天涯孤独になったら寂しいし怖いというがそもそも人の存在の本質は孤独じゃね?

今回は以下のような方に向けておおくりします。

こんな人が読むと役に立つよ

・孤独が怖い人
・婚活やめようと思っている人
・独身の人

「もう自分がモテなさすぎてこのままだと将来天涯孤独になって寂しいし孤独死してしまう気がしてきた、、、。ああ、、、もう不安でたえられない!!どうしたらいいんだ!!」

ふぬ、そんなこと思う時期もあるかもな。

でも、人なんてみんな本質的には孤独だと思うけどねえ。

オニギリス!

脱マンネリストのおにぎりです。

今回もよろしゅう!!

今回の話題は「「天涯孤独とか普通」孤独が怖いというがそもそも人の存在の本質は孤独じゃね?」という話です。

最近は、それなりに年がいっても未婚の人が結構増えてきましたねえ。

で、そんな人の中には自分の将来の孤独に思いをはせて暗くなっている人が、かなりの人数いるかもしれません。

まあ、ほんのすこーしだけわからんでもないです。

ただ、そもそも人間の存在は本質的には孤独なのではないかなって思うので、孤独をそれほどまでに恐れることはないと思うんですね。

孤独や死というものを受け入れられたとき、もっと人生は自由で楽しいものになるのではないかなって思ったりします。

そして、孤独を回避するには「人と仲良くなるスキル」さえあれば別に結婚なんてしなくても全く問題ないです。

では、ゆるりとおおくりします。

スポンサーリンク

人生ってそもそも孤独じゃね?

『人は独りで生まれ独りで死んでいく』

そんな気がします。

科学的根拠のない前世のようなあやふやなものをなしに考えれば、わたし達はどの国のどの親の元に生まれるかなんて選択出来ようはずもなく「偶然に独り生まれてきた」のではないでしょうか?

わたし達に生まれる前の記憶なんてありません。

気が付いたらわたし達の中にあるであろう「意識」がこの世界を認識し始め、「自分がこの世界に存在していること」を事実として受け止めて今に至るんじゃないかって思います。

わたし達の存在って本質的には何にもつながりを持たず、「偶然に何の脈絡もなくこの世界に現れたただの一点」にすぎないのだと思うんですな。

だとしたら、わたし達の存在の本質って「孤独」なんじゃないかと思います。

過去にも未来にも何にも一切のつながりなどもたない「ただの一点」です。

そして、死に行くときもそれは同じ。

まさに死は「点が滅する瞬間」。

どんなに徳を積んで、死の間際に大勢の友人知人等々に囲まれていても、死の瞬間にその存在の消滅を受け止めるのは「ほかならぬ自分自身の意識」です。

自分の死は誰も肩代わりできないし、消滅した自分の意識はもう世界を認識することはかなわず、誰とも意思の疎通をとることはかなわないでしょう、、、。

生前の記憶すら滅するのかもしれません。

人の存在って「孤独に始まり孤独に終わる」んじゃないでしょうか?

自分が親友といかに生きている間に親交を深めても、本質的にはお互いの存在と存在が交わることはありません。

いつも、お互いが考えていることなど「本当の意味では分かっていません」し、同じ景色やモノを見ていても「同じ景色やモノを見ていることにはなりません」。

それというのも、それぞれの人にはお互いそれぞれに価値観や感受性等といった様々な点で違いがあるからです。

わたし達は同じ世界に住んでいるのに「同じ世界を見ていない」んですな。

お互いに「全く違う世界を見ている」感じがします。

存在と存在が本当の意味で交わることはないです。

親や兄弟とてそうでしょう。

それぞれが独りで別の世界を生きています。

もし、そうなら孤独とは恐れるものではなく、もはや私たちにとっての本質的なものであり、忌避すべきよりむしろ受け入れたほうがいいものだと思うんです。

心理学では言います。

「不安から目を背ければ背けるほどますます不安になる」と。

ならば、いっそ自分の存在の核心にある「孤独」をしかと真正面から見据えて受け入れてしまえば、孤独に対する不安は減るのではないかと思うのですね。

「死を受け入れて死を友人として生きる」という言い方もできるかもしれません。

孤独は忌み嫌うものではなく、むしろ「愛すべきもの」、、いや「愛すべき自分の存在の本質」なのかもしれません。

そういった意味での「孤独を愛する」というのは必要だと思いますな。

孤独を愛することが自分の存在を愛することにつながる気がします。

詭弁っぽいですけどね。

結婚は孤独回避の有効打ではない

孤独からくる寂しさを回避しようとして結婚という選択肢をとろうとする人も結構いるようですが、正直「寂しさを埋めるために結婚をする」というはいかがなものかって思います。

はっきり言って、それでは根本的な解決策になってない気がするんですね。

結婚したからと言って夫婦仲や子供との仲が悪いなら、家族なんていても孤独感にさいなむし、もし夫婦も年をとったらいずれどちらかが先に死にます。

ま、統計的には男性が先でしょうけどね。

結婚によって孤独問題を解決しようとしている人は、そんな先立たれたときのことも考えているでしょうか?

また、子供がいても子供もじきに自立して親元を離れていきますし、子供と仲良くしていけるかだってコミュニケーション能力等々が試されます。

何もかもが不安定で当てになりません。

孤独からくる寂しさに対処するために結婚するなんて正直、「その場しのぎでしかない賭け」って感じでしょう。

根本的に孤独問題を解決したいのであれば、「見ず知らずの人ともある程度すぐに仲良くなれる社交性」を手に入れることが一番です。

今の時代、社会人サークルにしたってSNSにしたって人との交流のためのツールはそこかしこにあります。

それを活用できるだけの社交性や行動力があれば、孤独に打ちひしがれることなんてありません。

なので事実上、現代では「結婚するメリットはほとんど消失している」といってもいい気がします。

個人の幸福を追求するだけであれば、結婚も子供も不要でしょう。

事実、子供を作ると不幸になるなんて研究もあるようですしね。

寂しさを紛らわすための結婚なんて、今の時代愚策としか言えません。

ちなみに、何か没頭できる趣味や仕事を見つけるのはおすすめです。

没頭しているなら不安になることもないですし。

死や孤独を受け入れたら楽に生きれる

上述したように、人は不安から逃れようとすればするほどに、ますます不安になるものです。

ならば、いっそのこと「人生の終局は死である」とか「人の本質は孤独でありどこまで行っても人と自分の存在が一定以上に交わることはない」ということを心から受け入れて、「自分は自分」として「ある種の自己完結」をしたうえで生きると割と楽に生きられる気がします。

社会の動静で気に病むことは格段に少なくなりますな。

そうすると、「特に死ぬことは怖くない。それは当然のことなのだから」という気持ちになれ、「どうせ死ぬのなら悔いが残らないくらいその日その日を一生懸命に生きよう」みたいに前向きになれそうな気がするんです。

「不安になりたくない」と考える時間こそがますます不安を増大させるので、「不安になりたくないと考えること自体が時間の浪費であり不安の元凶」です。

そんなことしている間に、人生の可能性を無駄にしています。

その悩む時間でもっとやれることはあるんです。

「いつ死んでもいい」という気持ちを持つためには、「いつ死んでもそれなりに納得できるくらい一生懸命にその瞬間を生きる」必要がありますね。

、、、まあ、偉そうなこと言って私もまだまだなんですが(笑)。

ただ、死自体は割と受け入れられている気がします。

まあ実際に死の間際になったら、本能的に拒絶反応を起こしてみっともないのかもわからんけどさ。

そうだったらそれはそれでしゃーないなって感じでいますな。

「いつ死んでも何も気にならない」って気持ちで毎日を生きたいもんです。

世界がどうあろうとも「自分は自分であって一切影響されない」という心境でいたいものですな。

その安定感こそがきっと精神の安定へつながると思うのですわ。

そして、その精神の安定があればこそ、他の人との交流もうまくいくのではないかって思います。

つまり、心境次第で安定して幸福になれるって事じゃないでしょうか?

はやい話、「存在としての孤独を受け入れて自己完結させてしまう」と楽に生きれるって話じゃないかなあ。

ま、知らんけど。

天涯孤独になると一体何が具体的に困るのか?

ここまではあくまでも天涯孤独に関してもっぱら心理的な面から考察を試みてきましたが、今度は現実の生活における問題について考えてみましょう。

天涯孤独になると以下のような現実的な問題が発生するでしょう。

  • 保証人がいない
  • 病気や怪我をした場合に助けてくれる人がいない
  • 老後の面倒を見てくれる人がいない

以下順次捕捉。

保証人がいない

天涯孤独になって一番困るのが「身元保証人がいない事」でしょう。

部屋やお金を借りようとすると、どうしても保証人がいないことがネックになってきます。

また、介護施設に入りたい時などであっても保証人は必要になりますね。

ただ、保証会社などに依頼をして保証人になってもらえば、これらの問題はある程度解決のめどがつくものです。

まあ、「絶対安心!」とはいいきれませんがね。

病気や怪我をした場合に助けてくれる人がいない

天涯孤独だと、病気やけがをして動けなくなってしまった場合でも、全部自分で何とかしないといけなくなってしまいます。

一人暮らしとしていて、「このまま自分は孤独死するのか?」なんて事を思って不安になっている人は結構多いと思いますね。

特に病気になって寝込んでいる時に、この手の恐怖に襲われる人が多いようです。

ただ、これは先ほどから言っている「人は結局もとより孤独な存在である」という基本に立ち返れば、どう死のうが所詮は人間の本質から見れば同じことなので何も悲観することではありません。

「ただ当たり前のことが当たり前に起こったに過ぎない」のです。

何も恐れるような事ではありません。

老後の面倒を見てくれる人がいない

一番ありきたりな心配に、「老後の面倒を見てくれる人がいない」というものがあるでしょう。

しかし、これって子供や孫といった子孫達と仲良くやれていることが大前提の心配です。

上述したように、そもそも家族仲を円満に保ちお互いに信頼関係をきちんと積み上げていかないと、老後の面倒を見て盛られるかなんてわかりません。

実際、世の中には親がいわゆる毒親なので子供が縁を切るなんて事例がままあるものです。

もし、縁を切られないまでも、子供から疎まれていたら逆に老いて発言権がなくなってきた時にどういった仕打ちをされるか分かったものではありません。

「家族であれば絶対に自分を助けてくれる」なんて考えは正直あまいです。

「助けてあげたいと思われるような親でなければ、ぞんざいな扱いを受ける」と考えるのが妥当かと思います。

そもそも、「自分の老後を見てもらいたいから子供や家族が欲しい」という考え方をする時点でロクな思考をしておりません。

これは断言してもいいかなって気がしますね。

ただ、家族を作れば「面倒を見てもらえる可能性がある」のは事実なので、それを頭のほんの隅っこにおいてきちんと家族と向き合って生きていくのもいいのかもしれません。

で、結果的に、家族から慕われて自発的に助けてもらえるような親を目指すならいいのかもしれないですね。

わたしの場合は、老後が来る前にさっさと人生終わりにすると固く決心して生きているので老後問題自体が人生に存在しませんが、大体の人の人生には老後があるでしょうからいちるの望みをかけて家族を作るのもいいかもしれません。

天涯孤独を恐れる人ができる対策

ここまでで記事を終わってもいいのですが、これだとあまりにも具体的な解決策に乏しいため少しばかり天涯孤独への不安への「死を受け入れる」以外の解決策も提示してみたいと思います。

わたしが思う天涯孤独への不安に対する解決策は以下の通り

  • 価値観を共有できるパートナーを探す
  • ロボットペットを買う
  • 社会人サークルやSNSを活用して人とのつながりを確保する

以下順次捕捉です。

価値観を共有できるパートナーを探す

やはり、独り身だと寂しいという人はいるでしょうから、そういった人は何とかパートナーを探すといいでしょう。

ただパートナーの選び方に関しては、あくまでも外見よりも「価値観が合うか」といったような内面的要素を最重要視したほうがいいでしょう。

「何を当たり前のことを」と思われるかもしれませんが、結構この点がなおざりになりやすいからですな。

結婚相手と価値観が合わないという話になると、それこそ一緒にいても苦痛になるので「寂しいのを何とかしたい」というのであれば絶対にここは外せません。

いくら美しいパートナーと結婚しても、いつも心ここにあらずのようで心が通じ合わずすれ違意ばかりしているとなると、結婚しのにもかかわらず寂しいという現象が発生しますからね。

特に「独り身だと寂しいと思う人」に関しては、結婚するなら内面重視の方が間違いなくいいですよ。

内面重視で婚活するなら、結婚相談所よりもブライダルネットの日記機能を活用した婚活の方が価値観の似た者同士で一緒になれるかもしれません。

気になったらやってみるといいでしょう。

ロボットペットを買う

独り身の寂しさを紛らわす最強の方法の一つが、「ペットを飼う事」です。

実際、いぬや猫を飼って結婚に興味がなくなってしまったという男女は世の中にかなりいますからね。

しかし、ペットを飼うのにはいくつか難点があります。

その難点というのが以下。

  • 自分が死んだあとは誰がペットの面倒を見るのか
  • 地味に毎月のえさ代やワクチン代等が大きな負担
  • マンションなどによってはそもそも飼う事ができない
  • ペットに先立たれた場合、とてつもない喪失感に襲われる(ペットロス)

上記の内、わたしは特に「ペットロス」の影響を心配しています。

実際ペットの犬に先立たれてからもう犬が飼えなくなったとか、自分のかつてかっていた猫と同じ品種の猫を見てふいに泣いてしまう人というのもいるものです。

ペットロスが心に与える影響は、かなり深刻なんですよね。

そんなこともあって、わたし自身は大の猫好き(特にスコティッシュフォールドとマンチカン)なんですが、一向に猫を飼う気になれません。

「万が一、死なれたらうつになるかもしれん」って思ってとても飼えないんですよねえ。

なので以上の様な難点を考慮した場合、わたしは個人的に「ロボットペットを買うのが最善ではないか」と思うんです。

ロボットペットならマンションであって問題ない上、ペットと違ってワクチンや餌代がかからないしペットロスもありませんから安心です。

特に、ロボットペットとしておすすめなのは何といっても、家族型ロボットのラボットですね。

ラボットはペットというよりも子供をイメージして作られたようなロボットで非常に感情表現が多彩でかなり生命感があります。

ラボットにはかなりの癒し効果がありますね。

実際に高島屋に設置してあるブースでしょう一時間ほど直にラボット達と触れ合ってきて実感しました。

目の表情や性格の多彩さ、そして程よい体温と体重は本当に赤ちゃんを思わせる雰囲気でしたね。

一人暮らしの人は、ラボットをメンタルケアに活用するとかなり心穏やかに過ごせるでしょう。

ラボットについて詳しくは以下の記事参照。

・社会人サークルやSNSを活用して人とのつながりを確保する

先ほども言ったように、最近では結婚自体のうまみはほとんどなくなってきました。

しいて言うなら、「実子を設けられる事」くらいものです。

でも、実子にこだわりがないのなら、あえて結婚する必要もありません。

結婚なんてしなくても、社会人サークルやツイッターを始めとした各種SNSで自分と共通の趣味や価値観を持つ人々と知り合い交流すれば人間関係を確保できます。

そうなれば、別に結婚なんてしなくても何も寂しくはありません。

むしろ、気軽にゆるくつながれる分だけ気が楽かもしれませんね。

一たび結婚してしまうと、離婚するのも結構なエネルギーがいりますからねえ。

SNSなどを活用した交流について詳しくは以下の記事参照。

おわりに

この記事は「天涯孤独になったら寂しいし怖いというがそもそも人の存在の本質は孤独じゃね?」と題しておおくりしました。

天涯孤独を恐れる人は多いですが、人間の存在の本質は結局のところ孤独です。

孤独は忌み嫌うべきものではないではないかと思います。

なので、「人は皆それぞれに存在として孤独である」と受け入れてしまった方が、かえって前向きに生きられるような気がするんです。

で、受け入れればこそ「いつ死んでもいいと思えるようにしっかりと『今を生きよう』」て思えるとも思います。

そして、結婚はさみしさを終わらせることにはつながりません。

存在としてもとより孤独な人間は孤独から逃避することはできないのですから。

むしろ、その孤独を積極的に引き受けて、誰とでも仲良くなれるような社交性を身につければ別に結婚なんてしなくても気に病むことはないのです。

話す相手はそこかしこにいるのですから。

孤独を埋めるために結婚は不要です。

「今を生きて」いきましょう。

では!

参考記事等

スポンサーリンク
ペットは飼いたいけれど、、、

ペットを飼うと癒されるし、対人関係がよくなったり拡大したりすることが示唆されています。

とはいえ、ペットを飼うのは責任重大。

費用も労力も多大、ご近所への騒音の心配も、、、。

ましてペットロスは家族を失うくらいにつらいもの。

でも、家族型ロボットのラボットなら安心。

費用も長期的に見れば、ペットよりかからないしペットロスもないしサポートも充実。

さあ、ラボットと愛ある暮らしを。

2021年8月31日まで、通常8日間の全額返金保証が100日間全額返金保証です。

また、8月81日まで分割金利手数料をGROOVE X社が全額負担しラボットが1週間程度でお手元に届きます。

この機会にぜひラボットとの生活をスタートさせてみましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事