恋愛が上手くいく人は異性の兄弟姉妹と仲がいい?人は人間関係に影響される。

「恋愛してもわたしすぐに別れちゃうんだよな。つい先日もふられたばかり。先日まで付き合っていた人とは最初、まあそれなりにいい感じだったんどけどさ、、、半年もすると相手とはよくケンカしてたっけな。でも、結婚も視野に入れていたから関係を長続きさせる気満々だった、、、、でもねえ、、、やっぱりだめだったね、、、。なんだかなあ、、、。」

んー、恋愛って難しいねえ、、、。

オニギリス!

脱マンネリスリストのオニギリです!

今回もよろしゅう!!

今回の話題は「異性の兄弟姉妹との仲がいいと恋愛がうまくいくよ」という話です。

今回は以下のような人に向けておおくりします。

こんな人が読むと役に立つよ

女性とコミュニケーションが上手にとれる人がなぜとれるのか知りたい人

はい、実はですね、わたしには妹がいます。

そして、多分中々ないレベルで仲がいいと思っています。

私自身が恋愛が上手いかは自覚がないものの、自分で言うのもやや気が引けるのですが、女性とは何の抵抗もなく話せるし、女性の心理を意識せずとも直感的に何となく理解できます(とはいえ、完璧なんかじゃないよ)。

なので、「恋愛がうまくいく」の定義にもよりますが、女性と上手にコミュニケーションをとり、女性の気分変化を察してその場で適切な行動を取るという事であれば、特に困ってないと思うのでそれなりに納得しました。

むしろ、もしかしたらわたし、感覚的にはオネエの人達に近かったりして、、、ま知らんけど(笑)。

今回はついでに異性の兄弟姉妹がいない、ないしいても仲が良くない人にも恋愛がうまくいくようになる方法をご提示したいと思いマウス。

では、ゆるりとおおくりします。

スポンサーリンク

1、兄弟姉妹と仲がいい人は恋愛上手

どのような兄弟姉妹がいてどんな関係にあるのかというのが、恋愛に影響するという研究が存在しています。

この研究は2015年のペンシルバニア大学の研究です。

参照:Doughty, S. E.et al.(2015). Sibling experiences as predictors of romantic relationship qualities in adolescence

この研究では異性の兄弟姉妹がいる125人の被験者を対象に、その異性の兄弟姉妹との関係を良好さや恋人との関係性について調査しました。

その結果、関係が良好な異性の兄弟姉妹がいた人

ほど恋人との関係が良かったという事が示唆されました。

なお、「異性の兄弟姉妹がいる」という表現についてですが、具体的に言うなら女性であれば兄か弟がいる、男性であれば妹か姉がいるという場合を指します。

ちなみに私の場合はわたし自身の性別は男性で妹がいますね。

2、恋愛上手になるのは「異性への理解が進む」から

では、なぜ「異性の兄弟姉妹がいた方が恋愛がうなくいく」なんて傾向があるのでしょうか?

これについては

「仲の良い異性の兄弟姉妹がいる人ほど異性に対する理解が深まるからではないか」

と言われています。

なお、大人になってからの人間関係より子供のころの人間関係の方が影響は大きいとされています。

この見解について、わたし自身は自分の経験上とても納得がいっています。

わたしはそれこそ小学校くらいからずっと妹の相談相手になってきました。

その中で色々女子同士のいわゆる感情のもつれからくるような「面倒ないざこざ」を沢山耳にし、どうやったら解決できるかなんてことをよく話し合ってきました。

そして、相談に乗るその都度「女性的な感覚からすると何に怒る傾向があるのか」については結構な発見がありましたね。

また、概して表情の変化も男性と比べると女性はハッキリしているものです。

何も言わなくても雰囲気やしぐさ、話し方や目線の動きなんかからも割と「何か言いたいことがあるのでは?何か隠しているのでは?」ということくらいはすぐ察しがついたりします。

まあ、結構な人数の男性が思っているとは思うのですが、『女性は気を使うので自分の本心を明言しない』傾向にあります。

個人的には「その人のその時の雰囲気」や「声のトーン」、「しぐさ」、「表情の自然さ」みたいなものを頼りにした方が本心はわかるような気がしています。

まあ、わたし自身は自分の直感を頼っているので具体的に何を頼りに判断しているかはちょっと明言しかねますがね、、、。

それと私自身ちょっと感性が妹と話すのが長かったせいか女性よりになっている気がします。

かわいいものが好きだったり、綺麗なものも好きですね、かなり。

あとどうでもいいけど、Ikkoさんのノリが好きだったりします。

どんだけえー!ってね。

あの乗りいいよね(笑)。

てか、いわゆるオネエ的ノリが好き。

で、妹との相談に長いこと乗ってきたおかげ?か、むしろわたしは女性の方が話しやすいくらいになってますね、いいんだか悪いんだか分りませんが。

人間ってまわりにいる人間の影響をよく受けてしまうものです。

例えば、友人が太り始めたらあなたも太る可能性があるし(あなたの太る確率が2.81倍になるという研究があるそう)、あなたの身近な人が勉強をがんばり始めるとあなたも集中力が上がるって話。

なので、よく冗談的に言う「バカがうつる」もあながち間違いじゃないんですね。

誰と付き合うかで自分の将来は影響を受けてしまいます。

友人はよく選んで付き合うようにしたいものです。

具体的に言うと、「自分がこんな風になりたい」と思える人と仲良くなるのがいいでしょう。

まだ若い人で異性の兄弟姉妹がいる人は、その関係を大事にして見てください。

将来の恋愛に大いに役立つことでしょう。

3、異性の兄弟姉妹がいなくても大丈夫!

では、異性の兄弟姉妹がいないか、いても関係が完全にぶっ壊れていてどうしようもない人は、恋愛を上手く活かせるにはどうしたらいいのでしょうか?

はい、その答えとして最善のものは

「お互いの友人を共有すること」

です。

例えば、彼氏の友人を彼女に紹介して、化の夜の友人を彼氏に紹介するって話ですね。

こんな風にお互いの人間関係を共有すると二人の関係がその周囲の人間関係に支持されるようになるので、破綻しづらくなります。

そうです、関係が長続きしやすくなるのですね。

そして、これが難しいなら事前の策としては「一緒に映画をみたりする」のがいいでしょう。

映画は映画館でみてもいいし、ユーネクストとかでもいいです。

なおある研究で、映画を一緒に見る習慣のあるカップルの離婚率は、見る習慣のないカップルのそれの半分であるなんてこともいわれていたりします。

そして、最後は「お酒を一緒に飲む」です。

なんでも、お酒を一緒に飲む習慣があるカップルは、一緒にお酒を飲む習慣のないカップルより関係が円満であり長続きする傾向があると言います。

とはいえ、お酒ですので「適量は厳守!」ですよ。

お酒がもとで恋愛関係や夫婦関係が終了するなんて話は山のようにありますから。

少なくとも、ケンカしている時なんかは絶対飲まない方がいいですね。

なんで、適量のお酒で関係が円滑になるのかというと理由があります。

それは「男性はお酒のおかげで共感能力が高まる」からだそうです。

また、女性が魅力的に見えるという効果もあるとか。

まあ、関係がマンネリしている人達には試して損はない方法かもですね。

ま、わたしは飲酒と喫煙は絶対にしないので不可能ですが、、、、まあ、できる人はどうぞ。

あと、最後にもっかい言っておくけど「お酒は適量厳守」です。

あと、参考までに恋愛系の記事おいときます。

参考記事等

「恋愛におけるケンカからの仲直り方法」恋人とケンカしたら効果的に謝ろう!

そもそも恋愛に相性なんて関係ない?恋愛に失敗したくなければ、、、、、

恋愛関係を長続きさせる習慣5選+α。

おわりに

この記事では「異性の兄弟姉妹との仲がいいと恋愛がうまくいくよ」と述べました。

もし、異性の兄弟姉妹がいるのなら、関係を大事にしましょう。

そして、もし異性の兄弟姉妹がいなかったとしても以下を実行してみればオッケーです。

  • お互いの友人同士を共有して見る
  • 定期的に一緒に映画を見るようにする
  • お酒を一緒に飲んでみる

もう一回っておきますけど、お酒は「適度に」です。

量が過ぎたら逆効果だってことはくれぐれも忘れないで下さいね。

では!

スポンサーリンク
真面目に結婚を考えているなら結婚相談所は成婚率業界№1のパートナーエージェントで決まり!

社会人になると、とたんに恋愛が難しくなります。

それは出会いの機会が学生時代と比べて極端に減ってしまうからです。

出会いの機会が減ってしまうのは恋愛や結婚をしたいと思っている人にとっては絶望的なまでに致命的。

付き合おうにもそもそも付き合う異性がどこにもいないなんて、、、絶望です。

何とか仕事を覚えようと必死になって日々の仕事に追われ、「気が付いたら家と職場の往復になっていた」なんて人も珍しくないでしょう。

しかも、年を経るごとに一般に職責が重くなって行くので、一向にプライベートの時間を確保できないなんて人も珍しくありません。

家と職場の往復がメインの日常となっては、とてもではありませんが新しい出会いなんて期待できません。

しかし、恋愛も結婚も早ければ早いほど有利。

年齢は1歳違うだけでもその影響ははかり知れません。

例えば、29歳と30歳、39歳と40歳、、、どうでしょう?

きっと、かなりのイメージの差を感じるはずです。

また、各所でいわれている通り、男女問わず35歳以上になると結婚できる確率は極端に減ってしまいます。

※実際、2015年の国税調査で、35歳の男性がその後5年以内に結婚できる確率は20.88%。35歳女性の場合は22.61%というデータが示されている。

35歳なんて仕事に追われていたらあっという間です。

結婚をしたいならゆっくりしている暇はありません。

結婚しないでいいのはすぐに友人を作れるような圧倒的なコミュ力がある人やそもそも人嫌いの人くらいですから、結婚へのタイムリミットは多くの男女にとって大問題です。

一人だけ家にポツンと取り残され誰とも会話をすることのない、心配してくれる家族もいない、そんな老後、、、、あまりにも寂しい。

婚活は早くから始めるに越したことはないです。

そこでとりうる道は3つ。

まず一つは「マッチングアプリを使って相手を探す」という道。

これは一見現代における最適解のようにおもえますが、問題もあります。

その問題とは、男性の場合なら「そもそもマッチングすらしない」とか「ひどい写真詐欺の人にばかり合う」、「異性慣れしていないとデートにいたるまでのやり取りすらできない、デートが上手くいかない」といったもがあるでしょう。

そして、女性ついていえば、「自分は真面目に婚活しているのに遊び目的の人にしか遭遇しない」とか「経歴や年収、写真詐欺をしている人ばかりにあう」、、、などというリスクがあります。

マッチングアプリでまじめに婚活するのはかなり難しいです。

特に、男性に関しては今のマッチングアプリ市場は非常に厳しいです。

マッチングアプリは、見た目を並み以上にした雰囲気イケメン以上が女性からのいいねを独占する場です。

今までロクな恋愛経験がなかったり見た目に特段優れた点のない人が戦える場所ではありません。

写真を見られたその時点で女性にスルーされプロフィールは読まれません。

第二の道は「職場で相手を探す」という道。

職場に異性がいる人は、職場にいる異性と恋愛しそこから結婚に至るという手が残されています。

しかし最近では「告白すること自体がハラスメントだ」等という風潮が出来上がってきているためうかつに職場恋愛もできません。

なにより、職場恋愛は職場にプライベートを持ち込むことになるというリスクがあるので中々難しいものでもあります。

また、これは男女問わずいえることですが、仮に告白に失敗すると自分の居場所がなくなったりして肩身の狭い思いをすることになったりします。

事実、「気になる部下にそれとなく好意を伝えたらセクハラではないかと問いつめられて会社に居場所をなくした」とか、逆に「男性の上司からそれとなく好意を伝えられ断ったが、その後嫌がらせをされて職場をやめざるを得なくなった」等といったトラブルにあった人も実際にもいるそうです。

職場に恋愛を持ち込むことのリスクはかなりのものと言えます。

特に、恋愛や婚活をしたい男性にとっては厳しい世の中です。

そして、第三の道は「結婚相談所を利用する」という道です。

「真面目に結婚を目的として活動する」という事であれば、結婚相談所に入会するのが最適解です。

結婚相談所であれば、経歴や年収を意図的に盛ることはできませんし、写真詐欺も心配ありません。

もちろん、既婚者が紛れ込むこともありませんね。

それにきちんとした結婚相談所であれば、運営の目が光っているため「いわゆる、やり目的なひと」も排除できますからそこも女性としては安心です。

婚活カウンセラーがサポートしてくれるので異性経験がゼロの人でも安心でしょう。

しかし、結婚相談所も入会するところを間違えるとひどい婚活地獄が待っています。

特に気をつけたいのは、以下の三点。

結婚相談所選びのポイント

・会員数が少ない(そもそも出会える人数が少ないので自分の希望の相手と会える可能性が低くなる)
・運営側のサポートがなくほったらかし(特に異性慣れしていない人にとってはサポートがないと婚活を続けること自体が困難)
・きちんと実績があるかどうか

この3つに当てはまっている結婚相談所は何としても避けねば、自分の貴重な若さとお金を両方とも失ってしまいます。

この3点を踏まえると、パートナーエージェントが最適でしょう。

パートナーエージェントは、上記の三点に関しては以下のようになっています。

  • 会員数約7万3千人
  • コンシェルジュがあなただけの婚活プランや紹介文作成、お見合いの日程調整などを担当。また、婚活をしていて感じる不安や悩みをいつでも相談可能。
  • 成婚率と婚姻率№1(他社成婚率の約2.3倍、そして一般成婚率換算と比較するなら4.5倍)

成婚率No.1の結婚相談所に資料請求する>

特に、パートナーエージェントのコンシャルジュのサポートには定評があり、コンシェルジュのサポートのおかげで婚活を成功させれらたという声も。

さらに、他にもパートナーエージェントには以下の様な実績があります。

  • ・3カ月以内でのデート実施率95.9%(紹介開始から3ヵ月でお見合いが成立した全会員比率。2020年4月調査(2019年1月~2019年12月の1年間の入会者実績) 3ヵ月以内での中途退会者及び再入会者を含まない実績
  • 成婚退会で一番多い期間は4カ月(2019年4月~2020年3月の成婚退会者実績)
  • ・入会から一年以内の交際率93.1%( 2018年4月~2019年3月の入会者実績。1年以内での中途退会者及び再入会者を含まない実績。)

そして、さらにパートナーエージェントでは、コミュケーション学の権威と共同開発したという独自のEQ診断とAI技術の導入で理想の相手を見つけるサポートも充実。

成婚率No.1の結婚相談所に資料請求する>

パートナーエージェントを利用して成婚されている方は沢山います。

その年齢層も実に幅広いです。

詳しい成婚とその過程の体験談については以下のサイトを参照。

https://www.p-a.jp/introduce/happyreport/

本気で結婚したいなら行動しない事にははじまりません。

じっとしている間にもどんどん年を取って婚活は不利になっていくのでいち早く行動あるのみ!

まずは無料の資料請求から!!

※無理な勧誘は一切ありません。

成婚率No.1の結婚相談所に資料請求する

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事