われていたらあっという間です。

結婚をしたいならゆっくりしている暇はありません。

結婚しないでいいのはすぐに友人を作れるような圧倒的なコミュ力がある人やそもそも人嫌いの人くらいですから、結婚へのタイムリミットは多くの男女にとって大問題です。

一人だけ家にポツンと取り残され誰とも会話をすることのない、心配してくれる家族もいない、そんな老後、、、、あまりにも寂しい。

婚活は早くから始めるに越したことはないです。

そこでとりうる道は3つ。

まず一つは「マッチングアプリを使って相手を探す」という道。

これは一見現代における最適解のようにおもえますが、問題もあります。

その問題とは、男性の場合なら「そもそもマッチングすらしない」とか「ひどい写真詐欺の人にばかり合う」、「異性慣れしていないとデートにいたるまでのやり取りすらできない、デートが上手くいかない」といったもがあるでしょう。

そして、女性ついていえば、「自分は真面目に婚活しているのに遊び目的の人にしか遭遇しない」とか「経歴や年収、写真詐欺をしている人ばかりにあう」、、、などというリスクがあります。

マッチングアプリでまじめに婚活するのはかなり難しいです。

特に、男性に関しては今のマッチングアプリ市場は非常に厳しいです。

マッチングアプリは、見た目を並み以上にした雰囲気イケメン以上が女性からのいいねを独占する場です。

今までロクな恋愛経験がなかったり見た目に特段優れた点のない人が戦える場所ではありません。

写真を見られたその時点で女性にスルーされプロフィールは読まれません。

第二の道は「職場で相手を探す」という道。

職場に異性がいる人は、職場にいる異性と恋愛しそこから結婚に至るという手が残されています。

しかし最近では「告白すること自体がハラスメントだ」等という風潮が出来上がってきているためうかつに職場恋愛もできません。

なにより、職場恋愛は職場にプライベートを持ち込むことになるというリスクがあるので中々難しいものでもあります。

また、これは男女問わずいえることですが、仮に告白に失敗すると自分の居場所がなくなったりして肩身の狭い思いをすることになったりします。

事実、「気になる部下にそれとなく好意を伝えたらセクハラではないかと問いつめられて会社に居場所をなくした」とか、逆に「男性の上司からそれとなく好意を伝えられ断ったが、その後嫌がらせをされて職場をやめざるを得なくなった」等といったトラブルにあった人も実際にもいるそうです。

職場に恋愛を持ち込むことのリスクはかなりのものと言えます。

特に、恋愛や婚活をしたい男性にとっては厳しい世の中です。

そして、第三の道は「結婚相談所を利用する」という道です。

「真面目に結婚を目的として活動する」という事であれば、結婚相談所に入会するのが最適解です。

結婚相談所であれば、経歴や年収を意図的に盛ることはできませんし、写真詐欺も心配ありません。

もちろん、既婚者が紛れ込むこともありませんね。

それにきちんとした結婚相談所であれば、運営の目が光っているため「いわゆる、やり目的なひと」も排除できますからそこも女性としては安心です。

婚活カウンセラーがサポートしてくれるので異性経験がゼロの人でも安心でしょう。

しかし、結婚相談所も入会するところを間違えるとひどい婚活地獄が待っています。

特に気をつけたいのは、以下の三点。

結婚相談所選びのポイント

・会員数が少ない(そもそも出会える人数が少ないので自分の希望の相手と会える可能性が低くなる)
・運営側のサポートがなくほったらかし(特に異性慣れしていない人にとってはサポートがないと婚活を続けること自体が困難)
・きちんと実績があるかどうか

この3つに当てはまっている結婚相談所は何としても避けねば、自分の貴重な若さとお金を両方とも失ってしまいます。

この3点を踏まえると、パートナーエージェントが最適でしょう。

パートナーエージェントは、上記の三点に関しては以下のようになっています。

  • 会員数約7万3千人
  • コンシェルジュがあなただけの婚活プランや紹介文作成、お見合いの日程調整などを担当。また、婚活をしていて感じる不安や悩みをいつでも相談可能。
  • 成婚率と婚姻率№1(他社成婚率の約2.3倍、そして一般成婚率換算と比較するなら4.5倍)

成婚率No.1の結婚相談所に資料請求する>

特に、パートナーエージェントのコンシャルジュのサポートには定評があり、コンシェルジュのサポートのおかげで婚活を成功させれらたという声も。

さらに、他にもパートナーエージェントには以下の様な実績があります。

  • ・3カ月以内でのデート実施率95.9%(紹介開始から3ヵ月でお見合いが成立した全会員比率。2020年4月調査(2019年1月~2019年12月の1年間の入会者実績) 3ヵ月以内での中途退会者及び再入会者を含まない実績
  • 成婚退会で一番多い期間は4カ月(2019年4月~2020年3月の成婚退会者実績)
  • ・入会から一年以内の交際率93.1%( 2018年4月~2019年3月の入会者実績。1年以内での中途退会者及び再入会者を含まない実績。)

そして、さらにパートナーエージェントでは、コミュケーション学の権威と共同開発したという独自のEQ診断とAI技術の導入で理想の相手を見つけるサポートも充実。

成婚率No.1の結婚相談所に資料請求する>

パートナーエージェントを利用して成婚されている方は沢山います。

その年齢層も実に幅広いです。

詳しい成婚とその過程の体験談については以下のサイトを参照。

https://www.p-a.jp/introduce/happyreport/

本気で結婚したいなら行動しない事にははじまりません。

じっとしている間にもどんどん年を取って婚活は不利になっていくのでいち早く行動あるのみ!

まずは無料の資料請求から!!

※無理な勧誘は一切ありません。

成婚率No.1の結婚相談所に資料請求する

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事