ブサメンだからと言って恋愛放棄する必要は全くない。

心理カウンセラーのオニギリの中の人、紅蓮です

今回の話題は「ブサメンだからと言って恋愛放棄する必要は全くない。」という話です。

今回は以下のような方に向けておおくりします。

こんな人が読むと役に立つよ

  • 自分はブサメンだから恋愛なんて絶対できないと思っている人
  • 自分の容姿に自信がない人

世の中にはこんなことを言う人がいます。

「オレはブサメンだから絶対に誰とも付き合うことはできない」と。

はい、この発言には正直言って異論しかありません。

「付き合うだけなら出来る」と思いますね。

そう、過度に自分の容姿以上の女性を追い求めるのでなければ、付き合えないなんて事態は起こるとは思いません。

ん?

なんでかって?

それにはそれなりに理由があります。

では、まいる。

スポンサーリンク

「ブサメンだから付き合えない」という思い込み

いわゆるブサメンとされる人の中には、「自分は顔が悪いから彼女なんてできない」という人がいます。

でも、これは控えめに言ってもおそらく「勘違い」だと思いますね。

eStatにて日本の年代別の男女の人口比を調べてみると、どの年代でも男女の数は完全に同数とは言えないまでも同じくらいになっています。

※全年代での男女の総数は男:女=60867:64153となっている。

男女比がそこまで乖離していないとなると、付き合うだけなら数の上では、相手がいる可能性が高いです。

しかし、最近は別の統計データをもとにして「そもそもいつの時代も恋人がいるのは3割程度である」といいう説が出てきました。

参考

https://toyokeizai.net/articles/-/371788

この説を前提にするなら戦前の日本は見合い制度のおかげで、非モテ達が下駄をはかせてもらっていたから結婚出来ていたってわけですね。

こんな風にいつの世も7割近くも恋人がいないなんて話になると、「ブサメンだから付き合えない」っていうのはなんか短絡的な気がしてきます、、、。

そう、「ブサメンである」というのは「数多くある付き合えない理由のうちの一つでしかない」ってことです。

それに明らかにブサメンなのにモテている人も世の中には存在していますしね。

正直、「ブサメンだから付き合えない」は嘘くさいです。

絶対、付き合えないのには他の理由がありそうですね。

ま、知らんけど。

「恋愛は顔がすべて」なわけない

「恋愛は顔がすべてだ」みたいに言う人もたまにいます。

まあ、気持ちはわかりますよ。

確かに、恋愛する上で一番強い影響力を持つ要素は容姿です。

これは疑いようがない事実。

しかし、世の中にはモテないイケメンだっています。

そう、「容姿だけではモテるようにはならない」のです。

自尊心が低くメンタルの弱いイケメンなんて悲しいほど本当にモテないんですな。

確かに、容姿、特に顔は大事ですが、性格的な要素も非常に重要なのです。

ただ付き合うか否かまでの段階では、一般に言われる「思いやりがある」とか「誠実である」という性格要素はさして重要ではありません。

重要なのは「外向性」と「メンタルの強さ」です(好奇心が強いともっとモテる)。

例えば現実では、何か悪そうなヤンキー的なカンジの人はブサメンであっても、なんだかんだ言って彼女がいたりすることが多いですね。

ああいった「強そうな雰囲気」は女性の本能に訴える魅力といえるでしょう。

参考記事等

誠実さ等が役に立つのは付き合った後の話。

そう、長期的関係を維持する場面での話なんですね。

3、美人をおうにも限度がある

ここまで述べてきたように、ブサメン=誰とも付き合えないという図式は成立しません。

しかし、ここに「美人しか受け付けない」みたいなこだわりがあると恋愛は無理ゲー化しますね。

ある研究で「外見的魅力が釣り合ったカップルは仲がいい、上手くいく」なんてことが示唆されてたりします。

よく「似たもの夫婦」なんて言葉がありますが、あれは正しいのでしょう。

似たもの夫婦は結婚して一緒に生活していて顔が似てきたのではなく、「そもそも同じくらいの外見レベルの者同士が結婚した」だけの帰結だってことです。

で、その結果仲がいいことが多い(はず)。

これはわたしの個人的な観測に基づく主観ではありますが、芸能人や有名人同士の結婚等のような特殊な事例を除いて、一般の人たちであまり美人とブサメンの夫婦はみません。

少なくとも、わたしの目から見てあきらかに美人だと思う人達は、誰もブサメンとは結婚していません。

まあ、基本的に恋愛は同じレベルの者同士でしか発生しないってことなのかもしれませんね、、、。

ただ、資産家のブサメンがそれなりに美人の人を妻として迎えている場合もあります。

これは外見的魅力の差をお金や社会的地位、性格というもので補填しているからといえるでしょう。

しかし、これは推測ですが、自分の外見以上の相手を求めても限界があるような気はします。

お金をいくら積んでいも本能的にひかれないものはひかれないので、あまりに外見的魅力がかけ離れている場合は恋愛は成立しないでしょう。

仮に、結婚していてもそこに恋愛感情があるかは非常に疑わしいです。

なので、いくら性格や資産というプラス要素を加算していっても、付き合える相手の容姿には限界があるということは肝に銘じておいた方がいいと個人的には思います。

もし、ブサメンが美人と恋仲になりたいと本気で思うなら、原則として整形も視野に入れて外見レベルを徹底的に底上げしないとだめだってことになるでしょう。

でも自分の容姿と釣り合った相手、ないし少し上くらいの容姿の人を狙うのであれば、十分努力で可能だと思いますね。

ブサメンであることをもって「誰とも付き合えない」ことはないでしょう。

ブサメンは戦う場所と戦い方を考えよう

正直、ブサメンはイケメンと比べると初対面での印象で優位をとれないため、恋愛では不利です。

それは否定できません。

ブサメンにはブサメンなりの戦術が必要になってくるでしょう。

個人的に思うに、ブサメンが主戦場とすべきはリアルな既存の人間関係です。

具体的に言うなら、職場や学校、趣味の社会人サークルといった自分がすでに所属しているコミュニティーの人間関係を活用するということですね。

ブサメンであってもそれなりに顔見知りであり、付き合いも長ければ性格等の中身を見てもらえるようになります。

そして、これは大事ですが、「可能な限り外見を整えるようにしましょう」。

清潔にするのは大前提として、体臭対策や肌のケア、髪型、服装等には十分気を付けていきましょう。

太っている人はまず四の五の言わず痩せたほうがいいです。

筋トレは必須でしょう。

※大胸筋等上半身の筋肉を鍛えるとモテには効果的。

そうやって外見を磨くと同時に、自尊心を向上させたりメンタルを強化したり外向性を身に着けていくといいでしょう。

性格をモテる方向に変えていくのです!

詳しくは以下の記事からどうぞ。

 

なお、もしブサメンがマッチングアプリを使うなら、まずは見た目の足切りを超えることが必要になるため、多少は写真を加工して盛る必要があるかもしれませんね。

とはいえ、やはり自分であるとなると加工の加減もわからないしそもそも自撮りになってしまうしそこは大問題です。

マッチングアプリでは男性の自撮りプロフィールは印象最悪らしいですからね。

となれば、ちゃんと専門の業者の方に頼んでとってもらうのが一番かもしれません。

業界で唯一マッチングアプリに特化したプロフィール撮影サービス と展開していおり、Pairsやwithなどの大手マッチングアプリとも連携しているフォトジョイというサービスなんてうってつけでしょう。

マッチングアプリ専門のサービスであるため、マッチしやすい写真を撮ってくれるでしょう。

プロフィールでまず目につくのは「写真」なので、そこで印象を少しでも良くしなければ紹介文なんて読まれるはずがないです。

写真は気合入れて取っておきましょう。



おわりに

この記事は「ブサメンだからと言って恋愛放棄する必要は全くない。」と題しておおくりしました。

ブサメンが恋愛で不利なのは火を見るより明らかです。

しかし、不利であっても「誰とも付き合えない」なんてことはないでしょう。

「誰が見ても明らかに美人」なんて人を落とすのは無謀としても、付き合うだけなら出来るはずです。

全てを顔のせいにするのではなく、できることから少しづつ前進していきたいものであります。

恋愛をしたいという気持ちが少しでもあるなら、死ぬ間際に後悔しても遅いので少しでも早くその気持ちに正直になったほうがいいと思います。

それが自分自身の幸せや人生の満足度につながるのですから。

では!

スポンサーリンク
結婚後の家庭生活がうまくいくかはEQでわかる?

EQは心の知能指数。

EQは他人と自分の気持ちの理解、自分の気持ちを相手を傷つけずに伝えるのに不可欠なもの。

心温まる恋人関係、笑顔が絶えない思いやりある家庭にはEQが必要です。

成婚率No.1の結婚相談所「パートナーエージェント」のWEB無料診断で20問の質問(約3分)に答えるだけであなたのEQが分かります。

あなたのEQはどれくらい?

まずは、自分のEQを無料診断。

おすすめの記事