男の目には糸を張れ、女の目には鈴を張れ?男女別に一番大事な顔のパーツ考えてみた

「なんか、おじいちゃんがわたしに「男の目には糸を張れ、女の目には鈴を張れ」という言葉を言ってきたんだが、これってどう意味??よう意味が分からん。」

あー、その言葉は、現在はあんまり聞く気がいない気がする。

でも、ある程度間違っていない気がするね。

ここ日本では。

脱マンネリストで心理カウンセラーのぐれん のおにぎりです。

今回もよろしゅう!!

今回の話題は「男の目には糸を張れ、女の目には鈴を張れ?男女別に一番大事な顔のパーツ考えてみた」という話です。

今回は以下のような方に向けておおくりします。

こんな人が読むと役に立つよ

男の目には糸を張れ、女の目には鈴を張れという言葉の意味が気になっている人
男女別に、顔の魅力度に一番影響を与える顔のパーツは何か考察してみたい人

世の中で、一般にイケメンや美人と言われる人たちはパーツ配置がいいからこそ美人やイケメンなのであって、「個別のパーツの一つがいくら綺麗でも配置が悪かったらあまり意味がない」のはある程度美容に興味があるなら周知の事実でしょう。

、、、とはいえ、男女別に「パーツだけだったら何が一番大事なのか?」というのも結構気になることではありますね。

それが分かれば、メイクなどで重点的にカバーできますから。

これは男性にも同じことが言えるでしょう。

という事で、今回は雰囲気美人や雰囲気イケメンになるために顔の性別ごとに「顔のどこを一番重点的にメイクすべきか」について考えてみたいと思います。

ただ、今回はかなり主観的になってしまうでしょう。

なので、今回の記事での結論等については、あくまでも「一個人の独断と偏見」という扱いでお願いします。

では、ゆるりとおおくりします。

スポンサーリンク

男の目には糸を張れ、女の目には鈴を張れって何のこと?

あなたは「男の目には糸を張れ、女の目には鈴を張れ」という言葉をご存じでしょうか?

この言葉の意味は、

男の目はきりりとまっすぐなのがよく、女の目はぱっちりと大きいのがよい。〔譬喩尽(1786)〕

引用

コトバンク

というものです。

ふぬ、これは目というものに着目した場合に、男女でそれぞれ「どんな形であれば魅力的なのか」について言及したものといえます。

もっと具体的に言うと、「男の目は横幅の切れ長がよくて、女の目は横幅よりも縦幅の方が重要だ」といった感じの趣旨といっていいかと思ますねえ。

まあ、もし上記の言葉をこのような意味としてとらえるなら、これはある程度妥当な気がします。

もっとも、現代の日本では男女ともに「横幅も縦幅もそれなりにある目」がいい事はほぼ間違いないと思いますけども。

女性の顔で一番重要なパーツはアレ

女性の顔において、やはり一番大事なものは目でしょう。

もっとも、以前の記事で申し上げたように、「目よりも唇の方が魅力に対する影響力が大きい」という研究はあります。

しかし、これは「イギリスの研究」であるため、ここ日本では必ずしも妥当しない気がしますね。

白人の場合は「蒙古襞のない並行二重」が当たり前の事なので、「目で顕著な差がつかない」からです。

目の大きさでさほど差がつかないなら、目よりももっと他のところに注目するようになると思うんですよね。

少なくとも日本人に、二重は少ないし蒙古襞も結構張っている人が多いので、イギリスの研究を参考にして「口びるが上唇と下唇の比率が1:2にすればいい」と安易に言い切るのは少し乱暴な気がします。

男性は本能的に女性には「若さ」というものを求めるとされていますが、目が大きい方が若々しい印象をあたえるのでやはり目の大きさというものはかなり重要度が高いと思うんですよね。

おそらくここ日本では、女性の顔の魅力に一番大きなインパクトを持つパーツは「目」であろうと思います。

多くの女性がアイプチ等で二重にするのも妥当って気がしますね。

男性の顔で一番重要なパーツはアレ

では、次に男性の顔において「何のパーツが一番魅力にかかわってくるか」について考えてみたいと思います。

正直、これは難しいです。

ただ、候補はおよそ決まっていますね。

それは「目か鼻か」です。

これは本当に悩ましい、、、、。

ただ、個人的な意見を言いますと、おそらく「鼻の方が比較的大事であろう」と思いますね。

男性の場合、比較的目の大きさは重要ではないと思うんです。

少なくとも、海外の研究では「目が細く彫りが深いあごのしっかりした顔」の方が女性受けがいい(一夜限りの関係の場合ではあるが、、、)とされており、本能的には女性ほど目の大きさは重要ではない可能性があります。

こういった顔をしている男性は、男性ホルモンの一種であるテストステロンが高い傾向があるとされていますから、女性が本能的に惹かれるという事です。

しかしここ日本のように治安のいい国の場合、少し状況が違っており、比較的女性的な顔の方が受けがいいといわれているのですね。

なので、日本だと目の影響力がアメリカに比べて高い可能性があります。

そこを測りきれないため、目と鼻のどちらが影響力があるか迷うんですよねえ、、、。

ただ、個人的にはやはり男の場合は、鼻が大事になると思いますね。

で、どんな感じの鼻がいいかというと、「高さがあってまっすぐで鼻先が横から見たときに尖っている鼻」でかねえ。

まあ、細かく言ったらもって色んな条件がありますけども。

ただ、鼻は骨なため二重のように簡単に形を変えるなんてわけにはいかないので、もし鼻が低いのならノーズシャドウ等で高く見せるくらいしか手はなさそうです。

個人的に美形になれるかどうかを左右すると思うパーツの最たるもの

普通の感覚だと、顔の美醜を最も左右する要素は「目か鼻か」だと思っている気がします。

まあ、これは確かにその通りなのです。

しかし、いくら個々のパーツがよくとも、「パーツの配置が悪いと何にもならない」んですね。

正直、パーツの配置が美醜の上限を決めるといってもいいでしょう。

で、実は、全体のパーツ配置がいいか悪いかをはかるおよその目安となる顔の部分というものがあります。

それが「鼻の下」です。

鼻の下の長さがなすぎるとどう頑張ってもイケメンや美人にはなれないので、ある意味でここが「美醜を決定するボトルネックになっている」といえます。

鼻の下は長すぎても短すぎての違和感がありますね。

まあ、短すぎる方が長すぎるよりは断然マシですが、、。

鼻の下が長すぎると、「老けて見える、間延びして見える」ので女性からすると致命的ですし、男であってもいいことは何もありません。

ちなみに、バランス上は鼻の下の長さを1に対し、唇からあご先までの長さが2であること、つまり「鼻の下:唇から顎先まで=1:2」が良いとされています。

もし、鼻下が長すぎるなら、いわゆる人中短縮メイクでカバーするとか、即効性はないですが口呼吸をやめるとか口内での舌の位置を見直してミューイングを行ってみるなんていうのもありでしょう。

おわりに

この記事は「男の目には糸を張れ、女の目には鈴を張れ?男女別に一番大事な顔のパーツ考えてみた」と題しておおくりしました。

今回の記事は結構無理やりな感じで、「男女それぞれの顔で度のパーツが一番大事か」を考えてみましたねえ。

結局、「女は目」で「男は鼻」という結論になりましたが、男女ともに「鼻の下の長さ」も気をつけた方がいいですね。

もっとも、気にしすぎたところでどうしようもないので、長すぎるならば短く見せる工夫を薄るというのがいいと思います。

まあ、こういうことはある程度気をつけたらそれ以上は気に止まないというのがベストですね。

でないと、醜形恐怖症になってしまいかねませんから。

では!

参考記事等

スポンサーリンク
ペットは飼いたいけれど、、、

ペットを飼うと癒されるし、対人関係がよくなったり拡大したりすることが示唆されています。

とはいえ、ペットを飼うのは責任重大。

費用も労力も多大、ご近所への騒音の心配も、、、。

ましてペットロスは家族を失うくらいにつらいもの。

でも、家族型ロボットのラボットなら安心。

費用も長期的に見れば、ペットよりかからないしペットロスもないしサポートも充実。

さあ、ラボットと愛ある暮らしを。

2021年8月31日まで、通常8日間の全額返金保証が100日間全額返金保証です。

また、8月81日まで分割金利手数料をGROOVE X社が全額負担しラボットが1週間程度でお手元に届きます。

この機会にぜひラボットとの生活をスタートさせてみましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事