本を読むのが苦手な人や声優好きはAudible(オーディブル)の無料体験やってみ?

「本を読むと自分の中にない知識や経験が得られるから、読書は自分のスキルアップとかキャリアアップとかには大事だよなあ。、、まあ、それはわかっているんだけど、わたしってば活字苦手なんだよな。読んでいると眠くなる。」

ふむ、そうねえ。

確かに、本が苦手な人っていうのもいるよね。

そんな人は本を読むのではなく、「本が朗読されるのを聞いたらいい」かもしれん。

オニギリス!

脱マンネリストで心理カウンセラーのおにぎりです。

今回もよろしゅう!!

今回の話題は「本を読むのが苦手な人や声優好きはAudible(オーディブル)の無料体験やってみ?」という話です。

今回は以下のような方に向けておおくりします。

こんな人が読むと役に立つよ
  • 本は読みたいけど、本を読む、活字を読むのが苦手な人
  • 本をゆっくりと読んでいるような時間がないし、そんな気分にもなれないという人
  • 本を読みだすとすぐ眠くなってしまう人
  • 通勤、通学時間が長い人
  • 効率よく知識をインプットしたい人

本を読むと自分にない知識や経験を間接的にではありますが、効率よく得られるので非常に見識が広がります。

そういった幅広い知識があると実際にいろんなことをやるときに前もって何に気をつけるべきかがわかったりするため、間違いやすい点を回避することがしやすくなりますね。

本から学びその知識を実際に使うというこの一連の流れを繰り返すことで、スキルアップが非常に効率的に行えます。

まあ、それは最近になって以前にもまして読書するようになった、わたし自身が感じていることでもありますね。

ただ、時間的に色々やすことがあって切迫していると、「読みたいけどもちょっとそういう気分じゃない」というときもあったりします。

そういう時に、アマゾンの提供する月額税込み1500円の朗読サービスであるオーディブルの様なサービスがあると、ただアプリを起動するだけで耳から情報が入ってくるので心理的なハードルが低く効率的にインプットができますね。

実際、このサービスは非常に便利です。

特に通勤、通学である程度まとまった時間をとられている人には、場所を気にせず知識のインプットができるためおすすめですね。

インプットが本当にはかどります。

あと、お気に入りのナレーターを見つけて、その人の声で小説の朗読を聞くなんて言うのも、なかなかいいものです。

まずは、30日間の無料体験で好きなオーディオブック一冊、さらにボーナスタイトル1冊の計2冊が無料でもらってみてはどうでしょう

また、さらに、無料期間で様々なジャンルのポッドキャストを聞きまくってみるといいです。

かなりインプットがはかどるはず。

そして、当たり前ですが、「いつでも解約出来るし違約金なんてありません」

なお、無料体験中に解約しても、このダウンロードした2冊は手元に残ります。

オーディオブックは高いものだと1万円近くもするため、これはかなり太っ腹なキャンペーンですね。

無料でオーディオブックを2冊もらう

では、ゆるりとおおくりします。

スポンサーリンク

Audibleってどんなサービスなん?

オーディブルとはアマゾンが提供するオーディオブックサービス。

なお、オーディオブックとは主に書籍を朗読したものを録音した音声コンテンツの総称です。

オーディブオブック自体は会員登録をせずとも購入できますが、月額1,500円(税込)の会員登録をすると毎月「1コイン」が付与されてそのコインで好きなタイトルを購入できます。

※支払い方法は、「Amazonアカウント」を利用して支払い

オーディオブックの総タイトル数は40万以上にも上り、そのオーディオブックの中には1万円を超えるものもありますが、それらもみな「1コイン」で購入でき、その月のコインがなくなった際はすべてのタイトルを30%オフで購入できるようになります。

さらに、毎月おすすめの1冊が無料でもらえるんですね。

なお、2021年6月現在のボーナスタイトルは「マル暴総監」であり、以下の様なタイトルがあった模様。

・転生したらスライムだった件/伏瀬 著(2021年5月)
・神さまとのおしゃべり/さとうみつろう 著(2021年4月)
・うまくいったやり方から捨てなさい/椎原 崇(2021年3月)
・本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第一部「兵士の娘1」/香月美夜 著(2021年2月)
・劇場/又吉直樹 著(2021年1月)
・人生は楽しいかい?/ ゲオルギー・システマスキー、北川貴英 著(2020年12月)
・下町ロケット/池井戸潤 著(2020年11月)

ふぬ、、、ビジネス書から小説までなかなかジャンルが幅広いタイトルが並んでますねえ。

おすすめタイトルを毎月読んでいるだけでも、楽しめる人はそれなりに居そうです。

そして、無論、購入したタイトルは会員プランを辞めてもずっと聴くことが可能です。
さらに、無料で聴くことができるポッドキャストがあり、そのジャンルはお笑い芸人などのエンタメ・カルチャー、ビジネス、癒やしの自然音、落語、ヒーリング、最近流行りのASMRなどと実に様々。
それらのコンテンツが無料で聴けます。

これだけでも「それなりにお得」な感じがしますが、強調しておきたい仕組みに「返品」というものがあるんですね。

「返品」とは文字通り1コインで購入したタイトルを返品できる仕組みですが、この返品を上手く使うと「かなりお得にオーディオブックが聴ける」のです。


少し聴いただけでも最後まで聴いても返品可能なのですし、返品すると購入に要した「1コイン」が戻ってくるので1冊聴いては返品し、また聴いては返品し、、、、とすればかなりの冊数を1コインで聞くことができます。

とはいえ、「無限に返品ができる」訳ではないようで、ツイッターの評判によると「3~9回が限界」という感じの模様。

ただし、返品不能となってもカスタマーセンターへ連絡すると、また返品ができるようになるみたいです。

返品という仕組みの存在も考えると、オーディブルって相当お得な気がします。

Audibleの無料体験の概要って?

オーディブルは30日間無料で体験でき、その無料期間終了後から1,500円の有料月額会員に切り替割ります。

もちろん、無料期間内にダウンロードしたコンテンツはその後も楽しめますね。

オーディブルの30日間無料体験の概要は以下の通り。

オーディブルの30日間無料体験の概要

・オーディオブックが1冊自由に選べる
・ボーナスタイトルが1冊無料でもらえる
・ポッドキャストが聞き放題

上述しましたが、オーディオブックには一冊1万円を超えるものもありますし、そこでさらにボーナスタイトルまでもらえるとなるとかなりお得です。

しかも、、、先ほど言った「返品」も可能なため、納得がいかなければ返品してまた別の本を聞くことができます

もし、無料期間の間に単価6000円のオーディオブックを3回返品して4冊目まで聞いたなんて話になると、無料期間で2万4千円分を聞いたという事になります。

ここにさらに、ボーナスタイトルがくっついてくるので、、、3万近くになってしまいそうです、、、。

またさらに、ポッドキャストにしても様々なジャンルのポッドキャストがあるので、あきませんしラジオがわりにも使えます。

賢く使い倒せば、相当にお得なサービスといえそうですねえ。

なお、アマゾンのオーディブルは「30日間の無料体験中にいつでも解約できます」

当然、違約金なんてものもないです。

忙しい社会人や少しでも読書量を増やしたいという人は、この機会にオーディブルを利用して効率よくインプットをしてみていもいいと思います。

あと、育児中のお母さんもお子さんへの読み聞かせとして、オーディオブックを活用することもできるのでおすすめです。

無料でオーディオブックを2冊もらう

Audibleのデメリット

いくらオーディブルがいいサービスと言っても、全く何の粗もないはずはありません。

やはり、そこは気になるのでオーディブルのデメリットについて見てみましょう。

オーディブルのデメリットには以下の様なものがあるそうな。

・文章が見えないため、強調したい箇所が分かりにくい
・下線が引けない、書き込みができない
・普通に本を読むよりは時間がかかる
・アマゾンのキンドルと比べるとちょっと割高に感じる
・日本語対応のタイトルが一万タイトル以上と意外と少ない

本によっては、普通に紙の本を読んだほうが頭に入ることもあります。

キンドルの場合もそうですが、書き込みや下線を引いたりといったことがオーディブルだとできませんので、少しモヤモヤしますね。

なので、個人的には「お気に入りのナレーターを探して小説の朗読を聞く」のが一番いい使い方って気がしています。

オーディブルは、「複雑な理屈を説明する本を聞くのにはあまり向いていない気がする」っていうのが個人的な印象です。

正直、わたしはビジネス書や心理系の本をシッカリ読もうと思うと、マーカーとかで線を引いておきたい派なので、オーディブルだと線が引けないのでどうもしっかり読んで気がしませんでした。

やはり、わたしは小説の朗読を聞いている方がオーディブルの使い方としてはあっていますね。

ちなみに、わたしが好きなナレーターは声優の大塚明夫さんと櫻井孝宏さんですかね。

まあ、でもこれは人によるでしょう。

あと、取り扱いタイトルに関しては、

対する、audiobook.jpは日本語タイトルが2万3千なので、オーディブルは日本語のタイトル数だけで行くと圧倒的に負けています。

ただ、英語などを含めると沿うタイトル数が40万以上となるため、英語が得意な人以外はあまりこのタイトル数の恩恵を受けそうにないんですよねえ、、、。

これは結構問題です。

audiobook.jpについて詳しくは以下。

Audibleのメリット

では、次にオーディブルのメリットについてです。

オーディブルのメリットについては以下の通り。

・目が疲れない
・効率よく情報をインプットできる
・隙間時間に気軽に活用できるので時間を無駄にしない
・取り扱い作品数が40万タイトル以上と多い(日本語対応は1万冊以上)
・声優や俳優の良い声(中には著者本人によるものも)で本が楽しめる
・英語のリスニングトレーニングに使える

やはり、同じようなオーディオブックサービスと比較してもアマゾンの取扱数は群を抜いて多いです。

ただ、上述のように日本語のタイトル数だけで行くと、audiobook.jpに負けている点は少し問題です。

ちなみに、オーディブルの2021年6月現在の人気タイトルには以下のようなものがある模様。

・1位:マル暴総監 Audible Logo Audible版 – 完全版 今野 敏 (著), 橘 潤二 (ナレーション), Audible Studios (出版社)

・2位:1%の努力 Audible Logo Audible版 – 完全版
ひろゆき (著), 川勝 亮太郎 (ナレーション), Audible Studios (出版社)

・3位:嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え Audible Logo Audible版 – 完全版
岸見 一郎 (著), 古賀 史健 (著), てらそま まさき (ナレーション), 金野 潤 (ナレーション), Audible Studios (出版社)

・4位:2040年の未来予測 Audible Logo Audible版 – 完全版 成毛 眞 (著), 江田 拓寛 (ナレーション), Audible Studios (出版社)

・5位:FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣 Audible Logo Audible版 – 完全版 ハンス・ロスリング (著), オーラ・ロスリング (著), アンナ・ロスリング・ロンランド (著), 上杉 周作 (著), 関 美和 (著), & 3 その他

・6位:推し、燃ゆ Audible Logo Audible版 – 完全版 宇佐見 りん (著), 玉城 ティナ (ナレーション), Audible Studios (出版社)

・7位:ジェームズ・クリアー式 複利で伸びる1つの習慣 Audible Logo Audible版 – 完全版 ジェームズ・クリアー (著), 佐々木 健 (ナレーション), パンローリング株式会社 (出版社)

・8位:オードリー・タン デジタルとAIの未来を語る Audible Logo Audible版 – 完全版 オードリー・タン (著), プレジデント書籍編集チーム (著), 三輪 夏紀 (ナレーション), Audible Studios (出版社)

・9位:幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えII Audible Logo Audible版 – 完全版
岸見 一郎 (著), 古賀 史健 (著), てらそま まさき (ナレーション), 金野 潤 (ナレーション), Audible Studios (出版社)

・10位:偽物語 上 Audible Logo Audible版 – 完全版 西尾 維新 (著), 櫻井 孝宏 (ナレーション), Audible Studios (出版社)

また、自分のお気に入りの声優さんがいる人は、「誰がナレーターを務めているか」で作品を選ぶのも楽しいと思います。

なお、アマゾンが公式にアナウンスしているナレーターを務めている声優さんや俳優さんには、以下のような方々がいる模様。

ナレーター一覧

俳優・タレント


杏 / 高良 健吾 / 宮本 隆治 / 田辺 誠一 / 中村 蒼 / 田中 麗奈 / 城田 優 / 早乙女 太一 / 唐田 えりか / 上川 隆也 / 小澤 征 / 柄本 佑 / 大久保 佳代子 / 豊原 功補 / 三田 佳子 / 和牛 / 柳家 小さん / 高橋 克典 / 立川 談志 / 坂口 憲二 / 宮沢りえ / 糸井 重里 / 髙橋 大輔 / 夏木 マリ / 風間 杜夫 / 橋爪 功 / 奈良岡 朋子 / 岸田 今日子 / 蟹江 敬三 / 林 隆三 / 遠藤 久美子 / 大竹 まこと / 萩原 聖人 / 三上 博史 / 常田 富士男 / 大塚 明夫 / 小川 眞由美 / 高橋 和也 / 栗原 小巻 / 古谷 一行 / 窪塚 俊介 / ともさか りえ / 石田 衣良 / 渡辺 美優紀 / 山田 菜々 / 立川 志の春

声優・朗読家


朴 腎美 / 雨宮 天 / 茅野 愛衣 / 釘宮 理恵 / 中井 和哉 / 置鮎 龍太郎 / 緑川 光 / 野島 健児 / 神谷 浩史 / 沢城 みゆき / 古川 登志夫 / 日髙 のり子 / 根本 泰彦 / 後藤 敦 / 平川 正三 / 大森 ゆき / 佐藤 恵 / 三好 翼 / 小松 史法 / 白川 周作 / 下山吉光 / 高橋 李依 / 松宮 森乃 / 岡咲 美保 / 神谷 尚武 / ささき のぞみ / 岡崎 弥保 / 松岡 美奈 / 青木 幹和 / 矢島 正明 / 佐々木 健 / 大塚 明夫 / 福島 潤

んー、随分豪華な顔ぶれです。

誰がナレーターを務めているかに着目しても、かなり楽しそうですねえ。

特に、夜寝る前にお気に入りの声優さんの朗読を聞いて就寝、、、なんていうのも中々いいもんかもしれません。

無料でオーディオブックを2冊もらう

Audibleの登録と利用方法、退会方法

オーディブルの利用方法は実にシンプル。

無料でオーディオブックを利用するまでの手順は以下の通り。

無料登録からオーディオブックを聴くまで

1、無料登録

2,専用アプリのダウンロード(PC版ios ,Android

3,オーディオブックを無料で購入する

4,オーディオブックをダウンロードする

5,添付資料をダウンロードする

なお、5での添付資料のダウンロードについてですが、アプリ再生画面の右上の「︙」を開くと、メニューに「付属資料・PDF」があるので、PDFファイルはこちらからダウンロードできます。


ちなみに、オーディブルはパソコンで聴くこともできます。


では、次に退会方法についてです。


オーディブルを無料体験だけで終わりにしたい人はちゃんと無料期間が終わるまでに退会をしておかないと、自動的に月額税込み1500円が発生してしまいます。

オーディブルの解約方法は実に簡単。


手順は以下の通り。

オーディブルの解約手順

オーディブルのWebサイトへアクセス(現状、アプリからは解約できない)

[〇〇さん、こんにちは!]をクリック

[アカウントサービス]クリック

オーディブルの「Amazonアカウントでサインイン」画面を表示

アマゾンアカウントでサインイン

[アカウントサービス]画面が表示されたら、[退会手続きへ]をクリック

[退会手続き]画面が表示されるので、[このまま退会手続きを行う]をクリック

退会理由を答える画面が表示されるので、退会理由を選択して[次へ]をクリック

「退会手続きを完了する」をクリック

退会手続き完了



Audibleの評判

では、最後にオーディブルを利用した人たちの感想について、少しだけ見てみたいと思います。

https://twitter.com/momoramingo/status/1408011898298068997?s=20
https://twitter.com/omekamon/status/1407964947485650948?s=20
https://twitter.com/irukasango/status/1407957507520139265?s=20
https://twitter.com/greenpepper1017/status/1407948168860368899?s=20
https://twitter.com/Zucchini0141/status/1407894667266465793?s=20
https://twitter.com/niconico____n/status/1407854319802544131?s=20

無料でオーディオブックを2冊もらう

おわりに


この記事は「本を読むのが苦手な人や声優好きはAudible(オーディブル)の無料体験やってみ?」と題しておおくりしました。

オーディブルの無料体験では以下の様な事ができます。

オーディブルの無料体験でできる事

・オーディオブックが1冊自由に選べる
・ボーナスタイトルが1冊無料でもらえる
・ポッドキャストが聞き放題

オーディブルを利用すれば、効率よくインプットができますし、育児中のお母さんは子供への読み聞かせなんかにも使えます。

特に、多忙なビジネスマンや隙間時間をもっと活用したいという人にはうってつけでしょう。

オーディブルを上手に活用して時間を有意義に過せるといいですよねえ。

では!

無料でオーディオブックを2冊もらう

参考記事等

スポンサーリンク
文字を読むのはつらくても「聞くのは楽」。

「読書をする時間がない」

隙間時間を無駄にしたくない」

「文字を読むことがストレスだけど知識は得たい」

「小説を文字ではなくて音声で楽しみたい」

そんなわがままに答えてくれるのがアマゾンのオーディオブック配信サービス「オーディブル」。スマホやPCなどの端末に書籍をダウンロードしたら、その本の内容をプロのナレーターによる朗読音声で聞くことができます。月額1500円(税込み)で40万冊以上にわたるビジネス書、自己啓発書、小説、英字新聞など様々なジャンルの本を聞くことができ、いつでも退会できます。

※最初の一冊は無料。

※Audibleの会員になるとどんな料金のタイトルであっても、1冊無料で購入できるAudibleコインがもらえる。

ラインナップにはあの「嫌われる勇気「FIRE 最強の早期リタイア術 最速でお金から自由になれる究極メソッド」「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」「実力も運のうち 能力主義は正義か?」「不老長寿メソッド 若いは死ぬまで武器になるなどがあり、聞きたいものが盛りだくさん。

まずは、一か月無料体験から。

一か月無料体験で気になる1タイトル+会員限定コンテンツを楽しもう!

audible(オーディブル)

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事