明日葉青汁ってどんな感じ?含まれる栄養素、効果、味について調べてみた。
スポンサーリンク

「明日葉ってどんな草?てか、野菜?そもそもどんな野菜かしらないんだけど、、、。どうやら、明日葉にも青汁があるっぽい、、、。どんな味、効果がある野菜なのかなあ、、、地味に気になる、、、。」

そうよね、意外と明日葉って聞いたことないよね。

ん?

それとも、ある?

オニギリス!

脱マンネリストのオニギリです!

今回もよろしゅう!!

今回の話題は「明日葉青汁の味や含まれる栄養素、効果にはどんなもんなのか」という話です。

明日葉って聞いたことあります?

実は、わたし、最近までほとんど意識して聞いたことがありませんでした(笑)。

しかもスーパーでもあんまりお目にかかった記憶がないです、、、。

ま、きっと野菜嫌いだから野菜についての知識が乏しいせいでしょうけどね。

んで、今回は明日葉にも青汁があるということで、改めて明日葉の青汁について調査してみた次第。

そうしたら、これがまた健康によさげなんですねえ。

では、ゆるりとおおくりします。

スポンサーリンク

明日葉ってどんな野菜?

明日葉とはセリ科シシドウ属の植物です。

明日葉は日本原産の房総半島、三浦半島、八丈島や大島など伊豆諸島、そして紀伊半島等の暖かい太平洋沿岸部に自生している植物であるとのこと。

そして、明日葉は古来より食用にされ(主に若芽を摘んで食用とされる)、青汁の原料としても有名だといいます。

また、明日葉は古来から薬草として活用もされてきたとのころ。

事実、江戸時代の本草学者である貝原益軒さんが『大和本草』にて、明日葉を八丈島で栽培されている滋養強壮によい薬草として紹介しています。

ちなみに、アシタバ(明日葉)の名は強靱で発育が早く「今日、葉を摘んでも明日には芽が出る」と称されるほど生命力旺盛であることに由来しているそうです。

明日葉に含まれる栄養素

では、明日葉に含まれている栄養素について概観してみましょう。

  • 20種のビタミンやミネラルが含有されている
  • ポリフェノール
  • 食物繊維が豊富

特に、明日葉を語るうえではポリフェノールの存在は外せません。

明日葉に含まれるポリフェノールであるカルコンには脂肪を減少させる効果があるといわれているからです。

参考

http://www.jbsl-net.com/product/chalsap.php

なお、以下のサイトでは明日葉の成分を栄養に優れた13野菜、さやいんげん、かぼちゃ、キャベツ、キュウリ、春菊、セロリ、大根、たまねぎ、トマト、にら、にんじん、ねぎ、ほうれんそうと比較しています。

参考

http://www.ashitaba-lab.com/ashitaba/eiyou.html

その結果、明日葉における含有量が13種類の野菜中トップであった成分は以下の4つであるといいます。

  • 食物繊維
  • リン
  • ナトリウム
  • ビタミンB2

また、明日葉における含有量が上位5位以内であった成分については以下の通り。

  • カロチン(2位)
  • ビタミンA(2位)
  • ビタミンC(2位)
  • カルシウム(3位)
  • カリウム(3位)
  • 鉄分(3位)
  • ビタミンB1(4位)

結構、幅広く栄養素を含んでいますね。

なお、より含有されている栄養素について知りたい人は以下から確認してみてください。

参考

http://www.ashitaba-lab.com/ashitaba/eiyou.html

明日葉青汁に期待できる効果

さて、次に明日葉の効果について見てみましょうか。

明日葉についてはかなり沢山の研究が存在しているようです。

参考

https://www.shionogi-hc.co.jp/wellness/healthy-food/paper/ashitaba.html

はい、実に多いですよねえ。

中でも、カルコンに関する研究は特に注目に値します。

上述したように明日葉に含まれるポリフェノールであるカルコンには、脂肪を減少させる効果があるといわれています。

単に栄養価が豊富であるだけなら明日葉のほかにもモリンガや大麦若葉、ケール等で代用が効くというもの。

しかし、明日葉には上述したカルコンという特徴的な成分が含まれていることから、カルコンの持つ効果の恩恵にあずかろうとするなら青汁として飲む必要性が生まれてくると言えるでしょう(もちろん、生野菜としてとるのがベストだが)。

上記資生堂のサイトに掲載されている諸論文の中にカルコンの抗糖尿病効果について示唆するものがありますね。

参考

https://www.jstage.jst.go.jp/article/nskkk/57/11/57_11_456/_pdf/-char/ja

この研究では人ではなくマウスが対象となっているものの、すでに糖尿病を発症し高血糖を呈しているマウスに明日葉中二豊富に含有されるカルコンである4HDを投与して、血糖値低下作用がみられるかどうかを確認しています(なお、そのほかのカルコンについても確認している)。

その結果、カルコンについて一定の血糖値低下作用があることが示唆されたとしているようです。

明日葉自体をあんまりスーパーとかで見かける気はしませんが、こんなに有益な野菜だったんですね。

正直、わたし、明日葉について今回色々調べてみて結構驚きました。

「こんなに栄養価が高くて有益な野菜だったのか、、、」とね。

なので、あらためて青汁として摂取することはもちろんのこと「サラダとして食べること検討したい」と切に思いました。

うん、明日葉はいいわ。

いい草だわ!

参考記事等

明日葉青汁っておいしいのかな?

毎回毎回、青汁ネタを投下するにあたって味に言及することは避けられませんね。

なんせ、いくら健康に良くともまず過ぎて飲めないとなったら、まず続きませんから。

なので、明日葉青汁の味につて調べてみました。

参考

https://review.rakuten.co.jp/item/1/239915_10000005/cc1h-i04pj-tqn_3_910865067/

あしたば農園.com の八丈島産 明日葉 青汁 純粉末 パウダー に関するレビューを調べてみたところ、星3以上のレビューの総数は全体168件中166件。

その味等に関するポジティブの感想としては以下のようなものがありました。

  • 青臭くない
  • 緑野菜独特の土臭さもあまり感じず微温湯にも溶けやすい
  • 濃い緑色をしているわりにクセがなく飲みやすい

次に、ネガティブな感想です。

  • 大麦若葉青汁より癖がある。後味がほこりっぽい、というか独特
  • 溶けにくいしだまになる

どうやら、明日葉青汁は大麦若葉よりは味に癖がある傾向があるのかもしれません。

溶けやすさに関しては他にもっと溶けやすい青汁があるかもしれませんね。

なんにせよ、明日葉主体の青汁の味に関しては「おそらく大麦若葉主体の者よりは癖がある」と思っておいた方がいいでしょう。

飲む場合は牛乳や豆乳、はちみつ、三温糖等を適宜入れて飲むことをお勧めします。

参考記事等

おわりに

この記事では「明日葉青汁の味や含まれる栄養素、効果にはどんなもんなのか」と題しておおくりしました。

明日葉は栄養価が高い植物です。

そして、明日葉に含まれるポリフェノールであるカルコンに脂肪減少効果があるとされていることから、ダイエットの一助には適しているかもしれませんね。

ただ、味に関しては大麦若葉ほどは飲みやすくないと考えられるので、適宜はちみつや豆乳。牛乳、三温糖等を加えて飲んだほうがいいと思われます。

とはいえ、青汁飲んでるだけで痩せるなんて不可能なんので痩せたいのであれば、しっかり日ごろから運動したほうがいいですねえ。

明日葉青汁とは賢く付き合ってまいりましょう。

では!

参考記事等

スポンサーリンク
おすすめの記事