田舎暮らしが健康にいいのはやっぱりまちがいないのかもしれない

「東北の田舎から東京に上京してきて早5年、、、どうも息苦しいわ。田舎に住んでいた時の方が絶対に空気は綺麗だったしストレスたまりにくかったような気がする。これは単に仕事がどうとかいう問題じゃない気がする。」

ふむ、都心は自然がすくないからねえ。

オニギリス!

脱マンネリストで心理カウンセラーのおにぎりです。

今回もよろしゅう!!

今回の話題は「田舎暮らしが健康にいいのはやっぱりまちがいないのかもしれない」という話です。

今回は以下のような方に向けておおくりします。

・話しのネタが欲しい人等
・田舎と都心のどっちに住む方がいいのかについて考えたい人

昔から、「田舎と都会とどっちで生活したほうがええねん!」という話題はあるものです。

さて、あなたはどっちがいいでしょうか?

わたしは断然住むならば田舎だろうと思っています。

というのも、自然が多い田舎に住むと健康でいられるからですな。

もっとも、都心にある程度近くないと利便性という点で問題が大いにありますけどね。

田舎と都心とどっちがいいのかを考えている人は、改めて田舎の自然環境の良さによる健康効果を再確認してみてほしいと思う次第。

では、ゆるりとおおくりします。

スポンサーリンク

田舎に住むと健康にいいのは何といっても自然が多いから

自然と触れ合うことでメンタルの状態が良くなるのは心理学の世界では有名な話です。

ですので、自然環境豊かな田舎で生活するとかなり精神状態が良くなりそうな気がしますね。

例えば、ハーバードT.H.チャン公衆衛生大学院とブリガム アンド ウィメンズ病院の研究者による研究によると、「女性は緑の多い環境で暮らすとより健康になる可能性がある」そうです。

この研究の大まかな概要は以下の通り。

  • 「全米看護師健康調査」に登録されている女性10万8,630人の2000~2008年のデータを利用
  • 季節を限定せずに数年間の衛星画像を分析して、女性の死亡率と住居周囲の緑の量との関連性を調査した

その結果、分かったことが以下だそうな。

  • 最も緑の多い環境で暮らしていた女性は、最も緑の少ない環境で暮らしていた女性より12%も死亡率が低い
  • 特に死因をガンや呼吸器疾患に絞った場合、死亡率は呼吸器疾患系が34%、ガンが13%も低い

で、この結果に対する理由としては以下のようなものが考えられるそうな。

  • 自然に豊かな環境で暮らす女性の方が騒音や猛暑、大気汚染などによる健康へのマイナスな影響を受けにくい
  • 緑の多い場所では運動する機会や地域と交流する機会が増えてそれによってストレスが小さくなる

ふむ、やはり緑が多い場所で生活するとストレスが減るようですねえ。

事実、うつ症状のある人数を比較すると、木々に囲まれた住環境においては30%ほど少なかったんだそうな。

この調査では女性に関してしか調べられていませんが、おそらく男性についても同様の事が言えると思われます。

男性も女性も人間という点では同じですからねえ。

田舎にすむのはデメリットもある

自然環境豊かな田舎にすむと精神状態が良くなるのは、多分科学的に間違いのないことだと思います。

しかし、田舎に住むことによるデメリットもあるんですな。

そんなデメリットには例えば以下のようなものがあるでしょう。

  • 車がないと不便
  • 仕事がない
  • 恋愛に苦労する
  • 娯楽が少なすぎる
  • 大病院や商業施設が少なくて不便

以下順次捕捉。

・車がないと不便

田舎の程度によっては、電車やバスと言った交通機関が充実しておらず移動には車が必須になる場所もあります。

最近の高齢者の免許返納に関する議論の動向を見るに、近い将来ある程度の年齢になったら免許返納が義務付けられる可能性がありますね。

もし移動手段として車が不可欠な状態で生活していたら、万が一そんな事態になったら死活問題になります。

最低限のインフラがないところには住むべきではない気がしますねえ。

・仕事がない

田舎では以上に就業できる職種が限られています。

しかも都心に比べると給与水準も低めですから、正直ここはどうしたもんかって部分ですねえ。

まあ解決策としては、ネット環境を活用しブログやユーチューブ、ココナラなどを駆使した副業で本業での固定収入をベースにしながら増収を狙うという戦略でしょうか。

副業が上手く軌道に乗ったら、本業が大した収益を生まずとも痛くもかゆくもないですからね。

言ってみれば、本業の収入は「最低限の保険」って感じになりますわな。

ま、、、そんな状況まで持っていける人がそもそもどんだけいるんだって話ですが、不可能ではないでしょうから挑んでみてもいいとは思います。

まあ、マネタイズするならかなり本気で稼ぎに行かないといけませんけどね。

事実、わたしのこのブログオニギリスはあまり稼ごうって感じで攻めていないため、どうも本来なら月に20万以上はゆうに稼げているはずのPV数がありますが全然収益が上がっておりません。

本気でマネタイズしないとまあこんなもんってことです。

ただこのブログに稼げるポテンシャルがあるのは間違いないでしょう(そう思いたいのもある)。

ブログに関して言えば、初期投資が少ないのでやってみてもいい気がしますよ。

ユーチューブよりもはるかにやりやすいです。

ブログの開設に関して詳しくは以下の記事から。

あと自分になにか特技があるなら、それをココナラで販売してみるのも手ですね。

まずはココナラを見てみて自分にできそうなことがないか確認してみましょう。



・恋愛に苦労する

田舎、特に過疎化が進んでいるような場所だと恋愛相手を探すのに凄く苦労します。

やはり相手を探すのであれば、東京やその近郊等の大都市圏の方が圧倒的に有利ですな。

結婚適齢期の異性の数が段違いに違います。

ただ、結婚相手を探す事を視野に入れた場合は田舎が絶対に不利だとは言い切れない側面がありますね。

これは個人的見解ですが、結婚を視野に入れた様な長期的関係を築くことを考えた場合、「恋愛で擦れていない事」が何よりも重要だといえるので田舎の擦れていない人(特に女性)は凄く貴重です。

なので、恋愛対象は少なくとも田舎で擦れていない人を探した方が幸せな結婚生活が営めるかもしれません。

人によっては、「田舎の人はダサいから付き合うには抵抗がある」とか言い出す人がいますが、それこそがすれてない証拠とも言えます。

例えば女性の場合、ちまたで人気がある「いわゆる清楚系の女性」は文字通り清楚、、、なわけでは全然なく、実は真逆で「実はかなり擦れている」と言える気がします。

白に見える黒ってことです。

しかも、男性からの人気が高ければ高い程、つまり「清楚系としての完成度が高くなればなるほど擦れている」とすらいえる気がしますよ。

言ってみれば、彼女たちは「こういう格好をすれば清楚っぽく見えて異性の気をひける」という用意周到な戦略の下「清楚を偽装している」にすぎないのです。

「擦れに擦れているからこそ魅力的に見せられる」という事ですな。

本当の意味で清楚な女性とは大体「芋くさい、ダサい」と言っていいでしょう。

異性の目を気にしたりしていないからこそ「芋くさい、ダサい」訳です。

これは結構大事な視点だと思います。

むしろ、芋くさい人と付き合って「いかに垢抜けさせるか」を頑張ったほうが賢いです。

そうすれば、女性なら「見た目も中身も清楚」になりますし、男性なら「誠実で一途な(雰囲気)気イケメン」になるでしょう。

ま、ポテンシャルの高い芋くさい人を探して付き合うのがいいでしょうなあ。

初めから完成形を望むのではなく、「自分が相手と協力して完成させる」意識を持つのが賢明かもなあって思ったりします。

・娯楽が少なすぎる

人によっては全く気にならないでしょうが、田舎には娯楽施設がすごく少ないので正直いって「つまらなくてやってられない」と言った気分になりがちです。

あまりに娯楽が少なすぎてもそれはそれでストレスになりそうですので、都市圏へのアクセスがある程度容易な地域に住むのが望ましいでしょうねえ。

・大病院や商業施設が少なくて不便

あまりに田舎で暮らしていると近くに大病院がなくて適切な医療が受けられないとか近くにコンビニを始めとした各種商業施設がなくて買い物に不自由する場合があります。

自然が多いのはいいことですが、万が一救急車で搬送されるなんて事態が起こった時は処置が遅れて手遅れになることもありそうです。

そう考えると、あまりにド田舎に住むのは賢明な判断とは言えないですな。

利便性と自然との調和を考えたらどこに住むのが妥当なのか?

上述したように、自然豊かな田舎で生活することで精神状態は非常に改善されると思います。

しかしその一方で、田舎暮らしには様々なデメリットがありました。

しかも「娯楽がない、恋愛に苦労する」以外は場合によっては、どれもこれも危険です。

なので、実際に住むにあたっては自然が豊かさが重要なのは当然として利便性についてもバランスをとる必要があります。

といっても、実際にどこがいいのかよくわかりませんよねえ。

てことで、2021年度「全国住みたい街ランキング」を参考にしてみましょう。

ランキング結果の10位までは以下の通り。

  • 10:沖縄県 那覇市
  • 9:兵庫県 神戸市
  • 8: 京都府 京都市
  • 7:愛知県 名古屋市
  • 6:大阪府 大阪市
  • 5:福岡県 福岡市
  • 4:東京都 世田谷区
  • 3:東京都 港区
  • 2:北海道 札幌市
  • 1:神奈川県 横浜市

ランキング詳細については以下サイト参照。

参考

https://www.seikatsu-guide.com/rank_sumitaimachi/

おっと、、、まさか自分の住んでいる横浜が一位とは、、、全然田舎じゃないし(笑)。

ただ横浜は都会的な感じと自然の多さが結構バランスよく同居している感じはします。

横浜と言ってもいろんな区や町があり、みなとみらいの様なガチの商業地域ばかりではなくかなり田舎らしさのある場所も結構あるものです。

という事で、個人的には「横浜市の中で自然が多い田舎的な地域を探してそこに住む」のが一番の最適解かもしれません。

なんかくそショーもない結論になってしまいましたけど、、、まいっか。

あと、ちょいと余談ですが、家の中に観葉植物を置くのもメンタル改善には有効な可能性がありますね。

詳しくは以下。

おわりに

この記事は「田舎暮らしが健康にいいのはやっぱりまちがいないのかもしれない」と題しておおくりしました。

田舎のように自然環境豊かな場所に住むと精神状態が良くなる可能性が高いです。

なので、やはり住むなら否かってことになりそうですねえ。

、、、とはいえ、田舎過ぎて利便性が低すぎても危険なので、そこは注意したいところですねえ。

ま、何事もバランスっすね。

では!

参考

https://www.cosmopolitan.com/jp/trends/lifestyle/research/a3091/women-live-longer-near-vegetation/

https://www.seikatsu-guide.com/rank_sumitaimachi/

スポンサーリンク
ペットは飼いたいけれど、、、

ペットを飼うと癒されるし、対人関係がよくなったり拡大したりすることが示唆されています。

とはいえ、ペットを飼うのは責任重大。

費用も労力も多大、ご近所への騒音の心配も、、、。

ましてペットロスは家族を失うくらいにつらいもの。

でも、家族型ロボットのラボットなら安心。

費用も長期的に見れば、ペットよりかからないしペットロスもないしサポートも充実。

さあ、ラボットと愛ある暮らしを。

2021年8月31日まで、通常8日間の全額返金保証が100日間全額返金保証です。

また、8月81日まで分割金利手数料をGROOVE X社が全額負担しラボットが1週間程度でお手元に届きます。

この機会にぜひラボットとの生活をスタートさせてみましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事