非モテ男性に本当に必要なのはモテではない。モテるのは人生のおまけ。

「あーあ、今年も春が来る、、、、、出会いの季節だというのに、相も変わらずわたしの周りに何の変化もない、、、、、。あー、なんて虚しい、、、、。今年で彼女いない歴年齢28年か、、、、おれに心の春が来る日は訪れるのか、、、、、、。」

ふむ、せやねえ、、、まあ、黙っているだけで何か起こるのはアニメの世界だけやろなあ、、、、。

空から美少女が降ってはこんのやで、、、降ってくるのは雨くらいのものや、、、、、。

オニギリス!

脱マンネリストのオニギリです!

今回もよろしゅう!!

今回の話題は「非モテ男性に本当に必要なのはモテではない」という話です。

はい、始めに言っておきます。

わたしは別にモテたりしていません。

しませんが、異性の友達はそれなりにいるし初対面で異性と仲良くなるのに苦労した経験はないです。

では、なんでこんな記事を書いているか?

別にそれはいわゆる非モテの人をディスりたいからってそんなクソな理由からでは決してないです。

これまでもうすうす感じていたことではあるのですが、知人や世間の人々、ツイッター等々を見ていて確信したことがあるんですわ。

「モテることに固執する人ほどモテていないし、非モテの人ほどメンタル不安定」

、、、、、、とね。

もっと、人生楽しんでほしいなってお節介でこんな記事書いてます。

恋愛は人生のおまけくらいでちょうどいいと思うよ。

では、ゆるりとおおくります。

スポンサーリンク

いわゆる非モテの特徴

以前にも当ブログの記事にて触れていますが、シドニー大学の研究で「結婚したくない人の特徴」や「彼氏彼女にしたくない人の特徴」といったものをランキング形式にて紹介させていただきやした。

参考記事等

で、その概略を示すと以下みたいになってました。

・結婚したくない人の特徴

  • 1、怒りっぽい、口汚い
  • 2、浮気っぽい
  • 3、信頼性がない

・彼氏彼女にしたくない人の特徴

  • 1、不健康
  • 2、臭い
  • 3、不潔

以上よりいわゆる「非モテの特徴」をまとめると以下のようになりそうです。

  • メンタルが不安定
  • 信頼できない
  • 不潔
  • 不健康

どうですかな?

心当たりはありますか?

とにもかくにもメンタルの安定が優先事項

さて、不潔についてはもうちまたでさんざん言われているのでいいでしょう、そうよね、いまさらいうことでもないよねー。

まあ、こちらの記事を見といてくだされ、ニンニン。

参考記事等

※工事中

んで、不潔に関してはこれでいいとして、とにもかくにも「メンタルの強化」を優先してください。

メンタルが弱いと以下みたいなことが起こります。

  • すぐに人の何気ない言葉で傷つく
  • 人と自分を比較して落ち込む
  • 自分が人に嫌われている気がしてくる
  • キレやすくなる

、、、、などなど、、、

もうね、数限りないデメリットがあるのですわ。

おそらくではありますが、非モテの人って内向型の人が多いんじゃないかと思うんです。

別に内向型であること自体には何の問題もないのですが、初対面からモテにつなげようとした場合は不利かもしれません。

なんせ、初対面で好印象を与えるには「外向性の高さ」が必要だって話がありますからね。

なので、以下の記事を参考にしてよかったら外向性も身に着けてみて。

参考記事等

そして、自己開示をうまくできるようになると人と仲良くなりやすいですね。

こっちもどうぞ!

参考記事等

結局、やりたいことを見つけたもん勝ち

はい、これ多分いわゆる非モテの人の中には反発する人がいると思うのですが、、、あえて言わせていただきます。

「恋愛ばっかりに執着しているとつまらん人間になるゾ!」

、、、、以上です。

はい、多分「俺らの苦労や辛さも知らないで!このタコ野郎!」、、、なんて思っているかもしれません。

でもね、本当思うことなんでしかたないです、無神経って言われても撤回できないっす。

モテるかどうかって人生については「おまけくらいの意味しかない」て思うんですよね。

不特定多数の異性に好かれても、正直結婚できるのは一人だけだしさ。

そして、なにより上記に挙げた「信頼性」についてですけど、心理学においては「幸せそうな人が信頼できそうに見える」といわれてます。

あなた、今しあわせですか?

しあわせな気分を表情にあらわせてますかい?

、、、、ね。

そういうこと(どういうこと?)。

つまり、wanimaの「ともに」の歌詞じゃないけど、人生は「心躍る方」に向かって走り出さないと楽しくないのよ。

そして、人との関係を良好なものにしていくことが大事なの。

多くの人とかかわって多くの異なった価値観と触れ合って自分の視野を広げていく必要があるってことです。

そう、だから改めて言わせて、声を大にして。

「コミュニケーション能力向上させよう!!」

、、、はい、そういうこと。

コミュニケーション能力の強化は話し方以前にメンタル強化が必要なの。

だから、上記のメンタル強化の記事参考にまずは頑張って!

とにかく傾聴スキルは身に着けたほうがいい

さっきから、あてくし「コミュニケーション大事」といっていますが、実はね、コミュ障って「話せない人」だけではなく「良く話す人の中にも多い」ということをご存じでしょうか?

よくいませんかね、上司とかに「俺の若いころは~」みたいに自分の話ばっかしして悦に入っているようなおっさんとか大学とかのサークルで内輪だけで盛り上がって周りをしらけさせる自称陽キャ達とか、、、、、。

あいつらってもれなく「完全なるコミュ障!!」ですから!

しかもしゃべる分たちが悪いのよ。

しゃべらないなら空気ですむけど、しゃべるコミュ障は「ノイズ発生スピーカー」だから。

コミュニケーションで大事なのって相手の話を聞くことなんですよ。

でも、「ただ黙って聞いているだけ」とか「うなずくだけ」ではないんです、ま、当たり前かもだけど。

本当に話を聞くってむつかしいんです。

訓練しないと身につかないんだわ、、、。

て、ことでここまでお読みいただいた勇者であるソナタはここに至るまで、「強メンタル」、「外向性」、「効果的な自己開示」という武器を手にした、、、。

さて、最後の武器はコミュニケーション能力だああ!!!

ということで、コミュニケーションに関する記事置いときますね。

健闘を祈る!!

参考記事等

おわりに

この記事では「非モテ男性に本当に必要なのはモテではない」と題して心理学的な知識と個人的経験から非モテの人がどうしたらもっとたのしくいきれるんだろうかと考察してみました。

はい、余計なお世話だったかもね(笑)。

ま、そりゃあね、て気もすんだけどさ。

でも、できる限りこの日本、世界に一緒に人生楽しめる仲間みたいなの増えたほうがよくね?

わたしはそう思うんだわ。

「今が非モテっぽい性格してる」くらいのことで、うつむいてちゃつまんないやん?

人生モテとかと同じくらい、いやそれ以上に楽しいことだって沢山あるんだしさ、モテだけに執着しているのってmottainai!て思うのですよ。

モテなんて「人生のおまけ」みたいなスタンスで居たらぶっちゃけアッサリモテたりしてね(笑)。

まあ、こまけえことはいいから人生楽しもうぜ!

自分の心の赴くことしてみようぜ!

ということです。

はい、以上!

では!

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク
真面目に結婚を考えているなら結婚相談所は成婚率業界№1のパートナーエージェントで決まり!

社会人になると、とたんに恋愛が難しくなります。

それは出会いの機会が学生時代と比べて極端に減ってしまうからです。

出会いの機会が減ってしまうのは恋愛や結婚をしたいと思っている人にとっては絶望的なまでに致命的。

付き合おうにもそもそも付き合う異性がどこにもいないなんて、、、絶望です。

何とか仕事を覚えようと必死になって日々の仕事に追われ、「気が付いたら家と職場の往復になっていた」なんて人も珍しくないでしょう。

しかも、年を経るごとに一般に職責が重くなって行くので、一向にプライベートの時間を確保できないなんて人も珍しくありません。

家と職場の往復がメインの日常となっては、とてもではありませんが新しい出会いなんて期待できません。

しかし、恋愛も結婚も早ければ早いほど有利。

年齢は1歳違うだけでもその影響ははかり知れません。

例えば、29歳と30歳、39歳と40歳、、、どうでしょう?

きっと、かなりのイメージの差を感じるはずです。

また、各所でいわれている通り、男女問わず35歳以上になると結婚できる確率は極端に減ってしまいます。

※実際、2015年の国税調査で、35歳の男性がその後5年以内に結婚できる確率は20.88%。35歳女性の場合は22.61%というデータが示されている。

35歳なんて仕事に追われていたらあっという間です。

結婚をしたいならゆっくりしている暇はありません。

結婚しないでいいのはすぐに友人を作れるような圧倒的なコミュ力がある人やそもそも人嫌いの人くらいですから、結婚へのタイムリミットは多くの男女にとって大問題です。

一人だけ家にポツンと取り残され誰とも会話をすることのない、心配してくれる家族もいない、そんな老後、、、、あまりにも寂しい。

婚活は早くから始めるに越したことはないです。

そこでとりうる道は3つ。

まず一つは「マッチングアプリを使って相手を探す」という道。

これは一見現代における最適解のようにおもえますが、問題もあります。

その問題とは、男性の場合なら「そもそもマッチングすらしない」とか「ひどい写真詐欺の人にばかり合う」、「異性慣れしていないとデートにいたるまでのやり取りすらできない、デートが上手くいかない」といったもがあるでしょう。

そして、女性ついていえば、「自分は真面目に婚活しているのに遊び目的の人にしか遭遇しない」とか「経歴や年収、写真詐欺をしている人ばかりにあう」、、、などというリスクがあります。

マッチングアプリでまじめに婚活するのはかなり難しいです。

特に、男性に関しては今のマッチングアプリ市場は非常に厳しいです。

マッチングアプリは、見た目を並み以上にした雰囲気イケメン以上が女性からのいいねを独占する場です。

今までロクな恋愛経験がなかったり見た目に特段優れた点のない人が戦える場所ではありません。

写真を見られたその時点で女性にスルーされプロフィールは読まれません。

第二の道は「職場で相手を探す」という道。

職場に異性がいる人は、職場にいる異性と恋愛しそこから結婚に至るという手が残されています。

しかし最近では「告白すること自体がハラスメントだ」等という風潮が出来上がってきているためうかつに職場恋愛もできません。

なにより、職場恋愛は職場にプライベートを持ち込むことになるというリスクがあるので中々難しいものでもあります。

また、これは男女問わずいえることですが、仮に告白に失敗すると自分の居場所がなくなったりして肩身の狭い思いをすることになったりします。

事実、「気になる部下にそれとなく好意を伝えたらセクハラではないかと問いつめられて会社に居場所をなくした」とか、逆に「男性の上司からそれとなく好意を伝えられ断ったが、その後嫌がらせをされて職場をやめざるを得なくなった」等といったトラブルにあった人も実際にもいるそうです。

職場に恋愛を持ち込むことのリスクはかなりのものと言えます。

特に、恋愛や婚活をしたい男性にとっては厳しい世の中です。

そして、第三の道は「結婚相談所を利用する」という道です。

「真面目に結婚を目的として活動する」という事であれば、結婚相談所に入会するのが最適解です。

結婚相談所であれば、経歴や年収を意図的に盛ることはできませんし、写真詐欺も心配ありません。

もちろん、既婚者が紛れ込むこともありませんね。

それにきちんとした結婚相談所であれば、運営の目が光っているため「いわゆる、やり目的なひと」も排除できますからそこも女性としては安心です。

婚活カウンセラーがサポートしてくれるので異性経験がゼロの人でも安心でしょう。

しかし、結婚相談所も入会するところを間違えるとひどい婚活地獄が待っています。

特に気をつけたいのは、以下の三点。

結婚相談所選びのポイント

・会員数が少ない(そもそも出会える人数が少ないので自分の希望の相手と会える可能性が低くなる)
・運営側のサポートがなくほったらかし(特に異性慣れしていない人にとってはサポートがないと婚活を続けること自体が困難)
・きちんと実績があるかどうか

この3つに当てはまっている結婚相談所は何としても避けねば、自分の貴重な若さとお金を両方とも失ってしまいます。

この3点を踏まえると、パートナーエージェントが最適でしょう。

パートナーエージェントは、上記の三点に関しては以下のようになっています。

  • 会員数約7万3千人
  • コンシェルジュがあなただけの婚活プランや紹介文作成、お見合いの日程調整などを担当。また、婚活をしていて感じる不安や悩みをいつでも相談可能。
  • 成婚率と婚姻率№1(他社成婚率の約2.3倍、そして一般成婚率換算と比較するなら4.5倍)

成婚率No.1の結婚相談所に資料請求する>

特に、パートナーエージェントのコンシャルジュのサポートには定評があり、コンシェルジュのサポートのおかげで婚活を成功させれらたという声も。

さらに、他にもパートナーエージェントには以下の様な実績があります。

  • ・3カ月以内でのデート実施率95.9%(紹介開始から3ヵ月でお見合いが成立した全会員比率。2020年4月調査(2019年1月~2019年12月の1年間の入会者実績) 3ヵ月以内での中途退会者及び再入会者を含まない実績
  • 成婚退会で一番多い期間は4カ月(2019年4月~2020年3月の成婚退会者実績)
  • ・入会から一年以内の交際率93.1%( 2018年4月~2019年3月の入会者実績。1年以内での中途退会者及び再入会者を含まない実績。)

そして、さらにパートナーエージェントでは、コミュケーション学の権威と共同開発したという独自のEQ診断とAI技術の導入で理想の相手を見つけるサポートも充実。

成婚率No.1の結婚相談所に資料請求する>

パートナーエージェントを利用して成婚されている方は沢山います。

その年齢層も実に幅広いです。

詳しい成婚とその過程の体験談については以下のサイトを参照。

https://www.p-a.jp/introduce/happyreport/

本気で結婚したいなら行動しない事にははじまりません。

じっとしている間にもどんどん年を取って婚活は不利になっていくのでいち早く行動あるのみ!

まずは無料の資料請求から!!

成婚率No.1の結婚相談所に資料請求する

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事