※当記事はアフィリエイト広告を利用しています。

モテる人ほど自分の恋人をアクセサリーのように思いがちである

「彼氏・彼女をアクセサリー扱いしている人」と聞けば、「とんでもない奴だ」と思いますよね?ただ実は、わたしが観察する限り、「モテる人ほど自分の恋人をアクセサリー扱いする傾向にある」と思います。その理由は、以下の通り。

モテる人ほど恋人をアクセサリー扱いする事が多い理由
  • 外向性が高い
  • モテるため一人に固執する必要がない
  • 情緒不安定で承認欲求が強い(特に女性)

今回は、「なぜモテる人ほど恋人をアクセサリー感覚でとらえる人が多いのか」や「内面を大事にしてもらいたいならすべきこと」について述べていきたいと思う所存。では、ゆるりとおおくりします。

真面目に結婚を目的として活動する」つもりなら「結婚を真面目に考える人が集まる結婚相談所に入会して婚活する」のが最適解。

結婚相談所であれば、経歴や年収を意図的に盛ることはできませんし、写真詐欺、既婚者が紛れ込むリスクもあり得ません。

結婚相談所の中でも特に、パートナーエージェントは以下の点で他の結婚相談所を圧倒しています。

  • 会員数約7万3千人
  • コンシェルジュがあなただけの婚活プランや紹介文作成、お見合いの日程調整などを担当。また、婚活をしていて感じる不安や悩みをいつでも相談可能。
  • 成婚率と婚姻率NO1(他社成婚率の約2.3倍、そして一般成婚率換算比較4.5倍)
  • コミュケーション学の権威と共同開発した独自EQ診断とAI技術の導入によるサポート
  • 3カ月以内でのデート実施率95.9%
  • 入会から一年以内の交際率93.1%
  • 成婚退会で一番多い期間は4カ月

真剣に婚活するために結婚相談所に入ることを検討しているなら、まずはパートナーエージェントに資料請求をしてみて下さい。(もちろん、無理な勧誘はありません)。

スポンサーリンク

恋人をアクセサリー感覚でとらえる人とはどんな人か?

恋人をアクセサリー感覚でとらえる人とはどんな人か?
名無しの猫氏
恋人をアクセサリーでとらえている人って何を考えているん?
ぐれん
恋人をアクセサリー感覚でとらえている人は、恋人を「自分のブランディングのための道具」として考えているんやで。

「恋人をアクセサリー感覚でとらえる人」とは、端的に言うと「恋人を自身のブランディングのための道具である」と思っている人の事です。

具体的には以下のような事を考える人達の事を指します。

恋人をアクセサリー感覚でとらえる人の例
  • 彼氏・彼女がいる事を他者に見せつけることによって、自分がいかに需要のある存在化をアピールしたがる人

  • 彼女(彼氏)が太ってきたことに対して、「やせろ、そんなんでわたしの隣を歩いてほしくない!」等と言いしきりに痩せることを促す

  • 恋人がダサい服装をしていることに耐えられず、それだけで別れることを決意する

  • 恋人を選ぶ基準が、「他人に自慢できるかどうか(外見、年収、肩書など)」で徹底している

恋人をアクセサリー感覚でとらえている人は、「その人と付き合っていることによって自分の他人からの評価が上がるかどうか」が一番重要なんですね。

程度の差こそあれ多少は誰しもパートナーに対してこのようなアクセサリー的なとらえ方をしているものですが、それが過度になっているのが問題なのです。

アクセサリー的な見方の強い人は、目に見えにくい内面的な部分は、「大して重要だと思っていない」とも言えます。

ぐれん
恋人をアクセサリー的な感覚でとらえる人ってやっぱあかんわ。

彼ら彼女らは何を置いても「他人から見てうらやましいと思われるような要素を持っているかどうか」に関心があるわけです。

他人に誇れるような要素をもっていたり、自分の「他人からこう見られたい」という願望をかなえてくれない相手とは、付き合う価値もないしむしろ少しでも一緒にいたくないというのがこの手の人と言っていいでしょう。

ポイント

アクセサリー感覚で恋人をとらえる人は、「恋人を自分のブランドィングの道具」として考えている。

モテる人ほど恋人をアクセサリー扱いする理由

モテる人ほど恋人をアクセサリー扱いする理由
名無しの猫氏
モテる人ほど恋人をアクセサリー扱いする人って、なんで恋人を「自己ブランディングの道具」みたいにとらえるん?
ぐれん
その理由は、彼らの性格を考えてみるとわかってくるで

わたしが、これまで観測してきた限り、モテる男女ほど「恋人をアクセサリー感覚でとらえている人」の割合はかなり高いように感じます。

しかも、これは心理学的にもそこまで間違っているわけではないんですよね。

わたしがそう感じる根拠は以下の通り。

モテる男女ほど恋人をアクセサリー感覚でとらえる理由
  • 外向性が高い
  • モテるため一人に固執する必要がない
  • 情緒不安定で承認欲求が強い(特に女性)

以下、順次補足です。

・外向性が高い

モテる人は、外向性が高めです。これは心理学的にも妥当な事であり、逆に内向度が高い(厳密には内向的な行動ではある)とモテません。

なぜ、外向性が高い人がモテるかと言えば、それは以下のような理由からです。

外向性の高い人がモテる理由
  • 感情表現が豊かで分かりやすい

  • 思考がいい意味で大雑把で細かい事に一々うるさくない

  • 人といると徐々に元気になるので、テンションが基本高め

  • 外的刺激で疲れにくく社交的である

特に、男性の場合は、ここに「何があっても動じない図太さ」みたいなものが加わると格段にモテるようになります。例えて言うなら、ヤンキー的な感じの自己主張が強く図太い感じの人間を想像していただければいいかと。

一方、現代において女性は「ただ女性である」と言うだけで受け身でも勝手にモテてしまうのですが、外向的で積極的な性格であればなおさらモテます。

ただ、こうした外向度が高めの人たちは、「自分の内的世界よりも自分を取り巻く外的世界に対して強い関心がある」ので、承認欲求がつよくなりがちです。

なので、外向度が高い人は、何につけても「他人から見たら自分はどうなんだろうか?」といった「見え方」を気にしがち。この思考様式が恋人選びにも影響を与える可能性は大いにあります。

このように「外からの評価」に重きを置くと結果的に、「恋人は自己ブランディングの道具である」という思考が完成されることになるわけですよ、本人は無意識かもしれませんが。

・モテるため一人に固執する必要がない

モテる人は、別れてもまたすぐに付き合う相手を獲得することができます。そのために、特定の相手に固執する必要がないので、不満があればすぐに別れて次の相手に切り替えれば済むと思いがちです。

どこの誰が言ったかはよく分かりませんが、「女性にとって男なんてアクセサリーのようなもの」といった迷言??のようなものがあるそうですが、これもまさに「モテるから特定の相手に固執する必要はない」といった心理をよく表しています。

ポイント

現代において、女性は女性というだけでそもそものモテ度がとんでもないので(特に若くて顔面偏差値が高いとなれば無双、まさに敵なし)、女性ほど男性をアクセサリー扱いしやすいといえそうである。

これは女性の場合ですが、この心理は当然ながら男性の場合でも当てはまりますよね。

モテる人にとって、一つ一つの出会いは非モテと違ってそこまで貴重ではないので、大事にする気持ちがあまりないこともしばしばです

「替えなんていくらでもきく」といった気持があるから、自分にとってよりいい条件の相手が見つかればすぐに鞍替えするわけです。

ちなみに、少々余談ですが、「イケメンと美人ほど誰かと付き合っている時に限って浮気をしやすくなる」なんていう研究が存在していたりします。もはや、美形に一途を期待してはいけないのかもしれませんね、、、、知らんけど。

・情緒不安定で承認欲求が強い(特に女性)

情緒があまり安定しない人、もっと具体的にいうと「自分に本質的な意味で自信がない、自尊心の低い人」というのは意外とモテたりします。特に、メンタルが弱めの女性は、男性の庇護欲を刺激するため大分モテますね。

情緒が不安定で自分に自信がない人の中には、他人の関心を引くための策略にたけている人がままおり、こうした人はあの手この手で人の歓心を得ようとするのでモテてしまうんです(取り繕うのがうまいともいえる)。

そして、男性はメンタルが強く何事にも動じない人の方がモテる傾向にあるのは確かなのですが、情緒が安定しない人であっても「急にキレたと思ったら急に気が変わってすぐ優しくしてくる」みたいな気性の変化の激しい男性はモテる傾向にあるんですね。

事実、世の中にはいわゆるDV男と恋愛関係にある女性は非常に多いですし、さらに言えば、そのようなDV男の容姿がさえない場合もままあります。こんなにも世の中にダメンズの悪口があふれているのは、「そういったダメンズが女性にモテてしまっている事の裏返し」なんですね。

こうした、「相手の心理を揺さぶり翻弄する」と言う事を意識的無意識的をとわず行うのは、恋愛における依存度の強化という意味で実に理にかなっています。

こうしたモテる男女は、自分自身に本質的な意味で自信がないため、「自分の自信のなさを恋人の肩書や容姿の良さ」といった客観的に分かりやすいもので自身の自信を補おうとするわけです。さながら、「自分を金持ちに見せたいから借金してでもシャネルのバーキンを買う」みたいな心理というわけですな。

「本能より理性の声を聴く事」を意識しないと不幸になりかねない

「本能より理性の声を聴く事」を意識しない不幸になりかねない

モテる人ほど、恋人をアクセサリーのようにとらえる傾向にありますが、そのようなスタンスでいて「果たして幸せになれるのか?」というとはなはだ疑問です。

いつまでもアクセサリー感覚でいては、相手に飽きたら捨ててまた新しい相手と付き合ってを繰り返すので、一向に関係が安定しません。

ハーバード発達研究では、「人生の幸福を左右する最も大きな要素は良好な人間関係(当然安定性も問題になっている)」と結論していますから、飽きては捨ててを繰り返すのがどれだけ幸せからほど遠いかという話です。

モテること自体は、いい事でしょう。色んな相手と付き合うことで、次第に自分にとって本心からいいと思える相手と付き合える確率が高まります。

※これは最適停止理論によって裏付けられている。

しかし、そうはいっても、いつまでもパートナーをアクセサリー感覚でとらえていては長期的な関係を築くのは困難でしょう。

恋愛は、本能的な行動でありその本質は「繁殖行動」でしかありませんが、長期的関係の代表例である結婚に関していえば「本能よりも理性優先の行動」です。

長期的な関係を築くことを考えたら、本能よりも理性の声をよく聞く必要があります。もっと具体的に言うなら、相手の内面を「与え与えられのバランスをきちんと取ろうとするような人かどうか」という視点からみることがおすすめです。

通常、人は「相手に親切にされたらそれと同程度ないし少し上乗せして親切を返したい」と思うものであり、そのような心理を持つ人とは長期的な関係を築けます。

しかし、これが傲慢な人になってくると、「わたしは、これくらいの親切などされた当たり前だ」と他人の親切を無下にするようになってくるものこんな人と長期的に仲良くしていくことなど不可能です。

そのため、モテる男性は結婚には向いておらず、結婚に向いているのはヒモて~ややモテる男性だったりします。

じつは、そういった結婚向きの性格の男性は、結婚相談所に沢山いるので真面目に結婚を考える女性であれば、結婚相談所で婚活するのが最善です。

ただ結婚相談所を選ぶ際は、「実績と紹介可能人数、サポートの手厚さ」の3点から慎重に選ぶ必要があります。

その点、成婚率№1の結婚相談所大手のパートナーエージェントならサポートも手厚いので、かなりおすすめです。

真面目に結婚相手を探している人は、入会するか否かはともかくまずは資料請求だけでもしてみるといいでしょう。資料請求自体は無料ですし無理な勧誘もないので安心です。

おわりに

この記事は「モテる人ほど自分の恋人をアクセサリーのように思いがちである」と題しておおくりしました。

モテる人ほど恋人の事をアクセサリーのようにとらえる傾向はあるでしょう。それというのも、彼ら彼女らは「他者から自分がどうみられるか」や「他者にどうやって自分の見られたいような自分としてみられるようにできるか」に執心する傾向があるからです。

アクセサリー感覚で恋人をとらえていては、関係が長続きしないでしょうから、なるべく理性的に恋人との関係をとらえたいものですね。

では!

参考記事等

スポンサーリンク
職場がブラックすぎると退職もままならない

あまりに労働環境が悪く過労死が脳裏をよぎる過酷で劣悪な職場、その割に大した給与はない、、、そんな職場はさっさと辞め転職するが賢明ですよね?

しかし、いざ転職先が決まってもブラック企業はあなたの退職届を受理してくれるとは限らず、強行すれば転職先にありもしないあなたの悪行を吹き込むといった嫌がらせをする危険も、、、。

そんな心配をお持ちの人は、東京都労働委員会から認証済みの法適合の労働組合である日本労働産業ユニオン運営の退職代行【TORIKESHI(トリケシ)】を利用すれば費用が安価で即日退職可能で最善。

もし退職できなければ全額返金保証があるのも安心。退職交渉に関して悩んでいるのであれば無料相談だけでもしてみると活路が見えるはず。嫌な職場から解放されて快適な職場へ行きましょう!

          ╲全額返金保証・即日退職可能╱          

相談無料・ラインでOK業界最安値

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事