「PDRとOODA」PDCAサイクルなんて古いからもう回さないくていい?

「PDCAを回せ、PDCAを回せって、、、もう何度も何度もうるさいんだわ、あの上司。あんまりにもくどいからビジネス用語を使ってかしこぶりたいだけなんじゃないかって最近勘ぐってるよ。でも、ビジネス書とか読んでると頻繁に出てくるし、まあ別に多用してても常識の範囲内なのかなあ。」

まあ、「PDCAを回せ」が口癖の上司ってどこの職場にも一人くらいいそうよな。

なんか、かしこぶっている気はする。

本当はそんなに能力高くな、、おっと、誰か来たようだ。

オニギリス!

脱マンネリストのおにぎりです。

今回もよろしゅう!!

今回の話題は「「PDRとOODR」PDCAサイクルなんて古いからもう回さないくていい?」という話です。

今回は以下のような方に向けておおくりします。

こんな人が読むと役に立つよ
  • Pdcaに変わる新しいやり方を知りたい人等

「PDCAを回せ!」なんてセリフはよくビジネスの現場で使われていますな。

まあ、ビジネス書の類を紐解いてみても、かなり頻繁に見かける気がします。

そんな非常に有名なPDCAという用語ですが、最近もう「こいつ回さなくてよくね?」て風潮が一部には出てきているようです。

それというのも、このPDCAよりももっと効果的なものがある可能性が出てきたからなんですね。

それが今回紹介するPDR(ユーチューバーじゃない)とOODA 。

さーて、どんな方法なんでしょ?

なお、この記事の内容はわたしが経営学の専門家ではないため、解釈に誤解がある可能性も大いにあります。

その点が気になる方は、参考記事や文献等をあたって各自確認してみてくださいな。

では、ゆるりとおおくりします。

スポンサーリンク

pdcaとは何なのか?

まずはあの有名なPDCAから確認していきましょう。

PDCAの起源の一つは、設定した仮説や理論を実験で確かめる科学的手法であるといいます。

PDCAサイクルの原型が誕生したのは、第二次世界大戦後の1940~1950年代アメリカ。

統計学者のエドワード=デミングさんという方が、自分の師であるウォルター=シュワートさんのつくったシュワートサークルを「設計 Design →生産 Produce →販売 Sell →再設計 Redesign 」というサイクルに変更しました。

なので、この時点ではDPSRサークルだったわけですな。

しかも、この時点では品質管理に関する考え方でした。

※シュワートサイクルは仕様 Specification →生産 Production → 検査 Inspection 。

で、1950年にデミングさんは日本の日本科学技術連盟で統計的品質統制 に関する公演を行ったといいます。

この際、その公演に出席していた氏名が特定されていない日本科学技術連盟(日科技連)の日本人幹部が、PDCAサイクルを作ったそうです。

そして、その後の日本では、PDCAサイクルはアメリカ式の経営手法の一つとして広く知られていくようになります。

PDCAサイクルとはご存じの通り、Plan, Do, Check, Action」の頭文字をとったものです。

なお晩年、デミングさんは、「現場の力を維持向上させていくためにC:CHECKをせめてS:STUDYにすべきだ」とPDCAサイクルに関して問題点を指摘しています。

PDCAの詳細な歴史的背景を知りたい人はこちらをどうぞ。

参考

pdrとoodr

現代はかなり変化の激しい時代です。

PDCAサイクルを回すために計画を策定しようにも、状況が目まぐるしく変化しているとなると策定が非常に困難ですね。

計画を立てている間に状況が変化してしまってその都度修正を重ねるので、一向に実行に取り掛かれずそのせいで貴重な機会を逸してしまうなんてこともあるでしょう。

そこで最近になって新しく提唱されてきた考え方に、PDRサイクルとOODAループというものがあります。

以下順次簡単に見ていきましょう。

PDRサイクル

PDRサイクルとは、ハーバード大学のリンダ=ヒルさんにより考案されたタイムマネジメント技法です。

PDRサイクルの特徴は以下の3点。

  • 事前計画がない
  • サイクルを回す周期が早い
  • 多くを学べる

以上の3点のうち最後の「多くを学べる」という点は、PDCAの原型の産みの親であるデミングさんが指摘していた問題点を解消するものといえるでしょう。

PDRサイクルでは変化の激しさに対応するためにあえて計画を放棄しているって感じですね。

で、PDRサイクルの詳しい手順についてが以下の通り。

・P(prep):準備段階

何か行動を行う前に準備をします。

準備に際しては、以下のような質問を自分に投げかけてみるといいでしょう。

  • これから何をしようとしているのか?
  • その理由や目的は何か?
  • その行動に誰がかかわるのか、また誰が影響を受けるのか?

、、、などなど。

まずは、行動するために最低限の準備をしましょう。

・D(do):実行

準備したことを実際に行動に起こします。

・R(review):見直し

行動が完了したら、見直しです。

何を行ったのか、そしてその結果として何が起こったのか、何を学んだか等について考えます。

この3ステップを高速で回し続けることで、状況の変化に素早く対応して成果を上げていくことができるって話ですね。

OODAループ(ウーダループとも)

OODAループ理論は、朝鮮戦争における空中戦についての洞察を基礎として、揮官のあるべき意思決定プロセスを分かりやすく理論化したものだといいます。

このOODAループ理論はアメリカ空軍のジョン=ボイド大佐によって提唱されたとか。

この理論のもともとの適用対象は航空戦に臨むパイロットの意思決定だったのですが、その後戦略レベルにまで適用範囲が拡張されました。

そして現在、その適用範囲は政治やビジネスにまで波及し、「あらゆる分野に適応できる一般理論」と評されるまでになっています。

PDCAが「計画を立ててから行動する」のに対て、OODAループでは「状況を観察してとりあえず行動してみる」ところから始まる点がかなり違います。

計画よりも実行に重きを置いているのはPDRサイクルと似てますね。

で、その肝心のプロセスについては以下の通り。

・O(odserve):観察する

まずは状況を観察します。

ビジネスであれば市場のや顧客、競合他社の動向を観察したり調査・分析するという段階ですね。

この際に、「過去の経験や常識等にとらわれず」にデータ等から「状況をできるだけありのままに把握する」のが大事です。

・O(Orient):状況判断、方向付け

観察や調査によって得られたデータや知見から「何が起きているのか」を把握して、行動の方向性を考えていきます。

ビジネスで言うなら市場等の現状をとらえて、「今後どう対応していくかの大筋を決める」てことでしょう。

・D(decide):意思決定

大まかな方向性がきまったら、次は「具体的にどんな行動をとるべきかを決めていく」事になります。

ビジネスで言うなら市場に売り出すサービスの大まかな方向性は決まったが、それをどうやって形にしていくかを決めるってことでしょう。

「自社の経営資源だけでできるのか」とか「他社からの技術提供等が必要だから交渉に出向く必要があるのか」等など実現にあたって必要なことを具体的に決めるということですな。

・A(act):実行

何を行うかまで決定したら後は実際に行動することになります。

以上のループを何度もまわしていくことで状況に適切に対応できるってことですな。

で、、この一連の流れをみるにOODAループはPDRサイクルを「より具体化したもの」て感じがしますよな。

まあ、「感じ」ですけどね。

PDRサイクルの「P」と「R」の部分がOODAループの「00」に対応している気がします。

変化が激しい現代を生き抜くのに向いているのはoodaとpdrかも?

この変化の激しい現代に上手く適応していくことを考えたら、個人もPDRサイクルやOODAループの考えを採用していったほうがいいでしょう。

計画とか立てていたら置いてかれて気かを逃すこともあるかもしれません。

ま、もっとも「計画なんていらねえ!」とは思いませんけどね。

ただ今から新しく個人で何か副業を始めてみようとかであれば、PDCAサイクルを回すよりもPDRサイクルかOODAル―プを回したほうが断然いいですね。

ちなみに、わたしはこうやってブログやったりカウンセリングしたりしているわけですが、基本的には自分なりにOODAループを回しつつやっています。

例えば、ブログなんてそれが顕著です。

アナリティクスやサーチコンソール確認して何のネタが受けそうかとか高順位をとれそうか、、、いろんなことを考えて日々記事ネタを探しつつ書いてますんで。

カウンセリングにしてももはやカウンセリングの過程自体がOODAループそのものといってもいいくらいですしね、、、。

まあ、OODAループにはかなりお世話になっている気がします。

ただ、PDRサイクルの方が直感的にわかりやすいので、いまからPDCAサイクルに変わる考え方を人生に採用しようって思っているのであればPDRの方がおすすめかもしれないですね。

OODAループやPDRサイクルを回していけば、日常生活における家事や勉強なんかもかなり効率的になるかもしれませんな。

ま、知らんけど。

おわりに

この記事は「「PDRとOODR」PDCAサイクルなんて古いからもう回さないくていい?」と題してお送りしました。

この変化の激しい現代において、PDCAサイクルを回していくだけで状況変化に対応するのは少々厳しいかもしれません。

あえて計画を放棄して、PDRサイクルやOODAループを回す方向に方針転換するのも手かもしれませんね。

自分の人生にもPDRサイクルやOODAループの考え方を取り入れると後悔のない人生が送れたりするかもしれませんな。

ま、知らんけど。

では!

参考

https://www.dhbr.net/articles/-/2150

https://ja.wikipedia.org/wiki/OODA%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%97

参考記事等

スポンサーリンク
楽して稼げる副業はないけれど、ささみサロンなら頑張れば高確率で勝てる道がある

『楽して稼げる副業』

『初月かららくらく月収100万円』

こんな広告文句に目を輝かせる情報弱者の人は世の中に実に多いです。

ただ、きっと、あなたは違うでしょう。

なぜなら、少なくともタイトルの「楽して稼げる副業はない」という言葉を見ても、引き返さずここを見ているのですから。

本当の情報弱者とは「いや、そんなことないさ!きっと楽に稼げる副業はあるもん!」等と楽をしたい気持ちを優先して現実から目を背けます。

そうして、貴重な機会を失い続けることになるという話。

厳しい現実があったとしてそれを「受け入れるか受けれないか」、、、この選択肢のいずれをとるかでその後、「本当に楽な人生をおくれるのか」それとも「今よりもっともっと苦しい思いをするのか」が変わってきます。

そもそも、「楽に稼げる副業」なんてものはこの世にありません。

いわゆる転売や物販にしろ、ブログやアフィエイトにしろ、みなそれなりの金額を稼ぐためにはかなりの作業量と努力が欠かせません。

まして今のネットの状況は、個人がブログやアフィリエイトで記事を上位表示させるのは非常に困難であり、多くのブロガーやアフィリエイターが「もうブログはオワコン」とか「もうアフィリはオワコン」等と嘆き、一時は勢いがあった猛者たちも静かにその姿を消していくあり様。

そして、「初月から云十万円」とのたまう業者の中には、

「物販やブログといった基本的な情報だけしか用意せずそれでたとえ月に数万円でも利益を出したらその実績をもとに基本的な手法を「自分が初月から~で○○万円稼いだ方法」のようにタイトル付けして高値で売れ、そうすれば月数十万円になるから。そしてそれで数十万円稼いだらまたその実績をもとに、、、」

といったグレーゾーンな手法で情報弱者から吸い上げている者もいます。

これは、私が彼らの取る手法を勉強するためにわざと試しに公式ライン登録してみた時に分かったことです。

まあ、誰とは言いませんが。

いずれにせよ、ブログやアフィリエイト、物販などで純粋に稼ぐのは至難の業なんです。

そのうえ最近では、ブログやアフィリエイトは元から「簡単に稼げるような類の副業ではない」のにそのハードさは以前よりはるかに増しています。

でも、「ブログもアフィリエイトもオワコンでは決してない」のです。

それは断言しましょう。

では、なぜそう断言できるのか??

それは

「この悪環境の中にあっても月に数百万単位で稼ぎ続けている凄腕アフィリターが未だにいる」

からです。

しかも、「まぐれ当たりで成功したのではなく数々の挫折を経験してなおネットで勝ち続けている再現性の高い手法を身に着けている本物のアフィリエイター」です。

もはや、アフィリエイターというよりは、総合的なビジネス戦闘力が高い人物といった方が正しいですね。

この悪環境の中、敗退していくアフィリエイトやブログの敗残者達は口々に自分を正当化するためにいうのです、「ブログはオワコン」と。

しかし、「実際に稼ぎ続けている人がいる」という事実がある限り、彼らの発言は結局の所「ただの負け惜しみでしかない」のです。

そんなアフィリエイトの強者の一角がこの白い物体『ささみみりん氏』。

彼は過去にアフィリエイトで「単月1000万」を達成し、その後ブログアフィリエイトでも月に300万を安定して稼ぎ出すなどの実績を持つ凄腕。

また、彼は歴一〇年超のプロであり、現在も研鑽を怠らずアフィリエイトやブログ運営の未来を見据えた新たな戦略も用意しその戦略を惜しみなく自身のサロンにて公開しています。

※この金額は純粋にアフィリエイトで稼いだ金額。

今でも、アフィリエイトやブログでそれなりの大きな額を稼ぐことは全然可能であり、それを彼は体現し、アフィリエイトやブログの運営において再現性の高い手法をサロンにて公開しているのです。

ただ、その手法はどれも世の中に転がる幻想まみれのものとは違い、「非常に現実的で泥臭く厳しいもの」。

もちろん、それぞれの情報は非常に詳細かつ丁寧に整理されていてわかりやすいのですが、「その内容をしっかりと理解したうえで愚直に実践できるか」と言うとかなりハードと言う事です。

ここまで聞いて「はいはい、よくある情報商材屋にありがちなモリモリな実績アピールですねー」と思ったあなたは、素晴らしいです。

その疑い深さがあるからこそこの嘘と真実の入り乱れるネットの情報の奔流にもてあそばれないというもの。

ただ、こうした賢明な人にも弱点があるのを忘れてはいけません。

それは「疑わしいものには触れないという慎重さのあまり1%未満の貴重な真実を取り逃がす可能性がある」と言う事です。

慎重であることも賢明であることも、無用なリスクをとらないために大事な姿勢。

しかし、世の中には「実際に多少のリスクを承知ででも飛び込まないと知りえない真実」と言うものもあり、そうしたごく少数の真実こそ「情報強者だけが知っている価値ある情報」となります。

世の中に渦巻く「ブログ運営に関する小手先の上澄みの様な情報」は、少し賢い人であればすぐに取ってこれますが、「本当に価値ある奥底にある情報」は「リスクを承知で飛び込んだものにしか得られない」のです。

正直、わたしも割と疑い性格なので、世に渦巻くオンラインサロンなどと言う存在に対して、「ただのサロン運営者どもの金づるを量産するためだけの搾取装置にすぎない」といった冷ややかな目を向けていました。

ただ、わたし個人だけでは「どうにも今のいかんともいえない現状(ビジネス全般やこの先のブログ運営の方向性や発展させた後の展望等)の閉塞感を打破できない」という思いが募り、最近になって初めて「誰かに教えを乞う事」をはっきりと意識しました。

そんな時に、先ほど言及した白い物体の存在をユーチューブにてたまたま知ったのです。

https://www.youtube.com/watch?v=zsO2Sa-bDm0

これは感覚的なものになってしまいますが、どうも彼の語り口などから「何やらタダものではない感じ」や「物事に取り組む際の誠実さ」のようなものを感じたので、ささみサロンに試しに入ってみようと思ったのです。

何せ、通常の毎月のサロン会費が3300円(税込み)のところ、初月はSNS登録料の498円(税込み)しかからないと言う事でしたから。

しかも、「いつでもやめていい」。

※ただし、近いうちに4000円台後半への値上げが決まっている。今、入会すれば値上げ後も3300円のままサロンに参加できるので、今が一番コスパがいい。

さらに、ささみサロンに入会すると以下のような特典がもらえます。

7日で覚える「超訳アフィリエイト」

アフィリエイトを全く知らない初心者が、入会後7日間でアフィリエイトで稼ぐ為の基礎を学べる動画カリキュラム

厳選プラグインリスト

今の複雑なGoogleのアルゴリズムに対応するには、wordpressのプラグインのフル活用が必須。

そこで、現役アフィリエイターのささみりん氏が使用する厳選WordPressプラグインリストを公開。

WEB担当者 必携ツールリスト

WEB集客を考えるなら絶対に抑えておきたい「必携のWEB集客分析ツール」をリスト形式でプレゼント。

最短で月収30万円を突破させるロードマップ

今からアフィリエイトを始める人でも、確実に結果を出し、結果が出た後も安定的に結果を出し続けるための再現性の高い方法を公開。

コスパを高める最強の外注戦略

外注ライターにとってはあまりうれしい事ではありませんが、質の高い記事を安く買い叩くスキルはアフィリエイターにとって重要。そこで、ささみりん氏がこれまで実際に試して有効だった「質の良いライターを安く揃える方法」をまとめたレポートをプレゼントします。

最強のASPレントラックスへ登録する権利を付与

7桁8桁といった高額報酬をたたき出すトップアフィリエイター達が活用する高単価案件であふれるASP「レントラックス」への入会権を付与。レントラックスへの登録は、通常レントラックス側に実力を評価されなければ登録できません。かなりの狭き門です。そんなプレミアムなASPレントラックスにサロンメンバー限定でご招待(参加には180日以上の継続参加が条件)。

ささみサロンには、稼ぐために実際に使える強力な武器がそろっているのです。

武器はあります。

あとは、「あなたの気力と行動力」です。

、、、ただ、それだけです。

もし、「ささみサロン役にたたないじゃねえか!」と思ったのであれば、初月のうちに解約すれば「無料でサロンのコンテンツを見れる」と言う事になりますね。

もっとも、コンテンツの総数は1000を優に超えそれぞれが非常に濃いので、一か月程度では到底コンテンツを消化することなどできないですが。

率直に言って、わたしも「入ってみて大して価値がないと思ったらすぐにやめてしまおう」と思っていました。

わたし自身、「効果のないものにかける金をかけるのは死んでも嫌だ」という信条だからです。

ええ、わたしは目的を決めない行動ものぞんだ効果のないものもただただ不快で切り捨てずにはおれないのです。

そんな、偏屈な私ですが、ささみサロンには決して惰性ではなく積極的な理由で何か月も在籍しています。

明確な結果と言えば、まだ紅茶とギターを題材としたブログ「ティーゼンスミス」のpvがサロン入会前

( 2022 年8月あたり)に5000もあったかどうかであったのが最近ついに11000を超えるようになった、とか「自分の特技(ギター)を生かした商材を作って販売しある程度売ることができるようになった」と言うところでしょうか。

※事実、ささみサロンのコンテンツを参考にしつつささみりんさん氏のアドバイスをもらってギターの商材を販売しているが、2023年5月現在で以下のような売れ行きである。

ただ、ささみサロンに入ってから全体的に作業が前進し始めたのは確かです。

サロンの情報を得ても実践しない事には、何の効果もないので「お客様感覚」で参加するのは御法度です。

本物の情報があるところ、本物になろうとする意志のある人が来れば「必ずやものになる」と思います。

ただ、「お客様感覚で手取り足取り教えてほしい」という他力本願な人は、きっとものになりません。

まあ、ゴタクはいいでしょう。

自分の生活に経済的余裕をもたらし、ひいては事業主になって会社勤めから脱する、、、そんな希望や野心があるのなら、ささみサロンでともに切磋琢磨しましょう。

ささみサロンなら、アフィリエイト初心者でも最短で一か月で初報酬をあげられるでしょう。

それでは賢明なあなたと「ささみサロン」にて会えることを楽しみにしています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事