「おとかぞく」は社会人や初心者がバンド始めるなら絶対おすすめの音楽サークル!
スポンサーリンク

「あーあ、なんか社会人になってからというもの、会社と家の往復ばっかりになっているよなあ。おまけに趣味らしい趣味といえば半年前に始めたギターだけど、正直一人で弾いててもつまんねえ。だから、最近だと結局ひかずじまい。ほこりかぶってんなあ、あのギター。やっぱり、一人じゃモチベ上がんねえし音楽サークルにでも入るか。」

うん、それがいい!

一匹でのギター練習とか正直言ってつらたんの極みだわ。

そして、眠みの極みでもある。

オニギリス!

脱マンネリストのオニギリです!

今回もよろしゅう!!

今回の話題は「社会人や楽器初心者におすすめの音楽サークルはおとかぞく一択である!」という話題です。

今回は以下の様な方に向けておおくりします。

こんな人が読むと特に役に立つよ
  • 社会人音楽サークルを探しているけどどこがいいかわからない人
  • 人間関係の良好な音楽サークルを探している人
  • 将来は音楽でプロとして活動したけど何から始めていいかわからない人
  • 独りだと楽器の練習のモチベーションが全然わかない人
  • 趣味を通じて新しい人間関係を構築したい人

え?

何か裏でつながっているのかって?

ないない。

別にわたしゃおとかぞくの広報担当でもなんでもないですわ。

ステマでもない。

ただ単にこの音楽サークルが個人的に好きなだけ。

本当それだけ。

そして、おとかぞくを応援したいって気持ちですね。

ま、今はいろいろ忙しくて(ブログのせいも多分にある)ので、本加入できてなくて暇を見てライブに行く日々だが、、、。

あとね、個人的にここの理事長さんが好きなんだわ。

ちなみに、わたしがなんでおとかぞくを知ったかについては以下の記事にて書いてます。

気になる方はどぅーぞ。

参考記事等

さて、一匹で静かな部屋で楽器練習していると続かない人ってたくさんいると思うんです。

そして、楽器初心者の人でも「あー、バンドやりたみの極み!」とかっていう衝動に駆られることもしばしばあるはず。

でも、メンバー集めるのは手間だし、そもそも集まっても性格がヤバいのと遭遇するとそれもリスク、かといって音楽サークルはどこに入ったらいいかわかんない、、、。

実際、サークルによっては古参の人がやたらふんぞり返って偉そうにしていて、空気が悪いなんて話も聞きます。

「ふむ、ピックを持てくるでおじゃる、新入り」なんて先輩がいたら、マジワンパンだな(笑)。

楽しく音楽活動をしたいなら「真っ先に気にすべきはサークル内の人間関係」です。

いくら演奏が上手でも性格がくそな奴とは組みたくないよね。

そいつがギタリストならステージ上でジミヘンの仮装をしてそいつのギターを燃やしてやりたいよね?

「ファー〇〇〇○○○○!!!( ※自主規制)」て叫んでね(笑)。

そんな人はとりあえず「おとかぞくにはいっとけばオッケー」だと思います。

ここは理事長の方針もあって非常に人間関係が良い模様。

そして、いい人も多い気がする。

もし例え、「なんか、あの人ぉ歴が長いってだけでぇめっちゃ先輩風吹かせてくるんですけどぉ。ガンなぇー」てときは理事長さんに通報すれば処置してくれます。

イッコーさんも「どんだけぇー」ていうくらいにしっかり対処してくれますよ。

ええ、彼、熱い漢ですから。

おとかぞくは「メンバーの対等な立場での交流」を徹底してますしね。

そう、文字どおり「純粋に音楽が好きな人たちが家族のように和気あいあいと交流する」って感じです。

そして、「なんかうまくなってきたしプロに、、、」なんて思っても、おとかぞくならそんな願いもかなえられるかもしれません。

理事長さんは元々プロのバンドマンです。

それも「あれ?なんでか知んないけど売れちゃった。てへ☆」て感じの運頼みの一発屋ではなく、しっかりとマーケティングの考えをバンド活動に落とし込んだ戦略的バンドマンなんですね。

もはや、「バンド経営」。

なので、戦略的に売れるようにするのは得意中の得意なんです。

なお、将来はおとかぞくのプロダクション化も考えているようです。

「所属すること自体が付加価値になる団体」を目指しているってことですね。

彼は掲げる夢もビッグです。

発足当初から標ぼうする「誰でもミュージシャン」というスローガンはだてではなく、楽器初心者であってもすぐライブができるという仕組みを作っています。

さらに、彼は「初心者なのに武道館でライブができる」なんていう「今は」ありえないことも将来は実現させてやろうというくらいの野心家です。

そして、なんとなく「あ、なんか実現するかも」と思わせてくれる人でもありますよ、彼は。

これまでの実績もあるし。

そして、何より彼は「ギバー」、人のために一生懸命親身になって力を尽くしてくれる人でもあるのですよ。

ではでは、そんな魅力たっぷりのおとかぞくについて全力で地球の裏側まで突貫する勢いで紹介してみたいと思いやす。

Here we go!!

スポンサーリンク

おとかぞくとは?

おとかぞくとは新宿を拠点とする

「今から音楽をはじめたい人のための音楽教室&バンド教室」

です。

おとかぞくは理事長である大塚博一さんのある疑問から始まったといいます。

「バイトで未経験の人がその日のうちに給料をもらえるのに、ミュージシャンになるために長いこと練習を重ねてきた人が一向に稼げないのっておかしくない?」

この疑問からおとかぞくの構想がスタートしたとか(間違っていたら御免なさい)。

だから、現在おとかぞくは「誰でもミュージシャン」というスローガンを掲げているってわけです。

おとかぞくのいいところは沢山ありますが、まず最初にその長所を箇条書きにして列挙してみます。

  • 全パートの楽器(ギター、ベース、ドラム、ピアノ、キーボード)を習える
  • ダンスが習える
  • ボーカルが習える
  • バンドメンバーがすぐに見つけられる
  • 月に2回行われるライブに出れる

おとかぞくの会員になることで、上記サービスが全部受けられるってんだから驚きですな。

それに一か月に1日しか通わなくても、毎日通っても月謝は7900円。

これが通常の音楽教室なら、「月に2回のレッスンで1万円」とか「あらかじめレッスンを受けられる回数券を受けたいレッスンの回数分購入する」という形式をとっています。

でも、おとかぞくは「月間のレッスンの回数に制限がない」んですね。

一般的な音楽教室の相場が2~3回ほどのレッスンで1万円なのを考えると相当お得といえます。

「誰でもミュージシャン」を標ぼうするだけあって価格も敷居が低いっていうありがたい音楽教室です。

でもね、以下詳述するけど質も高いんですよ。

決して「安かろう悪かろう」ではありません。

楽器は全パート対応、そしてダンスも習える

おとかぞくでは会員になると月額7900円で全てのパートを練習できます。

つまり、

「今日はギターの気分じゃなくてドラムの気分だからドラム叩きたいなあ~」

と思ったらドラムを教えてもらえるし、

「今日はなんかピアノを猛烈に弾きてえ」

とおもったら、ピアノを教えてもらえるってことです。

しかも、講師はみんな「元プロ」。

そこら辺の専門学校生とか音楽好きの楽器屋の店主とかではありません。

講師は「音楽で飯を食っていたその道の人」です。

格安なのに元プロに教えてもらえるなんてありがたいですねえ。

また、普通の音楽教室では「ギターコース」や「ドラムコース」等とコースが分かれていて、コース間の横断は不可能です。

それを考えると、おとかぞくはとてもフレキシブル。

いろんな楽器を演奏する経験はオリジナルの曲を作るなんてときには相当生きてくるといいますから、将来的に自分で作曲もしてみたいっていうならいろんな楽器経験をしたほうがいいでしょう。

おとかぞくなら格安料金でいろんな楽器を体験できて、音楽的経験値を効率的にためられるんです。

そして、おとかぞくはボーカルとダンスにも対応しています。

こちらを教えてくれるのももちろん元プロの講師。

ボーカルのレッスンでは声量をあげる方法からビブラート、ウィスパー、などなど様々なものを教えてくれます。

そしてダンスレッスンでは、元プロのダンス講師が受講生の「本格的にダンスを習いたい」とか「ダイエットの一環としてダンスを習いたい」等という幅広いニーズにこたえてくれます。

また、月に2回のライブへの出演も可能ですね。

あと個人的にギタリストの方に提案ですが、ステージでの映えとかインスタ映えとかを考えるのであれば、ぜひ演奏にダンスを取り入れてはいかがでしょう?

演奏にダンス要素を取り入れているギタリストといえば、日本だと布袋寅泰さんがいますし海外ならエンジェルヴィヴァルディさんなんかがいますねえ。

演奏にダンス要素を加えると一気にステージングがかっこよくなります。

ある程度演奏がうまくなってきたらライブパフォーマンスの一環として、ぜひともダンスは取り入れていきたいと思ったりしますね。

自分の目的に合わせてコースを選ぼう

おとかぞくには3つのコースがあります。

その3つを以下に価格とともに列挙してみましょう。

  • 通常コース:7900円/月(一日3H レッスン通い放題)
  • フルタイムコース:10800円/月(時間無制限通い放題)
  • プロコース:14800円/月(時間無制限通い放題+プロ志向全面バックアップ)

また、あまり通えない人や単発で気が向いた時にだけ通いたい人のために回数券を買ってレッスンを受けるという方法も用意されています。

その価格は以下の通り。

  • 1時間 2,100円/回
  • 2時間 2,800円/回
  • 3時間 3,500円/回

そして、プロコースではバンドとしての完成度を高めるための練習、音楽理論等実に幅広く実践的かつプロとして活動する上で有用な知識や技術を教えてくれます。

特に重要なのが「全面バックアップ」の内容に「バンドをいかに売り出していくか、知名度を高めるか」といった「バンド運営の方法やマーケティング」が含まれている点です。

当たり前のことですが、「いいもの」であれば自然と売れるなんてことは原則ありません。

これは人間の感謝軽視バイアスにみられる「感謝を伝えなくても付き合い長いしわかってくれるっしょ」みたいな思い込みと幾分似ています。

参考記事等

「伝えない気持ちは存在しないのと同じ」なんですよ。

どんな恋心も「伝えないならないのと同じ」。

そういうことです。

「バンドの良さやすばらしさ」だって世の中に「伝えないと伝わらない」。

でも、「伝えるには適切で効果的な方法がある」のです。

その方法がわからないと、いつになっても結果が出ず努力は徒労に終わりますね。

努力にも正しい方法がありますから。

おとかぞくのプロコースでは、講師陣が「バンドを売る戦略」を提案してくれるし、講師がその実践に協力もしてくれるんですね。

これプロになるのにワンチャンあるんじゃね?

4、初心者でもライブに出られる!

おとかぞくの良さを語るうえで「月に2回行われるライブ」は絶対に外せません。

自分たちでライブハウスを予約するとなると数万~数十万とかかるうえ、設営や企画等とかなりの労力と資金がかかりますから、忙しい社会人にとってはとてもではないですがやってられないですよねえ。

これが楽器初心者ともなれば「ほぼ不可能」。

初心者の場合、曲の完成度とか練習とかで手いっぱいになるでしょうからね。

でも、おとかぞくなら仮に初心者であっても「ライブに参加できます」。

おとかぞくには会員が200名以上いる上、講師陣もバンドのメンバー集めを手伝っくれるので初心者であってもバンドのメンバー集めに苦労するなんてことはないです。

あと、ライブの予定を設定することで練習効率をあげることにもなりますね。

練習する際に「○○月○○日にライブ」と期限を切ることで、練習する際に集中力やモチベーションが高まりますから。

人間って目標が明確になるとやる気になるものです。

そして、ライブ一回当たりの出演料は4000円ほどです。

しかし、この出演料をタダにする方法があるんですね。

それは

「自分達で友達やお客を呼ぶこと

です。

お客や友達を呼ぶと一人当たり1000円がもらえます。

なので、メンバーが例えば4人であったら、バンド全体の出演料は16000円。

ということは、4人で頑張って16人呼べばタダになりますね。

まあ、この数字を「とても無理だ」と思うのか「よし、なんか張り合いがでてきたぞ!」と取るかは人によるでしょうけど。

とはいえ、理事長も集客戦略の相談には乗ってくれるので、本気で出演料を無料にする、さらには「バンドで収益を出す」つもりであれば理事長に相談しましょう。

熱い彼ならきっと答えてくれるでしょう。

5、みんなでプロミュージシャンにならね?

はい、上述したようにおとかぞくには趣味で音楽をやっている人であっても本気で取り組めば「収益を出せる仕組み」があります。

これは「音楽活動でお金を稼ぐ経験ができる」土壌が用意されているということ。

現代は、ミュージシャンになる方法は実に多様化しているように思われます。

事実、ユーチューブに動画をあげることで知名度を獲得していったミュージシャンには米津玄帥さんやEVEさん等がいますね。

マーケティングの方法次第では音楽で生計を立てることもできる世の中になってきている気がします。

おとかぞくの通常コースから始めて収益をあげる経験を経て、プロコースに行くなんて言うのも将来的にはありかもしれませんね。

現代はやりようでは音楽によってそこそこの収益を得るのはむつかしくない時代なのかもしれません。

それこそ「やりよう」だといえるでしょう。

おとかぞくも収益化をバックアップしてくれますから、自分の趣味を「収益化する」のにも挑戦してみても面白いですね。

なんか、昨今の副業の流れで言ったら「副業でミュージシャンをする」ってことですかね?

そして、1円でもお金をもらったら「それはある意味でプロ」。

そう、音楽だけで生活できているわけではないから厳密にはプロではないけど。

あなたの演奏に「お金を出してもいいという人が一人でもいた」、この事実が何より大事。

プロになりませんか?

あと、どうでもいいけど「バンドマンはもてる!」

あ、わたし、きっと後でメタルよりのバンド作るんで( `・∀・´)ノヨロシク(←聞いてない)。

参考記事等

さあ、ステージへ、、、

この記事では「社会人や楽器初心者におすすめの音楽サークルはおとかぞく一択である!」と題しておおくりしました。

かなり大げさなタイトルを掲げて記事を書き始めたものの、「悔いはない」、、、ええ、「まったくない」です。

むしろ、言いたいことを全部いいきって気分がいい!!

今のテンションならムスカ大佐ごっこができるくらいに!

ハハッ!人がゴミのようだ!(※声はミッキーで要再生)

まあ、何にせよ、これから「何か楽器をはじめたい」とか「社会人だけどバンドを組みたい」なんて人はまずおとかぞくの体験レッスンを受けてみましょう。

あとはそれから考えてみるのがいいでしょう。

まあ、おとかぞくについてはいろんな利用法があるでしょうけど、結局「自分で動いて実際に確かめてみる」ことでしか進む道ってわかんなかったりします。

まず、体験!

でないと、「サービス内容や利用方法の例には詳しくなったけど、結局どうしたらいいかわからん」という状態になるし、なまじっか知識が増えることでそれが迷いを生んでしまうこともありますね。

人間って選択肢が多くありすぎると結局何も決められなくなる傾向がありますから。

そうこうしているうちにまたきっとやらないままでずるずる行くんだよね、、、人生もったいないわな(自分にも言っている)。

だから、まずは「体験してみる」んです。

意を決しスタートを切ってみるのをおすすめします。

それで「なんかワイにはあわんかった」ならやめればいいし、「おお、これ。ディスティニー?」てなるなら入ればよし。

それから、講師陣や理事長と相談して自分なりの利用方法を考えればいいですやん。

そしてうまくなったらプロにも、、、、。

全ては行動ありき!

さあ、いざステージへ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

おとかぞくのYouTubeチャンネルはこちら。

参考記事等

スポンサーリンク
おすすめの記事