「重い人は無理!」心理カウンセラーが愛の重い人が中々報われない理由を考えてみた

今回は以下の様な方に向けておおくりします。

こんな人が読むと役に立つよ

・重い人が苦手な人
・恋人に重いから無理といわれた事がある人
・話しのネタが欲しい人等

ぐれん
心理カウンセラーのおにぎりの中の人、ぐれんです!

今回もよろしゅう!!

今回の話題は「「重い人は無理!」心理カウンセラーが愛の重い人が中々報われない理由を考えてみた」という話です。

世の中には「重い人は一緒にいて疲れる」等と言われて振られてしまう人がいます。

このような現象を目の当たりにして、「そりゃそうだ」と納得する人もいれば「重いってことは愛が深いって事じゃないの?振るなんてひどくない?」といろんな意見を言う人がいるものです。

今回はなんで重いと嫌がられるのかについて考えてみたいと思う次第。

なお、自分が現時点で結婚に適しているかどうかは婚活EQ診断を受けると少しわかるかも。

診断自体は無料なので気軽にどうぞ。

では、ゆるりとおおくりします。

スポンサーリンク

愛が重いと何が悪いのか?

愛が重いと結構な確率で嫌がられます。

愛が重いという事は、ポジティブにとらえるならば「相手に一途である」と言えますが、なぜ嫌われてしまうのでしょうか?

愛が重いと嫌われてしまう理由の最たるものは、

「自分の行動が制御され自由を侵害されているように感じるから」

です。

人は、何事も自分の意思で選択したいと思っているので、他人から「~しろ」と強制されると反発心を覚えるもの。

愛が重い人は、相手を束縛したり過剰に嫉妬したりラインで返信を少しでも返す時間が遅かったりすると追撃するように立て続けに催促をしたりといった事をしがちです。

こうした一連の行動は、相手からすると「自分の行動をコントロールしようとする行動」にしか映りません。

恋愛初期の様なある種の盲目状態であれば、相手も乗り気で対応してくれるでしょうが、恋愛感情はいくら長くても3年で切れますから重い人は次第に嫌われていきます。

基本的に恋愛では、追う側は楽しいですが追われる側は次第に飽き飽きしていくのが通例です。

中には、「追われた時点でもう相手に興味がなくなる」という人もいるので、こんな人と何の縁があってか付き合うことになってしまった場合には即座に振られてしまうでしょう。

いずれにせよ、愛が重い人や重くなりやすい人は相手からすると「自由の侵害者」なのです。

相手には相手の都合があり気分があります。

この点をきちんと考えてお互いに行動していかないと、相手からは「うっとおしい人だな。もうめんどうだからいいよ!かかわんないでほしい!!」なんて思われるわけです。

愛が重いって具体的にどういう状態??

「愛が重い」と言われても、「はて?どんな状態が愛が重い状態なんだろう?」と思いますよね。

という事で、具体的に愛が重い状態の具体例をいくつか挙げてみましょう。

・相手の行動を逐一は確認したがる

愛が重い人は、相手の日常の行動を逐一チェックして相手が今何をしているのかを確認したがります。

この行動の背景にある心理には、いろんなものが考えられますが、一番ありがちなのは、

「相手を心の底では信用できておらず相手が自分を捨てないか心配である事」

があげられるでしょう。

いわゆる「他人に依存しやすいタイプの人」は相手に浮気をされる恐怖を常に持っているため、相手の行動を一々確認して少しでも怪しいと思ったらすぐに糾弾します。

こんな束縛をされては普通はたまったものではありません。

実際、過去にこの手の事案に若干巻き込まれたこと人から話を聞く機会がありましたが、彼は彼女に行動を逐一話せと迫られたときに「ああ、そう。そんなに信用できないならいいよ。もうわかれるわ」等と言って即座に関係解消しようとしたそうです。

結局、後日彼女の方が謝ることで仲直りはしたものの、気分最悪だったんだとか。

まあ、気持ちはわかりますよね。

恋愛しててしんどい思いするくらいなら、もうふってしまって楽になりたいものです。

恋愛って苦しむためにするものではないですもんね。

・相手からの返信が自分の中で少しでも遅いと思うとすぐ催促する

相手からの返信が自分の中で少しでも遅いと感じると、「なんで返信返してくれないの?」といった圧をかけてくる人も重くてうんざりする人と言えます。

気分が乗らないとか忙しいとかで返信が返せない時に、「ねえ、なにか答えてよ」とか「さみしいんだけど」みたいなラインを畳みかけてこられると、正直「うっとうしいわ!今は黙れ!!」といった気分になるものです。

恋人からのラインを1週間も未読無視しているとかなると、さすがに常識的に考えてヤバいですけども、一日や2日程度でキレてくるようでは先が思いやられるもの。

なおこれは多少本題からずれますが、彼女や彼氏でもなくただの知りあい程度の異性から「今日は~した」とか「聞いてもないのにあまりにどうでもいい身の上話」を連投されたあげく「何か反応してよ」と言われても、

「は?しらねえし。勝手に一方的に送ってきて何言ってんの?頭大丈夫そ?」

等と言いたくなる事もあるかと思います。

まあ、、、いずれにせよ、相手が反応してくれないなら「まあ、忙しいんだな」くらいでスルーしておくのがいいと思いますよ。

そこで「なんでかえしてくれないの?」とかたたみかけると「めんどくせー!こいつ!」となるのがおちというものです。

ちなみに、わたしの場合ですと、もしも相手がこちらのラインにすぐに反応してくれない時は、一旦その人の事は完全に忘れてやらないといけない作業の事に集中します。

実際、そのうちラインなんて返ってくるものですから、焦る必要はありません。

ずっと返ってこなくても、それならそれで「縁がなかったんだな」ともう忘れてしまえばいいです。

そこはドライにいくのがおすすめですよ。

・やたら自分の事を好きか確認してくる

愛が重い人は、ことあるごとに「自分の事が好きか」を確認しがちです。

付き合っている場合、たまに会話の自然な流れの中で「自分の事をすきか」を確認するような会話は発生します。

しかし、その頻度が「ラインで毎日聞かれる」となると、これはちょっと異常かなと思いますよね。

聞かれている側からすると、「え?好きだから付き合ってんじゃないの?てか、なに?そんなにこっちの気持ちが信じらんない訳??」となんか不機嫌にもなってきますよね。

あまり自分の事を好きかを頻繁に確認するのはやめにしたいものです。

また、「自分の事を好きかどうかを確認する行動」というのは、言ってみれば「自分に自信がない事の表れ」ですから、男性がこういった行動をとると致命傷です。

女性からすると、「自信のなさそうな男性なんてすきではない」という人が圧倒的多数なので、自信がなさそうに思われる行動は自分を株を下げる愚行と言えます。

程度の問題はありますが、「相手への愛情の確認行動」は女性がとる場合よりも男性がとる場合の方がお互いの関係に対してはるかに悪影響です。

女性に「うっわ、この男ないわ」と失望さしつぼうれてしまうのが落ちでしょう。

愛の重さを丁度良くする方法

愛は重すぎても軽すぎてもよくありません。

大事なのはバランスです。

しかし、あまりに恋愛に熱中すると重くなるのはある意味必然と言えます。

そのため、異論はあることを承知で言いいますが、「恋愛にのめりこみすぎない事」が重要になってきますね。

恋愛にのめりこみすぎないために講じられる対策には以下のようなものがあるでしょう。

・メンタルを強化する

愛が重くなりやすい人は、メンヘラ、いわゆる精神的に不安定になりやすい人である可能性があります

精神的な安定は長期的な人間関係の要ですから、きちんと精神状態を落ち着けるように努めるべきです。

愛が重くなりやすい人はメンタル自体を強化する必要性があると思いうので、以下の記事を参考にしてみて下さいな。

・小さな成功体験でもいいのでとにかく成功体験をたくさん積んで自分に自信をつける

愛が重くなりやすい人は、自分に自信がない人が多いように思われます。

自分に自信がない場合は、まず少しでも成功体験を多く積み自分に自信をつける事を目指すといいです。

成功体験の有用性については以下の記事参照。

・ストレスの管理を徹底する

精神状態が不安定になりやすい人もそうでない人も、そもそも自分が受け止めきれないストレスを抱え込むと精神的に荒れてしまうものです。

そのため、常に安定した精神状態でいられるようにするために、ストレスの管理を徹底すべきといえます。

ストレス対策については以下の記事が参考になりますので、どうぞご参照のほど。

・人生の軸をもつ

愛が重くなる人の中には、「恋愛こそ人生の全て!」等と考える恋愛至上主義者がちらほら見受けられます。

こうした考えを否定する気は一切ないですが、心理学的な観点から見るとこれはある種の依存症的な状態であるといる気がしますよね。

つまり、現状の自分の抱える何らかの課題を考えたくないから恋愛に逃避しているという事です。

これでは恋愛によって幸せになる未来が見えてきません。

そのため、恋愛に逃避の手段として使用している人は、「そもそも自分は人生に対してどうあってほしいと思っているのか」とか「自分は何を人生に対して期待しているのか?」といった事をはっきりさせていくのが賢明です。

人生に方向性ができると、次第と恋愛にのめりこんで盲目的になる生活から足を洗うことができるでしょう。

「人生=恋愛」という極端な図式は頭の中から消すことです。

人生とは、さまざまな要素が複雑に組み合わさったパズルの様なもの。

人生はその意味付けを一つに限定するにはあまりに複雑なのです。

もっと、人生を多面的に見て評価してみるといいかと思います。

人生の方向性を決めたいなと思った人は、以下の記事が参考にしてみて下さいな。

おわりに

この記事は「「重い人は無理!」心理カウンセラーが愛の重い人が中々報われない理由を考えてみた」と題しておおくりします。

愛が重い人は、相手からすると「自分をコントロールしようとしている」と感じられるために嫌がられる傾向にありますね。

相手の事を好きになる度合いが大きい程、こうした心理は起こるものですがやはり好きの度合いは適度に抑えておかないと関係が長続きしません。

愛は適度な重さにしたいものですねえ。

人間関係は距離感が大事ですよ。

では!

参考記事等

スポンサーリンク
真面目に結婚を考えているなら結婚相談所は成婚率業界№1のパートナーエージェントで決まり!

社会人になると、とたんに恋愛が難しくなります。

それは出会いの機会が学生時代と比べて極端に減ってしまうからです。

出会いの機会が減ってしまうのは恋愛や結婚をしたいと思っている人にとっては絶望的なまでに致命的。

付き合おうにもそもそも付き合う異性がどこにもいないなんて、、、絶望です。

何とか仕事を覚えようと必死になって日々の仕事に追われ、「気が付いたら家と職場の往復になっていた」なんて人も珍しくないでしょう。

しかも、年を経るごとに一般に職責が重くなって行くので、一向にプライベートの時間を確保できないなんて人も珍しくありません。

家と職場の往復がメインの日常となっては、とてもではありませんが新しい出会いなんて期待できません。

しかし、恋愛も結婚も早ければ早いほど有利。

年齢は1歳違うだけでもその影響ははかり知れません。

例えば、29歳と30歳、39歳と40歳、、、どうでしょう?

きっと、かなりのイメージの差を感じるはずです。

また、各所でいわれている通り、男女問わず35歳以上になると結婚できる確率は極端に減ってしまいます。

※実際、2015年の国税調査で、35歳の男性がその後5年以内に結婚できる確率は20.88%。35歳女性の場合は22.61%というデータが示されている。

35歳なんて仕事に追われていたらあっという間です。

結婚をしたいならゆっくりしている暇はありません。

結婚しないでいいのはすぐに友人を作れるような圧倒的なコミュ力がある人やそもそも人嫌いの人くらいですから、結婚へのタイムリミットは多くの男女にとって大問題です。

一人だけ家にポツンと取り残され誰とも会話をすることのない、心配してくれる家族もいない、そんな老後、、、、あまりにも寂しい。

婚活は早くから始めるに越したことはないです。

そこでとりうる道は3つ。

まず一つは「マッチングアプリを使って相手を探す」という道。

これは一見現代における最適解のようにおもえますが、問題もあります。

その問題とは、男性の場合なら「そもそもマッチングすらしない」とか「ひどい写真詐欺の人にばかり合う」、「異性慣れしていないとデートにいたるまでのやり取りすらできない、デートが上手くいかない」といったもがあるでしょう。

そして、女性ついていえば、「自分は真面目に婚活しているのに遊び目的の人にしか遭遇しない」とか「経歴や年収、写真詐欺をしている人ばかりにあう」、、、などというリスクがあります。

マッチングアプリでまじめに婚活するのはかなり難しいです。

特に、男性に関しては今のマッチングアプリ市場は非常に厳しいです。

マッチングアプリは、見た目を並み以上にした雰囲気イケメン以上が女性からのいいねを独占する場です。

今までロクな恋愛経験がなかったり見た目に特段優れた点のない人が戦える場所ではありません。

写真を見られたその時点で女性にスルーされプロフィールは読まれません。

第二の道は「職場で相手を探す」という道。

職場に異性がいる人は、職場にいる異性と恋愛しそこから結婚に至るという手が残されています。

しかし最近では「告白すること自体がハラスメントだ」等という風潮が出来上がってきているためうかつに職場恋愛もできません。

なにより、職場恋愛は職場にプライベートを持ち込むことになるというリスクがあるので中々難しいものでもあります。

また、これは男女問わずいえることですが、仮に告白に失敗すると自分の居場所がなくなったりして肩身の狭い思いをすることになったりします。

事実、「気になる部下にそれとなく好意を伝えたらセクハラではないかと問いつめられて会社に居場所をなくした」とか、逆に「男性の上司からそれとなく好意を伝えられ断ったが、その後嫌がらせをされて職場をやめざるを得なくなった」等といったトラブルにあった人も実際にもいるそうです。

職場に恋愛を持ち込むことのリスクはかなりのものと言えます。

特に、恋愛や婚活をしたい男性にとっては厳しい世の中です。

そして、第三の道は「結婚相談所を利用する」という道です。

「真面目に結婚を目的として活動する」という事であれば、結婚相談所に入会するのが最適解です。

結婚相談所であれば、経歴や年収を意図的に盛ることはできませんし、写真詐欺も心配ありません。

もちろん、既婚者が紛れ込むこともありませんね。

それにきちんとした結婚相談所であれば、運営の目が光っているため「いわゆる、やり目的なひと」も排除できますからそこも女性としては安心です。

婚活カウンセラーがサポートしてくれるので異性経験がゼロの人でも安心でしょう。

しかし、結婚相談所も入会するところを間違えるとひどい婚活地獄が待っています。

特に気をつけたいのは、以下の三点。

結婚相談所選びのポイント

・会員数が少ない(そもそも出会える人数が少ないので自分の希望の相手と会える可能性が低くなる)
・運営側のサポートがなくほったらかし(特に異性慣れしていない人にとってはサポートがないと婚活を続けること自体が困難)
・きちんと実績があるかどうか

この3つに当てはまっている結婚相談所は何としても避けねば、自分の貴重な若さとお金を両方とも失ってしまいます。

この3点を踏まえると、パートナーエージェントが最適でしょう。

パートナーエージェントは、上記の三点に関しては以下のようになっています。

  • 会員数約7万3千人
  • コンシェルジュがあなただけの婚活プランや紹介文作成、お見合いの日程調整などを担当。また、婚活をしていて感じる不安や悩みをいつでも相談可能。
  • 成婚率と婚姻率№1(他社成婚率の約2.3倍、そして一般成婚率換算と比較するなら4.5倍)

成婚率No.1の結婚相談所に資料請求する>

特に、パートナーエージェントのコンシャルジュのサポートには定評があり、コンシェルジュのサポートのおかげで婚活を成功させれらたという声も。

さらに、他にもパートナーエージェントには以下の様な実績があります。

  • ・3カ月以内でのデート実施率95.9%(紹介開始から3ヵ月でお見合いが成立した全会員比率。2020年4月調査(2019年1月~2019年12月の1年間の入会者実績) 3ヵ月以内での中途退会者及び再入会者を含まない実績
  • 成婚退会で一番多い期間は4カ月(2019年4月~2020年3月の成婚退会者実績)
  • ・入会から一年以内の交際率93.1%( 2018年4月~2019年3月の入会者実績。1年以内での中途退会者及び再入会者を含まない実績。)

そして、さらにパートナーエージェントでは、コミュケーション学の権威と共同開発したという独自のEQ診断とAI技術の導入で理想の相手を見つけるサポートも充実。

成婚率No.1の結婚相談所に資料請求する>

パートナーエージェントを利用して成婚されている方は沢山います。

その年齢層も実に幅広いです。

詳しい成婚とその過程の体験談については以下のサイトを参照。

https://www.p-a.jp/introduce/happyreport/

本気で結婚したいなら行動しない事にははじまりません。

じっとしている間にもどんどん年を取って婚活は不利になっていくのでいち早く行動あるのみ!

まずは無料の資料請求から!!

※無理な勧誘は一切ありません。

成婚率No.1の結婚相談所に資料請求する

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事