HSPは「本当に優しい」のか?攻撃的な人はいないのか?考えてみた。
スポンサーリンク

「最近になってHSPて言葉をよく聞くようになってきたなあ。どうやら、人一倍繊細な人のことらしい。繊細な人って優しいみたいに言われることが多いけども、実際のところはどうなんだろう?世の中の風潮的には『HSPの人は優しい』なんていうけどさ、正直言って主語が大きすぎるよね。確かに人の痛みに敏感なら優しくもなりそうだけど、何事にも例外はある。」

うん、そりゃあそうだ。

何にだって例外はある。

というか、優しいっている言葉が独り歩きしている感はあるのよね。

オニギリス!

脱マンネリストのオニギリです!

今回もよろしゅう!!

今回の話題は「HSPは「本当に優しい」のか?攻撃的な人はいないのか?考えてみた。」という話です。

今回は以下のような方に向けておおくりします。

こんな人が読むと役に立つよ
  • HSPの人
  • 優しいって何か?と思う人
  • HSPの人にも攻撃的な人がいると思っている人

はいな、HSPとは簡単に言うと「繊細な人」であります。

最近、少し注目を浴びつつある概念でもありますから、聞いたことある人もいるかと思う次第。

で、HSPというと「優しすぎる」なんて語られることが多いです。

ある意味わたしはこの解釈でいい(『正しい』ではなくていい)と思っていますが、やはり

「いやいやHSPだからといって優しくないやつもいるぞ!」

てな声も上がるともいます。

それは個人的には結局のところ「優しいって何か?」という問題に帰結するんじゃないかと思うんですね。

ちょっと、今回はHSPの人が本当に優しいのかについて考えてみたいと思います。

HSPってなあに?て人はまずはこちらの記事に目を通してもらえるといいかと思う次第。

では、ゆるりとおおくりします。

スポンサーリンク

HSPだから優しいという暴論

いつもわたしはHSP関連の記事をかいたり、またHSPの人を相手にするときは決まって「感性に訴えかけるように話したり接する」のが信条ですが、今回は理屈主体でいきます。

早速ですが、「HSPは優しい」というフレーズについて。

これは一般にかなり「耳障りがいいフレーズ」でしょう。

でも、理屈っぽい人なら思うはずです。

「HSPは優しいっていうけど、HSPとされる全ての人を調べたことあるのか?」

「それに「優しい」っていうのは主観的な要素だろ、どうやって測定したんだよ?」

等とね。

まあ、そうなんですよね。

「何をもって優しいとするのか」も「主語が大きすぎて例外の存在を無視している」というも指摘はもっともすぎるほどだと思います。

HSPにだって攻撃的な人はいる

理詰めで考えていった場合、おそらく「HSPの人の中にも攻撃的な人はいる」であろうと考えられます。

まあ、より正確には「攻撃的と評価されてしまう人」ですが。

例えば、HSPの人というのは基本的にメンタルが不安定になりやすいですし、非HSPの人に比べて外からストレスを受けやすいです。

ストレスを受けすぎると人間は認知能力が低下する傾向はあるので、HSPの人の中にはストレスの許容量をこえてしまい「ストレスで八つ当たりをすることが常態化している人」なんていうのがいてもおかしくないかもしれません。

とはいえ、HSPではあるので「ああ、、またやってしまった、、、」なんて強い罪悪感と自己嫌悪にさいなまれつつも「どうしようもない」という気持ちで負のループに陥っている可能性はあるでしょう。

また、HSPの人が「相手の痛みに敏感であり細かい感情の機微に気付く」気質をもっているため、そういった相手への攻撃は「自爆攻撃」になるといえますね。

中にはそのような「自爆」を決意して相手に対するストレスに耐えかねて「攻撃する」HSPの人だっているでしょう。

参考

https://note.com/toko_kikuchi/n/n476a6b5aabe8

それは何らおかしいことではありませんな。

さらにいえば、HSPにも刺激を求めるHSS型とそうではない非HSS型(多分こっちが一般のHSPに対する認識)があり、この両者でもストレスが行動にどのように反映されるかは違いが出てくるでしょう。

まあ、一言で「HSPは優しい」なんていうことがいかに暴論かってことです。

「優しさ」とは評価である

HSPだからといって優しいとは限らないし、またHSPであるから優しくなければいけない訳でもありません。

さて、「HSPは優しい」とはいいますが、そもそもその「優しい」の中身は一体なんでしょうか?

おそらく、その根拠として多くの人は「人の痛みに敏感である、相手の感情の機微に敏感である」という点を挙げるでしょう。

ただね、ここで注意したいことですが、このような敏感さは「優しさの源泉となることはあっても優しさそのものではない」てことです

そもそも、優しさを「絶対不変の明確な定義ある何か」だと思ったらそれは優しさを誤解してます。

優しさとは結局は「他人からの評価」です。

あなたは優しい人と聞いて誰を想像しますか?

おそらく多くの人が真っ先に想像するのは、自分に日ごろから親切にしてくれる人でしょう。

その想像はあなたが「相手の行動を親切だ」と評価し、その評価がその行動と結びついているからこそ生ずるものです。

誰かが動機はともあれあなたに対して取った行動を「あなたが優しいと評価した」から、その人は「あなたにとって優しい人」というカテゴリーに入っただけなんですね。

人によって優しい人なんてそれぞれです。

極論ですが、はたから見て「あれは絶対DVだろ」という状態でも、それを受けている本人が本気で「これは愛されているが故だ」なんて思っていたらそれが優しさや愛だってこと。

なので、よく言われる「優しくなりたい」なんて願いは突き詰めれば「人から優しいと評価されたい」という気持ちです。

まあ、承認欲求の一種といってもいいかもしれません。

ただ、こんな風に「認めてほしい」という気持ちが強くなりすぎると、メンタル的にいいことなんてないですから、まあ難しいところです。

あと、「辛い思いをした分だけ優しくなれる」なんて言うのも、まあいっちゃあなんですが「しょうもない慰め」って感じがします。

つらい経験をしたことを何とか正当化しようと必死になっているだけて印象です。

「相手の痛みが想像できるようになる」だけでは「優しくなれません」。

大事なのは「相手の感情を含めたニーズを察知して的確なタイミングで適切なものを提供すること」に他なりませんから。

ちなみに相手の痛みが想像できてもその痛みを「自分のものと勘違いする」くらいに入れ込んだら、お節介になることの方が多いと思われます。

「常に『冷静に』相手の痛みの根源やそれを緩和する有効策を模索する姿勢とそれにも基づく実際の行動」の中から優しさは生まれるんだと思いますな。

ま、それでも外すときは外しますけどね。

でも、明らかに感情で突っ走るより精度は上がるでしょう。

そんなことを考えると、別に優しくなろうと「躍起になるほどのこともない」て気がします。

ある程度は「外すこともある」と思ったうえで、その都度冷静さを保って自分の心と相手の心をちゃんと分けて考える癖をつけたいものです。

、、、まあ、HSPの人にそれをやろうっていってもむつかしいことはわかってますが、、、。

ただ、ここでいいたいのは「HSPは優しい」なんて言われるからといって、「優しくいなきゃいけない」なんて思う必要は全然ないよってことです。

優しくなろうとしなくていいですよ。

そんなもん周りの評価ですから。

HSPの人は怒らせると怖い?

HSPという気質は実は相手を攻撃する際には強力な武器として作用することがあります。

あまり事例としては多くないと思いますが、上述のような「自爆覚悟の攻撃」をHSPの人が仕掛けようとした場合、HSPの人の繊細さが強力な武器として作用したりしますね。

もっとも、相手がサイコパスとかではない場合に限られる気はしますけど。

HSPの人は人の感情の機微に敏感であるからこそ「相手の弱点を察知する、心のもろいところ」を察知するのも得意だといえます。

だから、もしHSPの人が「もう、死なばもろともだ!」なんて身を捨てて攻撃する気満々になれば、「相手の一番つかれたくないところを徹底的に攻める」ことだってありえるでしょう。

そう、、、つまりね、非HSPの人達は「HSPの人達がただのお人好しだと思って舐めてると痛い目にあうぞ」ということを強く認識しておく必要があるってことです。

「あんたの精神的弱点は筒抜けになっているかもしれんぞ」ということも言えるでしょうか。

まあ、いずれにせよ「お人好しだからいいように扱える」みたいに考えていたら痛い目に会うのは間違いないでしょう。

HSPの人を本気で怒らせたら怖いです。

おわりに

この記事は「HSPは「本当に優しい」のか?攻撃的な人はいないのか?考えてみた。」と題しておおくりしました。

「HSPの人は優しい」のではなく、より正しくは

HSPの人の中には優しいと評価されるであろう人がいる傾向が高いと思われる(主観)」

という感じだと思います。

とはいえ、HSPの人がそうでない人より他者に配慮する傾向が高いのはまず間違いないと思っている次第。

優しさとは他人からの評価。

HSPの人は世間が「HSPは優しいものだ」なんて言っていても、「自分は優しくなければいけない」等といった強迫観念にとりつかれることはないです。

あと、「相手の痛みを想像できる」のは「優しさそのもの」ではなくとも、「重要な優しさの種」ではあります。

その気質自体は個人的にいいものだと思うんですよねえ。

ただ、問題はその気質との付き合い方です。

HSPの人は以下の記事にも目を通しておくと、何か発見があるかもしれません。

では!

参考記事等

スポンサーリンク
おすすめの記事