「ありのままという傲慢」は?ありのままの自分でいられる相手を探す?

今回は以下のような方に向けておおくりします。

こんな人が読むと役に立つよ

・ありのままの自分でいられる相手とはどういう相手なのか気になる人
・世間でよく言われる、「ありのままの自分でいられる相手と結婚すべき」という意見にどうも違和感を感じる人
・話しのネタが欲しい人等

ぐれん
心理カウンセラーのオニギリの中の人、ぐれんです

今回の話題は「「ありのままという傲慢」は?ありのままの自分でいられる相手を探す?」という話です。

よく結婚や恋愛の話題で「ありのままの自分でいられる相手を探そう」見たいな話がありますね。

一見、これって正しそうに思えるんですが、なーんか引っかかるんですよね、、、。

何が引っかかるかっていうと、「そもそもありのままの自分って何よ?」て話です。

これって下手すると、ただ単にわがままが押し通せて自分の言いなりにできる奴隷を見つけましょうって言っているのと何ら変わらなくなるような気がするんですよね。

「そんな都合のいい話あるかよ!」て感じです。

ま、ちょっと極論過ぎる解釈ですが、そうも言えそうな気がしてくるんですよ。

今回は「ありのままの自分でいられる相手を探す」という言葉の問題点とその解決策について考えてみたいと思う次第。

では、ゆるりとおおくりします。

スポンサーリンク

ありのままでいられる相手って何じゃ??

さて、「ありのままの自分」とは何でしょうか??

大体の場合、これは「自然体でいられる」と読み替えた方がよさそうですね。

自然体とは、文字通り「自然な態度」のことなので「無理に相手に合わせようとするなどの力が入っていない状態」と言えるのかもしれません。

特に女性に顕著な気がしますが、好きになった相手の機嫌をうかがいすぎて疲れてしまたり逆にその好意を逆手に取られていい様に扱われたりするなんてことがあるでしょう。

そんな経験をすると、「もう、自分が相手に無理にあわせてばかりの恋愛は疲れるからもっと精神的に安定したい」みたいに思いがち。

そこで、「ありのままでいられる相手と一緒に居たい」という欲求が芽生える訳ですな。

なので、「ありのままの自分でいられる相手」とは「合わせよう合わせようとしなくてもなんか自然とあってしまう」とか「無理に合わせようとしなくても関係が険悪にならない」と言った相手という事になりそうですね。

例えば、趣味が同じで自然と同じようなものをいいと思ってしまうとか、嫌いなものが同じ(多分こっちの方が重要)で知らないうちに共闘してしまうとかそんなものも含まれるでしょう。

まあ、あまり気を使わなくてもいい相手とも言えそうです。

自分の気持ちに正直とか自然体も大事だがそれだけでは破綻する

確かに、自分ばかりが無理をしては恋愛にせよ結婚にせよ時期に関係は破綻します。

しかし、これは相手も同じであることを忘れてはいけません。

勝手な主観ですが、「ありのままの自分でいられる相手を探している人」の中にはかなりの割合で、「もっと自分のいう事を聞いてくれる都合のいい人がいないか」という半ばテイカー的な考えをしている人がいる気がします。

つまりですね、こういった人たちは「お互いに気を使わなくても気分良く過ごせる関係」ではなく「自分が気を使わなくなれればそれでいい」を望んでいるわけです。

言い方を極端に悪くすると、「自分につかえてくれる都合のいい奴隷が欲しい」って感じの事を考えているわけですな。

そのせいか、世の中には散々クズのイケメンと破滅的恋愛を繰り返したあげく高学歴でそれなりに収入のある恋愛経験の乏しいフツメンやブサメンと結婚して逃げ切った?人がかなりいるように見受けられます。

これって言い方は悪いですけども、「異性として価値はないがいい寄生先だから結婚して食い扶持を確保しておくか」て感んじにも感じられますなあ。

ま、言い方をクリーンにするなら、「良い父親にはなりそうだよね、異性としては魅力がないから性的にはなんも惹かれないけどさ」て感じです。

こんな感じだと、「夫が妻に嫌われない様に気を使わざるを得ない関係」が出来上がってしまいがちなので、得てして「妻のありのままというわがままを維持するために夫側が無理をし続ける」という歪んだ図式が出来上がることになります。

これって正直人間関係としては不健全もいいとところですよ。

時に、「ありのままでいたい欲求は、傲慢になりえる」んです。

もっとも、こういった夫婦関係ってなんだかんだ表面的にはうまくいっているように見えます。

夫側は完全に不満がたまっているのですがね、、、。

親しき中にも礼儀ありではないですが、関係を健全に維持していきたいならばお互いに配慮というものは必須です。

時にありのままは我がままに転化するので気をつけたいものです。

一番大事なのはお互いの感情を共有する工夫と努力かも

ありのままでいたいのは多分、男女ともに同じはずです。

しかし、お互いが気を使わな過ぎて自分勝手にしていたら関係が崩壊してしまいます。

関係を維持していこうと思ったら、先ほど言ったようにそこにある程度の配慮は必要なんです。

「ありのまま」を「自分がしたいようにできる」と読み替えてはだめで、「相手への配慮が自分にとって無理のない範囲に収まる」と読み替えないといけないんだと思います。

そうでないと、自分が勝手に過ごすために相手がその無配慮分を補うことになりますからね。

ただ、配慮するにしても、「相手の都合」がわからない事にはどうにもなりません。

そこで重要なのが、「お互いの感情の共有」です。

自分が何を思って相手が何を思っているのかは、ちゃんとお互いが知っておくべきなんですね。

「言わなくてもわかるでしょ」なんて暴論は、エスパーではないので通用しません。

ちゃんと、自分が何を感じどういった事を思っているのかについては日々表明したほうがいいです。

例えば、感謝の気持ちはよく「言わなくてもわかるでしょ」とないがしろにされがちですが、これも言わねば伝わらないのでしっかりと伝える必要があります。

感情の共有が適切になされていればこそ、相手への配慮というものが適切になされるのです。

以前の思いやりの記事でいった「相手のニーズをとらえる」という事ですな。

なので、「ありのままでいたいので機嫌とってください」というスタンスは論外で、「自分が相手のために何ができるだろうか?」と言った考え方でいないとねってことですな。

、、、まあ、口で言うほど簡単じゃないんですが、そういう事だと思いますよ。

なお、自分の意見を相手に配慮して伝えるスキルをアサーションと言いますが、以下の書籍を参考にアサーションを身に着けてみるといいと思います。

おわりに

この記事は「「ありのままという傲慢」は?ありのままの自分でいられる相手を探す?」と題しておおくりしました。

よく「ありのままの自分でいられる相手」を恋愛や結婚において探している人がいますが、これはややもすると「都合のいい召使が欲しい」という話になりかねないと思いわれます。

いくら気を使わないでいられたら楽だからと言って、完全に気を使う事を放棄して相手に全て丸投げしていたら時期に関係は崩壊するんですね。

関係を継続していこうと思ったら、ある程度の配慮は不可欠です。

そして、お互いに適切な配慮をするためにはまずその大前提として「お互いの感情をシッカリと共有しておく事」が必須になります。

つまり、相手のニーズを組んでいればこそきちんと配慮ができるのです。

まあ、、、こんな偉そうなこと言ってますけども、本当にお互いの感情を共有するって難しいですよねえ、、、。

うん、至難の業。

精進ですなあ、、、。

では!

参考記事等

沈黙は金雄弁は銀はイギリスの話。日本の場合むしろ「雄弁は金」だよね。

【無料】性格分析はこちら

スポンサーリンク
真面目に結婚を考えているなら結婚相談所は成婚率業界№1のパートナーエージェントで決まり!

社会人になると、とたんに恋愛が難しくなります。

それは出会いの機会が学生時代と比べて極端に減ってしまうからです。

出会いの機会が減ってしまうのは恋愛や結婚をしたいと思っている人にとっては絶望的なまでに致命的。

付き合おうにもそもそも付き合う異性がどこにもいないなんて、、、絶望です。

何とか仕事を覚えようと必死になって日々の仕事に追われ、「気が付いたら家と職場の往復になっていた」なんて人も珍しくないでしょう。

しかも、年を経るごとに一般に職責が重くなって行くので、一向にプライベートの時間を確保できないなんて人も珍しくありません。

家と職場の往復がメインの日常となっては、とてもではありませんが新しい出会いなんて期待できません。

しかし、恋愛も結婚も早ければ早いほど有利。

年齢は1歳違うだけでもその影響ははかり知れません。

例えば、29歳と30歳、39歳と40歳、、、どうでしょう?

きっと、かなりのイメージの差を感じるはずです。

また、各所でいわれている通り、男女問わず35歳以上になると結婚できる確率は極端に減ってしまいます。

※実際、2015年の国税調査で、35歳の男性がその後5年以内に結婚できる確率は20.88%。35歳女性の場合は22.61%というデータが示されている。

35歳なんて仕事に追われていたらあっという間です。

結婚をしたいならゆっくりしている暇はありません。

結婚しないでいいのはすぐに友人を作れるような圧倒的なコミュ力がある人やそもそも人嫌いの人くらいですから、結婚へのタイムリミットは多くの男女にとって大問題です。

一人だけ家にポツンと取り残され誰とも会話をすることのない、心配してくれる家族もいない、そんな老後、、、、あまりにも寂しい。

婚活は早くから始めるに越したことはないです。

そこでとりうる道は3つ。

まず一つは「マッチングアプリを使って相手を探す」という道。

これは一見現代における最適解のようにおもえますが、問題もあります。

その問題とは、男性の場合なら「そもそもマッチングすらしない」とか「ひどい写真詐欺の人にばかり合う」、「異性慣れしていないとデートにいたるまでのやり取りすらできない、デートが上手くいかない」といったもがあるでしょう。

そして、女性ついていえば、「自分は真面目に婚活しているのに遊び目的の人にしか遭遇しない」とか「経歴や年収、写真詐欺をしている人ばかりにあう」、、、などというリスクがあります。

マッチングアプリでまじめに婚活するのはかなり難しいです。

特に、男性に関しては今のマッチングアプリ市場は非常に厳しいです。

マッチングアプリは、見た目を並み以上にした雰囲気イケメン以上が女性からのいいねを独占する場です。

今までロクな恋愛経験がなかったり見た目に特段優れた点のない人が戦える場所ではありません。

写真を見られたその時点で女性にスルーされプロフィールは読まれません。

第二の道は「職場で相手を探す」という道。

職場に異性がいる人は、職場にいる異性と恋愛しそこから結婚に至るという手が残されています。

しかし最近では「告白すること自体がハラスメントだ」等という風潮が出来上がってきているためうかつに職場恋愛もできません。

なにより、職場恋愛は職場にプライベートを持ち込むことになるというリスクがあるので中々難しいものでもあります。

また、これは男女問わずいえることですが、仮に告白に失敗すると自分の居場所がなくなったりして肩身の狭い思いをすることになったりします。

事実、「気になる部下にそれとなく好意を伝えたらセクハラではないかと問いつめられて会社に居場所をなくした」とか、逆に「男性の上司からそれとなく好意を伝えられ断ったが、その後嫌がらせをされて職場をやめざるを得なくなった」等といったトラブルにあった人も実際にもいるそうです。

職場に恋愛を持ち込むことのリスクはかなりのものと言えます。

特に、恋愛や婚活をしたい男性にとっては厳しい世の中です。

そして、第三の道は「結婚相談所を利用する」という道です。

「真面目に結婚を目的として活動する」という事であれば、結婚相談所に入会するのが最適解です。

結婚相談所であれば、経歴や年収を意図的に盛ることはできませんし、写真詐欺も心配ありません。

もちろん、既婚者が紛れ込むこともありませんね。

それにきちんとした結婚相談所であれば、運営の目が光っているため「いわゆる、やり目的なひと」も排除できますからそこも女性としては安心です。

婚活カウンセラーがサポートしてくれるので異性経験がゼロの人でも安心でしょう。

しかし、結婚相談所も入会するところを間違えるとひどい婚活地獄が待っています。

特に気をつけたいのは、以下の三点。

結婚相談所選びのポイント

・会員数が少ない(そもそも出会える人数が少ないので自分の希望の相手と会える可能性が低くなる)
・運営側のサポートがなくほったらかし(特に異性慣れしていない人にとってはサポートがないと婚活を続けること自体が困難)
・きちんと実績があるかどうか

この3つに当てはまっている結婚相談所は何としても避けねば、自分の貴重な若さとお金を両方とも失ってしまいます。

この3点を踏まえると、パートナーエージェントが最適でしょう。

パートナーエージェントは、上記の三点に関しては以下のようになっています。

  • 会員数約7万3千人
  • コンシェルジュがあなただけの婚活プランや紹介文作成、お見合いの日程調整などを担当。また、婚活をしていて感じる不安や悩みをいつでも相談可能。
  • 成婚率と婚姻率№1(他社成婚率の約2.3倍、そして一般成婚率換算と比較するなら4.5倍)

成婚率No.1の結婚相談所に資料請求する>

特に、パートナーエージェントのコンシャルジュのサポートには定評があり、コンシェルジュのサポートのおかげで婚活を成功させれらたという声も。

さらに、他にもパートナーエージェントには以下の様な実績があります。

  • ・3カ月以内でのデート実施率95.9%(紹介開始から3ヵ月でお見合いが成立した全会員比率。2020年4月調査(2019年1月~2019年12月の1年間の入会者実績) 3ヵ月以内での中途退会者及び再入会者を含まない実績
  • 成婚退会で一番多い期間は4カ月(2019年4月~2020年3月の成婚退会者実績)
  • ・入会から一年以内の交際率93.1%( 2018年4月~2019年3月の入会者実績。1年以内での中途退会者及び再入会者を含まない実績。)

そして、さらにパートナーエージェントでは、コミュケーション学の権威と共同開発したという独自のEQ診断とAI技術の導入で理想の相手を見つけるサポートも充実。

成婚率No.1の結婚相談所に資料請求する>

パートナーエージェントを利用して成婚されている方は沢山います。

その年齢層も実に幅広いです。

詳しい成婚とその過程の体験談については以下のサイトを参照。

https://www.p-a.jp/introduce/happyreport/

本気で結婚したいなら行動しない事にははじまりません。

じっとしている間にもどんどん年を取って婚活は不利になっていくのでいち早く行動あるのみ!

まずは無料の資料請求から!!

※無理な勧誘は一切ありません。

成婚率No.1の結婚相談所に資料請求する

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事