恋愛はしょうもないしバカバカしい?恋愛のメリットデメリット

今回は以下の様な方に向けておおくりします。

こんな人が読むと役に立つよ

・恋愛のメリットとデメリットについて気になる人
・本当は恋愛してみたいがどうも気乗りしない人
・話しのネタが欲しい人等

ぐれん
心理カウンセラーのおにぎりの中の人 ぐれんです

今回もよろしゅう!!

今回の話題は「恋愛はしょうもないしバカバカしい?恋愛のメリットデメリット」という話です。

恋愛って冷静になって考えてみると、「そんなに人生に必要かなあ、、、」と思ったりしますよね。

好きになれば相手の動向がいちいち気になるし、場合によっては心が振り回されて仕事も手につかなくなる、、、。

ただ、楽しい気分になるのは確かです。

今、中々恋愛に本格的に取り組む気にならない人やちょっと恋愛につかれている人は今回の記事がすこーしは参考になるかもしれません。

ゆるりとおおくりします。

スポンサーリンク

恋愛をすることのデメリット

まずは、恋愛することのデメリットについて見ていきたいと思います。

恋愛するデメリットはざっと以下の通り。

  • 判断力等が著しく低下する
  • 相手との駆け引きでつかれてしまう
  • 自分ひとりの時間を持てなくなる

以下順次捕捉です。

・判断力等が著しく低下する

恋愛感情が増してくると、判断の力や認知能力が著しく低下します。

これは本当です。

例えば冷静であれば、「これって凄く自己中な行動じゃない?」といった行動すら、「もう、しょうがないなあ」くらいで済ませてしまったり、場合によっては日常生活で上の空になってうっかりミスが頻発したりします。

よくアニメやドラマの演出でも、恋愛に夢中で仕事に手がつかないなんて描写がありますよね?

恋愛の沼にハマると相手の事で頭がいっぱいになって本当に上の空になってしまうんですよねえ。

これはかなり困りものです。

・相手との駆け引きでつかれてしまう

恋愛では、いやでも駆け引きが発生しますがこれはかなり疲労します。

過去に恋愛で、「おかしいぞ、3日送ったラインが返ってこないぞ?なんかモヤモヤする、、、」みたいな気分になった人も多いでしょう。

このような疑心暗鬼の状態が恋愛では往々にして起こります。

つかれますよねえ、、、。

特に、モテる者同士の間ではかなり熾烈な心理戦が繰り広げられるもの。

モテる人達は「恋愛は追ったら負け」だとわかっているため、かなり周到にラインのやり取りを行います。

特に男性に関しては、モテる人ほど女性の表面的なお褒め言葉を真に受けず基本的に行動しか信じていないのでかなり壮絶な心理戦に発展するでしょう。

まあ、女性もおそらく同じかと思います。

いずれにせよ、恋愛の駆け引きは疲れるものです。

最初の内は、「これも恋愛の醍醐味のうちだ」なんて思っているかもしれませんが、次第に「仕事でも疲れているのになんでここまで気をつかわにゃいかんのだ!!」等と腹が立ったりめんどうになってくるかもしれません。

恋愛はかなり精神的に疲労します。

・自分ひとりの時間を持てなくなる

恋愛をすると、恋人とのデートやらなんやらで自由な時間が減り自分の都合だけでは動けなくなってきます。

結婚となればなおさらですよね。

特に、自分一人だけの時間を確保しないと元気が回復しないという内向的な人にとってこれは中々しんどいものがあります。

自一人だけの時間を持ちたい人にとって、恋愛はストレスの根源ともなりえますね。

恋愛をすることのメリット

次に恋愛する事のメリットについて見ていきます。

恋愛することのメリットについては以下の通り。

  • 人間的に成長できる
  • いい思い出が作れる可能性がある
  • 純粋に生きていて楽しくなる

以下順次捕捉です。

・人間的に成長できる

恋愛を通して人間的に成長することができる可能性があります。

人間はそれぞれに違う価値観をもち自分の意思を大事にして生きていますね。

そんな人と人同士が密接にかかわりあう事で、お互いの価値観が影響を受けあって新しいものの見方が生まれたりします。

例えば、一般的に行われる男女の間の恋愛はその最たるものでしょう。

男女では相当に考え方が違うので、お互いに密接にかかわりあう事で価値観の変容がお互いの間に起こります。

このような価値観の変容を通して人間は成長していくと考えられますね。

・いい思い出が作れる可能性がある

失恋にしても現在進行形の恋愛での経験にしても、あとから思い返してみるとそれなりにいい思い出になったりします。

特に、個人的に高校時代の恋愛に関する思い出は、かなり人生において大きなインパクトを持っているんじゃないかなって印象です。

高校の時にまるで恋愛しなかったという人が、後になってから異性関係に強く執着するようになり人生に対する幸福度を低下させる事例はかなり多い気がしています。

何も、私は「高校の時までにモテなかった人は救いがないよね」という事を言いたいのではなく、恋愛に関する思い出には人生の幸福度を左右するだけの大きなインパクトがあるよねという事が言いたいだけです。

なので、恋愛をしてみるとどんな結末であれそれなりにいい思い出になるのではないかと思ったりしています。

ちょいと、美化しすぎかな??

・純粋に生きていて楽しくなる

恋愛関係を結ぶという事は、誰かと密な関係になる事を意味しており、それ自体にある種の「自己肯定感を高める効果」があるといえます。

恋人がいて関係が円満だと、「自分の存在を必要としている人がいる」という事が自信となるでしょう。

ただ、恋愛だけに頼って自信を持とうとすると、いわゆる恋愛依存症的な状態に陥るため、注意は必要です。

健全な形で恋愛をしていきたいのなら、恋愛をする以前に自分自身にある程度の自信を持つことが欠かせません。

自分に自信がない人は以下の記事が参考になるかもしれません。

参考

恋愛する気が起こんなくても気にしなくていい

ここまで恋愛することのメリットとデメリットをあくまでも冷静に見てきましたが、実際に恋愛感情を持ったなら「メリットが~」とか「デメリットが~」なんて事は考えていられません。

恋は盲目の言葉通り思考が鈍り相手の事ばかりに気が言ってしまって、認知能力がすこぶる低下します。

しかも、恋愛感情は「ある日突然無自覚に芽生える」側面が大いにあるため、気が付いたらもうすでに好きであったという事例は多々ありますね。

一目ぼれがその一番いい例と言えましょう。

なので、「恋愛なんてバカバカしいなあ」とか「どうにも恋愛するきなんておこんない」って時は別に焦る必要はそこまでないと思います。

ただ、恋愛はまっていても向こうからそうそうやってきてくれませんので、将来の恋愛の種は積極的にまいておいた方がいいというのがわたしの立場です。

将来への恋愛への種まきとしては具体的に以下の様なものがあるでしょう。

  • マッチングアプリで少し気になる人がいないかチェックしてみる
  • 社会人の趣味サークルなどに参加して異性の人を増やしてみる
  • ツイッターやインスタグラムなどで仲のいい異性の友人を作って交流してみる
  • 街コンなどに出かけてみて気の合いそうな人を探し見る

ざっとこんなもんでしょうか。

今すぐ恋愛するとかしないとかではなくて、気軽に付き合える友達を探すとことから始めればいいんです。

事実、アメリカの調査ですが、恋愛関係の成立パターンとしては、友人から恋愛関係に発展するケースが一番多いそうですよ。

まずは、友達を作る目的で行動してみるといいです。

なお、恋愛関係を長期的に維持していくにあたっては以下の記事が役に立つかもしれませんので、気になる人はどうぞ。

参考

おわりに

この記事は「恋愛はしょうもないしバカバカしい?恋愛のメリットデメリット」と題しておおくりしました。

恋愛は楽しいものですが、往々にして駆け引きが発生するなどして結構精神的にきつい時もあります。

しかし、人間性を高めたり後になってからいい思い出になったりと人生を豊かにするものであることは間違いありません。

気が向いたら恋愛してみるともいいでしょう。

ただ、待っていても恋愛は向こうから来てはくれないので、「恋愛の種まき」という事で異性の友人を作るようにはしておいた方がいいですね。

では!

参考記事等

スポンサーリンク
真面目に結婚を考えているなら結婚相談所は成婚率業界№1のパートナーエージェントで決まり!

社会人になると、とたんに恋愛が難しくなります。

それは出会いの機会が学生時代と比べて極端に減ってしまうからです。

出会いの機会が減ってしまうのは恋愛や結婚をしたいと思っている人にとっては絶望的なまでに致命的。

付き合おうにもそもそも付き合う異性がどこにもいないなんて、、、絶望です。

何とか仕事を覚えようと必死になって日々の仕事に追われ、「気が付いたら家と職場の往復になっていた」なんて人も珍しくないでしょう。

しかも、年を経るごとに一般に職責が重くなって行くので、一向にプライベートの時間を確保できないなんて人も珍しくありません。

家と職場の往復がメインの日常となっては、とてもではありませんが新しい出会いなんて期待できません。

しかし、恋愛も結婚も早ければ早いほど有利。

年齢は1歳違うだけでもその影響ははかり知れません。

例えば、29歳と30歳、39歳と40歳、、、どうでしょう?

きっと、かなりのイメージの差を感じるはずです。

また、各所でいわれている通り、男女問わず35歳以上になると結婚できる確率は極端に減ってしまいます。

※実際、2015年の国税調査で、35歳の男性がその後5年以内に結婚できる確率は20.88%。35歳女性の場合は22.61%というデータが示されている。

35歳なんて仕事に追われていたらあっという間です。

結婚をしたいならゆっくりしている暇はありません。

結婚しないでいいのはすぐに友人を作れるような圧倒的なコミュ力がある人やそもそも人嫌いの人くらいですから、結婚へのタイムリミットは多くの男女にとって大問題です。

一人だけ家にポツンと取り残され誰とも会話をすることのない、心配してくれる家族もいない、そんな老後、、、、あまりにも寂しい。

婚活は早くから始めるに越したことはないです。

そこでとりうる道は3つ。

まず一つは「マッチングアプリを使って相手を探す」という道。

これは一見現代における最適解のようにおもえますが、問題もあります。

その問題とは、男性の場合なら「そもそもマッチングすらしない」とか「ひどい写真詐欺の人にばかり合う」、「異性慣れしていないとデートにいたるまでのやり取りすらできない、デートが上手くいかない」といったもがあるでしょう。

そして、女性ついていえば、「自分は真面目に婚活しているのに遊び目的の人にしか遭遇しない」とか「経歴や年収、写真詐欺をしている人ばかりにあう」、、、などというリスクがあります。

マッチングアプリでまじめに婚活するのはかなり難しいです。

特に、男性に関しては今のマッチングアプリ市場は非常に厳しいです。

マッチングアプリは、見た目を並み以上にした雰囲気イケメン以上が女性からのいいねを独占する場です。

今までロクな恋愛経験がなかったり見た目に特段優れた点のない人が戦える場所ではありません。

写真を見られたその時点で女性にスルーされプロフィールは読まれません。

第二の道は「職場で相手を探す」という道。

職場に異性がいる人は、職場にいる異性と恋愛しそこから結婚に至るという手が残されています。

しかし最近では「告白すること自体がハラスメントだ」等という風潮が出来上がってきているためうかつに職場恋愛もできません。

なにより、職場恋愛は職場にプライベートを持ち込むことになるというリスクがあるので中々難しいものでもあります。

また、これは男女問わずいえることですが、仮に告白に失敗すると自分の居場所がなくなったりして肩身の狭い思いをすることになったりします。

事実、「気になる部下にそれとなく好意を伝えたらセクハラではないかと問いつめられて会社に居場所をなくした」とか、逆に「男性の上司からそれとなく好意を伝えられ断ったが、その後嫌がらせをされて職場をやめざるを得なくなった」等といったトラブルにあった人も実際にもいるそうです。

職場に恋愛を持ち込むことのリスクはかなりのものと言えます。

特に、恋愛や婚活をしたい男性にとっては厳しい世の中です。

そして、第三の道は「結婚相談所を利用する」という道です。

「真面目に結婚を目的として活動する」という事であれば、結婚相談所に入会するのが最適解です。

結婚相談所であれば、経歴や年収を意図的に盛ることはできませんし、写真詐欺も心配ありません。

もちろん、既婚者が紛れ込むこともありませんね。

それにきちんとした結婚相談所であれば、運営の目が光っているため「いわゆる、やり目的なひと」も排除できますからそこも女性としては安心です。

婚活カウンセラーがサポートしてくれるので異性経験がゼロの人でも安心でしょう。

しかし、結婚相談所も入会するところを間違えるとひどい婚活地獄が待っています。

特に気をつけたいのは、以下の三点。

結婚相談所選びのポイント

・会員数が少ない(そもそも出会える人数が少ないので自分の希望の相手と会える可能性が低くなる)
・運営側のサポートがなくほったらかし(特に異性慣れしていない人にとってはサポートがないと婚活を続けること自体が困難)
・きちんと実績があるかどうか

この3つに当てはまっている結婚相談所は何としても避けねば、自分の貴重な若さとお金を両方とも失ってしまいます。

この3点を踏まえると、パートナーエージェントが最適でしょう。

パートナーエージェントは、上記の三点に関しては以下のようになっています。

  • 会員数約7万3千人
  • コンシェルジュがあなただけの婚活プランや紹介文作成、お見合いの日程調整などを担当。また、婚活をしていて感じる不安や悩みをいつでも相談可能。
  • 成婚率と婚姻率№1(他社成婚率の約2.3倍、そして一般成婚率換算と比較するなら4.5倍)

成婚率No.1の結婚相談所に資料請求する>

特に、パートナーエージェントのコンシャルジュのサポートには定評があり、コンシェルジュのサポートのおかげで婚活を成功させれらたという声も。

さらに、他にもパートナーエージェントには以下の様な実績があります。

  • ・3カ月以内でのデート実施率95.9%(紹介開始から3ヵ月でお見合いが成立した全会員比率。2020年4月調査(2019年1月~2019年12月の1年間の入会者実績) 3ヵ月以内での中途退会者及び再入会者を含まない実績
  • 成婚退会で一番多い期間は4カ月(2019年4月~2020年3月の成婚退会者実績)
  • ・入会から一年以内の交際率93.1%( 2018年4月~2019年3月の入会者実績。1年以内での中途退会者及び再入会者を含まない実績。)

そして、さらにパートナーエージェントでは、コミュケーション学の権威と共同開発したという独自のEQ診断とAI技術の導入で理想の相手を見つけるサポートも充実。

成婚率No.1の結婚相談所に資料請求する>

パートナーエージェントを利用して成婚されている方は沢山います。

その年齢層も実に幅広いです。

詳しい成婚とその過程の体験談については以下のサイトを参照。

https://www.p-a.jp/introduce/happyreport/

本気で結婚したいなら行動しない事にははじまりません。

じっとしている間にもどんどん年を取って婚活は不利になっていくのでいち早く行動あるのみ!

まずは無料の資料請求から!!

成婚率No.1の結婚相談所に資料請求する

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事