心理カウンセラーがハニホーの恋愛免許証やってみてどの位あたってるか検証してみた

今回は以下の様な方に向けておおくりします。

こんな人が読むと役に立つよ

・話しのネタが欲しい人等
・他人の恋愛免許証の結果が気になる人

ぐれん
心理カウンセラーのおにぎりの中の人 ぐれんです。

今回もよろしゅう!!

今回の話題は「心理カウンセラーがハニホーの恋愛免許証やってみてどの位あたってるか検証してみた」という話です。

はい、もうお分かりの通り今回はネタ記事ですね。

かなり以前から、ツイッターやインスタグラムで恋愛免許証って流行っています。

今回はその恋愛免許証を実際にやってみてどん位当たってんのかなというのを、個人的に検証してみようかと思います。

恋愛免許証は、異性の友達との話題作りにはいいと思うのでやってみるといいかと思う次第。

そして、自分の結婚適性を知りたいなら、婚活EQの方が適切かなと思いますな。

では、ゆるりとおおくりします。

スポンサーリンク

恋愛免許証って何なん??

恋愛免許証とは株式会社番長が運営する診断サイト「ハニホー」が提供している無料の診断サービスです。

今回扱った恋愛免許証の他にも多数の「~免許証」の名を冠する診断が存在しています。

学問的に当たっているか、、、はさておき、中々面白いので友達との話のネタにはなりますよね。

その話題のしやすさからツイッター上ではかなり前から大人気な模様。

実際、色々と診断してみると面白いです。

ただ、一つ難点をあげるとすれば、診断結果の説明文が結構辛辣なんですよねえ、、、。

そこはちょっと気になるところかな?

「ちょ、言い方、、、」てなる文面が沢山ありますねえ、、、。

ワイの恋愛免許証の結果

はい、これがわたしの恋愛免許証をやってみた結果です。

、、、んー、なんか、、、めっちゃ悪口書かれてないですかね??

気のせい?

てか、愛情低くない??

どうしてこうなったん?

まあ、いいとして、この診断結果の説明等についてもあれこれと書かれていました。

それが以下。

・恋愛の短評

狩人ねえ、、、、まあ基本そうかもしれん。

・好き、嫌い

んー、、、なんかなあ、、、ディスられてないか??

まあ、かってに判断しているだけって注意書きあるからいいか。

てか、束縛する人とか重い人がすきな人なんておるんかい?

・恋愛の大分類

、、、男度と女度って何?

素直に疑問。

もしかして、男らしさと女らしさって意味???

・認定された特徴

やっぱそうだよ、、、完全にディスりに来てるって!

・例えると

オオワシ、、、、肉食獣か、、、。

・各種ポイント

うわあ、こまけえ!!

てか、これはほめ過ぎだって。

ほめ過ぎてうさん臭すぎるし。

・その他データ

んー、色々あるけどよくわかんないわあ。

恋愛免許証とビッグ5の結果等と照らし合わせて妥当性を検証してみたぞ

さてさて、なんかハニホーにディスられていた気がすごいしますが、とりあえず気を取り直してわたしのビッグ5の傾向と照らし合わせてみるとしましょう。

私のビッグ5の診断結果については大体以下の様な感じでした。

  • 外向性:かなり高い
  • 神経症的傾向(不安の感じやすさ):かなり低い
  • 協調性:普通
  • 誠実性:高い
  • 開放性(要は好奇心の高さ):かなり高い

参考

さっとこんな感じでした。

では、次にビッグ5をベースにして恋愛免許証で認定された特徴についてそれぞれ検証開始!!

・無責任

責任感はビッグ5的には、、、何になるのかな?

協調性と誠実性かな??

だとしたら、さすがに無責任は言い過ぎでしょう。

ちょっと、無責任は不服ですね。

・キャラ強烈

キャラは多分良くも悪くも強烈というか変わっているでしょうね。

「あたまおかしいww」とか言われることもしばしばなので、、、、まあ好奇心の高さのせいで変な言動が多いのかもしれませんな。

まあ、これは妥当かも。

・モテの極み

全くモテてきた自覚はないので、これはないですね。

ただ、本能的にモテる性格である「外向性と開放性が高くて神経症的傾向が低い」には当てはまっているので、ポテンシャルはあるってことで大丈夫そ?

ダメかね?

・チャラ男

一途かどうかはしらんけど、別にチャラくはないです!!

はい、次。

・うさん臭い

うさん臭い、、、、そうですねえ、、、外向的で物おじしないせいでうさん臭がられることもある気はします、、、。

これは当たりってことでいいかなあ?

、、、かなしい。

・女慣れ

まあ、そもそも妹と昔から仲はいいので女性慣れはしているでしょう。

これは当たっているかな。

・お下品

いや、これは全力で否定する!!

女性の前で下ネタとかはまず基本的に言わないので。

・鬼コミュ力

これは、、まあ職業柄ないと困るなあ、、、。

てことで、「あるといいな」てことで。

・面食い

、、、いや、これもないです。

わたしは自分と同じくらいの見た目なら文句はありませんからね。

まあ、面食いではないですね。

・欠点少ない

いや、私は欠点だらけで欠点の塊ですわ。

これは嘘過ぎる。

・結婚不向き

あー、これは当たり。

多分、わたしは結婚には向いてないですね。

・束縛される

束縛される、、、まあ、追われるタイプの恋愛になってしまった人は経験するのでそんな珍しい事ではないでしょう。

まあ、そんなこともあったなって程度ですが、あるにはありましたねえ。

でも、経験数が少なすぎるので何とも言えないですわ。

特徴のように言われると絶対言いすぎなんですよね。

・素直

どうなんでしょ?

まあ、素直でいるように努めてはいますよね。

まあ、こんなこと自分でいうもんでもないですよな。

・ほめ上手

ほめ上手かはともかく、昔から人のいいところを見つけるのはそこそこうまかった自身があるので、それが上手に言語化できているならほめ上手と評価してくれる人もいるかもしれません。

まあ、人に興味あるからね、良くも悪くも。

ビッグ5的には開放性のおかげって感じですかね。

・適当な交際

適当な交際、、、、これはどうなんだ?

まあ、結婚前提にしないってんなら、、、、まあある程度あたっているんかな??

てか、結婚って何それおいしいの?て感じなんですけどね。

ワイ、子供とかいらんからなあ、、、。

・攻略が上手

まあ、上手かどうかは不明ですが、恋愛って正直以前の記事で述べたように「お互いの魅力で殴りあう戦争」くらいの認識なので、、まあ心理戦ですよね。

なので、姿勢としては攻略で間違いないのでしょう。

ただ、それが上手いかは別ですしわかりません。

・肝が据わる

これは神経症的傾向の低さの事を言っているんでしょうね。

でも、正直なところ、肝が据わっているというよりも「鈍感」の方がしっくりくる感じ。

ふむ、、、全体的に結構外していることもあるけどまあまあ当たっているんかな??

いや、でも全然モテてきた覚えがないので当たっていないかもしれない、、、、。

うん、人並みにしか恋愛経験なんてないから完全に大袈裟だわ。

しらんけど。

とりあえず、恋愛免許証はいい話題作りにはなると思いますな。

おわりに

この記事は「心理カウンセラーがハニホーの恋愛免許証やってみてどの位あたってるか検証してみた」と題しておおくりしました。

今回は完全になネタに振り切った記事でしたが、まあこんなことあってもいいでしょ。

恋愛免許証に限らず、ハニホーの診断サービスは多彩で面白いものが多いので友達との話題作りにはちょうどいいですね。

あと、単にヒマツブシにやってみてもいいですな。

では!

参考記事等

スポンサーリンク
真面目に結婚を考えているなら結婚相談所は成婚率業界№1のパートナーエージェントで決まり!

社会人になると、とたんに恋愛が難しくなります。

それは出会いの機会が学生時代と比べて極端に減ってしまうからです。

出会いの機会が減ってしまうのは恋愛や結婚をしたいと思っている人にとっては絶望的なまでに致命的。

付き合おうにもそもそも付き合う異性がどこにもいないなんて、、、絶望です。

何とか仕事を覚えようと必死になって日々の仕事に追われ、「気が付いたら家と職場の往復になっていた」なんて人も珍しくないでしょう。

しかも、年を経るごとに一般に職責が重くなって行くので、一向にプライベートの時間を確保できないなんて人も珍しくありません。

家と職場の往復がメインの日常となっては、とてもではありませんが新しい出会いなんて期待できません。

しかし、恋愛も結婚も早ければ早いほど有利。

年齢は1歳違うだけでもその影響ははかり知れません。

例えば、29歳と30歳、39歳と40歳、、、どうでしょう?

きっと、かなりのイメージの差を感じるはずです。

また、各所でいわれている通り、男女問わず35歳以上になると結婚できる確率は極端に減ってしまいます。

※実際、2015年の国税調査で、35歳の男性がその後5年以内に結婚できる確率は20.88%。35歳女性の場合は22.61%というデータが示されている。

35歳なんて仕事に追われていたらあっという間です。

結婚をしたいならゆっくりしている暇はありません。

結婚しないでいいのはすぐに友人を作れるような圧倒的なコミュ力がある人やそもそも人嫌いの人くらいですから、結婚へのタイムリミットは多くの男女にとって大問題です。

一人だけ家にポツンと取り残され誰とも会話をすることのない、心配してくれる家族もいない、そんな老後、、、、あまりにも寂しい。

婚活は早くから始めるに越したことはないです。

そこでとりうる道は3つ。

まず一つは「マッチングアプリを使って相手を探す」という道。

これは一見現代における最適解のようにおもえますが、問題もあります。

その問題とは、男性の場合なら「そもそもマッチングすらしない」とか「ひどい写真詐欺の人にばかり合う」、「異性慣れしていないとデートにいたるまでのやり取りすらできない、デートが上手くいかない」といったもがあるでしょう。

そして、女性ついていえば、「自分は真面目に婚活しているのに遊び目的の人にしか遭遇しない」とか「経歴や年収、写真詐欺をしている人ばかりにあう」、、、などというリスクがあります。

マッチングアプリでまじめに婚活するのはかなり難しいです。

特に、男性に関しては今のマッチングアプリ市場は非常に厳しいです。

マッチングアプリは、見た目を並み以上にした雰囲気イケメン以上が女性からのいいねを独占する場です。

今までロクな恋愛経験がなかったり見た目に特段優れた点のない人が戦える場所ではありません。

写真を見られたその時点で女性にスルーされプロフィールは読まれません。

第二の道は「職場で相手を探す」という道。

職場に異性がいる人は、職場にいる異性と恋愛しそこから結婚に至るという手が残されています。

しかし最近では「告白すること自体がハラスメントだ」等という風潮が出来上がってきているためうかつに職場恋愛もできません。

なにより、職場恋愛は職場にプライベートを持ち込むことになるというリスクがあるので中々難しいものでもあります。

また、これは男女問わずいえることですが、仮に告白に失敗すると自分の居場所がなくなったりして肩身の狭い思いをすることになったりします。

事実、「気になる部下にそれとなく好意を伝えたらセクハラではないかと問いつめられて会社に居場所をなくした」とか、逆に「男性の上司からそれとなく好意を伝えられ断ったが、その後嫌がらせをされて職場をやめざるを得なくなった」等といったトラブルにあった人も実際にもいるそうです。

職場に恋愛を持ち込むことのリスクはかなりのものと言えます。

特に、恋愛や婚活をしたい男性にとっては厳しい世の中です。

そして、第三の道は「結婚相談所を利用する」という道です。

「真面目に結婚を目的として活動する」という事であれば、結婚相談所に入会するのが最適解です。

結婚相談所であれば、経歴や年収を意図的に盛ることはできませんし、写真詐欺も心配ありません。

もちろん、既婚者が紛れ込むこともありませんね。

それにきちんとした結婚相談所であれば、運営の目が光っているため「いわゆる、やり目的なひと」も排除できますからそこも女性としては安心です。

婚活カウンセラーがサポートしてくれるので異性経験がゼロの人でも安心でしょう。

しかし、結婚相談所も入会するところを間違えるとひどい婚活地獄が待っています。

特に気をつけたいのは、以下の三点。

結婚相談所選びのポイント

・会員数が少ない(そもそも出会える人数が少ないので自分の希望の相手と会える可能性が低くなる)
・運営側のサポートがなくほったらかし(特に異性慣れしていない人にとってはサポートがないと婚活を続けること自体が困難)
・きちんと実績があるかどうか

この3つに当てはまっている結婚相談所は何としても避けねば、自分の貴重な若さとお金を両方とも失ってしまいます。

この3点を踏まえると、パートナーエージェントが最適でしょう。

パートナーエージェントは、上記の三点に関しては以下のようになっています。

  • 会員数約7万3千人
  • コンシェルジュがあなただけの婚活プランや紹介文作成、お見合いの日程調整などを担当。また、婚活をしていて感じる不安や悩みをいつでも相談可能。
  • 成婚率と婚姻率№1(他社成婚率の約2.3倍、そして一般成婚率換算と比較するなら4.5倍)

成婚率No.1の結婚相談所に資料請求する>

特に、パートナーエージェントのコンシャルジュのサポートには定評があり、コンシェルジュのサポートのおかげで婚活を成功させれらたという声も。

さらに、他にもパートナーエージェントには以下の様な実績があります。

  • ・3カ月以内でのデート実施率95.9%(紹介開始から3ヵ月でお見合いが成立した全会員比率。2020年4月調査(2019年1月~2019年12月の1年間の入会者実績) 3ヵ月以内での中途退会者及び再入会者を含まない実績
  • 成婚退会で一番多い期間は4カ月(2019年4月~2020年3月の成婚退会者実績)
  • ・入会から一年以内の交際率93.1%( 2018年4月~2019年3月の入会者実績。1年以内での中途退会者及び再入会者を含まない実績。)

そして、さらにパートナーエージェントでは、コミュケーション学の権威と共同開発したという独自のEQ診断とAI技術の導入で理想の相手を見つけるサポートも充実。

成婚率No.1の結婚相談所に資料請求する>

パートナーエージェントを利用して成婚されている方は沢山います。

その年齢層も実に幅広いです。

詳しい成婚とその過程の体験談については以下のサイトを参照。

https://www.p-a.jp/introduce/happyreport/

本気で結婚したいなら行動しない事にははじまりません。

じっとしている間にもどんどん年を取って婚活は不利になっていくのでいち早く行動あるのみ!

まずは無料の資料請求から!!

※無理な勧誘は一切ありません。

成婚率No.1の結婚相談所に資料請求する

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事