最も嫌われる特徴は浮気性ではない。一番結婚したくない特徴は、、、、、。

「浮気性な性格って最低最悪だよねえ。そんなやつとは絶対付き合えないし結婚できないわ、、、、結婚とかマジありえないわ、、、。てか、最悪な性格って絶対浮気性な性格だよね、、、?間違いないよねー。」

ハッハー、それはどうかなあ、、、確かに浮気性ってどう考えても嫌な性格で間違いないけど、それが「最低最悪」とまで断じていいのだろうか、、、、。

オニギリス!

脱マンネリストのオニギリです!

今回もよろしゅう!!

今回の話題は「浮気性よりももてない最高に結婚したくない特徴」についてです。

さて、あなたは最も結婚したくないと思われる特徴って何だと思いますか?

多分、女性だと結構な人が「浮気性こそ最低の特徴」というでしょうね。

しかし、ある研究によると最も結婚したくない性格は、、、、

「怒りっぽい性格」

であるといいます。

まあ、個人的にはめっちゃ納得です、、、、。

怒りっぽい人なんて悪いけど秒で切り捨てたいですね。

特に「不安から怒るタイプは最悪!!」。

まあね、身近にもいるんですよね、、、怒りっぽい性格の人、、、んー、なんていうかね、、、そう、いちいちヒステリックでめんどくさいのです。

単純に騒音なのです。

わたしとしてはただ音としてうるさいだけなので普通の人みたいにメンタルは病んでいませんけど、それだけが救いかな?

、、、さて、わたしのことはともかく、くわしくみていきましょうか。

では、ゆるりとおおくりします。

スポンサーリンク

浮気性より嫌われるのは、、、、

女性としては「モテるパートナーがいるのは鼻が高い」ものではないでしょうか?

とはいえ、モテすぎて浮気ばっかりというのは嫌ですよねえ。

そんなことを考えると、嫌われる性格というと「浮気」の二文字が頭をよぎるところですが、、、、実際は違う可能性があります。

今回取り上げる研究は、モテない人の特徴にはどのようなものがあるかを調べたシドニー大学のものになります。

参考

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26445853

この研究の概要は、精査した結果としてみつかったモテない人の特徴49個をそれらが実際に与える影響力によってランキング化を試みたというものです。

その結果、不名誉な一位を獲得することとなった特徴が「怒りっぽい、ないし口汚い」というものでした。

なお、3位までを列挙すると以下の通り。

  • 1位:怒りっぽい、ないし口汚い
  • 2位:浮気っぽい
  • 3位:信頼できない

結構この結果を見て「え!?意外!」と心中で叫んだ人もいるかもしれませんね。

まさか、あの手ごわそうな「浮気っぽい」を抑えて堂々の一位に「怒りっぽい、ないし口汚い」がランクインしているんですから。

ついでに、彼女彼氏にしたくない人の特徴もどうぞ。

  • 1、不健康
  • 2、臭い
  • 3、不潔

これは予想通りかな?

で上記から、浮気っぽいより怒りっぽい人のほうが一緒にいるのに耐えられないということ、、、、、この結果を見た怒りっぽい独身男子の方、、、息してますか?

もしかしたら、バリバリエリートの人も結構いるとは思いますが、何でも自分の思い通りになると思ったら大間違いです。

ちゃんと相手の感情にも配慮するようにしないと誰からも愛されないし、好かれないかもしれないですぞ。

まさしく、「よき夫」ならぬ「よきATM」となる未来が、くるぅー!?

実は、わたしも昔はめっちゃ切れやすかったのでわかる気がするんです。

切れたくて切れているわけじゃないんですよねえ、、、。

すごくわがままだったりするんでよね(自分はそうだった)、、、。

事実、過去の自分は思惑通りに行かないと怒りどころか、「殺意」を感じていることも稀ではありませんでした。

「殺す」とか「死ね」なんてイヤーな言葉が口癖だった時期もありましたね、、、、黒歴史や、、、、。

まあ、当然ながらこんなこと言って怒っている奴なんて、どんなに頭よかろうがイケメンだろうがね、願い下げってもんでつよ。

わたしが女性なら

「口悪すぎ、、、どんだけぇー!つーか、こんな不快な人は、、まぼろしぃー!」

とかいって反復横跳びしながら全力で地平線の彼方へ逃げ去りますね、ええ、間違いない。

なんなら、嫌いすぎて宇宙までいってそのまま世界で初めて「宇宙の果て」を観測して、世紀の大発見をしてしまうかもね。

はい、ということで、怒りに震える獣になっているあなた!

そう、あなた!

けものフレンズとかいってる場合ではない、そこのあなた。

そんなに怒りっぽいんじゃ多分ほかのフレンズにも相手にしてもらえんよ、、、、ま、しらんけど。

てか、フレンズってなんやっけ、、、?

怒りを制御するべく瞑想を始めてみてはいかがでしょうか?

そして、怒りをうまくコントロールするという意味では、アンガーマネジメントや感情と行動を切り離す方法などもあります。

一応、参考までに置いときますね。

そもそも怒りっぽいのは嫌われるし孤立する

実際問題として、そもそも怒りっぽい人なんて「みんな嫌い」でしょう。

まあ、美人にののしられたいとか言っている特殊な人は除いてね。

例えば、怒りっぽい上司に殺意を持った人は珍しくないでしょう。

実は、日本アンガーマネジメント協会による「怒った時、怒られたときの感情はどれくらい持続するのか」についての調査によると、怒った側は「数分程度」との回答が一番多かったのに対し、怒られたほうは「一年以上」が一番多かったとのこと。

なお、この調査では100人以上の企業に勤める正社員の男女、そしてコールセンター勤務の男女が対象でした。

参考

https://president.jp/articles/-/23212

しかも、怒られた側の5割以上は「パワハラに該当する」と回答し、それに対して怒った側出来にしているのは2割弱だといいます。

さらにさらに、嫌な結果は続くよどこまでも、、、怒られた側の5割弱が「人間関係が回復したか」という問いに「回復していない」と回答し、かたや怒った側は5割弱が「回復した」と回答したという、、、、。

もうね、なんなのかね?

これ悲劇ですよ、本当。

なんかいじめと似ていますねえ、、、したほうに自覚がないっていう、、、、。

あんまし怒ってばかりいると後ろから刺されたりしてね、、、、怖いわあ。

まあ、確かになあなあの関係も良くないですが、極力怒らないほうがいいですよね。

怒ってばかりだとうらまれるわ、嫌われるわ、、、もういいことなーんにもない!

て、ことで怒りっぽい人はきをつけましょうぜ。

人生詰まんなくなっちゃいますよ。

特に職場で怒りっぽい人って完璧主義だったり自分の理想に燃えすぎて自分に厳しすぎる人が結構いると思うんですね。

もっと、自分に優しくしてもっと無理しないで、やすみながらいきましょ?

てことで参考記事置いときます。

怒りっぽいと人ではなく病気にすかれる

ここまでで怒りっぽくていいことはないというのはおわかりいただけたと思います。

そしてっもう一つ悲報!

怒りっぽいと人から嫌われるけど、病気にはめっちゃ好かれます!

怒ると交感神経という自律神経の一種が活発になり、心拍数が増加、血圧上昇、血流悪化、、、いろいろなマイナスが重なり一つ一つの細胞に血液がいきわたらなくなってしまいます。

そして、急激な血圧上昇や心拍数増加は脳出血や脳梗塞、心臓発作をおこずリスクが増加するといいます。

事実、怒りっぽいと心臓発作を起こしやすいなんてデータがあったりします。

ちなみに、自律神経はいったん乱れると3時間は元に戻らないといいますから、怒るのは一瞬でも自律神経の乱れている間は体がむしばまれていますから、怒らないに越したことはないんですねえ。

まあ、できる限り怒らないようにしていきたいものです。

おわりに

この記事では「浮気性よりももてない最高に結婚したくない特徴」について述べました。

浮気性より結婚したくないと女性に思われる特徴は「怒りっぽかったり、口汚い」という特徴でした。

やはり、人間関係の基本ではありますが「人は不快を与える人とは一緒にいたくない」のです。

そう、それが例え親とかでもね。

好かれる人というのは「一緒にいていい気分にしてくれる人」だってことです。

そもそも怒りっぽい性格は人を、不快にするので好かれるわきゃないんですね。

なので、怒りっぽい自覚のある人は良好な人間関係構築のために瞑想やアンガーマネジメント、脱フュージョンするとかして怒りをうまくコントロールしていきましょう。

まあ、大丈夫。

わたしも何とかなったし(だから、なんだよ、とか言われそうですけどね、、、)。

では!

スポンサーリンク
真面目に結婚を考えているなら結婚相談所は成婚率業界№1のパートナーエージェントで決まり!

社会人になると、とたんに恋愛が難しくなります。

それは出会いの機会が学生時代と比べて極端に減ってしまうからです。

出会いの機会が減ってしまうのは恋愛や結婚をしたいと思っている人にとっては絶望的なまでに致命的。

付き合おうにもそもそも付き合う異性がどこにもいないなんて、、、絶望です。

何とか仕事を覚えようと必死になって日々の仕事に追われ、「気が付いたら家と職場の往復になっていた」なんて人も珍しくないでしょう。

しかも、年を経るごとに一般に職責が重くなって行くので、一向にプライベートの時間を確保できないなんて人も珍しくありません。

家と職場の往復がメインの日常となっては、とてもではありませんが新しい出会いなんて期待できません。

しかし、恋愛も結婚も早ければ早いほど有利。

年齢は1歳違うだけでもその影響ははかり知れません。

例えば、29歳と30歳、39歳と40歳、、、どうでしょう?

きっと、かなりのイメージの差を感じるはずです。

また、各所でいわれている通り、男女問わず35歳以上になると結婚できる確率は極端に減ってしまいます。

※実際、2015年の国税調査で、35歳の男性がその後5年以内に結婚できる確率は20.88%。35歳女性の場合は22.61%というデータが示されている。

35歳なんて仕事に追われていたらあっという間です。

結婚をしたいならゆっくりしている暇はありません。

結婚しないでいいのはすぐに友人を作れるような圧倒的なコミュ力がある人やそもそも人嫌いの人くらいですから、結婚へのタイムリミットは多くの男女にとって大問題です。

一人だけ家にポツンと取り残され誰とも会話をすることのない、心配してくれる家族もいない、そんな老後、、、、あまりにも寂しい。

婚活は早くから始めるに越したことはないです。

そこでとりうる道は3つ。

まず一つは「マッチングアプリを使って相手を探す」という道。

これは一見現代における最適解のようにおもえますが、問題もあります。

その問題とは、男性の場合なら「そもそもマッチングすらしない」とか「ひどい写真詐欺の人にばかり合う」、「異性慣れしていないとデートにいたるまでのやり取りすらできない、デートが上手くいかない」といったもがあるでしょう。

そして、女性ついていえば、「自分は真面目に婚活しているのに遊び目的の人にしか遭遇しない」とか「経歴や年収、写真詐欺をしている人ばかりにあう」、、、などというリスクがあります。

マッチングアプリでまじめに婚活するのはかなり難しいです。

特に、男性に関しては今のマッチングアプリ市場は非常に厳しいです。

マッチングアプリは、見た目を並み以上にした雰囲気イケメン以上が女性からのいいねを独占する場です。

今までロクな恋愛経験がなかったり見た目に特段優れた点のない人が戦える場所ではありません。

写真を見られたその時点で女性にスルーされプロフィールは読まれません。

第二の道は「職場で相手を探す」という道。

職場に異性がいる人は、職場にいる異性と恋愛しそこから結婚に至るという手が残されています。

しかし最近では「告白すること自体がハラスメントだ」等という風潮が出来上がってきているためうかつに職場恋愛もできません。

なにより、職場恋愛は職場にプライベートを持ち込むことになるというリスクがあるので中々難しいものでもあります。

また、これは男女問わずいえることですが、仮に告白に失敗すると自分の居場所がなくなったりして肩身の狭い思いをすることになったりします。

事実、「気になる部下にそれとなく好意を伝えたらセクハラではないかと問いつめられて会社に居場所をなくした」とか、逆に「男性の上司からそれとなく好意を伝えられ断ったが、その後嫌がらせをされて職場をやめざるを得なくなった」等といったトラブルにあった人も実際にもいるそうです。

職場に恋愛を持ち込むことのリスクはかなりのものと言えます。

特に、恋愛や婚活をしたい男性にとっては厳しい世の中です。

そして、第三の道は「結婚相談所を利用する」という道です。

「真面目に結婚を目的として活動する」という事であれば、結婚相談所に入会するのが最適解です。

結婚相談所であれば、経歴や年収を意図的に盛ることはできませんし、写真詐欺も心配ありません。

もちろん、既婚者が紛れ込むこともありませんね。

それにきちんとした結婚相談所であれば、運営の目が光っているため「いわゆる、やり目的なひと」も排除できますからそこも女性としては安心です。

婚活カウンセラーがサポートしてくれるので異性経験がゼロの人でも安心でしょう。

しかし、結婚相談所も入会するところを間違えるとひどい婚活地獄が待っています。

特に気をつけたいのは、以下の三点。

結婚相談所選びのポイント

・会員数が少ない(そもそも出会える人数が少ないので自分の希望の相手と会える可能性が低くなる)
・運営側のサポートがなくほったらかし(特に異性慣れしていない人にとってはサポートがないと婚活を続けること自体が困難)
・きちんと実績があるかどうか

この3つに当てはまっている結婚相談所は何としても避けねば、自分の貴重な若さとお金を両方とも失ってしまいます。

この3点を踏まえると、パートナーエージェントが最適でしょう。

パートナーエージェントは、上記の三点に関しては以下のようになっています。

  • 会員数約7万3千人
  • コンシェルジュがあなただけの婚活プランや紹介文作成、お見合いの日程調整などを担当。また、婚活をしていて感じる不安や悩みをいつでも相談可能。
  • 成婚率と婚姻率№1(他社成婚率の約2.3倍、そして一般成婚率換算と比較するなら4.5倍)

成婚率No.1の結婚相談所に資料請求する>

特に、パートナーエージェントのコンシャルジュのサポートには定評があり、コンシェルジュのサポートのおかげで婚活を成功させれらたという声も。

さらに、他にもパートナーエージェントには以下の様な実績があります。

  • ・3カ月以内でのデート実施率95.9%(紹介開始から3ヵ月でお見合いが成立した全会員比率。2020年4月調査(2019年1月~2019年12月の1年間の入会者実績) 3ヵ月以内での中途退会者及び再入会者を含まない実績
  • 成婚退会で一番多い期間は4カ月(2019年4月~2020年3月の成婚退会者実績)
  • ・入会から一年以内の交際率93.1%( 2018年4月~2019年3月の入会者実績。1年以内での中途退会者及び再入会者を含まない実績。)

そして、さらにパートナーエージェントでは、コミュケーション学の権威と共同開発したという独自のEQ診断とAI技術の導入で理想の相手を見つけるサポートも充実。

成婚率No.1の結婚相談所に資料請求する>

パートナーエージェントを利用して成婚されている方は沢山います。

その年齢層も実に幅広いです。

詳しい成婚とその過程の体験談については以下のサイトを参照。

https://www.p-a.jp/introduce/happyreport/

本気で結婚したいなら行動しない事にははじまりません。

じっとしている間にもどんどん年を取って婚活は不利になっていくのでいち早く行動あるのみ!

まずは無料の資料請求から!!

※無理な勧誘は一切ありません。

成婚率No.1の結婚相談所に資料請求する

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事