愛には6種類あり、愛の伝え方には5種類ある。愛って何なんだろうか?

今回は以下の様な方に向けておおくりします

こんな人が読むと役に立つよ
  • 愛の種類について知識を深めたい人
  • 愛について知見を深めたい人
名無しの猫氏
愛って何なんだろう?

愛ってなんぞ??

、、、最近、身の回りで幸せそうな結婚をした人達が急激に関係悪化で離婚とか別居をしている、、、。

あんなに幸せそうだったのに、、、、なんで仲が悪くなったんだろうか、、、、。

一体、愛って何なんだ、、、。

愛って、、、何??

愛か、、、、そうねえ、、、愛ねえ、、、、。

難しいなあ、、、、。

オニギリス!

脱マンネリストで心理カウンセラーのオニギリです!

今回もよろしゅう!!

今回の話題は「愛には6種類あり、愛の伝え方には5種類ある」という話です。

はい、愛って何でしょうか?

、、、実は心理学分野では「愛の明確な定義はありません」。

そして、愛にはどんな種類があるんでしょうか?

人類愛に親子愛に隣人愛に、、、、ああ、、、、色々あってむつかしいですねえ。

今回は愛について少し詳しく見ていきましょう。

愛について見識が深まると人生が豊かになるかもしれません。

今回の記事は以下の論文を参考にしています。

参考

https://www.tsu.ac.jp/Portals/0/site-img/gra/2015/kiyou13%E5%8F%B7/14.shiryou2.pdf

ちなみに、無償の愛は論理的に存在しないです。

無償の愛が存在しない理由についてはリンクからどうぞ。

では、ゆるりとおおくりします。

スポンサーリンク

6種類の愛

心理学において、愛という言葉の定義は明確ではありせん。

ただこれまでの研究で、愛は「2者間の婚姻関係または恋愛 関係の前または最中にパートナーに対して生起する感情」とか、特に定義はせず辞書的な意味である「相手をいつくしむこと」という意味で使用されてきたそうです。

ただ定義はともかくも、これまでの研究で、愛には以下の5種類があるとされています( Hendrick & Hendrick (2006)による)。

  • エロス
  • ルダス
  • ストルゲ
  • プラグマ
  • マニア
  • アガペー

以下順次解説します。

・エロス

エロスとは情欲的な愛のこと。

この愛においては、パートナーは理想化されます。

また、身体的な特徴が好まれ強烈に求められるとのことです。

・ルダス

ルダスは遊びとゲームの愛です。

つまり、「短期間に複数のパートナーと同時進行で遊びの愛を楽しむ」というのがまさにそれですね。。

・ストルゲ

ストルゲとは友情的な愛のことを言います。

・プラグマ

プラグマとは実利的な愛のこと。

自分が何を欲しいかによって、パートナーをショッピング、つまり漁るように品定めして行くということです。

・マニア

マニアは死にもの狂いでパートナーを求める愛のことです。

この愛は痛みを伴うため、嵐の情欲(stormy  passion)とも呼ばれたりします。

そして、この愛では劇的な別れや仲直りを繰り返し、パートナーに強い嫉妬を抱くとのことです。

・アガペー

アガペー とはパートナーの幸せや豊かさ等を最優先する愛のことです。

なおアガペーは隣人愛、つまり身近な人々への愛ともいえますね。

愛の伝え方は5種類ある

「愛」はそもそも伝えないことには相手に伝わるものではありません。

パートナーとの関係を考えた場合、愛は伝える必要があります。

Hecht, Marston, & Larkey (1994)によると、パートナーに愛を伝える方法には以下の5種類があるといいます。

  • 共同制作的(collaborative)
  • 没入的(committed)
  • 直観的(intuitive)
  • 安全な(secure)
  • 伝統的(traditonal)

またMurray & Holmes (1997)によると、カップルで2人ともお互いにポジティブイリュージョン、つまり「ポジティブな幻想」をもっていると2人の良好な関係に良い影響があることが示唆されています。

それと同様にMeeks, Hendrick, & Hendrick (1998) では、 大学生のカップルを対象とした研究において2人のポジティブイリュージョンが高いと、葛藤を建設的に解決して関係性の満足感にポジティブな影響を与えることが示唆されていますね。

ちなみに、ポジティブな幻想の具体例としては以下みたいなものがあるでしょう。

  • 自分のパートナーは世界一素敵で美形だ
  • 2人の関係が永遠に続くと強く信じる
  • パートナーの欠点すらいとおしく見える

、、、などなど

またMurray & Holmes(1997)によると、パートナーが自分に対して自己開示していることがわかると関係性における満足感が上昇することが示唆されているそうです。

どの愛が優位かは性別によって違う

実は性別によって、どの種類の愛のスタイルが優位かが違うといいます。

では、具体的にそれらを以下に示してみるとしましょうか。

  • 男性よりも女性の方がルダスとプラグマとストルゲの愛が強い
  • アガペーの愛は女性よりも男性の方が強い

なお、プラグマとストルゲの愛はパートナー との関係性の満足感に有意な影響を与えないといいます。

そして、女性の方がルダス、つまり遊び人的傾向が強いのは仕方がないことです。

なんせ女性の場合は進化物学的に考えたら、妊娠したら身動き取れないリスクがあるため相手を見極める必要があるからですね。

いやあ、いろいろ複雑ですわ。

愛と性的能力、尊敬、幸福感の関係

ここでは、愛にまつわるいろんな事実について見ていきましょう。

その事実というのが以下。

  • 性行為と関係性の満足感には正の関係がある
  • エロスとアガペー両方の愛を持つ人は異性 から理想的な性的魅力を持っていると見られる
  • ルダスの愛だけを有する人は異性から性行為に関する性的魅力があると見られる
  • 性行為ははパートナーに愛を示す重要な方法の一つ
  • 尊敬はエロスとアガペー、ストルゲの愛と正の相関関係にある一方、ルダスの愛とは負の相関関係にある
  • 尊敬はエロスやプラグマ、アガペーの愛と正の相関関係にあり、ルダス、マニアの愛とは負の相関関係にある
  • 愛を感じてない人と比較すると愛を感じている人の方が幸福感が高い
  • 幸福感はエロスの愛やストルゲの愛と正の相関関係にあり、2人の関係性の満足感とも正の相関関係にある
  • 身体的および感情的に最も満足できる関係性とは特定のパートナーとの1対1の関係である

はい、結構ありますねえ。

ただ、ちょっと言い方がわかりにくいですね?

まあ、以上の内容を大さっぱに要約すると以下みたいな感じの内容になります。

  • 情熱的かつ献身的な人は魅力的
  • 性行為でお互いの仲が深まる(これよく遊び人が悪用する奴だわ、、、)
  • 遊び人は性行為に関しては魅力的に見える(まあ、遊び慣れてそうやしな、、、。それと恋愛は)
  • 性行為は愛を実感させる方法の一つ(セックスレスは離婚の原因になったりするよねー)
  • 遊び人的すぎたり一途すぎると尊敬されない
  • 愛を感じていると幸せになる
  • 彼氏彼女がお互いに複数の異性と関係を持っていると仲が冷え込む(まあ、直感的にあたりめえよね。誰も浮気している人が好き!なんていわないもんな)

そして、重要なことですがBaumeister & Leary (1995)によると、人間 は「所属したい種」であるといいます。

つまり、所属している人の方が所属していない人に比して幸福感が高いといえるわけです。

なお、結婚もいうなれば「所属」の一種。

事実、Myers & Diener( 1995)によれば、男性も女性も結婚し婚姻関係が続いている人は、生涯独身の人や離婚 をした人よりも幸福感が高いそうです。

とはいえ、SNSが発達した現代では必ずしも結婚は必要ではないとの見解もあるよう模様。

実にいろんな見方がありますねえ。

おわりに

この記事は「愛には6種類あり、愛の伝え方には5種類ある」と題しておおくりしました。

はい、少し愛というものに関して理解が深まったのではないでしょうか?

愛というものに明確な定義は今のところありませんが、愛が人間関係にとって重要な要素であるということは改めてわかっていただけたかと思います。

ただ、行動分析学的な観点から見た場合にはいわゆる「無償の愛」は存在しませんからね。

これは要注意です。

愛はお互いに協力し合って育む相互的なものであるということを、忘れずにいないといけないでしょう。

そうでないと、「愛が足りない!」と他人に対して愛情を与えてもらうことばかりを要求する思考になってしまうかもしれません。

そうしたら、相手とはいい関係は築けませんね。

会話と一緒です。

一方的なものはアンバランスで成立しないのですよ。

では!

参考記事等

「恋の正体は性欲と依存?」恋愛の本質についてガチで考えた

『無償の愛』の存在を信じる事のメリットデメリット「全ては有償の愛」

「重い人は無理!」心理カウンセラーが愛の重い人が中々報われない理由を考えてみた

恋愛する意味って何なのかについて考えてみたい。

「タキサイキア現象」格闘漫画にありがちな物が遅く見える現象はマジ

スポンサーリンク
真面目に結婚を考えているなら結婚相談所は成婚率業界№1のパートナーエージェントで決まり!

社会人になると、とたんに恋愛が難しくなります。

それは出会いの機会が学生時代と比べて極端に減ってしまうからです。

出会いの機会が減ってしまうのは恋愛や結婚をしたいと思っている人にとっては絶望的なまでに致命的。

付き合おうにもそもそも付き合う異性がどこにもいないなんて、、、絶望です。

何とか仕事を覚えようと必死になって日々の仕事に追われ、「気が付いたら家と職場の往復になっていた」なんて人も珍しくないでしょう。

しかも、年を経るごとに一般に職責が重くなって行くので、一向にプライベートの時間を確保できないなんて人も珍しくありません。

家と職場の往復がメインの日常となっては、とてもではありませんが新しい出会いなんて期待できません。

しかし、恋愛も結婚も早ければ早いほど有利。

年齢は1歳違うだけでもその影響ははかり知れません。

例えば、29歳と30歳、39歳と40歳、、、どうでしょう?

きっと、かなりのイメージの差を感じるはずです。

また、各所でいわれている通り、男女問わず35歳以上になると結婚できる確率は極端に減ってしまいます。

※実際、2015年の国税調査で、35歳の男性がその後5年以内に結婚できる確率は20.88%。35歳女性の場合は22.61%というデータが示されている。

35歳なんて仕事に追われていたらあっという間です。

結婚をしたいならゆっくりしている暇はありません。

結婚しないでいいのはすぐに友人を作れるような圧倒的なコミュ力がある人やそもそも人嫌いの人くらいですから、結婚へのタイムリミットは多くの男女にとって大問題です。

一人だけ家にポツンと取り残され誰とも会話をすることのない、心配してくれる家族もいない、そんな老後、、、、あまりにも寂しい。

婚活は早くから始めるに越したことはないです。

そこでとりうる道は3つ。

まず一つは「マッチングアプリを使って相手を探す」という道。

これは一見現代における最適解のようにおもえますが、問題もあります。

その問題とは、男性の場合なら「そもそもマッチングすらしない」とか「ひどい写真詐欺の人にばかり合う」、「異性慣れしていないとデートにいたるまでのやり取りすらできない、デートが上手くいかない」といったもがあるでしょう。

そして、女性ついていえば、「自分は真面目に婚活しているのに遊び目的の人にしか遭遇しない」とか「経歴や年収、写真詐欺をしている人ばかりにあう」、、、などというリスクがあります。

マッチングアプリでまじめに婚活するのはかなり難しいです。

特に、男性に関しては今のマッチングアプリ市場は非常に厳しいです。

マッチングアプリは、見た目を並み以上にした雰囲気イケメン以上が女性からのいいねを独占する場です。

今までロクな恋愛経験がなかったり見た目に特段優れた点のない人が戦える場所ではありません。

写真を見られたその時点で女性にスルーされプロフィールは読まれません。

第二の道は「職場で相手を探す」という道。

職場に異性がいる人は、職場にいる異性と恋愛しそこから結婚に至るという手が残されています。

しかし最近では「告白すること自体がハラスメントだ」等という風潮が出来上がってきているためうかつに職場恋愛もできません。

なにより、職場恋愛は職場にプライベートを持ち込むことになるというリスクがあるので中々難しいものでもあります。

また、これは男女問わずいえることですが、仮に告白に失敗すると自分の居場所がなくなったりして肩身の狭い思いをすることになったりします。

事実、「気になる部下にそれとなく好意を伝えたらセクハラではないかと問いつめられて会社に居場所をなくした」とか、逆に「男性の上司からそれとなく好意を伝えられ断ったが、その後嫌がらせをされて職場をやめざるを得なくなった」等といったトラブルにあった人も実際にもいるそうです。

職場に恋愛を持ち込むことのリスクはかなりのものと言えます。

特に、恋愛や婚活をしたい男性にとっては厳しい世の中です。

そして、第三の道は「結婚相談所を利用する」という道です。

「真面目に結婚を目的として活動する」という事であれば、結婚相談所に入会するのが最適解です。

結婚相談所であれば、経歴や年収を意図的に盛ることはできませんし、写真詐欺も心配ありません。

もちろん、既婚者が紛れ込むこともありませんね。

それにきちんとした結婚相談所であれば、運営の目が光っているため「いわゆる、やり目的なひと」も排除できますからそこも女性としては安心です。

婚活カウンセラーがサポートしてくれるので異性経験がゼロの人でも安心でしょう。

しかし、結婚相談所も入会するところを間違えるとひどい婚活地獄が待っています。

特に気をつけたいのは、以下の三点。

結婚相談所選びのポイント

・会員数が少ない(そもそも出会える人数が少ないので自分の希望の相手と会える可能性が低くなる)
・運営側のサポートがなくほったらかし(特に異性慣れしていない人にとってはサポートがないと婚活を続けること自体が困難)
・きちんと実績があるかどうか

この3つに当てはまっている結婚相談所は何としても避けねば、自分の貴重な若さとお金を両方とも失ってしまいます。

この3点を踏まえると、パートナーエージェントが最適でしょう。

パートナーエージェントは、上記の三点に関しては以下のようになっています。

  • 会員数約7万3千人
  • コンシェルジュがあなただけの婚活プランや紹介文作成、お見合いの日程調整などを担当。また、婚活をしていて感じる不安や悩みをいつでも相談可能。
  • 成婚率と婚姻率№1(他社成婚率の約2.3倍、そして一般成婚率換算と比較するなら4.5倍)

成婚率No.1の結婚相談所に資料請求する>

特に、パートナーエージェントのコンシャルジュのサポートには定評があり、コンシェルジュのサポートのおかげで婚活を成功させれらたという声も。

さらに、他にもパートナーエージェントには以下の様な実績があります。

  • ・3カ月以内でのデート実施率95.9%(紹介開始から3ヵ月でお見合いが成立した全会員比率。2020年4月調査(2019年1月~2019年12月の1年間の入会者実績) 3ヵ月以内での中途退会者及び再入会者を含まない実績
  • 成婚退会で一番多い期間は4カ月(2019年4月~2020年3月の成婚退会者実績)
  • ・入会から一年以内の交際率93.1%( 2018年4月~2019年3月の入会者実績。1年以内での中途退会者及び再入会者を含まない実績。)

そして、さらにパートナーエージェントでは、コミュケーション学の権威と共同開発したという独自のEQ診断とAI技術の導入で理想の相手を見つけるサポートも充実。

成婚率No.1の結婚相談所に資料請求する>

パートナーエージェントを利用して成婚されている方は沢山います。

その年齢層も実に幅広いです。

詳しい成婚とその過程の体験談については以下のサイトを参照。

https://www.p-a.jp/introduce/happyreport/

本気で結婚したいなら行動しない事にははじまりません。

じっとしている間にもどんどん年を取って婚活は不利になっていくのでいち早く行動あるのみ!

まずは無料の資料請求から!!

※無理な勧誘は一切ありません。

成婚率No.1の結婚相談所に資料請求する

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事