受動的攻撃性(パッシブアグレッシブ)とは?サボり魔や知らんふりは怒りのサイン。
スポンサーリンク

「わたしの部署には問題児が二人いる。一人は大事な情報を部署の全員に共有することはしないし、人の目を盗んでは仕事をさぼってネットサーフィンしてる、、、そんなやつ。そして、もう一人はなぜか仕事上の命令とかを本当によく知らんふりする、、、。なんなんだ、あいつらは、、、ふざけやがって!何をしに会社に来ているんだ!!」

あー、そうだなあ、、、、それってもしかして怒りの表明なんじゃ、、、、。

オニギリス!

脱マンネリストのオニギリです!

今回もよろしゅう!!

今回の話題は「受動的攻撃性」についてです。

あんまり聞きなれない言葉ですね、受動的攻撃性って。

でも、おそらくあなたの職場にもこんな攻撃性を示している人が一定数いるはずです。

例えば、以下みたいなもの。

  • さぼり
  • 知らんふり
  • 情報を共有しない

これらって攻撃行動なんですよ、はっきりとわかりにくいだけで。

今回はこれら受動的攻撃行動にどう対処したらいいのか考えていきたいと思います。

では、ゆるりとおおくりします。

スポンサーリンク

受動攻撃性ってなんぞ??

受動攻撃性ってなんか耳なじみのない言葉ですよね。

さて、どんなものなのでしょうか・

受動攻撃性(パッシブアグレッシブ)がその名称の通り、相手を攻撃しようとする心理であることは容易に想像できるでしょう。

ただ、攻撃の仕方が普通とは違います。

受動的攻撃性による攻撃というのは、ネガティブ感情(怒りや不安等)を相手に直接ぶつけずに、消極的かつネガティブな態度や行動によって表現されます。

例えば以下みたいなものがそうです。

  • 相手を無視する
  • 仕事を遅らせるために意図的に怠ける
  • 気分的に落ち込むことでネガティブな気持ちを伝染させる

はい、一見攻撃って感じはしないですね。

言ってみれば、「何かをしないこと等で嫌がらせをする」ってことですな。

嫌がらせも攻撃って言えますからね。

受動攻撃行動をとる人ってどんな人?

誰でも受動攻撃的行動はしてしまうものです。

しかし、そのような行動をとりやすい人がいます。

さて、では受動的攻撃性による行動、つまり受動攻撃性行動をとりやすい人ってどんな人でしょうか?

その特徴はおおざっぱに言うと、

「いわゆるいい人」

でしょうか?

いわゆるいい人は周りの様子を気にかけて怒りや不満等のネガティブ感情を表現することができず、ため込んでしまう傾向がありますね。

性格分析のビッグファイブでいえば「協調性」が高く「外向性が低い」、つまり内向的な人といえるでしょう。

また、不安の感じやすさを示す項目である「神経症的傾向」が高めである可能性もあるかもそれませんね。

自分の気持ちを抑圧しがちな人ほどそのネガティブ感情が知らぬ間に堆積していき、無意識に受動攻撃的行動をとってしまっていたりします。

まあ、やはり自分の気持ちはある程度素直に表現したほうがいいっていうことですねえ。

受動的攻撃行動をとりやすい人はどうしたらいいのかな?

上記で述べたように、受動性攻撃行動をとりやすいと思われる人は、いわゆるいい人、つまり「内向的で不安を感じやすく協調性の高い人」であろうと思われます。

受動攻撃行動は職場であれば著しく生産性を下げる有害な行動ですし、これがプライベートで行われても人から嫌われる原因になったりするのであまりいいものであるとは言えません。

では、こんな人が受動攻撃行動をとらないようにするにはどんなことに気を付けていったらいいのでしょう?

その対策としては以下のようなものがあると思います。

  • 外向性を身に着ける
  • メンタルを強化する

順次解説していきます。

・外向性を身に着ける

正直な話、本来、内向的な人が外向的になる必要はないです。

しかし、自分の意志や気持ちを人に表明しやすくなるように外向性を身に着けてみるのもいいでしょう。

参考記事等

・メンタルを強化する

不安を感じやすい性格だとメンタルが知らぬ間にネガティブ感情に毒されていたりしますね。

メンタルが強くなれば自然と受動攻撃性は発揮されにくくなるといえるでしょう。

なんといっても、メンタルが強化されれば不安等のネガティブ感情をうまく処理できるようになりますから。

あとは嫌な人や物を上手いことやり過ごすスルースキルを身に着けておくとなおいいですね。

参考記事等

4、受動攻撃性への最大の対処は「傾聴」を通した信頼関係構築

では、あなたが受動攻撃行動をとられた場合はどうしたらいいのでしょうか?

おそらく対処としてはいい振りの人をして攻撃してくるカバートアグレッションに対する対応と似た部分があるといえるでしょう。

その対応に関しては、以下のようなものがあるでしょう。

  • ある限度以上の不当な扱いに対しては屈さないという態度を明らかにする
  • 受動攻撃的行動をとっていることを指摘して、なぜ問題だと思うのかを詳しく話す

、、、などなど、、、

しかしですね、これらはしないならしないに越したことはない対応です。

そもそも人が受動攻撃性を発揮してしまうのは、感じた不安や不満が蓄積してしまうからでした。

ならば、そもそもその人との信頼関係をしっかり作るべく日ごろから、変に相手のことを決めつけたりせずによく話をききコミュニケーションをとっていれば未然に防げるとも言えます。

コミュニケーションにおいては相手の話をしっかり聞くことが何より重要です。

これを傾聴なんて言います。

ちなみに、傾聴は練習しないと身につかない技術です。

この機会にぜひ身に着けてみては、、、?

参考記事等

おわりに

この記事では「受動的攻撃性」について述べました。

受動攻撃行動をとりやすい人の性格は「内向的で不安を感じやすく協調性の高い人」でした。

ですから、受動攻撃行動をとりやすい人は以下のことに気を付けるといいですね。

  • 外向性を身に着ける
  • メンタルを強化する

そして、受動攻撃性を発揮させないためには、日ごろから相手のことを決して決めつけず、話をしっかり聞いてコミュニケーションをしっかりとることが大事です。

そう、信頼関係をしっかり構築するのが何より大事だってことですよ。

そうすれば、攻撃性なんて発揮しないんですね。

では!

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク
おすすめの記事