可愛いのにモテない女性がモテない理由について考えてみたい。
ぐれん
心理カウンセラーのオニギリの中の人、ぐれんです

今回の話題は「可愛いのにモテない女性がモテない理由について考えてみたい。」という話です。

こんな人が読むと役に立つよ

・可愛いのにモテない女性なんているのか気になる人
・可愛いのにモテない人が何故モテないのかわからない人
・話しのネタが欲しい人等

今回は以下のような方に向けておおくりします

さて、世の中には「可愛いのにモテない」と嘆いている、もしくはそう思われている人が一定数います。

なぜ彼女たちはモテていないのかみなさんはわかりますか?

まあ、理由はいろいろあると思うんです。

ただ、まず一つ確実に言えるのは、、、、

「女性のモテないとか男性のモテないの比ではない!」

てことです。

ここは勘違いしないでほしいです。

いかに非モテの女性と言えど、「非モテの男性よりは圧倒的にモテています」からね。

そして、わたしの経験や聞きかじった話、世間で出回っている情報などを加味しても「可愛い女性が本当にモテないなんてことはまずありえない」です。

ですので、「可愛いのにモテてない理由なんてそもそもない」というのがわたしの答えですね。

しかし、「可愛くてもモテてないように見える理由」ならあります。

可愛くてもモテてないと感じるのであれば、およそ比較対象がおかしいか単に自身の可愛さを過大評価しているか潜在的にモテていることに気づいていないかのどれかでしょう。

まあ可愛いなら、モテる事よりもむしろ「変な奴に引っかかって食い物にされない様に注意する」方がよっぽど大事ですな。

ここで一瞬だけ宣伝?ですが、「悩みがあんよなー」て人も「ただ誰かに愚痴を言いたいねん!」て人も悩みが重症化する前に頭をクリアにしてみませんか?

おにぎりのカウンセリングについて詳しくは以下。

では、ゆるりとおおくりします。

スポンサーリンク

可愛いのにモテない?おいおい冗談はやめなさい!

さて、「可愛いのにモテない女性」はそもそも存在するのでしょうか?

正直、わたしの個人的経験やその他の情報から察するに「可愛いのにモテてないのはまずありえない」です。

※ここでいう可愛いとは、顔に特筆すべき目立った欠点が全くなく整合性が取れている誰が見ても美人、可愛いと認識できるレベルの顔を想定している。

もちろん、モテるというのをどのように定義するかでも変わるでしょうが、モテるの定義を「不特定多数の異性から恋愛感情を持たれる事」だとすればまず間違いなく「可愛い女性がモテないことはあり得ない」ですね。

それに現代の恋愛市場は圧倒的に女性優位なので、「非モテの女性」のモテなさなど非モテ男性のモテなさとは比較にならない程軽度です。

例えば、ツイッターを見てみて下さい。

ほんの少し可愛いかもねくらいの顔出ししている若い女性が、ツイッターで「つらいことがあってマジ死にたい」なんてつぶやいたもんなら、どこからともなく下心満載の気持ち悪い男性の群れが大挙してきてリプ欄は「どしたん、話きこか?」と言ったリプで埋め尽くされた地獄絵図と化します。

いや何なら顔出しなんてしなくても、「何となくかわいいかもしれない雰囲気」さえ出していれば、かなりの人数の下心を持った男性の大群がイナゴのごとくやってきますよ。

本当に気持ち悪い。

対して、男性は誰が見てもわかるレベルのイケメンであっても基本的にあからさまにモテるなんてことはありません。

イケメンとは言え、自分からアプローチしない限り何も起こりませんよね。

もし逆ナン的な事が起こるとするなら、女性の理性がアルコール等で吹っ飛んでいるとかクラブのような特殊な状況下だけだと思われます。

まあ、わたし自身は残念ながらクラブにいったりという事はタバコのにおいが苦手なのでないのですが、あのような環境では理性の力がかなり弱まりますので女性からアプローチもしやすくなるという話でしょう。

具体的に言うと、クラブの内部は大音量の音楽が流れておりその場にいる人達は各々に踊ったり激しく動いています。

このような状況下では理性の力が弱まるんですね。

いわゆるトランス状態というものになりやすいといえます。

自己啓発セミナーなどの中にもこのようなクラブで起こっているトランス状態を意図的に引き起こし、高額商材等を購入させようとするものがあるらしいのでみなさんはくれぐれも注意してください。

具体的に言うと、自己啓発会で有名なアンソニー=ロビンズさんのセミナーでは結構この手のトランス状態を意図的に作り出す手法を応用しているなんて話は聞きますね。

まあ、わたしは自己啓発系のセミナーに等参加する気はなからないしした事もなく、実際に目撃はしておりませんので断定はできませんがね。

とりあえず、「大音量」と「激しい運動」のダブルコンボが来たら注意ですな。

、、、、て、なんか大分話が脱線してきた(笑)。

まあそういう事で、非モテ女性のモテ度を100としたら非モテ男性のモテ度は0.1、、、いやそれ以上の対比かもしれません。

いずれにせよ、両者のモテ度には著しい開きがあるのはもはや自明の理と言っていいでしょう。

非モテの女性ですら、モテてないとは言えないため「可愛い女性が持てないとかはありえない」と言っていいかと思いますよ。

可愛いけどモテない現象の正体

わたしが「可愛いけどモテてない女性なんていない」と言ったところで、みなさんは「うっそだー、また適当なこと言いやがって」と思うでしょう。

という事で、今度は「可愛いけどモテない女性がなんでモテてないように見えるか」についての理由をあげてみます。

  • 周りがビビッて好意を示せない
  • 比較対象の選定ミスと美意識の洗練具合の違い

以下順次簡単に補足です。

・周りがビビッて好意を示せない

あまりに女性の容姿の水準が自分よりも上になってくると、男性側としては「どうせ自分では無理だろうと勝手に諦めていく傾向にあるでしょう。

恋愛の大原則は、「外見的魅力のつり合い」です。

この原則をわたし達は無意識のうちに感じ取っているので、自分より容姿がいい異性に好意を持っても「ああ、どうせ相手にしてもらえないだろう」と考えて何もしないのが普通の流れでしょう。

いわゆる可愛い人というのは高嶺の花というやつでして、よほど自分に自信がある男性でない限りは「断られようが何だろうが好きになったんだからアプローチする」とならないので表面的には「美人な割にはモテてないな?」となるわけです。

しかし、それは目に見える形でアプローチをされていないだけの話でして、潜在的にはモテにモテているので「可愛いのにモテてない」は間違っています。

現実は、「可愛い割にはモテてない気がする」と言うだけの事です。

・比較対象の選定ミスと美意識の洗練具合の違い

「可愛いのにモテてない」という言葉は、より正確には「可愛い割にはモテていない」と言い換えることができます。

「可愛い割には」という言い回しの背後には何らかの比較対象の存在が想定されているので、その比較対象を何にするかでその可愛い人が持てているか否かが変わってきますね。

例えば、とてつもなくモテる可愛い女性を見た後に、同じくらいの容姿であまり表面的にはモテてなさそうな女性をみたら「あれ?あの人ってかわいいのにモテてないな?」と思います。

また可愛い可愛くないはかなり本人の美意識に左右されますが、その指標は基本的に「これまでに見てきた人々の平均顔」なので美的感覚の洗練度合の差はあれど大体は同じ方向性でまとまるはずです。

しかし、中には顔の平均化が偏って行われた人、つまりいわゆるB専という人たちがいるので、そういった人たちから見た美人は一般的感覚からすると不美人であるという事になります。

B専の人達が「あれ?この人可愛いのにモテてないな」と思うとしたら、まあ普通の感覚からすれば「そりゃあ、一般からしたら不美人なんだからあんまモテてなくて当然やろ」という話になりますね。

可愛いなら大体性格もいいし、美人になるとモテ度に性格はあんまり関係ない

よくいろんな恋愛系の記事で見かける記述に「可愛いのにモテない女性は性格が悪いからだ」といったものがあり、その性格の具体例として「自己中だ」とか「ネガティブ思考だ」なんてものが見受けられます。

まあ確かに性格の悪さは行き過ぎれば影響はあるかもしれませんが、「あんまり問題ない」です。

少なくとも、付き合うか否かを決定する段階では性格より圧倒的に見た目の威力の方が高いため、性格の悪さはあまり問題ではありません。

可愛い人は性格のいい悪いにかかわらず一定以上はモテます。

ただ、長期的な関係となると話は違ってきますけどね。

もし「私可愛いのに全然モテてないな」って思うのであれば、それは多分性格のせいではなくおよそ自身の容姿の過大評価のせいもありそうです。

言い方が辛辣ですけど、自分が思っているよりは自分の容姿は可愛くないのかもしれません。

まあ、あとはやっぱり比較対象をミスっている可能性もありますかな。

ま、知らんけど。

それにこういっては何ですが、わたしが思うに「そもそも女性は意中にない男性など簡単に足蹴にできる」ので、男性から見たら「なんか女って気分屋で自己中だな」と言った感じに映る気がします。

要は、「女性ってそもそもみんな自己中じゃない?今さら自己中だからモテないとかなにそれ?」て感じです。

まあ、わたしはこういった事は進化心理学的に「女性の方が良質な遺伝子の選別に余念がない本能をもっている故仕方ない」と完全に諦めていて、どうこうしたいとも思っていませんがおそらく普通の男性の感覚なら自己中だなって腹を立てていそうな気がしますね。

おっと、悪口はいけない!

、、、まあそれはいいとしてわたしの知る限りですが、大体美人の方が性格はいいものです。

長期的に関係を持つとなるとまた少し違う気がしますが、少なくとも愛想はいいし気が利くので相手を不快にさせる事って本当に驚くほど少ないですね。

完全に遠めから見たり少しかかわった程度では、「すごく性格のいい女性」でしかないんです。

「可愛い女性がモテてないのは性格が悪いから」は全然違います。

よって、「可愛い女性は性格がいい(ように見えるし見せるのが上手い)し、そもそも性格はモテ度に影響しない」と言えるでしょう。

世の中的には、「性格の良し悪しでモテ度が決まるよ」っていった方が救いがあると感じる人が多いと思いますが、まあそんなことはないですよ、基本的には。

性格を見てもらいたいなら最低限の見た目をしていないと不可能なんです。

美人だとどうしてもハロー効果のせいで、性格もよく見えがちですからもうね、、、、どうしようもないですよ。

そして特に男性の場合、雰囲気イケメンにならないとどうしようもないのが現状でしょう。

特に、現代の10代後半~20代前半くらいの女性なんて「(若い、最低でも若く見える)イケメン以外は生ごみ」くらいにほぼ間違いなく思っているので、もう外見がクソでは何も始まんないです。

現代は恋愛に関しては、「イケメン以外に人権なし」って感じの状況じゃないかなって思います。

ただ、ここでのイケメンっていうのは「一般的に見てイケメン」って話なので、別に俳優くらいの本物のイケメンになれって事ではないのでまあ大丈夫です。

雰囲気イケメンになりさえすればいいと思います。

ただ、二重は絶対条件ですね。

ノリででもなんでもいいので作ったほうがいいです。

もし軽度のブサメン~フツメンが本気ですごくモテるようになりたいとかいうんなら、多分整形しないとだめですね。

普通の日本人の場合、例えば顔が薄すぎるとか鼻が低い、中顔面が前方に発達していない、イーラインがないといった実に色んな問題があるため、整形の力を借りないと中々きついものがありそうです。

もっとも、整形でもどうしようもないものはいくつかありますけど、、、。

少なくとも整形はしないとねって思ったりはしますな。

でも、普通に生活していて「モテたい」って思うレベルなら、整形なんて一切いりませんよね。

もう、整形とかはその道を究めたい人だけって気がしています。

まあそんなわけで、見た目を最低限整えたらあとは長期戦で何とかするのが普通の場合の最適解かもしれませんな。

そして女性は正直何をしなくてもそこそこ持てますが、より高みを目指すなら雰囲気美人以上を目指すといいんじゃないでしょうか?

そんな綺麗になって何したいんだかはしりませんけど。

まあ、現代はどうも美人なら楽にお金が稼げるみたいですからね~。

そういう事でもするのかしらん?

可愛い女性がいい恋愛をするためにやった方がいい事

可愛い女性がモテないはずはありません。

しかし、だからこその問題があります。

可愛い人は得てして、「本当にロクでもない男に言い寄られる確率が非常に高い」のです。

先ほども言ったように、可愛いとなると大概の男性は自分に自信がないのでアプローチなんてしてきません。

そんな中アプローチしてくるのは、「自信がやたらある男性」です。

中には自信は普通でその可愛い人と同等以上のイケメンもいるかもしれませんが、そんなレベルのイケメンはそもそも希少なのでそうそう出会いません。

なので、大概は「自信過剰なブサ~ほんのちょっとイケメン」て感じになるでしょう。

で、自信過剰な人の中には結構な割合でDVとかを働く輩も交じっておりましてね、これが問題なんですよ。

「意外と美人ほど幸せな恋愛をしていないのではないか?」って話がありますけども、あれは真実なんじゃないかと思っています。

沢山の異性を引き寄せる魅力があるという事は、よくないものも沢山ひきつける事にもつながるのです。

しかも、いわゆるクズとされるよくない男性達は、女性を依存させるのが上手いので美人は不幸な目に遭いやすくなります。

そこんとこについて詳しくは以下の記事を見てみて下さいな。

なのであくまでも理性的な観点から言うならば、「相手を依存させるようなことをしない誠実で思いやりのある男性を選んで付き合う」というのが最適解です

しかし、これがまた曲者でして、こういった誠実で思いやりのある男性は女性からすると「こんな奴つまらないからいらない」と言いたくなる部類の人達なんですよね。

理性的には望ましいけど、本能的には全然惹かれないって感じです。

なので理想を言えば、「理性的に望ましい性質が基盤にあるけども恋愛における刺激もエンターテイメントとして提供してくれる一緒にいて飽きない自分と容姿と同等以上のイケメン」を探すのが一番いいのかもしれません。

ただ、それを言ったら「どこにいるんだい!」て話になるのでかなり非現実的です。

ですから結婚の話と同様に「これだけは譲れない」という要素を3つほど想定して、恋人選びをするしかないでしょうねえ。

わたしからはそれしか言えません。

あとは、、、、うん、芸能界に行きましょう!!

おわりに

この記事は「可愛いのにモテない女性がモテない理由について考えてみたい。」と題して送りしました。

可愛いのにモテない女性なんてものはまず存在しません。

可愛いのであれば必然的にモテます。

しかし、だからこそ可愛い女性はわけのわかんないクズに引っかかる確率も高まるので要注意です。

まあ、こうなってくると「極限まで可愛ければいいんだ!可愛いは正義!わたしは橋本環奈を超える!!」みたいに意気込んで整形するのもどうなんかなって思わんではないですな。

まあ、可愛いに越したことはないですが、それもつかい方を間違えると結構ヤバいですからね。

とりあえず、幸せになりたいもんです。

では!

スポンサーリンク
ペットは飼いたいけれど、、、

ペットを飼うと癒されるし、対人関係がよくなったり拡大したりすることが示唆されています。

とはいえ、ペットを飼うのは責任重大。

費用も労力も多大、ご近所への騒音の心配も、、、。

ましてペットロスは家族を失うくらいにつらいもの。

でも、家族型ロボットのラボットなら安心。

費用も長期的に見れば、ペットよりかからないしペットロスもないしサポートも充実。

さあ、ラボットと愛ある暮らしを。

2021年8月31日まで、通常8日間の全額返金保証が100日間全額返金保証です。

また、8月81日まで分割金利手数料をGROOVE X社が全額負担しラボットが1週間程度でお手元に届きます。

この機会にぜひラボットとの生活をスタートさせてみましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事