「自分を好きになってくれる人が好き」なんて基本的にやめた方がいい

今回は以下の様な方に向けておおくりします。

こんな人が読むと役に立つよ

自分を好きになってくれる人が好きとなんとなく思っている人

日ごろから「好きになってくれたタイプが好き」と特に何も考えずに言っている人

話しのネタが欲しい人等

ぐれん
心理カウンセラーのおにぎりの中の人 ぐれんです。

今回もよろしゅう!

今回はの話題は「「自分を好きになってくれる人が好き」なんて基本的にやめた方がいい」という話です。

あなたは「どんな人がタイプか?」と聞かれたときについつい「自分を好きになってくれる人がタイプだ」なんて答えていないでしょうか?

ちょっと、おせっかいですが、こういった回答を本心からしているのであればちょっと自分に自信がなさすぎるような気がします。

誰にでも「好きなタイプ(性格含む)」と言うものがあるので、「好きになってくれた人がタイプ」みたいな話って何か不思議な感じするのです。

本当は、自分のタイプがあるんだと思うんですよね。

自分が本来好きなタイプについてきちんとわかっていればいいのですが、それがわからないと付き合った後に「何が悲しくてこんな奴と付き合ってしまったのか、、、」なんて話にすらなりかねません。

後々妥協が必要になるにせよ、とりあえず自分の気持ちには正直になった方がいいです。

今回はそんな話。

では、ゆるりとおおくりします。

スポンサーリンク

心理学的には「自分を好きになってくれる人を好きになる」はある程度正解

心理学的には、「自分を好きになってくれる人を好きになるはある程度正解」です。

心理学の世界では、人には「相手から受けた好意等に対してお返しをしたいと思う心理が備わっている」とされ、これを「返報性の法則」と言ったりします。

ですので、「相手が自分に好意を向けてくれた」のであれば「自分を相手に好意をもつ」というのは割と自然なことといえます。

しかし、これが恋愛等の場面でどれほど役に立つかについては結構疑問が残るところです。

というのも、恋愛における最重要要素は外見的魅力であり、「恋愛の大原則は外見的魅力のつり合い」だとされているからなんですな。

あまりにお互いの外見的魅力に隔たりがあったりする場合、特に「相対的に外見的魅力の低い側が高い側に対して好意をアピールする場合」は、魅力の高い側に相手にされないことの方がおそらく多いです。

場合によっては、「どうしてこんな魅力の低い人が自分と付き合えると思っているのか?なんか自分を低く見積もられているようで腹が立つな!」なんて思われることもしばしばでしょう。

俗にいう「興味がない人からの好意が気持ち悪い」という心理といえそうです。

恋愛において、好意の返報性が有効に働くのは、外見的魅力に隔たりがあまりない場合と言えるでしょう。

「自分を好きになってくれる人が好き」と言っている人は、自分に自信がなさすぎる!!

「自分を好きになってくれる人が好き」という人は、自分に自信がなさすぎます。

「自分を受け入れてくれるような人なんていないよな」等といった自尊心の低さがあるからこそ、「自分を好きになってくれる人がタイプだ」みたいな意識になると考えられるからです。

自分に自信がありすぎるのもどうかと思いますが、自分に自信がなさ過ぎて他人軸で生きている人はあまりいい恋愛ができる気がしません。

これはいろんな人を見ていて思う事です。

人にはそれぞれ本来好き嫌いがあるはずですので、各人に「好きなタイプ」があってしかるべきでしょう。

にもかかわらず、「好きなタイプはない、好きになってくれる人がタイプ」というのであれば、自分の本心を偽っているか自分の本心に気が付いていないが故の回答といえそうです。

結婚となるとまた少し違ってくるでしょうが、恋愛に関していえば好きなタイプと付き合わないと中々長続きしないでしょうし、そもそも付き合ってもまるで楽しくないでしょう。

また誰かと付き合っていた際に、パートナーから「自分となぜ付き合ったのか?」なんて聞かれた際に「いや、自分を好きって思ってくれる人が好きだったんで、、、」なんて言うのは最悪ですよねえ。

それだと「いやいや、それなら私でなくてもよくね?」って感じで受け取られますもんね。

シンプルに相手に失礼ですわね。

以前の記事でも言及したことですが、「自分に自信がない状態ではろくでもない相手と付き合ってしまう場合が増える傾向にある」のです。

「ろくでもない」というとすごく言葉が悪いですが、「ろくてもない相手」とは具体的に以下のような相手の事を言います。

・自分が普通なら絶対につきあいたくないと思うような魅力の低い相手

・依存させるのが上手いいわゆるクズ

上記のようなことは失恋をした直後に起こりやすく、自分の自尊心が回復するにつれて自分の選択が間違っていたことに気が付いてくるものです。

いずれにせよ、自分に自信を無くしている状態での恋愛では、不本意な選択をしてしまう可能性が多分にあります。

恋愛に臨むの際は、「自分自身の好きなタイプ」をしっかり押さえておくとともに、メンタルをきちんと良好な状態に保つのが重要です。

そうでないと、後になって「なんてこんな相手と付き合ってしまったんだ」という後悔にさいなまれることになりかねません。

自分のその時々の恋愛観を見直す事で、自分のメンタルの健康がわかる

自分の恋愛観の移り変わりに着目することで、自分の精神状態がある程度わかってきたりするものです。

恋愛観の変化は、自分のメンタルの健康のバロメーターとして利用できるんですな。

もし以前は、きちんと自分が好きなタイプがわかっていて「付き合うなら~な人がいい」と思っていたにもかかわらず、今は「自分が好きな人がタイプ」等と思うようになっているのならそれは危険信号かもしれません。

「自分を好きになってくれる人がタイプ」と思い始めてしまったら、自尊心が低下してきた証拠であると考えられるからですな。

もし、自分の恋愛観が「自分が好きになってくれる人が好き」という傾向になってきているのなら、一度恋愛から離れるなり距離を置くなりして自分の自尊心を回復させる事を頑張った方がいいです。

特に大きな失恋を経験した直後は自尊心が相当に損なわれているので、万全を期したいなら「一年は恋愛をしないで安静にする」のがおすすめですかね。

自分の恋愛観が「自分を好きになってくれる人がタイプ」に傾いているのなら、自尊心を高めたりメンタルを強化する方法を実践した方がいいです。

メンタルが安定してこそ恋愛関係は長続きしますからね。

自尊心を高める方法やストレス発散の方法、メンタル強化のための方法についてはそれぞれリンクからどうぞ。

おわりに

この記事は「「自分を好きになってくれる人が好き」なんて基本的にやめた方がいい」と題しておおくりしました。

「自分を好きになってくれる人が好き」という恋愛観は、自尊心の低さからくるものであるため、あまりいいものとはいえません。

自分に自信がない状況でする恋愛は、往々にしていい結果にならないものですからね。

「自分を好きになってくれる人がタイプ」なんて思うようになったら、恋愛にのめりこむよりもメンタルを整える方にシフトするのがおすすめです。

では!

スポンサーリンク
「結婚後の生活が上手くいくかはEQ次第」たった3分完全無料であなたの婚活偏差値を算出

EQは心の知能指数。

EQは他人と自分の気持ちの理解、自分の気持ちを相手を傷つけずに伝えるのに不可欠なもの。

心温まる恋人関係、笑顔が絶えない思いやりある家庭にはEQが必要です。

成婚率No.1の結婚相談所「パートナーエージェント」のWEB無料診断で20問の質問(約3分)に答えるだけであなたのEQが分かります。

※診断結果はご自宅に無料でプライバシーに配慮して社名のない封筒でおとどけ。

あなたの婚活偏差値はどれくらい?

まずは、自分のEQを無料診断。

※診断をうけられる条件は、「日本国内在住」、「独身(内縁関係、同棲中NG)」、女性は20~54歳、男性は22歳~64歳前後で定職についている事。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事