「35歳過ぎたら結婚できない説」の根拠について色々考察してみた

今回は以下の様な方に向けておおくりします。

こんな人が読むと役に立つよ
  • ・結婚願望はあるが、35歳を過ぎてしまった男女
  • ・35歳を過ぎたら結婚は絶望的だと思っている男女

ぐれん
心理カウンセラーの中の人、ぐれんです。

今回は「「35歳過ぎたら結婚できない説」の根拠について色々考察してみた」という話題です。

世の中には「35歳を過ぎたらほぼ結婚は不可能である」という意見があります。

いわゆる「35歳結婚限界説」と言われるものです。

この意見を聞いて、絶望している35歳以上の男女はかなりいると思われます。

今回はこの「35歳結婚限界説」の妥当性となぜ35歳以降急激に結婚が困難になるのかについて考えていきましょう。

では、ゆるりとおおくりします。

スポンサーリンク

「35歳を過ぎると結婚はほぼ絶望的」は少しだけ大げさ

世の中には「35歳を過ぎると結婚はほぼ不可能だ」とする意見があります。

この説の主張とは具体的にいうと、「35歳以上の男性が5年以内に結婚出来る可能性は3%で、女性の場合は2%」というもの。

これが俗にいう「35歳結婚限界説」の具体的な内容です。

ただ、この説にはかなりの論理の飛躍があるんですね。

この「35歳結婚限界説」の根拠として国勢調査による統計情報がよく持ち出されますが、この数字自体は信じていいでしょう。

参考
e-stat

問題なのは「数字の扱い方」です。

「35歳結婚限界説」で言われる3%や2%という数字の導出過程には大きな問題が潜んでいます。

例えば、男性の未婚率の場合で確認してみましょう。

35歳男性が5年以内に結婚できる確率が導出される手順

1、2005年国勢調査によると、35~39歳の男性のこの年齢層における全男性のうち未婚の人の割合(未婚率)は31.2%。

※国勢調査では、「結婚経験はあるが現在独身の人」(離別者と死別者)は未婚者に含まない。

2、2010年国勢調査では、2005年の調査で35~39歳の人は40~44歳であり、彼らの未婚率は28.6%。

3、2時点間の未婚率の差は、31.2-28.6=2.6であり小数点以下を四捨五入することで3となる。

4、、35歳以上男性が結婚できる確率は3%である。

この導出過程には以下の様な穴が存在しています。

・変化量:2つの時点の数値の差は変化量であって、変化率ではない。求める必要があるのは変化率である。よって、変化率を求めるために「変化量÷基準値×100」で計算すべきである。

・国勢調査で公表されている未婚率は、婚姻状態が「不詳」の者を除外して計算した数値。よって、未婚者数を用いて計算した場合の確率と少々ズレる。

5年以内に結婚できる確率を正しく求めるには、「2005年の35~39歳の未婚男性(女性)のうちで5年後までに結婚できた人数」を「2005年の35から39歳の未婚男性(女性)の総数」で割って100をかける必要はあります。

この式に沿って計算をしてみると、5年以内に結婚できる確率は男性の場合も女性の場合もおよそ7%ほどになるようです。

そこまで高い数字ではありませんが、絶望するほどの数字ではない気がしますよね?

言ってはあれですが、40を超えてくると見た目に気を気をつけていない人やコミュニケーションを磨いてこなかった人とそれらを磨く意識の高い人との差はかなりはっきりしてきます。

それを加味すると、未婚のライバルはおそらく弱そうなのであまりに年齢差がかけ離れた相手を望まずあまり理想を高くせずに努力すれば、比較的簡単に結婚することができるかもしれません。

、、、ちょっと、そんな気がしてきますねえ。

あくまでも気ですけども。

35歳を過ぎると結婚が困難になる理由

さて、ではここからは35歳を過ぎると結婚が難しくなる理由について、これまでわたしが受けた相談の内容も加味して考えてみたいと思います。

35歳過ぎて結婚が難しくなる理由は以下の通り。

・相手に対する理想が高くなる

結婚が困難になる理由としてよく挙げられるものに、「相手への理想が高くなりすぎる事」があります。

自分自身の容姿や能力等を磨く努力をして成長しているならばともかくも、自分を客観視することなく相手にばかりよい条件を求めたのでは上手くいくはずはありませんよね。

そしてこれは結構重要な観点ですが、特に現代の女性はマッチングアプリなどで優遇されイケメンとも比較的容易に遊べるため理想が肥大化しやすい傾向にある気はします。

「わたしはイケメンにも相手にしてもらえる価値ある女性なんだぞ!」等と良くも悪くも自己肯定感があがるという事です。

そんな状態で、一般的な男性を見たら「何だよ、こんなシケタ面したやつにわたしは不釣り合いだわ!」みたいに思うようになってしまうって感じですね。

嫌でも理想が高くなりやすいわけです。

そして特に結婚を意識して婚活をある程度してきた男女の場合、「どうせ結婚するなら自分ができるだけいいと思える相手を!」なんてなりそうですね。

いうなれば、いろんな人を見てきて目が肥えてしまっているとも言えます。

これでは中々うまくいかないのも道理という感じですよね。

・容姿の劣化を防ぐ意識のあるなしにより生じる顕著な容姿格差

恋愛の大原則は外見的魅力の均衡です。

これは数々の心理学実験により証明されている事(例えば、コンピューターデート実験等)。

容姿はきちんとメンテナンスする意識を持たないと、年々崩れていくものです。

女性は年齢に関係なくおよそ見た目に気を使っているもので、最近の美意識の高い女性の中にはリフトやハイフ、真皮繊維芽細胞移植などといったものを利用する人まで出てきています。

それにもかかわらず、アラサー以降の男性は相も変わらず「男は中身だ」等といった価値観のままな人もかなり見受けられますね。

先ほども言った通り、「恋愛は外見的魅力の均衡」が大前提なのです。

結婚は恋愛とは似て非なるものではありますが、本能的に拒絶したくなるような見た目の相手と結婚するなど普通は考えられません。

見た目に気をつける女性と見た目に気をつけない男性との間の容姿格差は、年を追うごとに拡大していきます。

例えば元々の顔の整い具合は同じ場合であっても、いつの間にか「いかにもおじさんな男性」と「年の割には老けてない女性」になっているわけですね。

ある程度の年齢になったら、「どれだけ若いころの容姿を維持できるか」がかなり重要な気がします。

容姿が悪くなってから、男性側がいくらあがいても結婚は困難になる気はしますね。

見た目のケアは最大限すべきでしょう。

ただ30以降は、おそらくライバルの多くは体型を始めとした様々な点で弱体化していますから、本気でダイエットや筋トレをして逆三角形体型になるとかシワやシミの徹底的な除去などをすれば見た目に関してはかなりの確率で優位に立てるかと。

結婚にしろ恋愛にしろ最低限の見た目がなくては話にならないものです。

・年を重ねる事で人生観等がある程度固まってくる事で思考や態度が硬直化してくる

歳重ねる事で個人差はあれど、一般に様々な経験を積み賢くなるものです。

しかし一方で、「自分の経験を絶対視する」ようになる危険性もあります。

自分のこれまで見てきたものこそだたしいと思い込んでいる人は、人の話を真摯に聞いたり他人の意見を尊重する姿勢が弱まってくるでしょう。

事実、このような非柔軟的な傾向はわたしが見る限り男性に非常に顕著です。

そうなると、「お前は何もわかっていない!」といった様な謎の上から目線での説教や相手の意見の否定を頻繁に行うようになってきさえすると思います。

このような、柔軟性のかけた姿勢に基づいて行われるコミュニケーションは非常に不快なものです。

仕事の場面だけならまだしも、これを家庭やプライベートにまで持ち込むようではとても一緒に居たいとは思わないでしょう。

35歳以上だと高齢出産になってしまう

高齢出産の定義は定かではないものの、日本産科婦人科学会は「35歳以上の初産婦を高齢初産婦」としています。

35歳以上での出産は高齢出産に分類されるわけです。

高齢出産には赤さんが障害を持って生まれてくるリスクや卵子の老化により妊娠しにくくなるという事情があるため、世の男性には35歳以上の女性との結婚をちゅうちょする傾向があるわけですね。

ただ妊娠のしやすさに関しては男性の場合も、加齢によって精子の運動量や形態良好な精子の数の割合である正常形態率が低下することが知られており大いに責任があります。

不妊は女性だけの責任ではないのです。

世の中の男女の多くが「別に子供とかいらない」と思っていればあまり問題とならないものかもしれませんが、一般に実子を望む男女は非常に多いので年齢はネックとなってきます。

少なくとも、上記の事には気をつけてみるといいと思う次第。

なおあくまでも結婚相談所での話ですが、男性の場合は成婚率を大きく左右する要素として年収があるので、男性は仕事を頑張るのも忘れてはいけないでしょう。

「なぜ結婚したいのか」については定期的に問うてみる必要がある

35歳過ぎて結婚できない説の根拠や理由などについて見てきましたが、自分がそもそもなぜ結婚したいのかについては定期的にしっかりと考えた方がいいです。

もし、「世間体のため」とか「単に寂しいから」等といった理由で結婚したのなら、ちょっとどうなのかなと個人的には思ってしまいます。

というのも、「どっちの理由も相手との関係構築に重きを置いていないから」です。

もし好き同士で結婚しても3年もたつと恋愛感情は消えてしまうので、それまで大目に見てこれた小さな問題が一気に表面化してきます。

ましてそんなに好きでもないのに、世間からの評価や寂しさといったもので結婚なんてしようものなら、とんでもない事になりそうです。

いい結婚生活がおくれている人は、夫婦両方がきちんと生活をよりよいものにするように努力をしている傾向にあると思うんですね。

片方が片方の善意に寄生するような不健全な関係では、早晩破綻するでしょう。

結局、結婚も人間関係の一種ですからね。

不断の努力なしに良好な状態は保てないわけです。

結婚するならきちんと良好な関係を築いていくことを目指したいですね。

おそらく、結婚とは「自分の人生が色んな意味で豊かにするため」にするものだと思います。

そうでなければ、どうしてする必要があるのかって感じはしますね。

きちんと相手の内面に気をつけて相手を探したいものです。

おわりに


この記事は「「35歳過ぎたら結婚できない説」の根拠について色々考察してみた」と題しておおくりしました。

ネットでよく見かける「35歳男性が5年以内に結婚できる確率は3%、35歳女性の場合は2%」のような情報は、かなり適当で当てにならないものです。

実際は、男女ともに7%くらいが妥当といったところ。

決して、高い数字とは言えませんが、あまり悲観するほどの数字ではない気もします。

コミュニケーションスキルを向上させたり外見を整える事で、案外解決しそうな気もしますね。

もっとも、結婚相談所の場合は男性は年収が一番大きな武器になるので、仕事を頑張るのが大原則でしょう。

では!

参考記事等

マイハニーレメディーシャンプーが気になるので口コミや効果調べたぞ

参考
http://myoko-deai.com/topics/2012/01/353-2.html

https://toyokeizai.net/articles/-/120635?page=2

スポンサーリンク
真面目に結婚を考えているなら結婚相談所は成婚率業界№1のパートナーエージェントで決まり!

社会人になると、とたんに恋愛が難しくなります。

それは出会いの機会が学生時代と比べて極端に減ってしまうからです。

出会いの機会が減ってしまうのは恋愛や結婚をしたいと思っている人にとっては絶望的なまでに致命的。

付き合おうにもそもそも付き合う異性がどこにもいないなんて、、、絶望です。

何とか仕事を覚えようと必死になって日々の仕事に追われ、「気が付いたら家と職場の往復になっていた」なんて人も珍しくないでしょう。

しかも、年を経るごとに一般に職責が重くなって行くので、一向にプライベートの時間を確保できないなんて人も珍しくありません。

家と職場の往復がメインの日常となっては、とてもではありませんが新しい出会いなんて期待できません。

しかし、恋愛も結婚も早ければ早いほど有利。

年齢は1歳違うだけでもその影響ははかり知れません。

例えば、29歳と30歳、39歳と40歳、、、どうでしょう?

きっと、かなりのイメージの差を感じるはずです。

また、各所でいわれている通り、男女問わず35歳以上になると結婚できる確率は極端に減ってしまいます。

※実際、2015年の国税調査で、35歳の男性がその後5年以内に結婚できる確率は20.88%。35歳女性の場合は22.61%というデータが示されている。

35歳なんて仕事に追われていたらあっという間です。

結婚をしたいならゆっくりしている暇はありません。

結婚しないでいいのはすぐに友人を作れるような圧倒的なコミュ力がある人やそもそも人嫌いの人くらいですから、結婚へのタイムリミットは多くの男女にとって大問題です。

一人だけ家にポツンと取り残され誰とも会話をすることのない、心配してくれる家族もいない、そんな老後、、、、あまりにも寂しい。

婚活は早くから始めるに越したことはないです。

そこでとりうる道は3つ。

まず一つは「マッチングアプリを使って相手を探す」という道。

これは一見現代における最適解のようにおもえますが、問題もあります。

その問題とは、男性の場合なら「そもそもマッチングすらしない」とか「ひどい写真詐欺の人にばかり合う」、「異性慣れしていないとデートにいたるまでのやり取りすらできない、デートが上手くいかない」といったもがあるでしょう。

そして、女性ついていえば、「自分は真面目に婚活しているのに遊び目的の人にしか遭遇しない」とか「経歴や年収、写真詐欺をしている人ばかりにあう」、、、などというリスクがあります。

マッチングアプリでまじめに婚活するのはかなり難しいです。

特に、男性に関しては今のマッチングアプリ市場は非常に厳しいです。

マッチングアプリは、見た目を並み以上にした雰囲気イケメン以上が女性からのいいねを独占する場です。

今までロクな恋愛経験がなかったり見た目に特段優れた点のない人が戦える場所ではありません。

写真を見られたその時点で女性にスルーされプロフィールは読まれません。

第二の道は「職場で相手を探す」という道。

職場に異性がいる人は、職場にいる異性と恋愛しそこから結婚に至るという手が残されています。

しかし最近では「告白すること自体がハラスメントだ」等という風潮が出来上がってきているためうかつに職場恋愛もできません。

なにより、職場恋愛は職場にプライベートを持ち込むことになるというリスクがあるので中々難しいものでもあります。

また、これは男女問わずいえることですが、仮に告白に失敗すると自分の居場所がなくなったりして肩身の狭い思いをすることになったりします。

事実、「気になる部下にそれとなく好意を伝えたらセクハラではないかと問いつめられて会社に居場所をなくした」とか、逆に「男性の上司からそれとなく好意を伝えられ断ったが、その後嫌がらせをされて職場をやめざるを得なくなった」等といったトラブルにあった人も実際にもいるそうです。

職場に恋愛を持ち込むことのリスクはかなりのものと言えます。

特に、恋愛や婚活をしたい男性にとっては厳しい世の中です。

そして、第三の道は「結婚相談所を利用する」という道です。

「真面目に結婚を目的として活動する」という事であれば、結婚相談所に入会するのが最適解です。

結婚相談所であれば、経歴や年収を意図的に盛ることはできませんし、写真詐欺も心配ありません。

もちろん、既婚者が紛れ込むこともありませんね。

それにきちんとした結婚相談所であれば、運営の目が光っているため「いわゆる、やり目的なひと」も排除できますからそこも女性としては安心です。

婚活カウンセラーがサポートしてくれるので異性経験がゼロの人でも安心でしょう。

しかし、結婚相談所も入会するところを間違えるとひどい婚活地獄が待っています。

特に気をつけたいのは、以下の三点。

結婚相談所選びのポイント

・会員数が少ない(そもそも出会える人数が少ないので自分の希望の相手と会える可能性が低くなる)
・運営側のサポートがなくほったらかし(特に異性慣れしていない人にとってはサポートがないと婚活を続けること自体が困難)
・きちんと実績があるかどうか

この3つに当てはまっている結婚相談所は何としても避けねば、自分の貴重な若さとお金を両方とも失ってしまいます。

この3点を踏まえると、パートナーエージェントが最適でしょう。

パートナーエージェントは、上記の三点に関しては以下のようになっています。

  • 会員数約7万3千人
  • コンシェルジュがあなただけの婚活プランや紹介文作成、お見合いの日程調整などを担当。また、婚活をしていて感じる不安や悩みをいつでも相談可能。
  • 成婚率と婚姻率№1(他社成婚率の約2.3倍、そして一般成婚率換算と比較するなら4.5倍)

成婚率No.1の結婚相談所に資料請求する>

特に、パートナーエージェントのコンシャルジュのサポートには定評があり、コンシェルジュのサポートのおかげで婚活を成功させれらたという声も。

さらに、他にもパートナーエージェントには以下の様な実績があります。

  • ・3カ月以内でのデート実施率95.9%(紹介開始から3ヵ月でお見合いが成立した全会員比率。2020年4月調査(2019年1月~2019年12月の1年間の入会者実績) 3ヵ月以内での中途退会者及び再入会者を含まない実績
  • 成婚退会で一番多い期間は4カ月(2019年4月~2020年3月の成婚退会者実績)
  • ・入会から一年以内の交際率93.1%( 2018年4月~2019年3月の入会者実績。1年以内での中途退会者及び再入会者を含まない実績。)

そして、さらにパートナーエージェントでは、コミュケーション学の権威と共同開発したという独自のEQ診断とAI技術の導入で理想の相手を見つけるサポートも充実。

成婚率No.1の結婚相談所に資料請求する>

パートナーエージェントを利用して成婚されている方は沢山います。

その年齢層も実に幅広いです。

詳しい成婚とその過程の体験談については以下のサイトを参照。

https://www.p-a.jp/introduce/happyreport/

本気で結婚したいなら行動しない事にははじまりません。

じっとしている間にもどんどん年を取って婚活は不利になっていくのでいち早く行動あるのみ!

まずは無料の資料請求から!!

※無理な勧誘は一切ありません。

成婚率No.1の結婚相談所に資料請求する

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事