正直、恋愛体質でいい恋愛ができるとは思えない「恋愛は人生のおまけ」
ぐれん
心理カウンセラーのオニギリの中の人、ぐれんです

今回の話題は「正直、恋愛体質でいい恋愛ができるとは思えない「恋愛は人生のおまけ」」という話です。

今回は以下のような方に向けておおくりします。

こんな人が読むと役に立つよ

モテないことを気にしている男女
・恋愛体質じゃない事を気にしている男女

・恋愛体質って何だよ?て人
・恋愛体質を治し方が気になっている人
・恋愛体質の原因が気になる人

「恋愛体質」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

まあ、「体質」なんていっていますが、心理学用語でもなんでもない単なる俗語です。

なので、厳密な定義なんてものは存在しておりません。

おそらく、一般には「恋多き女」や「恋多き男」に多い性格等の傾向を大雑把に表現したものでしょう。

ただ、恋愛体質の男女を「常に恋愛していないと気が済まない人」みたいにとらえた場合は、「こりゃダメだ」て感じがします。

なんだろう、、、本能の奴隷って感じ?がしますね。

それと、多分その状態は依存症ですわ。

恋愛をいくら繰り返しても状況は悪化しそうっすね。

では、ゆるりとおおくりします。

スポンサーリンク

恋愛体質ってなんじゃい?その正体は何よ?

恋愛体質とは冒頭でも述べた通り、「単なる俗語の類」ですので、明確な定義もクソもあったものではありません。

、、、とはいえ、定義をしない事には記事が先に全く進みませんので、まずはネットに落ちている情報を整理して定義を心みたいと思います。

どうやら、ネットを散策してみると恋愛体質の特徴等としては以下の様なものが提案されている模様。

  • 常に恋愛をしていたい状態
  • 常に恋愛をしていないと退屈である
  • すぐに人を好きになる
  • ファッションや言動までもが恋人色に染まる
  • 気持ちが熱しやすく冷めやすい
  • 一途である
  • 恋愛に前向き

んー、色々ありますねえ、、、。

どうも、多くのサイトでは恋愛体質を前向きなものとして評価し、恋愛依存症と区別しようとしているようです。

ですが、わたしには「恋愛体質というもの自体がすでに依存症の一種になっている状態」だって思いますね。

特に、上掲の要素の「常に恋愛をしていないと退屈である」と「気持ちが熱しやすく冷めやすい」というものが「ダブルコンボだドン!!」とくると、刺激的な恋愛を繰り返すロマンス依存症なんじゃないかって気がしてきます。

まあ、断定は難しいものの、わたしは恋愛体質喪に自体が依存状態であって、その重症度によってロマンス依存症か共依存かに分かれるって感じがしますねえ。

まあ、そもそも恋愛自体中毒性があるものなので致し方ないところがありますけど。

なお、ロマンス依存症が軽度で共依存が重傷って感じです。

はい、てなわけで、わたしは

「恋愛体質とは恋愛に関する依存状態の一種である。また、その重症度によりロマンス依存症と共依存に分類できる」

と定義したいと思います。

恋愛体質の男女はメンヘラでうざい?

恋愛体質の人というのは、上述したように依存状態にある人と考えられるので、日常生活を恋愛中心に考えるあまり客観性を失っている可能性があります。

そうなれば、「なんか自分の世界に入り込んでいて周りが見えてない」とか「感情の起伏が激しい」なんて感じになる可能性はありますね。

つまり、いわゆるメンヘラ化、要は「精神状態が不安定化」してしまうという事です。

精神状態が不安定になると、周りの人間関係は当然悪くなっていくでしょうから、世間に「恋愛体質の人はウザい」という意見があるのも当然といえば当然でしょう。

精神が不安定になると、周りの人達と安定的な人間関係が構築しにくくなります。

自分の世界に入って上の空で話を全く聞いていない、とか突然泣き出したり落ち込んだり有頂天になったり、みたいな激しい感情の起伏の人は一般的な文脈で人には好かれにくいでしょう。

それに恋愛体質では、健全な人間関係構築が困難であるため、長期的な恋愛関係なんて特定の相手と結べません。

恋愛体質であっては、その場限りの恋愛を繰り返すだけであると思いますね。

なので、恋愛体質であっていい恋愛はできないといえるでしょう。

恋愛体質気味の人は、「まず自分が依存気味になっているのだ」という事を自覚するのがいいです。

全てはそこから始まります。

以下の記事等を参考にしてみてくださいな。

恋愛体質の女性はモテるってのは多分本当である(恋愛至上主義は危うい)

世間には、「恋愛体質の女性はモテる」という意見があるようです。

これに関して、わたしは「結構妥当」だと思います。

というのも、本能的な意味で男性からモテる女性の性格は、「外向性が高くメンタルが不安定である」と言われているからです。

恋愛体質の女性は情緒が不安定になっていると考えられるため、メンタルが安定な時よりもモテるようになっていると考えてもいいでしょう。

まあ、厳密性を大いに欠いた推測ですけど。

ただ、恋愛体質の男性に関して、モテるようになるかはちょっと何とも言えないです。

判断が難しいですな。

恋愛は人生のおまけ位の感覚でいいんじゃなかろうか

正直、最近はなんだか恋愛至上主義的な傾向が表面化してきているなあって感じがします。

「恋愛できないやつは人生の負け組」とか「恋愛できないやつは人にあらず」みたいな風潮っていうのかね。

まあ、純粋に生物的に見るなら、「まあ、あってんじゃない」とも思いますが、それにしても少しどうかなあって思うところがありますわな。

別にわたし個人としては、「恋愛できないくらいの魅力しかない人は遺伝子残せず淘汰されるから生物としては負け組よね」って感じの論調に対して怒る気持ちはなく「あー、そっすね」て感じです。

まあ、理屈としては「そりゃあ、そうだ」て感じですもんね。

一理あります。

でも、こういった風潮が広がることって多くの人、特に男性を生きづらくするし、結果としてなんだか社会全体に暗くてイヤーな雰囲気を醸成しそうで個人的にいいと思っていないんですよな。

暗い人が増えんのって個人的に大嫌いですから。

ただ、個人的な意見ですが、学生の内には多少勉強を控えてでも恋愛をしておいた方がいいとすら思っています。

早いうちに恋愛経験積んどかないと、いわゆる高齢の非モテになってにっちもさっちもいかなくなるなんてことが普通に起こりそうですからな。

恋愛はしなくても困んないかもしれんけど、したほうが人生の幸福度自体は高くなると思うんですよね。

特に、イケメンに関しては、学生時代に勉強を頑張るのも悪くないけど恋愛も頑張んないともったいない気がしますな。

恋愛では、若いイケメン無双だからね。

若いうちに勉強ばっかやってんのも、なんか少しだけ人生の無駄遣いのような気がしているんですな。

、、、、まあ、それはいいとして、「恋愛出来ない人は負け組」みたいな考えにとらわれている恋愛至上主義者の人達は、考えを転換して「恋愛は人生のおまけ」位に優先順位を落とした方がいいと思いますわ。

「人生=恋愛」みたいな考えは、あまりにあやうい!

というか、「人生=~」みたいに人生の意味を狭めて考えてしまうこと自体がまずいんですよね。

人生ってのは恋愛、仕事、趣味、、、、などなど無数の要素から成立しているものなので、等号で特定の要素と結び付けられるようなものではないんです。

人生に等号をつけないことで、生き方の可能性は無限大になります。

いくらでも変わることができるなら、人生の様々な局面で柔軟に対応することができるので、気を病むことも減ると思うんですよね。

自分の進んでいる道が袋小路だったら、一旦引き返して分岐を探してまた進んだらいいじゃないですか。

人生に等号を使っていたら、袋小路で進めないままですよ。

どこにも行けないままです。

「~至上主義」なんてよくないっすよ、てお話でした。

まあ、恋愛なんて人生のおまけなんすよ。

なくても困らんが、あったら人生の幸福度が上がるものだよねってことです。

ま、例外はあるからそうでないこともあるだろうけどね。

おわりに

この記事は「正直、恋愛体質でいい恋愛ができるとは思えない「恋愛は人生のおまけ」」と題しておおくりしました。

恋愛体質とは俗語の一種であり、定義が良く定まらないものです。

ただ、あえてわたしなりに定義を施すなら

「恋愛体質とは恋愛に関する依存状態の一種である。また、その重症度によりロマンス依存症と共依存に分類できる」

とできると思います。

まあ、人生恋愛だけが全てではないので、極端な恋愛至上主義に陥らないようにしていきたいものですな。

その方が、精神的に健康でいられるというものでしょう。

では!

参考記事等

スポンサーリンク
結婚後の家庭生活がうまくいくかはEQでわかる?

EQは心の知能指数。

EQは他人と自分の気持ちの理解、自分の気持ちを相手を傷つけずに伝えるのに不可欠なもの。

心温まる恋人関係、笑顔が絶えない思いやりある家庭にはEQが必要です。

成婚率No.1の結婚相談所「パートナーエージェント」のWEB無料診断で20問の質問(約3分)に答えるだけであなたのEQが分かります。

あなたのEQはどれくらい?

まずは、自分のEQを無料診断。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事