野菜ジュースやスムージーを作るのに適したジューサーってあるんか?

「野菜があんまり好きじゃないけど、さすがに野菜不足は体に悪いからとらないといけないって思うんよな。で、スムージーならおいしくとれそうだって思ったんだが、そもそもスムージーをつくのに向いたジューサーってあるんかね?」

うん、せやねえ。確かにジューサー選びは大切だわな。

もっと、感情を表現する言葉の種類が必要だ。

オニギリス!

脱マンネリストで心理カウンセラーのおにぎりです。

今回もよろしゅう!!

今回の話題は「野菜ジュースやスムージーを作るのに適したジューサーってあるんか?」という話です。

今回は以下のような方に向けておおくりします。

こんな人が読むと役に立つよ

野菜ジュースやスムージー作りに適したジューサーについて知りたい人等

最近では、健康のために野菜スムージーを作って飲もうと思う人は、結構いると思います。

スムージーを作って飲むことを考えた場合、材料の買い出しに言ったり材料をきったりしなくてはいけなくなるので、その手間を以下に省くかに気が行きがち。

でも、意外と大事なのがスムージーを作るのに使うジューサーは何を選んだほうがいいかってことです。

ジューサーによっては野菜等の栄養素が損なわれる可能性があるからなんですな。

どうせ、スムージーを作って飲むなら、きちんと野菜や果物の栄養を余すことなく摂取したいもの。

では、ゆるりとおおくりします。

スポンサーリンク

ジューサーによっては栄養素が破壊される?

せっかく野菜スムージーを作るのなら、その栄養素を余ることなく摂取したいものです。

しかし、ジューサーの選び方によっては野菜等に含まれる栄養素が破壊されてしまうことがあるといわれたりしています。

問題視されているのは高速ジューサーです。

高速ジューサーには以下のような理由で、野菜等に含まれる栄養素が破壊されてしまう危険性があるといわれているそうな。

  • 回転が速いため摩擦熱が生じてしまうため、栄養に不可欠な酵素(こうそ)が壊れてしまう
  • 回転が速いために酸素がジュースに混入し酸化してしまう

で、より具体的に言うと、酵素は、50度程度で活性化するそうなのでそれ以上の温度にあげなければ特段の問題はなさそうです。

その様な事情を加味してか、現在の高速ジューサーの中には温度計を搭載したものが出てきているようですな。

スムージーを作るのに向いているジューサーは低速ジューサー

上述のように、高速ジューサーには野菜等に含まれる酵素を、かくはんの際に生じる摩擦熱等で破壊してしまう恐れがありました。

という事は、「栄養素を余すことなく摂取したいなら低速ジューサーが適している」という事になり、、、。

いや、まだ少し結論を出すのは早すぎるかもしれません。

もう少し根拠が欲しいところですねえ。

で、都合がいいことに?実は、テキサスA&M大学などが以下の研究によって、野菜の栄養価をなるべくたもったまま野菜ジュースにするには何の方法がいいかを検証しています。

参考

https://pubs.acs.org/doi/10.1021/acsfoodscitech.0c00013

この実験においては以下3種類の器具を使って野菜ジュースを作って検証を行っている模様。

ブレンダー:回転する刃で野菜を粉砕し果肉や食物繊維が多く含まれた濃厚なジュースを作ることができる

高速ジューサー:果肉や食物繊維を取り除きよりなめらかなジュースを作ることができる

低速ジューサー:最も熱量が少ない状態で果肉や食物繊維を取り除いてジュースを作ることができる

※使用された野菜はケールやビーツなどをふくむ19種類。

で、その結果は以下の通り。

  • ブレンダ―:ビタミンCや抗酸化物質、フェノールなどの有益成分が最も少なくなるが、食物繊維が多いおかげでα-アミラーゼ阻害活性が最も高かった(食後の血糖値をあげにくくする可能性がある事を意味する)
  • 高速ジューサー:レッドビートなど一部の野菜でのみビタミンCの量が最も多くなった
  • 低速ジューサー:ラディッシュやベビーキャロットなどの一部の野菜を除いて、有益成分が最も多くなった

ふぬ、まあそれぞれの器具には一長一短あるようですから、何が最善かは一概に決まられない気もしますが、多くの人は有益成分をとることが目的だと思うので低速ジューサーを使うのが一番だと思われます。

ふむ、結局結論としては、野菜スムージーを作るなら低速ジューサーを使っておけば問題ないといえそうですね。

なお、低速ジューサーで出た搾りかすには大事な食物繊維が含まれているので、別途スープにして食べるのがいいでしょう。

例えば、低速ジューサーとして定評のあるものには、ヒューロム製のものがあります。

ただまあ、ヒューロム製のジューサーは高いので少し買うのにちゅうちょしますねえ。

お手頃な低速ジューサーにはトフィー製のミニスロージューサーとかアイリスオーヤマ製のスロージューサーなんかがあります。

まあ、とにかくスムージー等作るのであれば、低速ジューサーを使うのがいいってことは間違いないかと思います。

おわりに

この記事は「野菜ジュースやスムージーを作るのに適したジューサーってあるんか?」と題しておおくりしました。

高速ジューサーでは野菜等に含まれる有益な絵成分を十分に摂取できない可能性があります。

もし、野菜スムージーを作るのであれば低速ジューサーを使って作ったほうが有益成分を沢山摂取できるでしょう。

やっぱ、食材は有効に使用していきたいものよね。

では!

参考記事等

スポンサーリンク
ペットは飼いたいけれど、、、

ペットを飼うと癒されるし、対人関係がよくなったり拡大したりすることが示唆されています。

とはいえ、ペットを飼うのは責任重大。

費用も労力も多大、ご近所への騒音の心配も、、、。

ましてペットロスは家族を失うくらいにつらいもの。

でも、家族型ロボットのラボットなら安心。

費用も長期的に見れば、ペットよりかからないしペットロスもないしサポートも充実。

さあ、ラボットと愛ある暮らしを。

2021年8月31日まで、通常8日間の全額返金保証が100日間全額返金保証です。

また、8月81日まで分割金利手数料をGROOVE X社が全額負担しラボットが1週間程度でお手元に届きます。

この機会にぜひラボットとの生活をスタートさせてみましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事