「モテるためには?」を追求していくと割と男は人生上手くかもしれない
ぐれん
心理カウンセラーのオニギリの中の人、ぐれんです

今回の話題は「「モテるためには?」を追求していくと割と男は人生上手くかもしれない」という話です。

今回は以下のような方に向けておおくりします

こんな人が読むと役に立つよ

話のネタが欲しい人等

今回の記事ネタははっきり言ってしょーもないわたしの独断と偏見によるものです。

以前に「モテるなんてのは人生のオマケ程度に考えた方がいい」という感じの事を主張した記事をだしているので、矛盾したことを言っている気がしますが今回のような主張もまた真理の一端であると思います。

「女性にモテたい」という気持ちから起業したり出世したりして、お金や地位を手にしている人達が世の中には沢山いるからです。

お金や社会的地位があれば幸せだなんてことは言えないものの、「モテたい」という欲求は人生を前向きに生きる上での活力の源泉の一つとなりうるのではないかなって思います。

男性の場合「モテるためにどうするか」を追求していくと、割と人生が上手くいくってことはあるのではないかなって思います。

もちろん例外はありますよ。

では、ゆるりとおおくりします。

スポンサーリンク

モテに有効かはともかく、モテたいからこそ色々頑張る

およそ社会人の男性が「モテるためにはどうしたらいいか?」と考えて出す結論は、「仕事を頑張り年収を増やす」とか「身だしなみを整える」でしょう。

そうなると、仕事を頑張って出世をしたり年収を増やすべく副業を始めたり起業したり、、、といった色んな努力をすると思います。

これが学生であれば勉強を頑張って一流大学に行き将来の年収をあげるとかかもしれませんな。

こういった取り組みがモテるためにどれくらい有効であるかはともかく、お金が増えたり社会的地位が向上したりすることで本人は格段に生きやすくなるでしょうから、モテたいという欲求は彼らの人生を豊かにしているといえるでしょう。

ただ、少なくとも婚活するのであれば「年収が多い程モテるのは確か」です。

これはほぼ間違いないですね。

婚活における年収の重要性について詳しくは以下の記事参照。

そういった意味では、男性は将来の婚活を見据えたら年収上げを頑張るのが合理的なのかもしれませんな。

ただ恋愛でのモテはまた別なんですよね、、、。

必ずしも年収なんてなくてもモテるんですよな。

もちろん、年齢に左右されるところはありますけども。

そしてやや余談ではありますが、男性にモテたいという欲求があるからこそテーマパークやレストラン、服屋といったレジャー、飲食、アパレル産業等が存続できているという側面は大いにあるでしょう。

男性のモテたいという欲求は社会の経済を動かす一大要因となっているといえますな。

普通にモテてきたヤツには往々にして頑張る動機がない

では、今度は反対に「学生時代から普通にモテてきた人達」、つまり「メンタルが強い外向的性格をした本物のイケメン」の場合はどうでしょうか?

もちろん個人差はあるでしょうけども、雰囲気イケメンとかではなくてモテそうな性格をした「正真正銘顔の整ったイケメン」にとって一般的な意味合いでの「モテる」という状態は初めから達成できてしまっているため勉強や仕事を頑張ろうって動機が起こりにくい気がしています。

こういった男性達からしたら「モテたい」といった気持から仕事や勉強を頑張るなんて、言ってみれば割に合わないので一生懸命に仕事を頑張って出世したり年収あげたりしたいとは思わないでしょう。

女性におごるのが未だ一般的な昨今ですが、イケメンの場合女性から逆におごられることすら珍しくないです。

ただそうやっていられるのも若い時だけなので、イケメンもうかうかしていると非モテ化してきます。

で、何となく思うのですが、イケメンの人生って女性の人生と少しリンクする部分があるような気がするんですよね、、、。

なんて言うのかな、モテに関してのピークが人生の前半にきている感じが似ているような気がします。

そういった意味では、イケメンはモテ続けたいのであれば年収をあげておいた方がいいと思いますね。

そしてちゃんと意味のある美容にお金を投入して、できる限り22歳前後の容姿を維持できるようするのが大事かなって思ったりします。

そういった意味では、喫煙や飲酒は原則ダメですし入浴後の保湿や外出時の日焼け止めはまず欠かせません。

あと体型が崩れるとか目だったシワやシミがあるなんて言うのはもう論外なので、それはジムに通って体を引き締めるとかレーザーで消すとかした方がいいですな。

年を経るごとに外見のメンテナンスにお金や努力が必要となる傾向にあるので、ちゃんとお金は稼いでおくべきでしょう。

非モテ男性の考えるモテるための努力は迷走しやすい

「モテるためにどうするか?」を考えていくことで人生が上向く可能性はありますが、実は上述したように「恋愛の文脈では必ずしも年収上げや出世は有効ではない」と言えます。

これを言ったらおしまいですけど、実際恋愛で一番威力が高い要素は何をおいても「容姿」です。

しかし、いくらイケメンでもメンタルが弱く内向的な性格であったならモテとは縁遠くなります。

あとコミュ力が低いのも致命的です。

なので、これからモテたいから仕事を頑張っていこうという男性諸氏は容姿等を総合的に加味した雰囲気イケメンを目指していくのがいいと思います。

年収が増えただけではモテませんので、注意が必要です。

雰囲気イケメンを目指すにあたっては、以下の記事を参考にしてみてくださいな。

おわりに

この記事は「「モテるためには?」を追求していくと割と男は人生上手くかもしれない」と題しておおくりしました。

男性の場合、モテる事を動機として仕事を頑張っていくと結果的に、人生が上向く可能性があります。

とはいえ、恋愛的な文脈では必ずしもお金があればモテるわけではないので性格やコミュ力をモテる方向へと調整していく必要もあるでしょう。

とりあえず、雰囲気イケメンを目指していくのが最適解ってことになるかと思います。

ただ、年収自体はモテ続けることを考えるなら、絶対にあった方がいいのでイケメンか非イケメンかは問わず年収は上げた方がいいですね。

では!

参考記事等

スポンサーリンク
ペットは飼いたいけれど、、、

ペットを飼うと癒されるし、対人関係がよくなったり拡大したりすることが示唆されています。

とはいえ、ペットを飼うのは責任重大。

費用も労力も多大、ご近所への騒音の心配も、、、。

ましてペットロスは家族を失うくらいにつらいもの。

でも、家族型ロボットのラボットなら安心。

費用も長期的に見れば、ペットよりかからないしペットロスもないしサポートも充実。

さあ、ラボットと愛ある暮らしを。

2021年8月31日まで、通常8日間の全額返金保証が100日間全額返金保証です。

また、8月81日まで分割金利手数料をGROOVE X社が全額負担しラボットが1週間程度でお手元に届きます。

この機会にぜひラボットとの生活をスタートさせてみましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事