『苦しい恋愛』をしている時は苦しい事に気が付かない「その対策」
紅蓮
心理カウンセラーのオニギリの中の人、紅蓮です。

今回の話題は「『苦しい恋愛』をしている時は苦しい事に気が付かない「その対策」」という話です。

今回は以下のような方に向けておおくりします。

こんな人が読むと役に立つよ
  • 苦しい恋愛をしている気がする人
  • 苦しい恋愛をしないようにしたい人

以前、このブログ内でわたしは恋愛とは「性欲と依存だ」と述べました。

恋愛とは主に本能によるものであって、理性で「この人は素晴らしいから好きになろう」みたいに判断するものではありません。

また、依存自体は悪ではないのですが、依存度合いが強くなって来ると、「恋愛における苦しさ」を感じるようになってきます。

そんな苦しさを感じる恋愛を続けているのはしんどいものです。

次第に「わたし何してんだろ?」みたいに自分が嫌いになってきたりします。

でも、「もうこんな苦しい恋は終わりにしたい」と思いつつも、中々踏ん切りがつかないことが多いかもしれません。

今回はそんな苦しい恋愛への対処法を考えてみたいと思います。

今回の記事では主に以下の書籍を参考にしています。

では、まいる。

スポンサーリンク

苦しい恋愛とは具体的にどんなものか?

恋愛すると「相手のことが好きになりすぎてツライ」という人が一定数出てきます。

これはPEAという物質のせいもあって、相手に対する依存度が高くなっている状態といっていいかと思います。

「~に振り向いてほしい」とか「もっと、かまってほしい」なんて思っているのにも関わらず、「相手が自分を見てくれない気がする」なんて具合です。

そうなると、次第に不安は募って「あの人は私以外の異性と会っているんじゃないのか?」とか「なぜ自分だけを見てくれないのか」なんてどんどん心が暗くなっていきますね。

でも、恋人に実際に会うと気持ちがすごく晴れやかになり、その気分の良さは永遠に続くものかのようにその瞬間には感じられます。

しかし、実際はそうではない。

また、しばらくすれば心は暗闇の中。

そういった繰り返しを経て、どんどん自制心を失っていきます。

正に「恋に恋する状態」へと堕していくといった感じです

そもそも、恋愛自体に非常に中毒性があるので、これは人体の仕組み上致し方ない部分もありますね。

ただ、あまりにも苦しさが長く続くならば、いっそどこかで「この恋からおります」と宣言しないと、判断力を失い自分の人生の選択を誤ってしまうかもしれません。

苦しさを感じるのも恋愛のだいご味だという意見もありましょう。

確かに、個人的にはその意見ももっともかなとは思います。

恋愛もエンターメントの一種だと思いますのでね。

ただ、このエンターテイメントにはギャンブル等と似て中毒性があるので、あまりにのめりこみすぎると人生を台無しにする危険性があるといえるでしょう。

そのため、「引き際も踏まえて楽しまれてはどうでしょうか?」

と、わたしは思うわけであります。

苦しい時ほどおかしいことに気が付かない

上述したように、相手に対する依存度が高まっている状態ではもはや判断力が低下しているため、「自分が正常ではない」等とはつゆほども思いません。

ただ、「恋人のことで頭がいっぱいになっている」、、、、ただそれだけです。

そう、「恋は盲目」なのです。

なので、苦しい気持ちになることが多かったりその期間が長すぎるのであれば、「なんか、最近パートナーのことばかり考えてないか?」と一回自分に問いかけてみるようにしましょう。

おそらく苦しい恋愛に陥っているときは、答えは「イエス」です。

このように「パートナーのことを考えて苦しい気持ちになっている」ということに「気付く」のが大事なんですね。

また、友人と話していて「また、恋人の話かい?」みたいによく言われて、なおかつ苦しい気持ちと明るい気持ちの波が大きすぎるような自覚があるのなら、それは危険サインかもしれませんね。

こういったことは自分の気持ちをたよりに判断するよりも、第三者による客観的な意見を大事にしたほうがいいです。

それによって「気付き」を得られることあります。

恋愛では多少の苦しさもスパイスでしょうが、スパイスも行き過ぎたら単なる毒です。

少量の唐辛子ならラーメンやうどん、そばを美味しくしてくれますが、ハバネロのジョロキュアを大量に料理にぶち込んだら美味しさを感じる以前に食べたら舌の感覚がおかしくなってしまいます。

まあ、恋愛の苦しさもそんなカンジではないでしょうか?

相手の正体を白日の下にさらせ

まず、苦しい恋愛をしている時にはこれを考えてみてください。

「なんか、自分ばっかり無茶な要求されて相手ばかり得してないか?」と。

もし、答えがイエスなら場合によっては、相手は「あなたから搾取しようとしている」のかもしれません。

苦しい恋愛をしているなら、まずはこの「搾取されているかもしれない」という事実に気が付く必要があります。

必ずしも断言はできませんが、苦しい恋愛をしている時のパートナーって一体どんな人でしょう?

これは推測ですが、おそらく「依存させるのが上手い異性として魅力の高い人」ではないでしょうか?

もし、相手ばかりが得をしている状況であれば、あなたは相手にいいように搾取されているだけである可能性があります。

そう思ったら、相手に直接問いただしてもいいですが、それで話に全く応じないとかなれば関係解消やむ無しって感じでしょうかねえ。

いわゆる恋愛強者といわれる人たちは刺激的な恋愛を展開するのが非常に上手。

いわゆる非モテの人達のように、異性を「あんたと一緒にいてもつまんない」みたいな状態にはしません。

彼彼女らとの恋愛では、それこそジェットコースターのような感情変化を経験します。

言い方は悪いですが、あなたは彼彼女らによって「依存させられている」のです。

それも強力に。

断定はしませんが、お互いの魅力度に開きがありすぎる場合はこういった苦しい恋愛が、生じやすい気がしています。

※恋愛では外見的魅力が一番影響力が大きい。

相対的に魅力で劣る方は魅力で勝る方につくすようになりやすいです。

このような状況をもって、わたしは「恋愛とはお互いの魅力度で殴りあう戦争だ」とも言っているんですねえ(例えが悪いけどかんにん)。

たちが悪い人はここで相手に意図的に尽くさせることを考えます。

具体的に言うなら、お金を貢がせたり自分の身の回りの世話をさせたり、はたまた様々な理不尽な要求してきたり、、などなど。

正常な判断力があるなら「おい、冗談じゃねえよ」となるんですが、依存させられているとむしろ進んで言いなりになります。

むしろ、こういった理不尽を要求されてそれにこたえるうちに、ますます依存していってしまいますね。

実はこの仕組みはDVのプロセスをマイルドにしたものとも言えます。

DVのプロセス等について詳しくは以下。

苦しい思いをさせればちょっと優しくしただけでも、その優しさは非常にありがたいものとなるのです。

「この絶望を抜けたらきっと天国がある!」と思って苦境を抜けたら、確かにそこには一時的な天国があるでしょう。

しかし、それが依存の沼地の意入り口ってわけです。

まあ、恋愛の駆け引きで好感度を上げておいてから、わざと冷たくするなんてのがそれですね。

はっきり言って、上手にそういったことができる人には近づかないほうがいいです。

つまり、「あんまりにモテる人と付き合うと振り回されて、あげく搾取されるかもしれないからやめとけ」ってことですね。

魔性の男と女は怖いんですわあ。

とはいっても、そんな簡単に理性で割り切れるもんじゃないんだけどねえ、、、。

振り回されてもいいと思うなら、選ぶのもありかもしれませんな。

、、、いや、ダメだな。

もし、苦しさの渦中にいるのであれば、「相手ばかりが得してないか?」と自分に問いかけてみましょう。

それでフェアじゃないとわかって、それを訴えても改善してくれそうにないなら、関係を解消するのがいいでしょうね。

それは完全に「捕食者」ですわ。

恋愛も結婚も実は単なる手段に過ぎない

恋愛は結局のところ、上述したようにわたしはエンターテイメントくらいに考えています。

それ以上でもそれ以下でもない。

では、そのエンターテイメントは何のためかというと、それは「人生を楽しみ幸福になるため」だと思っています。

おそらく「人生を幸福に過ごす」ということに異論を唱えたい人はいないでしょうから、これは問題ないでしょう。

まあ、結婚だって「幸福になるため」にするもののはずです。

まさか、「不幸になるためにする」って人はいないでしょうね。

恋愛も結婚も言ってみれば、幸せになるための単なる手段に過ぎません

人生において、恋愛や結婚自体を目的化するなんて非常におかしいと思います。

さらに言うならば、恋愛や結婚を通してえられる感情や経験といったものが、自分が人生において「これは大事にしたい」と思う価値に沿ったものなのか等を日ごろから自問自答してみると一時の感情に惑わされないかもしれません。

苦しい恋愛に陥った時に「ああ、この恋はもうおわりにしないと!」と決断する力になるかもしれません。ね。

自分の追求したい価値を見つけてそれに沿っていきたい人は、以下の記事を参考にしてみてくらはいな。

あと恋愛で苦しい思いをしている人達に以下の書籍は非常のおすすめです。

あなたが苦しい恋愛に陥った時に「気付き」を得る助けとなること請け合いですね。

ま、ちょこっと内容が難しいかもしれませんけど。

非常に良書です。

参考

おわりに

この記事は「『苦しい恋愛』をしている時は苦しい事に気が付かない「その対策」」と題してお送りしました。

今回の記事は少し内容の構成的に「うーん、なんか雑!」て感じになってしまい、細かい場合分けやらが不十分な感がありますが、まあ役には立つかなって感じです。

もし、パートナーが意図的に搾取しようとしてきているなら、絶対に放れたほうがいいですね。

これは断言できます。

そして、無意識だった場合は話し合って改善するか様子を見るといいでしょう。

もし、それ以外、例えば遠距離恋愛で長く苦しい思いをしているのであれば、以下の記事等を参考にしてお互いにもっと意思の疎通をきちんとしてみるといいかと。

まあ、中々恋愛で理想とされる対等な関係なんて実現できない気はしますが(本音は無理だと思ってる)、そうはいっても対等にする努力はお互いにしていく必要があると思います。

じゃないとさ、お互いの関係が続かないもんねえ、、、、。

なお、結婚することを考えるなら、刺激なんてないどちらかというと非モテ気味の人のほうがいいんですよ。

恋愛と結婚に向いている性格の人って全然違うんで。

まあ、とはいえ、大概の婚活女性達の本音は「あんな魅力の低いキメえ非モテとなんか一緒に暮らせっかよ。生理的に無理!」なのかもしれないですが、、、。

ま、知らんけど。

では!

参考記事等

スポンサーリンク
婚活パーティーならotocon

otoconは顧客満足度ランキング2年連続No1(※オリコン2011年度版結婚情報サービス30代部門)の大手結婚情報サービス「パートナーエージェント」が主催する大人の婚活パーティー。

パーティーはアルコールとお食事付で費用対効果が高いのも魅力。

男女バランスにもこだわっています。

おすすめの記事