デートで男性がおごるのはマナーで当たり前?女性はおごられて当然?

「なんかよ、世の中に蔓延している『デート代や食事代は、男性が女性におごるべき』みたいな意見ってどうにも納得いかねえわ!なんでよ?割り勘でいいっしょ?よく女性は化粧と身だしなみに金かかっているからとか言いうけどな、男だって美意識高い奴はかなり容姿に金かけているからね?」

うん、そうだな。

間違いない。

化粧云々はおごる理由としてはいささか弱いな。

いや、弱い!

男でも容姿向上のために脱毛したりスキンケア、香水、服、果ては整形と色々と女性以上に金かけている人もいる。

オニギリス!

脱マンネリストのオニギリです。

今回もよろしゅう!!

今回の話題は「デートで男性がおごるのはマナーで当たり前?女性はおごられて当然?」という話です。

今回は以下のような方に向けておおくりします。

こんな人が読むと役に立つよ
  • 社会に流布するデート代や食事代は男性がおごるべき、それがマナーであるという意見に納得できない人
  • 男性がおごらざるを得ない原因について考えてみたい人
  • 男性がおごるべきか割り勘でいいのか悩んでいる人

今の日本で「デート代や食事代は男性が全額持つべき」みたいな意見がある程度の市民権を得ているようです。

はい、この意見ね、正直いうと個人的には

「あ?んなこと知るかよ?ボケ」

ですね、はい。

「知ったこっちゃねえよ」てことです。

※別に起こってない

、、、おっと、口が悪くなってしまった(笑)。

すません。

えーと、本題に戻りますが、事の本質は簡単です。

「デート代等を出してもいい」とそのデートに価値を感じてもらえばいいだけのことなのですよ。

なので、デート代等を出すのが当たり前って話は無視していいのです、本当はね、、、。

でも、大概そうせざるを得ない状況に陥っている人が多いと思います。

だから、こんな考えが市民権を得てしまったんだと、このわたしは愚考しておる次第。

では、ゆるりとおおくりします。

スポンサーリンク

デート代なんて割り勘でもいいっしょ?

はい、デート代等なんて割り勘でいいでしょう。

別にわたしは「奢るのが嫌だ!」とは全く思いませんが、割り勘の何が悪いかがわかりません。

何が悪いんでしょうか?

はい、そうです。

本来なら、当事者双方が納得しているなら何も問題ないので、事前に話し合っておけばいいだけですな。

※とはいえ、割り勘の話題にもっていくにはかなり注意が必要である。

でも、まあそんなこと事前に話し合うのも野暮だって考える人もいるでしょう。

でも、基本的にそんなに問題ないと思いますな。

事実、おごられるのが苦手であるなんて女性もたっくさんいます。

男性の中には奢るのは無条件にいいことだと思っている人が一定数居ますが、嫌いな人からの奢りなんて奢られる方からしたら「相手に借りを作る」、つまり単なる負担でしかないです。

嫌いな人に借りなんて作りたくないですよね。

「あの時せっかく奢ってやったのに」みたいに恩着せがましくされたらたまったもんじゃないです。

まあ、嫌いじゃなくても嫌っていう人もいるでしょう。

一番大事なのは「相手がどう思っているか」ということ。

正直、気を聞かせたつもりが裏目に出るってことですわ。

ちゃんと、お互いに意思疎通を図って落としどころをさぐりましょう。

あと、そもそも「男性なら~すべき」とか「女性だから~すべき」みたいな枠で考える必要がないです!

もし「割り勘で」みたいに言って、それで「じゃあ行かない」みたいな反応されるんだとしたら、誘う以前の関係性に問題があるとか話の持っていき方がおかしいってことですわ。

もう、それはいいじゃん。

何か相性悪かったなっつーことで。

もっともらしい理由なんぞねじ伏せろよ

よく女性がおごられるべき理由として「女性は化粧をはじめとした身だしなみにお金や労力を賭けているから、、、」なんてものがあります。

確かに、一般的な男性は女性より身だしなみに気を付けていない傾向があるでしょう。

しかし、現代では男性でも女性以上に美意識が高くて沢山身だしなみにお金をかけている人は結構いますね。

なので、これはおごるべき理由としては弱い気がしてなりません。

てか、これを真顔で言っているのが男性側だったりすると、正直な話「何女性にこびてんのか」とか「なんか、よく知らんが無理して奢ることを正当化しようとしているな」なんて感じてしまいますね。

まあ、いいんですよ、男性が女性におごるのがマナーとか礼儀とか知らねえよってことで。

結局すべてはエンターテイメントなのよな

さて、早速ですがあなたは好きなアーティストとかアイドルとかいるでしょうか?

自分が好きなアーティストのライブを見に行くにはチケットをかう必要があります。

また、ライブ後に物販でグッズを買ったりCDやDVDなんかも買うかもしれません。

これらは、あなたがアーティストの存在に「金銭と交換してもいいと思える価値」を感じているからこその行動です。

デートの本質も同様です。

そう、「デートや食事はエンターテイメント」だということ。

つまりデートが楽しくて充実したものであれば、女性の方からデート代を負担したいという意思が出てきてもある意味当たり前。

ちゃんと「楽しかった」という気分になったら、「楽しませてもらった分だけお礼しよう」て話になるでしょう。

まあ、そもそもお金を負担するしない以前にデート等では「どれだけ相手を楽しませられるか」を頑張らねばいかんということです。

それが上手くいけば「食事代はわたしが、、、」とか「割り勘で、、、」なんて話にすぐなります。

むしろ、代金を払わないのが気持ち悪いくらいに思ったりするでしょう。

自分の押しのライブに無料で招かれてそのまま帰ろうなんて思う人はそういないと思います。

何か恩を返したいと思うでしょう。

そのためにはまず何といっても、会話力を磨くこと。

あと、なるべく外見の魅力度を上げるとなおよし(最終的にはこれがすごく大事)。

以下に会話力や見た目に資すると思う記事を参考までに置いときマウス。

そして、これを徹底していくと「自分自身の魅力度を高めてある種アイドル化する」というブランディング戦略にも発展します。

あうこと自体に価値を感じさせることができれば、逆におごられるのが普通になるってことです。

まあ、そこまで行くには本人の魅力度を相当高めていかないといけないでしょうけど。

ちなみに、わたしは特に好きなギタリストにジェイソンリチャードソンやガスリーゴーヴァンがいます。

はい、蛇足でした。

なお、心理学を使ったデート戦略についてはこちら。

そもそも「おごられて当然」とかいう人はいらねえ

多くの人(特に若年層)はおごられて当然という意識なんて持っていない気がします。

しかし、中には図々しくも「女はおごられて当然だ。奢るのは礼儀だ」と思っている人が一定数いるようです。

はい、率直に言ってそんな暴論を当然だと言い張る人は「こっちから願い下げだ」と言って切ってしまって構わないでしょう。

食事後に、「今日は何かあんま楽しくなかったんで割り勘ね」くらい言っちゃっていい気がしますわ。

そういうスタンスの人は「やってくれて当たり前」とか「どう、楽しませてくれんの?」みたいな居丈高な態度でしょうから、正直接する方としても嫌な気分になるのが目に見えてますな。

「あ?どの口が言ってんだ?」てなるのが正常かと思います。

まあもっとも、自分の魅力が高くなってくればこんな事態になること自体を避けられるのでしょう。

もしこういった状況になるなら、それは「自分の魅力が現状では低い」という可能性もあるでしょうね。

なんせ、魅力が低い側が魅力の高い側との差をお金で穴埋めして何とかバランスをとっているような状況ですから。

「こんな図々しい奴もういいわ」と切ると同時に「もっと、自分の魅力度をあげないとな」と前向きに考えて頑張るとしましょう。

異性なんて星の数ほどいるんだから。

正直、おごらないと女性にあえないなんてこと自体、キャバクラに行くのと何も変わらないです。

わたしは個人的にこういうのって「なんかあほくさい」と思う次第。

そもそも、「どっちが奢るか」なんてマナーでもなんでもないのよね。

そんなもん、「本人たちが決めればいいだけ」です。

おわりに

今回は「デートで男性がおごるのはマナーで当たり前?女性はおごられて当然?」と題しておおくりしました。

冒頭で変に乱暴な言い方しましたが、わたし何もおこってないです。

ただ、変な常識を作んなくてよくね?て思うだけ。

何が楽しくてそんなマナーができなければいけないのかよ分からんってことよな。

でも、デート等は男性がおごるべきだという意見を唱える人が、社会には一定数います。

しかし、「こんなもんマナーでもなんでもない」です。

おごられる側が負担に感じてしまう場合もあるので、奢るのがマナーとかいうのはお門違いでしょう。

そう考えたら、「おごって当然」と考える男性側にも大いに非があります。

結局のところ、「本人たちが納得していればいいだけの話」。

なので、「相手がどう思っているか」を大事にしたほうがいいんですな。

ただ、デート等をエンターテイメントととらえていかに「相手を楽しませるか」を考えないなら、女性側からしたら「お金なんて払ってもらってもそもそも行きたくない」という話になりかねないでしょう。

結局、男性側としては楽しませる努力ができないと話にならないってことなんでしょうねえ、、、。

まあ、楽しませる意識って大事だと思うのですわよ。

では!

参考記事等

スポンサーリンク
真面目に結婚を考えているなら結婚相談所は成婚率業界№1のパートナーエージェントで決まり!

社会人になると、とたんに恋愛が難しくなります。

それは出会いの機会が学生時代と比べて極端に減ってしまうからです。

出会いの機会が減ってしまうのは恋愛や結婚をしたいと思っている人にとっては絶望的なまでに致命的。

付き合おうにもそもそも付き合う異性がどこにもいないなんて、、、絶望です。

何とか仕事を覚えようと必死になって日々の仕事に追われ、「気が付いたら家と職場の往復になっていた」なんて人も珍しくないでしょう。

しかも、年を経るごとに一般に職責が重くなって行くので、一向にプライベートの時間を確保できないなんて人も珍しくありません。

家と職場の往復がメインの日常となっては、とてもではありませんが新しい出会いなんて期待できません。

しかし、恋愛も結婚も早ければ早いほど有利。

年齢は1歳違うだけでもその影響ははかり知れません。

例えば、29歳と30歳、39歳と40歳、、、どうでしょう?

きっと、かなりのイメージの差を感じるはずです。

また、各所でいわれている通り、男女問わず35歳以上になると結婚できる確率は極端に減ってしまいます。

※実際、2015年の国税調査で、35歳の男性がその後5年以内に結婚できる確率は20.88%。35歳女性の場合は22.61%というデータが示されている。

35歳なんて仕事に追われていたらあっという間です。

結婚をしたいならゆっくりしている暇はありません。

結婚しないでいいのはすぐに友人を作れるような圧倒的なコミュ力がある人やそもそも人嫌いの人くらいですから、結婚へのタイムリミットは多くの男女にとって大問題です。

一人だけ家にポツンと取り残され誰とも会話をすることのない、心配してくれる家族もいない、そんな老後、、、、あまりにも寂しい。

婚活は早くから始めるに越したことはないです。

そこでとりうる道は3つ。

まず一つは「マッチングアプリを使って相手を探す」という道。

これは一見現代における最適解のようにおもえますが、問題もあります。

その問題とは、男性の場合なら「そもそもマッチングすらしない」とか「ひどい写真詐欺の人にばかり合う」、「異性慣れしていないとデートにいたるまでのやり取りすらできない、デートが上手くいかない」といったもがあるでしょう。

そして、女性ついていえば、「自分は真面目に婚活しているのに遊び目的の人にしか遭遇しない」とか「経歴や年収、写真詐欺をしている人ばかりにあう」、、、などというリスクがあります。

マッチングアプリでまじめに婚活するのはかなり難しいです。

特に、男性に関しては今のマッチングアプリ市場は非常に厳しいです。

マッチングアプリは、見た目を並み以上にした雰囲気イケメン以上が女性からのいいねを独占する場です。

今までロクな恋愛経験がなかったり見た目に特段優れた点のない人が戦える場所ではありません。

写真を見られたその時点で女性にスルーされプロフィールは読まれません。

第二の道は「職場で相手を探す」という道。

職場に異性がいる人は、職場にいる異性と恋愛しそこから結婚に至るという手が残されています。

しかし最近では「告白すること自体がハラスメントだ」等という風潮が出来上がってきているためうかつに職場恋愛もできません。

なにより、職場恋愛は職場にプライベートを持ち込むことになるというリスクがあるので中々難しいものでもあります。

また、これは男女問わずいえることですが、仮に告白に失敗すると自分の居場所がなくなったりして肩身の狭い思いをすることになったりします。

事実、「気になる部下にそれとなく好意を伝えたらセクハラではないかと問いつめられて会社に居場所をなくした」とか、逆に「男性の上司からそれとなく好意を伝えられ断ったが、その後嫌がらせをされて職場をやめざるを得なくなった」等といったトラブルにあった人も実際にもいるそうです。

職場に恋愛を持ち込むことのリスクはかなりのものと言えます。

特に、恋愛や婚活をしたい男性にとっては厳しい世の中です。

そして、第三の道は「結婚相談所を利用する」という道です。

「真面目に結婚を目的として活動する」という事であれば、結婚相談所に入会するのが最適解です。

結婚相談所であれば、経歴や年収を意図的に盛ることはできませんし、写真詐欺も心配ありません。

もちろん、既婚者が紛れ込むこともありませんね。

それにきちんとした結婚相談所であれば、運営の目が光っているため「いわゆる、やり目的なひと」も排除できますからそこも女性としては安心です。

婚活カウンセラーがサポートしてくれるので異性経験がゼロの人でも安心でしょう。

しかし、結婚相談所も入会するところを間違えるとひどい婚活地獄が待っています。

特に気をつけたいのは、以下の三点。

結婚相談所選びのポイント

・会員数が少ない(そもそも出会える人数が少ないので自分の希望の相手と会える可能性が低くなる)
・運営側のサポートがなくほったらかし(特に異性慣れしていない人にとってはサポートがないと婚活を続けること自体が困難)
・きちんと実績があるかどうか

この3つに当てはまっている結婚相談所は何としても避けねば、自分の貴重な若さとお金を両方とも失ってしまいます。

この3点を踏まえると、パートナーエージェントが最適でしょう。

パートナーエージェントは、上記の三点に関しては以下のようになっています。

  • 会員数約7万3千人
  • コンシェルジュがあなただけの婚活プランや紹介文作成、お見合いの日程調整などを担当。また、婚活をしていて感じる不安や悩みをいつでも相談可能。
  • 成婚率と婚姻率№1(他社成婚率の約2.3倍、そして一般成婚率換算と比較するなら4.5倍)

成婚率No.1の結婚相談所に資料請求する>

特に、パートナーエージェントのコンシャルジュのサポートには定評があり、コンシェルジュのサポートのおかげで婚活を成功させれらたという声も。

さらに、他にもパートナーエージェントには以下の様な実績があります。

  • ・3カ月以内でのデート実施率95.9%(紹介開始から3ヵ月でお見合いが成立した全会員比率。2020年4月調査(2019年1月~2019年12月の1年間の入会者実績) 3ヵ月以内での中途退会者及び再入会者を含まない実績
  • 成婚退会で一番多い期間は4カ月(2019年4月~2020年3月の成婚退会者実績)
  • ・入会から一年以内の交際率93.1%( 2018年4月~2019年3月の入会者実績。1年以内での中途退会者及び再入会者を含まない実績。)

そして、さらにパートナーエージェントでは、コミュケーション学の権威と共同開発したという独自のEQ診断とAI技術の導入で理想の相手を見つけるサポートも充実。

成婚率No.1の結婚相談所に資料請求する>

パートナーエージェントを利用して成婚されている方は沢山います。

その年齢層も実に幅広いです。

詳しい成婚とその過程の体験談については以下のサイトを参照。

https://www.p-a.jp/introduce/happyreport/

本気で結婚したいなら行動しない事にははじまりません。

じっとしている間にもどんどん年を取って婚活は不利になっていくのでいち早く行動あるのみ!

まずは無料の資料請求から!!

※無理な勧誘は一切ありません。

成婚率No.1の結婚相談所に資料請求する

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事