結婚って何のためにするんだろうか?「なんで結婚するの??」

「自分ももう気が付けば30代か、、、時が立つのは早いもんだ。それにしても、最近はうんざりだ。親戚での集まりがあると毎年毎年『まだ結婚しないのか』とせっつかれるようになってきた。親までその流れに乗ってか『孫の顔が見たい』なんて言い出してきてる。やめてほしいわ、、、、ストレスなんだが。」

ああ、めんどくさいなあ、それ。

オニギリス!

脱マンネリストのオニギリです!

今回もよろしゅう!!

今回の話題は「結婚って何のためにするんだろうか?少し考えてみたい気がする」という話です!

今回は以下の様な方に向けておおくりします。

こんな人が読むと役に立つよ
  • 結婚すべきか迷っている人
  • 婚活に疲れた人

はい、なんやかんやと年齢を重ねてくると「結婚」の2文字が頭をよぎるようになってきたりしますね。

親戚や親からも「いつ結婚するんだ?」なんてせっつかれて嫌気がさしている人もいるんじゃないでしょうか?

中には世間の風潮に流されるがままにいわゆる婚活なんかを初めて、ドツボにはまっている人もいるかもしれません。

さて、ここで質問です。

「あなたはなんで結婚したいのでしょう?」

本当に、結婚する必要があるのでしょうか?

結婚をしないとあなたの人生は充実したものにならないのですかね?

そう、世間体とかは基本的にはどうでもよくて「あなた自身がそれでいいと思うのか」という視点が大事です。

今一度、自分の心を見つめてみてはいかがでしょうか?

では、ゆるりとおおくりします。

スポンサーリンク

現代は結婚しなくてもやっていける

昔から結婚することのメリットについてはかなり研究されてきました。

それら研究により示唆されている結婚のメリットには、「幸福感の増進」や「心疾患のリスクが低減する」などが挙げられていたりします。

しかし、これらのメリットは「安定した人間関係の確保によるもの」、つまり「いつでも誰かとつながっている感覚がある」こと等によるものであるとの示唆があるんですね。

事実、最近の研究によると以前から言われていた結婚のメリットが、最近の若年層にはないということが言われています。

これはSNS等の発達により人間関係が昔よりも、格段に維持しやすくなったからであると考えられている模様。

正直な話、現代では結婚なんてしなくても何も困らないので、もはや「人生のオプション」と化している感があります。

いうなれば、結婚も娯楽の一種とすらいえるかもしれません(さすがに言いすぎか、、、、すんません)。

子供は必要なんだろうか?

さて、結婚はさておき中には「子供が欲しい」なんていう人たちがいます。

なんで、子供が欲しいのでしょうか?

ある研究によると、子供がいない女性の方が幸せであるなんて言われていたりしますし、子供がいると人生の満足度が低下する、子供がいない方が夫婦の仲がいいなんて研究もあります。

※なお、子供がいると満足度が減る理由は経済的なものとも言われているので、高給取りになれれば問題ないのかもしれない。

そして、上述のように現代ではSNS等のおかげで人間関係は比較的容易に確保できるため、子供がいないからといって老後の人間関係を心配することはありません。

そして、そもそも老後の面倒を見てもらうために子供を作っておこうなんて言うはた迷惑な発想をする人はあんまりいないでしょうし、実際問題としてそんなことを当てにしても助けてもらえるとは限りませんね。

子供から敬意と好意と持ってもらえる親でなければ、見捨てられるのが落ちでしょう。

ま、それに個人的にですが「老後の面倒ばかりを当てにして育ててきた親」って割と態度でわかる気がします。

あくまでわたしならですが、そんな親であれば(もちろん程度によるが)もうちゅちょくなく縁を切るなりなんなりして、もう二度と会わないと思います。

3、子供がいない人はかわいそうなのか?

さて、独身の人はもしかして言われたことがあるかもしれません。

「子供がいなくてかわいそう」

「結婚してなくてかわいそう」

と。

はて、何がかわいそうなのでしょうか?

まあ、断定はできませんがこのように人に「かわいそう」という人の心理には、「自分の方が結婚していて子供がいるから優位に立っている」というマウントを取りたいというものがあるのかもしれません。

さらに言えば、「結婚し子供をもうけた自分を肯定したいから」という心理もあるんでしょうかねえ。

まあ、いずれにせよ「気にするだけ無駄な戯言」といっていいでしょう。

「かわいそう」なんて「しったこっちゃない」です。

正直、「世間の目なんて気にするだけ無駄だし、そもそも自分の人生を左右するほどの影響力なんてない」ってことですよ。

もう、セミの鳴き声と大差ないノイズです。

さして気にするまでのことなんてないんですね。

他人が「かわいそう」といっても「本人がなんともない」なら問題なし。

例えていうなら、もうそもそも住む世界が違うし感じているものも違うので、感情的には分かり合えないし合わなくていいって感じかもしれません。

ペンギンがカモメに「空を飛べなくてかわいそう」なんて言われても気にすることはないってことです。

だって、ペンギンは「海を縦横無尽に泳ぎ回れる自由がある」んですから。

すんでる世界が違うだけです。

別に価値観の違いということでおしまいにしておけばいいでしょう。

4、自分自身が何を大事にしたいかが全てでいい

とはいえ、「結婚していない自分や子供がいない自分がどう評価されているか気になる」という人は一定数いるものです。

それを「気にするな、無駄だから」なんて言われたくらいで気にならなくなるんだったら、誰も苦労しないでしょう。

そこで一回自分に問いかけてみてほしいんですね。

「自分は一体結婚に何を求めているのか?」と。

その求めていることが本当に「結婚しないと手に入らないものなのか?」をよく考えてみましょう。

例えば、「自分が心から愛する恋人とお互いに信頼しあえる関係を築き、彼女には思いやりをもって接する」というものが大事にしたい価値であれば、別に結婚にこだわらなくても可能です。

また、「人間的に成長するために子育てしたい」と考えるにしても、「別に自分の子供でなくてもいい」といえるかもしれません。

子育ての経験をしたいだけなら、身寄りのない子で「この子は見所がある!」と思う子を引き取って育ててもいいですし、ボランティアを行ってもいいと思います。

「あなたが大事にしたいものは結婚しないと手に入らないものなのか?」、この問いに答えようとして考えを深める時、往々にしてあなたの大事にしたいものは結婚によらなくても得られるものであると気が付くでしょう(ま、気が付かないこともあるかもだが)。

結婚は目的ではなく、そこからが始まりといっていいでしょう。

結婚が目的になってしまっては結婚生活が上手くいかなくなると思うんです。

なので、結婚はあくまで通過点でありその先に「何の価値を見据えているのか」をはっきりさせましょう

でないと、結婚生活で迷うと思われます。

ちなみに、わたしの場合自分の大事にしたい価値は結婚によってしか得られないものではないため、結婚をする気は現時点ではありません(多分、これからもなさそうだが)。

一応、わたしの父親としては何気に実家が歴史的に古くその家系図やら石碑やらを確認してみると、大化の改新当たりの左大臣の阿倍倉梯麻呂さんという方が先祖にいるらしく口にこそあまりださないものの跡継ぎ云々ということは多少意識している模様。

まあ、とはいってもね、過去は過去。

今は今です。

わたしはわたしとしてどうありたいかだけが大事なため、家がどうの歴史がどうのなんてことは全く意に介していません。

歴史とはわたしにとっては「今とこれからを快適に生きるための教訓かつビッグデータ」なので、特段感情的に思い入れを持つ必要のないものです。

また、「人は死ぬときには一人である」との考えもあるためか、さみしいとか悲しいとかいったネガティブな感情も持ってもいません。

それに、今のわたしにとって子育ても面倒ですしね。

ま、今のわたしの心境なら子育ては面倒なので、小さい時は敏腕のベビーシッターを雇い面倒を見てもらいます。

そしてある程度の年齢になったら、親は子供の性格形成に数パーセントしか影響を与えない、むしろ友人関係の方が大事であるという研究等に基づき、子供を寄宿舎のあるいわゆる良好な人間関係が得られそうな名門学校で学ばせようかって気がしますねえ。

正直、お金はかかりますが、こればかりは仕方がなさそうです。

資産家にならなアカンな、キッツ(笑)。

まあ、今のわたしの心境としては自分で子供の面倒見るのは御免だし配偶者にも負担をさせるのは凄く嫌だしなので、お金がかかるのは仕方ないでしょうな。

お金は自由になるためにあるんで、それなりに正しい使い方でしょう。

少なくとも、わたしにとっては子育ては「苦労してまでやる価値のないもの」だといえそうですね。

さらに言うなら、あんまり自分の遺伝子が優れているとも思わないので残す必要はないなって気もしています(あくまで自分のはいらないってだけね)。

それなら、「お!この子は見所がある!」という身寄りのない子を引き取って才能を伸ばしてあげて将来の活躍の機会を与えてあげたほうがいいだろなって気がしますな。

もちろん、人種や国籍問わずね。

まあ、わたしのことは変人なんでさておき、自分の大事にしたい価値を発見したい人は以下の記事を参考にしてみてもいいかもしれません。

参考記事等

ちなみに、結婚って理性でするもんではなくて「なんとなく流れでしている人が多い」感じはありますね。

ひょっとしたら、知らないうちに結婚しているなんてこともあるのかも?

ま、知らんけど。

あと、ゆくゆくは独身者同士が楽しく交流できるコミュニティなんて作ってみたい気がしていますね。

別に結婚なんかしなくても楽しいと気が付けるようなコミュニティーをね。

完全に余談でしたな(笑)。

おわりに

この記事は「結婚って何のためにするんだろうか?少し考えてみたい気がする。」と題しておおくりしました。

結婚にはこれまで健康上のメリットがあるとされてきましたが、どうやらそれもSNS等の登場により結婚特有のメリットではなくなってきた感があります。

もはや、個人的には結婚に見いだせる価値はあまりないといえそうな気すらしていますね。

ま、あくまで理詰めで考えるならですけど。

厄介なのは「周囲からの評価が気になって結婚しないといけない気になってい状態」でしょう。

周りに流されないためにも「自分は人生で何を大事にしたいのか?その大事にしたいものは結婚によってしか得られないものなのか?」と自問してみるのもいいかと思います。

そうすると、「別に結婚によらずとも得られる」という考えに思い至ると思うんですね。

「周りがどういうから」ではなく「自分がどうしたいか」を判断基準として選択していきましょう。

何事も自分の意思で選択していくことで納得できます。

では!

参考記事等

結婚するべきかの判断基準や幸せな結婚をする方法等についてまとめてみた

参考

https://news.livedoor.com/article/detail/8443279/

https://www.harpersbazaar.com/jp/lifestyle/womens-life/a30788931/women-happier-without-marriage-and-children-190602r-lift1/

スポンサーリンク
真面目に結婚を考えているなら結婚相談所は成婚率業界№1のパートナーエージェントで決まり!

社会人になると、とたんに恋愛が難しくなります。

それは出会いの機会が学生時代と比べて極端に減ってしまうからです。

出会いの機会が減ってしまうのは恋愛や結婚をしたいと思っている人にとっては絶望的なまでに致命的。

付き合おうにもそもそも付き合う異性がどこにもいないなんて、、、絶望です。

何とか仕事を覚えようと必死になって日々の仕事に追われ、「気が付いたら家と職場の往復になっていた」なんて人も珍しくないでしょう。

しかも、年を経るごとに一般に職責が重くなって行くので、一向にプライベートの時間を確保できないなんて人も珍しくありません。

家と職場の往復がメインの日常となっては、とてもではありませんが新しい出会いなんて期待できません。

しかし、恋愛も結婚も早ければ早いほど有利。

年齢は1歳違うだけでもその影響ははかり知れません。

例えば、29歳と30歳、39歳と40歳、、、どうでしょう?

きっと、かなりのイメージの差を感じるはずです。

また、各所でいわれている通り、男女問わず35歳以上になると結婚できる確率は極端に減ってしまいます。

※実際、2015年の国税調査で、35歳の男性がその後5年以内に結婚できる確率は20.88%。35歳女性の場合は22.61%というデータが示されている。

35歳なんて仕事に追われていたらあっという間です。

結婚をしたいならゆっくりしている暇はありません。

結婚しないでいいのはすぐに友人を作れるような圧倒的なコミュ力がある人やそもそも人嫌いの人くらいですから、結婚へのタイムリミットは多くの男女にとって大問題です。

一人だけ家にポツンと取り残され誰とも会話をすることのない、心配してくれる家族もいない、そんな老後、、、、あまりにも寂しい。

婚活は早くから始めるに越したことはないです。

そこでとりうる道は3つ。

まず一つは「マッチングアプリを使って相手を探す」という道。

これは一見現代における最適解のようにおもえますが、問題もあります。

その問題とは、男性の場合なら「そもそもマッチングすらしない」とか「ひどい写真詐欺の人にばかり合う」、「異性慣れしていないとデートにいたるまでのやり取りすらできない、デートが上手くいかない」といったもがあるでしょう。

そして、女性ついていえば、「自分は真面目に婚活しているのに遊び目的の人にしか遭遇しない」とか「経歴や年収、写真詐欺をしている人ばかりにあう」、、、などというリスクがあります。

マッチングアプリでまじめに婚活するのはかなり難しいです。

特に、男性に関しては今のマッチングアプリ市場は非常に厳しいです。

マッチングアプリは、見た目を並み以上にした雰囲気イケメン以上が女性からのいいねを独占する場です。

今までロクな恋愛経験がなかったり見た目に特段優れた点のない人が戦える場所ではありません。

写真を見られたその時点で女性にスルーされプロフィールは読まれません。

第二の道は「職場で相手を探す」という道。

職場に異性がいる人は、職場にいる異性と恋愛しそこから結婚に至るという手が残されています。

しかし最近では「告白すること自体がハラスメントだ」等という風潮が出来上がってきているためうかつに職場恋愛もできません。

なにより、職場恋愛は職場にプライベートを持ち込むことになるというリスクがあるので中々難しいものでもあります。

また、これは男女問わずいえることですが、仮に告白に失敗すると自分の居場所がなくなったりして肩身の狭い思いをすることになったりします。

事実、「気になる部下にそれとなく好意を伝えたらセクハラではないかと問いつめられて会社に居場所をなくした」とか、逆に「男性の上司からそれとなく好意を伝えられ断ったが、その後嫌がらせをされて職場をやめざるを得なくなった」等といったトラブルにあった人も実際にもいるそうです。

職場に恋愛を持ち込むことのリスクはかなりのものと言えます。

特に、恋愛や婚活をしたい男性にとっては厳しい世の中です。

そして、第三の道は「結婚相談所を利用する」という道です。

「真面目に結婚を目的として活動する」という事であれば、結婚相談所に入会するのが最適解です。

結婚相談所であれば、経歴や年収を意図的に盛ることはできませんし、写真詐欺も心配ありません。

もちろん、既婚者が紛れ込むこともありませんね。

それにきちんとした結婚相談所であれば、運営の目が光っているため「いわゆる、やり目的なひと」も排除できますからそこも女性としては安心です。

婚活カウンセラーがサポートしてくれるので異性経験がゼロの人でも安心でしょう。

しかし、結婚相談所も入会するところを間違えるとひどい婚活地獄が待っています。

特に気をつけたいのは、以下の三点。

結婚相談所選びのポイント

・会員数が少ない(そもそも出会える人数が少ないので自分の希望の相手と会える可能性が低くなる)
・運営側のサポートがなくほったらかし(特に異性慣れしていない人にとってはサポートがないと婚活を続けること自体が困難)
・きちんと実績があるかどうか

この3つに当てはまっている結婚相談所は何としても避けねば、自分の貴重な若さとお金を両方とも失ってしまいます。

この3点を踏まえると、パートナーエージェントが最適でしょう。

パートナーエージェントは、上記の三点に関しては以下のようになっています。

  • 会員数約7万3千人
  • コンシェルジュがあなただけの婚活プランや紹介文作成、お見合いの日程調整などを担当。また、婚活をしていて感じる不安や悩みをいつでも相談可能。
  • 成婚率と婚姻率№1(他社成婚率の約2.3倍、そして一般成婚率換算と比較するなら4.5倍)

成婚率No.1の結婚相談所に資料請求する>

特に、パートナーエージェントのコンシャルジュのサポートには定評があり、コンシェルジュのサポートのおかげで婚活を成功させれらたという声も。

さらに、他にもパートナーエージェントには以下の様な実績があります。

  • ・3カ月以内でのデート実施率95.9%(紹介開始から3ヵ月でお見合いが成立した全会員比率。2020年4月調査(2019年1月~2019年12月の1年間の入会者実績) 3ヵ月以内での中途退会者及び再入会者を含まない実績
  • 成婚退会で一番多い期間は4カ月(2019年4月~2020年3月の成婚退会者実績)
  • ・入会から一年以内の交際率93.1%( 2018年4月~2019年3月の入会者実績。1年以内での中途退会者及び再入会者を含まない実績。)

そして、さらにパートナーエージェントでは、コミュケーション学の権威と共同開発したという独自のEQ診断とAI技術の導入で理想の相手を見つけるサポートも充実。

成婚率No.1の結婚相談所に資料請求する>

パートナーエージェントを利用して成婚されている方は沢山います。

その年齢層も実に幅広いです。

詳しい成婚とその過程の体験談については以下のサイトを参照。

https://www.p-a.jp/introduce/happyreport/

本気で結婚したいなら行動しない事にははじまりません。

じっとしている間にもどんどん年を取って婚活は不利になっていくのでいち早く行動あるのみ!

まずは無料の資料請求から!!

※無理な勧誘は一切ありません。

成婚率No.1の結婚相談所に資料請求する

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事