改めて完璧主義のメンタルへの有害性とその危険性についていいたい。

「わたしの完璧主義の上司が突然体を壊して会社を去った。上司は入社当初からわたしがいつもお世話になってきた大恩人で、自分に厳しくて他人に優しい人だった。、、、とても残念だなあ。上司は人が大変だとすかさず助けに来てくれる一方で、何でも自分で背負ってしまう人だったよなあ。、、、やっぱり、完璧主義になると精神病んでしまうんかな、、、。」

んー、完璧主義はつらいなあ。

オニギリス!

脱マンネリストのオニギリです!

今回もよろしゅう!!

今回の話題は「改めて完璧主義のメンタルへの有害性とその危険性についていいたい」という話です。

完璧主義がよくないということは、以前のセルフコンパッションの記事でも述べました。

今回は改めてその危険性ついて今一度述べてみたいと思います。

もし、完璧主義に陥っている人がいたら早急に完璧主義から脱するのをおすすめしますよ。

ま、いいお節介ですけどね。

では、ゆるりとおおくりします。

スポンサーリンク

完璧主義とはどんなものか?

完璧主義とは

『、万全を期すために努力をし自らに過度に高い目標基準を設定し、自分に厳しい自己評価を課し、他人からの評価を気にする性格』

のこと。

そして、このような性格をしている人は完全主義者といいます。

ただ、心理学者のドン=ハマチェクさんによると完璧主義には2種類あるそうです。

その区別が以下。

  • 「普通」の完璧主義:現実的な基準を自分に課して骨が折れる仕事にも喜びを見出して、ある状況下ではそれほど厳密にならないよう選択することができる
  • 「神経症的な」完璧主義:普通なら達成不可能なレベルのパフォーマンスを自分に要求して、自分の努力に満足せず自分の基準に対して力を抜けない

上記2種類の完璧主義を見るにカギとなるのは思考の硬直具合といえるでしょう。

やはり、いつ何時でも完璧であれるわけでは無いし、そんな努力を続けていけるものではありません。

よく言いませんか?

「仕事ができるほど程よく手抜きができる」と。

はい、やはり完璧主義をいつも徹底するなんて無理な話だし、そもそも徹底しすぎるとむしろ効率悪くなるのかもしれませんねえ、、、。

完璧主義は結構有害

完璧主義には2種類あると先ほど言いましたが、そもそも完璧主義自体が害悪であるという意見を言う研究者がいたりします。

カナダはヨーク大学の心理学者ゴードン=フレット教授は完璧を追い求めることが身体に与える影響について長年研究してきたそうです。

彼はいいます。

「完璧主義にノーマルなものなど実際にはないのではないか?」等と。

彼によると、適応型完璧主義(つまり、状況によっては手抜きできるということ)の人を見てきた結果、ストレスが多くなったりあまり物事の制御が効かない状況に置かれると完璧主義は物事を行う障害になることがあるといいます。

完璧主義は自分がパフォーマンスを発揮するためにならそれなりに有効かもしれません。

「この仕事をなんとしても自分が納得できるような形に仕上げるんだ!」という強い気持ちは仕事への情熱ともいえるものでしょう。

しかし、これは「自分一人だ完結しているから」さして問題にならないだけのことです。

この「仕事に対する完璧を期する姿勢」が例えば自分の部下等にむかったらどうなるでしょうか?

おそらく、このような完璧主義の人は自分と比べて適当にやっている部下をみて「貴様はやる気があるのか!」とか「やる気がないならやめてしまえ!」、「お前みたいな適当な奴に任せておけない!貸せ!俺がやる!」なんて発言をしてしまうこともあるかと思います。

自分自身に完璧さを課すのならまだいいのですが、本来コントロールのしようのない他人にも自分と同じ完璧さを要求しだしたらもう信頼関係なんて破綻しますね。

ですから、完璧主義の人が上司になったりするといわゆる「パワハラ上司」になってしまうことも多いでしょう。

さらに言えば、自分で何もかも背負い込むことにもなりかねないため、自分で勝手に過重労働をすることにもなってしまいます。

そうやって、誰も信用できずに誰にも仕事を割り振れず全部自分で背負い込んでしまうと過労死なんてこともありますから、完璧主義って危険です。

んー、完璧主義ってやはり心に悪そうだねえ。

自分に厳しくするんじゃない!

完璧主義の人は様々な事に対して完璧を期そうとするため、自己批判がつきません。

『ああ、なんで自分はこんなにできないんだ、、、」

『全然、自分の努力が足りない!こんな中途半端はダメだ!』

、、、、なんて。

完璧主義の人は自分に厳しすぎるんです!!

自分に厳しいのではいつになってもメンタルが安定しません。

いつもいつも、自分に対して掛けるのは「お前は全然頑張りが足りない」とか「なんて、ダメな奴なんだ」みたいな批判的な言葉、、、、。

これじゃあ、いつかきっと「もう、わたしは頑張れない、、、」なんて燃え尽きたりする日が訪れるでしょう。

自分に対して掛ける言葉は批判ではなく「励ましの言葉にしてください。

「なんで、お前は、、、」ではなく「うん、よく頑張っている!」にしたほうがいいです。

そして、続けてください。

「お前なら出来る。でえ丈夫だ!」と。

自分をディスるのではなくリスペクト仕手あげませんか?

その方がメンタルを病みません。

さらに完璧主義は人間関係の中で発揮してしまうと、周囲の人も苦しめることにもなってしまうんですね。

これが職場の中で起ころうものなら、人間関係のあっかによって組織の全体ないし一部のパフォーマンスが低下するなんて事態もあるでしょう。

完璧主義って個人にとっても組織にとってもいいもんじゃないってことですな。

自分には思いやりをもって接しましょう。

だめですよ、厳しいのなんて。

参考記事等

おわりに

この記事は「改めて完璧主義のメンタルへの有害性とその危険性についていいたい」と題しておおくりしました。

自分に対して厳しい完璧主義はメンタルに害悪になります。

もっと言えば、自分が所属する組織によっては時に有害ですらあるものです。

完璧主義に陥ってはいつになっても「欠乏感」や「飢餓感」から解放されないため、人生はいばらの道となるでしょう。

人はどこまで行っても不完全な存在なのですから、できないことがあって当たり前です。

何かで失敗したときは自分を責めるのではなく、「お前なら出来るぞ!」みたいにエールをおくってあげてください。

批判より励ましが大事です。

では!

スポンサーリンク
楽して稼げる副業はないけれど、ささみサロンなら頑張れば高確率で勝てる道がある

『楽して稼げる副業』

『初月かららくらく月収100万円』

こんな広告文句に目を輝かせる情報弱者の人は世の中に実に多いです。

ただ、きっと、あなたは違うでしょう。

なぜなら、少なくともタイトルの「楽して稼げる副業はない」という言葉を見ても、引き返さずここを見ているのですから。

本当の情報弱者とは「いや、そんなことないさ!きっと楽に稼げる副業はあるもん!」等と楽をしたい気持ちを優先して現実から目を背けます。

そうして、貴重な機会を失い続けることになるという話。

厳しい現実があったとしてそれを「受け入れるか受けれないか」、、、この選択肢のいずれをとるかでその後、「本当に楽な人生をおくれるのか」それとも「今よりもっともっと苦しい思いをするのか」が変わってきます。

そもそも、「楽に稼げる副業」なんてものはこの世にありません。

いわゆる転売や物販にしろ、ブログやアフィエイトにしろ、みなそれなりの金額を稼ぐためにはかなりの作業量と努力が欠かせません。

まして今のネットの状況は、個人がブログやアフィリエイトで記事を上位表示させるのは非常に困難であり、多くのブロガーやアフィリエイターが「もうブログはオワコン」とか「もうアフィリはオワコン」等と嘆き、一時は勢いがあった猛者たちも静かにその姿を消していくあり様。

そして、「初月から云十万円」とのたまう業者の中には、

「物販やブログといった基本的な情報だけしか用意せずそれでたとえ月に数万円でも利益を出したらその実績をもとに基本的な手法を「自分が初月から~で○○万円稼いだ方法」のようにタイトル付けして高値で売れ、そうすれば月数十万円になるから。そしてそれで数十万円稼いだらまたその実績をもとに、、、」

といったグレーゾーンな手法で情報弱者から吸い上げている者もいます。

これは、私が彼らの取る手法を勉強するためにわざと試しに公式ライン登録してみた時に分かったことです。

まあ、誰とは言いませんが。

いずれにせよ、ブログやアフィリエイト、物販などで純粋に稼ぐのは至難の業なんです。

そのうえ最近では、ブログやアフィリエイトは元から「簡単に稼げるような類の副業ではない」のにそのハードさは以前よりはるかに増しています。

でも、「ブログもアフィリエイトもオワコンでは決してない」のです。

それは断言しましょう。

では、なぜそう断言できるのか??

それは

「この悪環境の中にあっても月に数百万単位で稼ぎ続けている凄腕アフィリターが未だにいる」

からです。

しかも、「まぐれ当たりで成功したのではなく数々の挫折を経験してなおネットで勝ち続けている再現性の高い手法を身に着けている本物のアフィリエイター」です。

もはや、アフィリエイターというよりは、総合的なビジネス戦闘力が高い人物といった方が正しいですね。

この悪環境の中、敗退していくアフィリエイトやブログの敗残者達は口々に自分を正当化するためにいうのです、「ブログはオワコン」と。

しかし、「実際に稼ぎ続けている人がいる」という事実がある限り、彼らの発言は結局の所「ただの負け惜しみでしかない」のです。

そんなアフィリエイトの強者の一角がこの白い物体『ささみみりん氏』。

彼は過去にアフィリエイトで「単月1000万」を達成し、その後ブログアフィリエイトでも月に300万を安定して稼ぎ出すなどの実績を持つ凄腕。

また、彼は歴一〇年超のプロであり、現在も研鑽を怠らずアフィリエイトやブログ運営の未来を見据えた新たな戦略も用意しその戦略を惜しみなく自身のサロンにて公開しています。

※この金額は純粋にアフィリエイトで稼いだ金額。

今でも、アフィリエイトやブログでそれなりの大きな額を稼ぐことは全然可能であり、それを彼は体現し、アフィリエイトやブログの運営において再現性の高い手法をサロンにて公開しているのです。

ただ、その手法はどれも世の中に転がる幻想まみれのものとは違い、「非常に現実的で泥臭く厳しいもの」。

もちろん、それぞれの情報は非常に詳細かつ丁寧に整理されていてわかりやすいのですが、「その内容をしっかりと理解したうえで愚直に実践できるか」と言うとかなりハードと言う事です。

ここまで聞いて「はいはい、よくある情報商材屋にありがちなモリモリな実績アピールですねー」と思ったあなたは、素晴らしいです。

その疑い深さがあるからこそこの嘘と真実の入り乱れるネットの情報の奔流にもてあそばれないというもの。

ただ、こうした賢明な人にも弱点があるのを忘れてはいけません。

それは「疑わしいものには触れないという慎重さのあまり1%未満の貴重な真実を取り逃がす可能性がある」と言う事です。

慎重であることも賢明であることも、無用なリスクをとらないために大事な姿勢。

しかし、世の中には「実際に多少のリスクを承知ででも飛び込まないと知りえない真実」と言うものもあり、そうしたごく少数の真実こそ「情報強者だけが知っている価値ある情報」となります。

世の中に渦巻く「ブログ運営に関する小手先の上澄みの様な情報」は、少し賢い人であればすぐに取ってこれますが、「本当に価値ある奥底にある情報」は「リスクを承知で飛び込んだものにしか得られない」のです。

正直、わたしも割と疑い性格なので、世に渦巻くオンラインサロンなどと言う存在に対して、「ただのサロン運営者どもの金づるを量産するためだけの搾取装置にすぎない」といった冷ややかな目を向けていました。

ただ、わたし個人だけでは「どうにも今のいかんともいえない現状(ビジネス全般やこの先のブログ運営の方向性や発展させた後の展望等)の閉塞感を打破できない」という思いが募り、最近になって初めて「誰かに教えを乞う事」をはっきりと意識しました。

そんな時に、先ほど言及した白い物体の存在をユーチューブにてたまたま知ったのです。

https://www.youtube.com/watch?v=zsO2Sa-bDm0

これは感覚的なものになってしまいますが、どうも彼の語り口などから「何やらタダものではない感じ」や「物事に取り組む際の誠実さ」のようなものを感じたので、ささみサロンに試しに入ってみようと思ったのです。

何せ、通常の毎月のサロン会費が3300円(税込み)のところ、初月はSNS登録料の498円(税込み)しかからないと言う事でしたから。

しかも、「いつでもやめていい」。

※ただし、近いうちに4000円台後半への値上げが決まっている。今、入会すれば値上げ後も3300円のままサロンに参加できるので、今が一番コスパがいい。

さらに、ささみサロンに入会すると以下のような特典がもらえます。

7日で覚える「超訳アフィリエイト」

アフィリエイトを全く知らない初心者が、入会後7日間でアフィリエイトで稼ぐ為の基礎を学べる動画カリキュラム

厳選プラグインリスト

今の複雑なGoogleのアルゴリズムに対応するには、wordpressのプラグインのフル活用が必須。

そこで、現役アフィリエイターのささみりん氏が使用する厳選WordPressプラグインリストを公開。

WEB担当者 必携ツールリスト

WEB集客を考えるなら絶対に抑えておきたい「必携のWEB集客分析ツール」をリスト形式でプレゼント。

最短で月収30万円を突破させるロードマップ

今からアフィリエイトを始める人でも、確実に結果を出し、結果が出た後も安定的に結果を出し続けるための再現性の高い方法を公開。

コスパを高める最強の外注戦略

外注ライターにとってはあまりうれしい事ではありませんが、質の高い記事を安く買い叩くスキルはアフィリエイターにとって重要。そこで、ささみりん氏がこれまで実際に試して有効だった「質の良いライターを安く揃える方法」をまとめたレポートをプレゼントします。

最強のASPレントラックスへ登録する権利を付与

7桁8桁といった高額報酬をたたき出すトップアフィリエイター達が活用する高単価案件であふれるASP「レントラックス」への入会権を付与。レントラックスへの登録は、通常レントラックス側に実力を評価されなければ登録できません。かなりの狭き門です。そんなプレミアムなASPレントラックスにサロンメンバー限定でご招待(参加には180日以上の継続参加が条件)。

ささみサロンには、稼ぐために実際に使える強力な武器がそろっているのです。

武器はあります。

あとは、「あなたの気力と行動力」です。

、、、ただ、それだけです。

もし、「ささみサロン役にたたないじゃねえか!」と思ったのであれば、初月のうちに解約すれば「無料でサロンのコンテンツを見れる」と言う事になりますね。

もっとも、コンテンツの総数は1000を優に超えそれぞれが非常に濃いので、一か月程度では到底コンテンツを消化することなどできないですが。

率直に言って、わたしも「入ってみて大して価値がないと思ったらすぐにやめてしまおう」と思っていました。

わたし自身、「効果のないものにかける金をかけるのは死んでも嫌だ」という信条だからです。

ええ、わたしは目的を決めない行動ものぞんだ効果のないものもただただ不快で切り捨てずにはおれないのです。

そんな、偏屈な私ですが、ささみサロンには決して惰性ではなく積極的な理由で何か月も在籍しています。

明確な結果と言えば、まだ紅茶とギターを題材としたブログ「ティーゼンスミス」のpvがサロン入会前

( 2022 年8月あたり)に5000もあったかどうかであったのが最近ついに11000を超えるようになった、とか「自分の特技(ギター)を生かした商材を作って販売しある程度売ることができるようになった」と言うところでしょうか。

ただ、ささみサロンに入ってから全体的に作業が前進し始めたのは確かです。

サロンの情報を得ても実践しない事には、何の効果もないので「お客様感覚」で参加するのは御法度です。

本物の情報があるところ、本物になろうとする意志のある人が来れば「必ずやものになる」と思います。

ただ、「お客様感覚で手取り足取り教えてほしい」という他力本願な人は、きっとものになりません。

まあ、ゴタクはいいでしょう。

自分の生活に経済的余裕をもたらし、ひいては事業主になって会社勤めから脱する、、、そんな希望や野心があるのなら、ささみサロンでともに切磋琢磨しましょう。

それでは賢明なあなたと「ささみサロン」にて会えることを楽しみにしています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事