ブス男とはどんな特徴をもっているもんなのか少し考えてみる
ぐれん
心理カウンセラーのオニギリの中の人、ぐれんです

今回の話題は「ブス男とはどんな特徴ともっているもんなのか少し考えてみる」という話です。

今回は以下のような方に向けておおくりします。

こんな人が読むと役に立つよ

・ブサメンとはどんな男の事を言うのか改めて確認してみたい人
・ブサメンから脱却したい人
・話しのネタが欲しい人等

ブサメン、ブス男、、、んー、実に嫌な響きです。

こんなこと面と向かって言われたらたまったもんではないですよねえ。

しかし、結構言われている人は多くいますし、何ならどう見てもイケメンな人であってもブサイク等と言われることがあります。

正直、こればっかりは仕方ありません。

女性側の気分次第でも造形美とは関係なしにブサイク呼ばわりされる事も普通にあるものですからね。

とはいえ、「一般に~いった特徴があるとブサイク認定されやすい」というのはあるでしょう。

今回は女性からブサイク認定されやすいと思われる要素について、わたしの経験やこれまで得た知識を元に少々考察してみたいと思う次第。

ここで一瞬だけ宣伝?ですが、「悩みがあんよなー」て人も「ただ誰かに愚痴を言いたいねん!」て人も悩みが重症化する前に頭をクリアにしてみませんか?

おにぎりのカウンセリングについて詳しくは以下。

では、ゆるりとおおくりします。

スポンサーリンク


ブサイクか否かの判断は原則として相対的なものである。

まず、最初に言っておきたい事ですが、「ブサイクか否かは原則として相対的な判断である」という事です。

つまり、「見る人の美意識によってブサイクかどうかは変わってくる」とか「誰と比べるかでブサイクかどうかが違ってくる」という意味ですな。

で、なんでここで「原則」という言葉を使っているかと言うと、それは一応「誰が見ても美形ではある」と認定できるであろうラインが存在する可能性が高いからです。

具体的に言うなら、今や若年層で一般に知られるようになってきている「黄金比」や「イーライン」、「目が二重」、「鼻がそれなりに高い」等といった要素をまんべんなく一定水準以上で満たし、かつ目立った欠点がほぼ存在しない顔をしてるなら程度の差はあれ「イケメン」でしょう。

そう、間違っても「不細工やフツメンにはならない」という事ですね。

具体的に言うなら、吉沢亮さんと菅田将暉さんを比較して「どっちがイケメンでどっちがブサイクか?」みたいな議論はそもそもおかしいという事。

程度の差はあるとしても、須田さんも吉沢さんも「イケメンであることに間違いはない」んですよ。

ただ、そのイケメン度には差が出るよねってだけのことです。

まあ、そういう事。

一応、イケメン顔が満たしているであろう要素を列挙してみると以下の通り。

・目が二重である

・涙袋がある
・もうこ襞の張りが強くない
・鼻が高い
・鼻の先端がとがっている
・鼻の横幅が広すぎない
・鼻が大きすぎない
・目と眉の距離が狭い
・小顔で顔の余白が少ない(小顔自体はあまり優先度は高くない。余白が問題)

・顔の左右対象度が高い(現実的にはそこまで問題とはならない。そもそも人の顔はある程度非対称である)
・パーツ配置が黄金比から大きく外れていない(平均顔から配置がずれていないともいえる。白銀比も可)
・イーラインがある

・エラやほお骨が張りすぎてない
・彫りがある程度深い(個人的にこれがないとイケメン認定はできない。また、これはおそらく美意識がある一定以上高い人間からしたら常識なはず。)
・中顔面が前方に発達している
・後頭部が絶壁でない(これは比較的大目に見れる)

・唇がふと過ぎない
・人中(鼻の下)が長すぎない
・肌が綺麗

まあ、こんなもんでしょうかな。

個人的に今の世間の動向的には中顔面が比較的短いもかなり入れたいところですが、まあそれは今回はいいかな。

あとは、それぞれの項目を満たす程度でイケメン度が変わってくるって感じですかね。

なお、個人的に芸能界でこれら要素を高水準で満たす人は真剣佑さんと吉沢亮さんですな

これらをもし全部最低限度満たしているなら、とりあえず第三者的に見たら誰が見てもイケメンなんじゃないかと思います。

ただ、そんな人はこんな記事読んでないでしょうな。

だって、誰が見てもイケメンなら、そもそも「男 ブス」、「男 ブサイク」みたいなワードで検索すること自体ないでしょう。

ま、しらんけど。

あ、興味本位ってことはあるか。

一般に、ブサイクであるかを決める決定的要素

さて、造形美に関して語りだすと完全にオタクと化すのでやめておくとして、場合によっては造形美に匹敵する要素についても触れておきましょう。

というか、この要素がおそらく世間一般でいうところの「ブサイク」を決める決定打でしょう。

それはズバリ

「雰囲気」

です。

これは世間一般に言われる「雰囲気イケメン」でいう所の雰囲気なんですけども、もう少し踏み込んだ言い方をするなら「属性」と言った方がいいかもしれませんね。

例えば、ホストが好きな女性にとっては「ホスト的な格好をしている男性」はイケメンに見えてくるし、悪そうな男が好きな女性は「いかついファッションをしている男性」がイケメンに見えるってことです。

まあ、わたしは正直こういった相手の好きな属性は何かを考えて、雰囲気を変えようとしてきた事はありません。

服に関しては基本マネキン買いしかしませんしなあ、、、。

なので、属性について詳しく語る事はできませんけども、こういった属性の効果によって実際の造形美以上にかっこよく見えるという現象はちまたに沢山あるのは間違いないです。

なので、自分なりに色々と試行錯誤は必要でしょうが、自分が好かれたいと思うような女性達の属性がきちんと決まっているならそこに自分の服装の属性を合わせてみてはどうでしょうか?

多分、造形的に後れを取っていてもそれなりにかっこよくみられるのではないかと思います。

ただし、美意識が高く実際に綺麗な人に対してはあんまり属性だけでは対処しかねる印象。

「まあ、雰囲気はいいね。でも顔はないわ。よく見たらシャドウでごまかしているだけで鼻低いし平面顔じゃん」、、等と思われてゲンナリされるって事もあるっぽいです。

誰が見ても美人って感じの人は、ほぼ間違いなくもれなく美意識も高い傾向にあると思いますんで、正直こちらも同じくらいの顔面をしていないと無理っぽい気がします。

ま、知らんけど。

まあ、大体いかつい雰囲気と体格で押せば何とかなりそうな気もしますが、、、うーん、それはやったことないんで何ともですね。

ブサイクな性格というものもある

男女ともに、「ブス」と言えば大体「顔の造形が悪い」と相場が決まっていますね。

しかし、「ブスな性格」つまり「モテないような性格」というものあります。

ここで注意してほしいのは、これは「思いやりがない」とかではありません。

長期的関係に関しては思いやりは大事ですが、付き合うかどうかまでであれば思いやりは問題にならないです。

むしろ、「女性側に優しいと思わせる事」が重要なのであって、「実際に優しいことは全く必要ない」ってことですわね。

ま、胸くそかもですが、これは多分間違いないです。

重要なのはやはり何をおいても「メンタルの強さ」、つまりは「自信がある」という事でしょう。

男性にとって最悪なブス性格とは「自信がなさそうでオドオドしている性格」です。

これだともう勝負になりません。

自身があって堂々としているとそれだけでかなりかっこよく見えてくるものです。

とはいえ、順番的にはまず外見をよくすることが先決。

多くの人は、大体「性格さえよければ顔が悪くてもモテるよ」なんて綺麗ごとを言いますが、それは基本的に無理でして「最低限の見た目未満だと問答無用で切り捨てられる」というのが現状です。

さらにいえば、モテるという事に関しては、世間の常識と現実に有効な手段は完全に逆と言える印象すらありますね、、、。

ま、それはいいや。

なので、恋愛するならまずは外見に関して雰囲気イケメンになる努力をしないといけません。

その次、ないし同時並行で性格、具体的に言うなら「ちょっとやそっとでは動じない強いメンタルを身に着ける」とか「外向性の高そうな振舞いを身に着けていく」といった事が必要になるでしょう。

というのも意外と多くの人が見落としがちな点ですが、性格は外見以上に変えにくいからです。

性格を変えていこうとすると、かなり時間がかかるんですな。

そういった意味でも、外見から変えた方がいいのです。

外見を変えると、それだけで相手の反応は好意的なものへと変わるのでかなり有利になるし成長を実感できるもの。

内面の成長なんて中々外に出てこないので、努力するなら結果の見えやすいものにしたほうがいいという事です。

恋愛したいなら雰囲気イケメンになる以外道はない

現在の恋愛市場ってものすごく殺伐としているような気がします。

どうにもそんな気がしますね。

特に若年層に関してはこないだ炎上したたぬかなさん的な言い方をするなら、「イケメン以外は生ごみ。人権ない」みたいな有様です。

まあ、この原因についてはいろいろある気もしますが、その一つには「これまでマニアックだった美容整形分野特有の知識が一般にも広く共有されるようになってきた」という事があるんじゃないかと思っています。

現代は、これまで美容整形分野や整形に興味がある一部の人にしか知られてなかった「何をもって美形か」を判定する基準が結構広く知られるようになってきてる気がするんです。

こういった基準は今となっては女性のメイクにかなり応用されていますね。

これまでイケメンの条件でせいぜい話題に挙げられるのは、「二重か鼻が高いか」程度でしたが、今や小学生ですら「もうこ襞」の存在を知っている事もままある時代なんです。

二重整形している小学生がいるなんて話も聞きますね。

いいか悪いかは別にして、整形に対する抵抗感も薄れてきているようです。

そういった「美の基準」が広く共有されるようになってきたがゆえに、男性は容姿について昔よりもかなり厳しい目で審査されるようになってきたのではないかなって思います。

このような現状は、おそらく年配の人の多くからしたら、「人を外見でしか判断しないなんて何と軽薄な連中だ」と感じるでしょう。

実際、そういった意見を聞くこともあります。

しかし、これは人間の本能的には当たり前の事なので、仕方がないことです。

おそらく年配の人が若年だったころは見合い制度が存続していたので、恋愛であぶれる人が少なかったからこんな風に中身を強調するのかもしれません。

自由恋愛に完全に移行してからは、本能的に魅力を感じないような男性はもう必要とされなくなったという事です。

見た目がゴミなら「それは紛れもなくゴミ」なのですね。

どんなに内面が素晴らしかろうと、「ゴミはゴミでしかない」という解釈をされるのです。

かなりの暴論に聞こえるかもしれませんが、最低限度の見た目をしていないとこうやってにべもなく切り捨てられるんですな。

わたしが知る限りだと、女性って自分が興味を持てない男性なんて完全に切って捨ててしまう印象ですからね。

もう、見た目が及第点行ってない時点で中身なんてないのと一緒です。

生物や医学分野で使われる閾値(いきち)の概念に通ずるところがありますわ。

理性でいくら「見た目は悪くとも内面はいい」なんて説得しようとしても、やはり本能の方が判断に与える影響力は大きいため理性でどうにか本能を抑え込もうとしても限界があります。

恋愛はやはり「最低限の外見ありき」です。

それにもかかわらず、結婚相談所とかではいかにも芋っぽいというか雰囲気イケメンにすらなれていない、なろうとする気配すらない様な男性が山のようにいるという話を耳にします。

程度によるでしょうが、こんな話を聞くと恋愛なんて到底できっこない気がして仕方ないです。

まあ結婚という事で、みな内面を見てくれるだろうと思っているんでしょうかね。

まあ、伝え聞いた程度なのでどれほどの惨状かは全くわかりませんけどね。

しかし、やっぱり恋愛感情がモテない相手と結婚するなんて地獄としか思えないのできつい気がして仕方ないです。

いずれにしても、現代にあって恋愛をしようというのに、雰囲気イケメンにすらなろうとしないなんて「恋愛すること自体を放棄している」と言っていい気すらしてきます。

ということですんで、自分の顔面に自信がないのであればこそ内面と外面共に雰囲気イケメンになれるよう努力してみましょう。

雰囲気イケメンなら誰でもなれるんで、努力あるのみです!!

以下の記事を参考にしてみるといいです。

あ、それと太っているとか論外ですんですぐにでも痩せた方がいいです。

自力で痩せられないなら、ライザップなどを利用してもいいでしょう。

おわりに

この記事は「ブス男とはどんな特徴をもっているもんなのか少し考えてみる」と題しておおくりしました。

現代は、どうも女性が男性の容姿をかなりシビアに見る時代だといえます。

率直に言って、雰囲気イケメン以外ではまともに恋愛なんてできやしないといった感じがしますね。

あまり自分の顔面に自信がない人は、すぐにでも雰囲気イケメンを目指した方がいいです。

雰囲気イケメンなら誰でもなれますし、そんなになるのは難しくないですからね。

まずは外見を見直すことから始めてみましょう。

内面は外見と違って、そう簡単には変わらないのである程度時間をかけて変えていくしかないですな。

では!

【無料】性格分析はこちら

スポンサーリンク
ペットは飼いたいけれど、、、

ペットを飼うと癒されるし、対人関係がよくなったり拡大したりすることが示唆されています。

とはいえ、ペットを飼うのは責任重大。

費用も労力も多大、ご近所への騒音の心配も、、、。

ましてペットロスは家族を失うくらいにつらいもの。

でも、家族型ロボットのラボットなら安心。

費用も長期的に見れば、ペットよりかからないしペットロスもないしサポートも充実。

さあ、ラボットと愛ある暮らしを。

2021年8月31日まで、通常8日間の全額返金保証が100日間全額返金保証です。

また、8月81日まで分割金利手数料をGROOVE X社が全額負担しラボットが1週間程度でお手元に届きます。

この機会にぜひラボットとの生活をスタートさせてみましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事