「30代からの終活」人生なんてあっという間に終わるから備えておこう

今回は以下の様な方に向けておおくりします。

こんな人が読むと役に立つよ

・30代から終活を始めてみようかと思っている人
・どうもこのまま生きていっても楽しい事がある気がしない人
・話しのネタが欲しい人等

オニギリス!

脱マンネリストで心理カウンセラーのオニギリです!

今回もよろしゅう!!

今回の話題は「「30代からの終活」人生なんてあっという間に終わるから備えておこう」という話です。

終活と言うと、あなたは「そんなの高齢者が考える事でしょ?」と思うはずです。

でも、今は実感がわかないわたし達も気が付いた時にはすっかり年老いて身近に死神の影を感じる事となるでしょう。

そのころになって、「適当に生きてきたな、一体何のための人生だったのか」なんて言ってももう遅いのです。

ただ絶望して死んでいくだけでしょう。

そうした、「何となく死んでいく悲劇」を防ぐためには、事前にある程度人生の逆算をしていく事が重要だと思うんですね。

なるべく30代までには今後の人生の方向性を決めておきたいものです。

ちなみに、本記事と合わせて「死ぬ前に後悔すること5選」の記事も見ておくと参考になるでしょう。

では、ゆるりとおおくりします。

スポンサーリンク

終活とは何か?

終活とは、文字通り「人生の終わりのための活動」の事です。

一般に、終活は高齢の方が行うものとされており、具体的には身辺整理や財産の相続計画、葬儀や墓の準備等といったものを行うとされています。

そして、心理面からの終活の目的には

「人生の最期を考える事により今をより有意義に過ごす事」

があるとされているようです。

終活は、わたしの主戦場であるアクセプタンス&コミットメントセラピーの文脈でいうなら、「葬式のメタファー」と同様の機能があると考えられます。

※葬式のメタファーとは、自分の葬式にどんな人たちが参列しどう評されているかを考えるというエクササイズ。これによって自分がどう生きたいかの指針の大枠がある程度はっきりする。

終活は、人生の方向性を明確にするという意味では年齢の高低を問わず有用なものであるといえるでしょう。

30代から終活を始める事で「人生は逆算」できる

30代とは、年寄りというにはいささか早すぎるが若いとも言い難い実に微妙な年代です。

この年代の人は、ある程度自分自身のできる事や自分の限界というものが見えてきていると思います。

そのため、「このまま順当に当り障りなく人生が進んでいったらどんな風になるか」といった予想はある程度つくようになってきているかと思うんです。

※もっとも人による。

そうすると、多くの場合「なんか、詰まんない人生になりそうだな」とか「なんかたかが知れているな」なんて思うかもしれません。

シンプルに言って、自分の人生に可能性を感じなくなってくるという事です。

そこに人によりますが体力の低下等が重なってくると、「どんどん衰えてこれ以上の飛躍なんてない」という絶望的な気分になってくるでしょう。

こうした思考からウツっぽくなる事を発達心理学では、「中年の危機」と呼びます。

中年の危機に向き合わずにいると、ウツ状態が悪化するなどの危険があるためきちんと向き合っていく必要があるのです。

この危機から脱するためには、十分な睡眠をとったりメンタル面を健康にする対策を各自とる、生きがいを見つける等といった対策が有効と言われたりしています。

今回取り上げた終活もこの「生きがいの獲得」に一役買う可能性があるのです。

終活のメジャーな方法には、「エンデイングノートをつける」というものがありますが、今回わたしが提案したいのはもっとシンプルなものになります。

※エンデイングノートとは、家族などに伝えておきたい情報や希望等を書いておくノートの事。具体的には、自分自身の事(重要書類の保管場所や本籍、生年月日等)や交友関係、資産に関することなどを書いておくという。

わたしが提案したいのは、「とにかくありったけ思うつく限り自分がやりたいことを書き出してみる」という事です。

そうですね、、、1000個くらい書き出すとかがいいでしょう。

さすがにそこまで書き出すといろんなものがあると思いますが、現状で自分がやってみたいことのかなりの部分が出てくると思います。

そうしたら、現実に可能そうなもの順に優先順位をつけ、時間がかかりそうなものは実行計画を軽く立ててみるのがいいです。

そして、優先順位等をつけたら少しずつでも実践していくといいでしょう。

そして、あとは自分の大事にしたい価値を見つけることも重要ですね。

価値については以下参照。

現在独身、または独身で行くと決めている人は絶対に早くから終活した方がいい

30代で独身、ないし独身で生きていくと決意している人に関しては、絶対に終活を始めた方がいいと思っています。

というのも、30代ともなると先ほども言ったように自分の限界値がソコソコ見えてきたりするなどして自分の人生の方向性に迷い始めてきたりするでしょう。

特に、独身の人は自分一人でいる時間が長いのでどうしても自分に対して意識が向かいやすくなるため、こうした状態に陥り自分を見失いやすくなるといえます。

そのため、独身の人は一度ここで自分の人生の方向性をはっきりさせておかないと後々うつに近い状態に陥る事態が起こるのではないかと思うのです。

特に、重要視したいのは、この先付き合っていく友人を何としても確保する事。

最近になって、結婚の幸福度に対して果たす役割が明らかになってきました。

実子を設けやすくなるという利点以外の結婚の利点とは、「安定した人間関係の確保」です。

つまり、結婚することで孤立するからくる孤独感を回避することができるというわけですね。

なので、結婚をせずとも安定していつでもつながれる友人や知人というものが確保できているなら、何も問題はないのです。

独身の人はまずは趣味サークルに属するでも社内の気が合いそうな人とプライベートを共有するでも、SNSで気の合う人を見つけるでもいいので、つながりをしっかり確保することを心してほしいと思います。

あとはペットを飼うのもおすすめですね。

ペットが飼えない人は、感情表現豊かなペットロボットを買うのがいいでしょう。

現状、こうしたロボットで一番感情表現が多彩で生命感が豊かなのは、家族型ロボットのラボットだと思いますので、気になる人は以下の記事から詳細をチェックしてみて下さい。

なお犬派の人には、アイボが向いているでしょうね。

おわりに

この記事は「「30代からの終活」人生なんてあっという間に終わるから備えておこう」と題しておおくりしました。

30代は、年寄りというには少し早すぎるがかといって若いというのも少し違うような微妙な年代です。

この年代になると自分の可能性というものもある程度見えてくる人が多いでしょう。

そんな状態で独身となると、どうしても自分にばかり意識が向きやすくなるため、今後の人生の方向性を一度しっかりと考え逆算的にやるべきことなどを洗い出してみると必要があると思います。

ま、そもそも人間なんていつ死ぬかなんてわからないですが、なるべく死ぬときの後悔は少なくしておきたいですよね。

ま、そんな感じ。

では!

参考記事等

「祈るな!祈れば手がふさがる!」祈る暇があるなら具体的に行動だ!

スポンサーリンク
ストレスの扱いに困っている人注目!

あなたは以下の様な事に悩んでいませんか?

こんなことに悩んでいませんか?

  • ・自分に自信が持てない
  • ・もっと人と話すのが上手くなったらいいのに
  • ・自分がなんのために生きているのかよくわからなくなってきた
  • ・自分に合ったストレスの解消法がわからない
  • ・とにかく愚痴を言ってスッキリしたいけど、誰も聞いてくれる人がいない
  • ・繊細な心の扱いに困っている
  • ・他人にいいたいけど言ったらひかれるような独特の感情や考えを自分だけで抱えていてどうにもつらくもどかしい
  • 明るい性格になりたいと思っているけど中々なれない

もしあなたが上記のような事に悩んでいるのなら、お力になれると思います。

悩みが深まると、自分では自分の事が見えなくなってしまうものです。

自分を変えるのは自分でしかないですが、第三者との対話を通し自分の内にあるこれまで気が付かなった側面や思考といったものに気が付けたりします。

その気づきが思わぬ突破口となって人生を変えていく事はしばしばです。

わたしのカウンセリングはそのような気づきのきっかけの提示やそれを促進する提案をして、あくまでもあなたが自身の持つ力を最大化することを手助けするものです。

これは、あなたにはもとより強く生き抜く生命力が備わっているからこそのもの。

あなたは決して弱くはない。

自らのもとよりもつ強さや長所に気づいてください。

何も卑下することはありません。

ただ今、土日の16:00~21:00の間でカウンセリングを実施しております。

オニギリのカウンセリングの料金等の詳細についてはこちら。

なお、カウンセリング予約は当ブログのコンタクトフォーム公式ラインの方からお願いします。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事