「HSP男性は恋愛で不利?」HSP男性は結局モテるのか?それともモテないのか?

今回は以下のような方に向けておおくりします。

こんな人が読むと役に立つよ

HSP気質の男性はモテるのか気になる人等

名無しの猫氏
おれはHSPっぽいんだよな、、、。そのせいかはしらんけど、昔から全くモテてこなかった。
多分、自分でいうのもなんだけど顔は多分そんなに悪くないはず、、、、。

顔は中の上から上の下くらいか、、、。

事実、学生の時は「顔はいいよね」といわれたこともしばしば。

、、、でもなあ、全然モテねえんだよな。

世の中、顔良ければそれなりにもてるんじゃなかったのか?

うーん、そうねえ、、、。

顔が良ければモテやすくなるのは間違いないけど、それだけではまあモテんよね。

オニギリス!

脱マンネリストで心理カウンセラーのオニギリです!

今回もよろしゅう!!

今回の話題は「「HSP男性は恋愛で不利?」HSP男性は結局モテるのか?それともモテないのか?」という話です。

恋愛では容姿が大きな影響力を持つのは間違いないですが、性格も重要です  。

奥手で陰気なイケメンがモテることはありません。

今回はHSP気質の男性が恋愛で有利なのか否かについて考察していこうかと思います。

HSP女性がモテるか否かについては以下。

結論から言ってしまうと、モテるという観点から言うと男性の場合、HSPという気質は不利に働くといえるでしょう。

これはわたしの主観だけによるものではなく、科学的根拠に基づいての推察です。

ただ、HSP気質の男性は付き合い始めで不利でも一旦付き合ってしまえば、長期的な関係を築ける可能性があります。

ここで一瞬だけ宣伝?ですが、「悩みがあんよなー」て人も「ただ誰かに愚痴を言いたいねん!」て人も悩みが重症化する前に頭をクリアにしてみませんか?

おにぎりのカウンセリングについて詳し以下。

では、ゆるりとおおくりします。

スポンサーリンク

hsp気質は非モテ要素?

hsp気質を持つ男性の中には、「この性格で自分はモテるのだろうか?」と疑問に思っている方もいるかと思います。

はい、まあモテるかどうかっていうのは多くの男性にとってそれなりの関心事でしょうから、当然といえば当然かと思う次第。

で、早速結論から言いますと、「HSP気質はモテに関しては不利に働く可能性が高い」でしょう。

まずHSP気質について大雑把に確認すると、hsp気質の人は以下のような性格的特徴を持っていることが多いと思われます。

  • 自尊心が低い
  • 内向的(HSS型HSPは別)
  • 不安を感じやすい

HSP気質について詳しくは以下から。

はい、では次にアメリカの研究がベースではあれどもモテる人の性格的特徴を見てみましょう。

  • 好奇心が強い
  • 外向的
  • 不安を感じにくい

モテる性格について詳しくはリンクから。

はい、こうしてみるとHSP気質の人に多いと思われる性格は、モテるとされる性格とは基本的に真逆です。

ということは、恋愛に関して言えばHSPという気質は不利に働く可能性が高いのが見て取れると思います。

もっとも、性格が内向的で俗にいうメンタルが弱い人であっても、超絶イケメンならモテるまではいかずともそれなりに恋愛で困ることはないかもしれません。

ただ男性の場合、hspという気質がモテを促進することはまずないでしょう。

そもそも、モテを追求する必要はないんじゃね?

さて、ここまで「hsp気質はモテる要素とはならない、むしろモテない要素だ」みたいなやや辛辣な意見を言ってきました。

ただね、そもそも「モテる必要があるのか?」てことです。

※この記事内では、モテるというものを「不特定多数の異性から恋愛感情を持たれること」と定義してます。

世間では、恋愛を過度に美化したような意見が多いです。

ただ結局のところ個人的な見解ではありますが、恋愛など所詮は「性欲と依存」の二つの観点から説明がついてしまうものであり美しくもなんともない実に本能的な営みであると感じる次第。

恋愛でよく話題にされる「モテるかモテないか」みたいな次元の話はこの「性欲と依存」で十分説明がつきます。

そして結局、突き詰めていくとモテる男性いうのは「誠実で思いやりのある人」などではなく、「異性を依存させることが巧みで魅力度の高い人」でしかないでしょう。

依存させるのが上手い人というのは相手の自尊心が高ければ、それを低下させてうまく感情を操作できる人でもあります。

モテる人はいくらでも嘘をつくし、相手をわざと傷つけるようなことをするもの。

hsp気質を持つ人は他者の感情変化に敏感な上、相手を傷つけることに強い罪悪感を持つものです。

そんな性格なのにモテることを志向するのは正直な話、自殺行為といってもいい気がします。

なので、hspの人はモテる事なんてそもそも追求する必要ないと思いますね。

、、てことで、hspの人は「モテを追求するのではなく付き合うことができたらその付き合えた人を大事にしていく」という戦略をとったほうが良いと思います。

HSPならなおのこと内面重視でいこう

hspの人にとって、非hspの人に比べて「付き合う相手の人間性が非常に大事」だと断言できます。

これは男女共通です。

自分が傷つきやすい繊細な性格なのに、パートナーは自分や他人にそんなことお構いなしで、暴言を吐いたりする思いやりのない性格ではたまったものではありません。

一緒にいて全く気が休まることなどありませんね。

これでは疲弊して関係なんて早晩破綻します。

実は、長期的に恋愛関係を続けるには、「誠実であること」が非常に大事になってくるんです。

誠実さは多くのhspの人にとっての得意分野ですから、hspの人は長期的関係を維持するのは得意なはず。

ただ一点懸念があるとしたら、持ち前の繊細さのために傷つきやすいということでしょうか。

長期的関係を維持するにはメンタルを安定させることも大事ですから、日ごろのメンタルケアも欠かさないようにしたいものです。

以下にメンタルケアに役立ちそうな記事と書籍のリンク置いときます。

良ければ参考にしてみてくださいな。

ちなみに、メンタルケアの方法は沢山あればあるほど役に立ちます。

なお、hspの人は基本的には自分がすでに所属しているコミュニティー(例:学校、職場等)で相手を見つけたほうがいいと思う次第。

相手の性格をよく知り、相手からも性格を評価してもらった上で、恋愛関係に至ったほうがいいでしょう。

ちなみに、「そもそも付き合うまでに至らない事が多い気がする」という人もいるかと思いますが、その場合も中身を評価してもらおうと思ったら、すでに所属するコミュニティー内で行動したほうが有利です。

以下にコミュニケーションのスキル等についての記事をおいておくので気になったら参考にしてみてくださいな。

おわりに

この記事は「「HSP男性は恋愛で不利?」HSP男性は結局モテるのか?それともモテないのか?」と題しておおくりしました。

Hsp気質は男性の場合、モテるという点では不利に働く可能性が高いです。

とはいえ、個人的にはhspの人は別にモテを追求する必要などないと思います。

むしろ、その持ち前の誠実さを活用して付き合えた人と長期的関係を築いていけばいいと思う次第。

モテるかどうかではなく、「幸せになれるか」に焦点を合わせて恋愛をしていきたいものです。

では!

参考記事等

HSP女性はモテるのか?結論、「繊細さん(hse)はモテる」

スポンサーリンク
真面目に結婚を考えているなら結婚相談所は成婚率業界№1のパートナーエージェントで決まり!

社会人になると、とたんに恋愛が難しくなります。

それは出会いの機会が学生時代と比べて極端に減ってしまうからです。

出会いの機会が減ってしまうのは恋愛や結婚をしたいと思っている人にとっては絶望的なまでに致命的。

付き合おうにもそもそも付き合う異性がどこにもいないなんて、、、絶望です。

何とか仕事を覚えようと必死になって日々の仕事に追われ、「気が付いたら家と職場の往復になっていた」なんて人も珍しくないでしょう。

しかも、年を経るごとに一般に職責が重くなって行くので、一向にプライベートの時間を確保できないなんて人も珍しくありません。

家と職場の往復がメインの日常となっては、とてもではありませんが新しい出会いなんて期待できません。

しかし、恋愛も結婚も早ければ早いほど有利。

年齢は1歳違うだけでもその影響ははかり知れません。

例えば、29歳と30歳、39歳と40歳、、、どうでしょう?

きっと、かなりのイメージの差を感じるはずです。

また、各所でいわれている通り、男女問わず35歳以上になると結婚できる確率は極端に減ってしまいます。

※実際、2015年の国税調査で、35歳の男性がその後5年以内に結婚できる確率は20.88%。35歳女性の場合は22.61%というデータが示されている。

35歳なんて仕事に追われていたらあっという間です。

結婚をしたいならゆっくりしている暇はありません。

結婚しないでいいのはすぐに友人を作れるような圧倒的なコミュ力がある人やそもそも人嫌いの人くらいですから、結婚へのタイムリミットは多くの男女にとって大問題です。

一人だけ家にポツンと取り残され誰とも会話をすることのない、心配してくれる家族もいない、そんな老後、、、、あまりにも寂しい。

婚活は早くから始めるに越したことはないです。

そこでとりうる道は3つ。

まず一つは「マッチングアプリを使って相手を探す」という道。

これは一見現代における最適解のようにおもえますが、問題もあります。

その問題とは、男性の場合なら「そもそもマッチングすらしない」とか「ひどい写真詐欺の人にばかり合う」、「異性慣れしていないとデートにいたるまでのやり取りすらできない、デートが上手くいかない」といったもがあるでしょう。

そして、女性ついていえば、「自分は真面目に婚活しているのに遊び目的の人にしか遭遇しない」とか「経歴や年収、写真詐欺をしている人ばかりにあう」、、、などというリスクがあります。

マッチングアプリでまじめに婚活するのはかなり難しいです。

特に、男性に関しては今のマッチングアプリ市場は非常に厳しいです。

マッチングアプリは、見た目を並み以上にした雰囲気イケメン以上が女性からのいいねを独占する場です。

今までロクな恋愛経験がなかったり見た目に特段優れた点のない人が戦える場所ではありません。

写真を見られたその時点で女性にスルーされプロフィールは読まれません。

第二の道は「職場で相手を探す」という道。

職場に異性がいる人は、職場にいる異性と恋愛しそこから結婚に至るという手が残されています。

しかし最近では「告白すること自体がハラスメントだ」等という風潮が出来上がってきているためうかつに職場恋愛もできません。

なにより、職場恋愛は職場にプライベートを持ち込むことになるというリスクがあるので中々難しいものでもあります。

また、これは男女問わずいえることですが、仮に告白に失敗すると自分の居場所がなくなったりして肩身の狭い思いをすることになったりします。

事実、「気になる部下にそれとなく好意を伝えたらセクハラではないかと問いつめられて会社に居場所をなくした」とか、逆に「男性の上司からそれとなく好意を伝えられ断ったが、その後嫌がらせをされて職場をやめざるを得なくなった」等といったトラブルにあった人も実際にもいるそうです。

職場に恋愛を持ち込むことのリスクはかなりのものと言えます。

特に、恋愛や婚活をしたい男性にとっては厳しい世の中です。

そして、第三の道は「結婚相談所を利用する」という道です。

「真面目に結婚を目的として活動する」という事であれば、結婚相談所に入会するのが最適解です。

結婚相談所であれば、経歴や年収を意図的に盛ることはできませんし、写真詐欺も心配ありません。

もちろん、既婚者が紛れ込むこともありませんね。

それにきちんとした結婚相談所であれば、運営の目が光っているため「いわゆる、やり目的なひと」も排除できますからそこも女性としては安心です。

婚活カウンセラーがサポートしてくれるので異性経験がゼロの人でも安心でしょう。

しかし、結婚相談所も入会するところを間違えるとひどい婚活地獄が待っています。

特に気をつけたいのは、以下の三点。

結婚相談所選びのポイント

・会員数が少ない(そもそも出会える人数が少ないので自分の希望の相手と会える可能性が低くなる)
・運営側のサポートがなくほったらかし(特に異性慣れしていない人にとってはサポートがないと婚活を続けること自体が困難)
・きちんと実績があるかどうか

この3つに当てはまっている結婚相談所は何としても避けねば、自分の貴重な若さとお金を両方とも失ってしまいます。

この3点を踏まえると、パートナーエージェントが最適でしょう。

パートナーエージェントは、上記の三点に関しては以下のようになっています。

  • 会員数約7万3千人
  • コンシェルジュがあなただけの婚活プランや紹介文作成、お見合いの日程調整などを担当。また、婚活をしていて感じる不安や悩みをいつでも相談可能。
  • 成婚率と婚姻率№1(他社成婚率の約2.3倍、そして一般成婚率換算と比較するなら4.5倍)

成婚率No.1の結婚相談所に資料請求する>

特に、パートナーエージェントのコンシャルジュのサポートには定評があり、コンシェルジュのサポートのおかげで婚活を成功させれらたという声も。

さらに、他にもパートナーエージェントには以下の様な実績があります。

  • ・3カ月以内でのデート実施率95.9%(紹介開始から3ヵ月でお見合いが成立した全会員比率。2020年4月調査(2019年1月~2019年12月の1年間の入会者実績) 3ヵ月以内での中途退会者及び再入会者を含まない実績
  • 成婚退会で一番多い期間は4カ月(2019年4月~2020年3月の成婚退会者実績)
  • ・入会から一年以内の交際率93.1%( 2018年4月~2019年3月の入会者実績。1年以内での中途退会者及び再入会者を含まない実績。)

そして、さらにパートナーエージェントでは、コミュケーション学の権威と共同開発したという独自のEQ診断とAI技術の導入で理想の相手を見つけるサポートも充実。

成婚率No.1の結婚相談所に資料請求する>

パートナーエージェントを利用して成婚されている方は沢山います。

その年齢層も実に幅広いです。

詳しい成婚とその過程の体験談については以下のサイトを参照。

https://www.p-a.jp/introduce/happyreport/

本気で結婚したいなら行動しない事にははじまりません。

じっとしている間にもどんどん年を取って婚活は不利になっていくのでいち早く行動あるのみ!

まずは無料の資料請求から!!

※無理な勧誘は一切ありません。

成婚率No.1の結婚相談所に資料請求する

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事