「自分を粗末にする心理」自分をもっと愛してあげてほしいのだ。

「わたしってばおかしいって。人につめたく当たられるとすごく嫌な気分になる癖して、心のどこかではそれで安心している様な気分になる。しかも自分で自分の事をどこか粗末に扱いがちだ。なんか変だよね、これって。」

んー、複雑な心理よなあ。

オニギリス!

脱マンネリストで心理カウンセラーのおにぎりです。

今回もよろしゅう!!

今回の話題は「「自分を粗末にする心理」自分をもっと愛してあげてほしいのだ。」という話です。

今回は以下のような方に向けておおくりします。

こんな人が読むと役に立つよ

自分を粗末にする人の心理が気になる人
話しのネタが欲しい人等

最近では、「自己肯定感を持つべきだ」みたいな話がすっかり定着してきた感があります。

それというのも、ここ日本では自分の事を認められず息苦しい思いをしている人が多いからこそなのかなって思わなくもないです。

中には自分を粗末にする、つまり過度の自己卑下を行ってしまう人も実にたくさんいるもの。

今回はそんな人たちの心理とその対策について少し見ていきたい次第。

まあ、結論は非常にシンプルでして「自分にもっと思いやりを持てばいい」ってことです。

それが簡単にできたら苦労はないだろってことですけどね。

ここで一瞬だけ宣伝?ですが、「悩みがあんよなー」て人も「ただ誰かに愚痴を言いたいねん!」て人も悩みが重症化する前に頭をクリアにしてみませんか?

おにぎりのカウンセリングについて詳しくは以下。

では、ゆるりとおおくりします。

スポンサーリンク

自分を粗末にするって具体的にどんなこと?

「自分を粗末にする」と言っても、「それって具体的にどういう事?」と思う人もいるでしょう。

そこで、まずはどんなことが「自分を粗末に扱う事」であるのかについて確認してみましょう。

自分を粗末にすることの例としては以下のようなものがあるでしょうねえ。

・何かと自己否定をする
・自分の事を後回しにして人の面倒ばかり見る
・自暴自棄になる

理由はいろいろあるでしょうが、上記のような事が「自分を粗末にすること」の具体例と言えるでしょう。

二つ目に関しては少し言い切れないものの、これらにおよそ共通するのは、その根底に自尊心の低下がかかわっているという事ですな。

社会福祉分野でよく言われるセルフネグレクトも「自分を粗末にすること」の一例であるといえますね。

基本的に、自分の事を尊重することが他者を尊重することにもつながるといえるため、自分の事を大事にすることは人生の幸福において非常に重要であるといえるでしょう。

自分を粗末にする人の心理ってどんなもの?

先ほど述べたように、自分を粗末に扱う心理の根底には基本的に

「自尊心の低下」

があると考えれます。

※自尊心(自己肯定感と同じと考えてよい)とは、端的言うと「自分のいいところも悪いところも含めて受け入れている感覚」のこと。

ただ、それだけで片づけるのは少々大雑把すぎるのでもう少し細かく具体的に自分を粗末にする人の心理について見ていきたいと思います。

例えば、自分を粗末にする人の心理には以下のようなものがあると思いますね。

・自分を貶める事で安心する

自分の事を粗末にする人の中には、一定数「貶められる(自己卑下を含む)ことで安心する人」というのが存在するように思われます。

これは言ってみれば、「悪い意味での自己肯定」と言えます。

具体的に言うと、自己否定の気持ちが非常に強く「どうせ私は誰からも好かれることはないのだ」と思っていると無意識に「自分が好かれない根拠」を探し実際に否定されると「やっぱりね」とより確信を強めて行くという事です。

人からけなされたりすることで傷つきく一方で、「自分なんてどうせ人から好かれることはないのだから何をしても無駄だ」と言った「ある種の解放感を得た気持ち」になるでしょう。

言い方が適切かはわかりませんが、中途半端に落ちている時ほど苦しいものです。

なぜなら、「努力すればもしかしたら上がれるかもしれない」という希望がわずかでも目の前にあるのですから。

しかし、もし「何をしても絶対に無理である」となれば「希望自体が存在しえない」ため望むこと自体がなくなってきます。

これはある意味で「もう何も上がるための努力はしなくていい」というある種の苦しみからの解法を意味するんですね。

人間は期待すればするほど裏切られたときの苦痛は大きいものですが、全ての期待を放棄してしまえば傷つくことはないという事です。

実は、絶望の底の方が中途半端に希望がある状態より気が楽なんてことはあり得るんですな。

ただ心理学的な観点から見ると、このような安心感は間違っても健全とはいいがたいです。

歪んだ安心感や開放感って感じですね。

・他者の気を引こうとしている

自尊心が低い人は、自分で自分の事を認める事ができないため他人から認めてもらたいという気持ちが強い傾向にあります。

これが悪い方向へ向くと、自分をあえて傷つけて見せる事で人に心配してもらおうとするようになったりしてしまうんです。

例えば、リストカット等の自傷行為を繰り返す人もこれに該当するといえそうですね。

あと、いわゆる悲劇のヒロインになりたがるのも歪んだ承認欲求によるものと言えそうです。

・完璧主義である

いわゆる完璧主義に陥っている人も、自分の事をそ街に扱いがちです。

「少しでも至らないところがあってはいけない」、「ささいなミスも絶対に許されない」のような自分に対して過度の完全性を要求するのはかなり精神的には不健全と言えます。

人間は神ではないので、どうあがいても完全な存在にはなりえません。

どんなに完璧に見える人も必ず何かしら足りないものはあるものです。

「少しの欠点も許されない」という考え方に支配されていると、「こんなダメな自分ではいけないのだ!」と「必要以上に」自分をいじめることになります。

こんな調子では精神的にどんどん疲弊していってしまうのです。

何かを完璧にしたいと望むこと自体はいいのですが、その気持ちの根底に「自分への信頼」がなくてはまずいってことですな。

自分の不完全性をみとめた上で自分の願いに気づこう

ここまで自分を粗末にする人の心理等について見てきましたが、その対策はおよそ共通しています。

それは「もっと自分に対して思いやりを持つ事」なのです。

まずは、自分の不完全性を認めそれを受け入れるところから始めるといいですかね。

わたし達はことさら「正常、健康であること」みたいなものが普通の状態であると考えがちですが、そもそもその考え方自体に問題があります。

そうではなく、こう考えを転換してみましょう。

「わたし達は何かしら足りないところがあるものである」と。

どんなに健康な人であっても、本人なりに何かしらたりないと思うところはあるでしょうが、それは病気気味の人であっても同じことです。

自分の足りないところを無理に個性だとか長所だとことさら無理に思う必要もありません。

「みんな何かしらかけている」という点で納得できれば十分です。

こういった考えをするならば、多少なりとも完全性を追求しようとの意欲は減るでしょう。

ただ、自分を粗末に扱う原因が幼少期のいじめや虐待などの体験に起因する場合には、まずは認知行動療法などで過去をいやす必要がある場合もあるでしょうな。

とりあえず、自分の不完全性を認める事からスタートしてみたいものです。

そして、もう一点。

自分は本当は何を人生に対して期待しているのかをある程度でいいのではっきりさせましょう。

先ほど、「落ち切ってしまうとある種の解放感がある」と言いましたが、この解放感は決して健全なものではありません。

自分が本当は何を望んでいるのかについて一回きちんと考えてみましょう。

そうすれば、苦境においてもどこに向かっていくべきなのかと言った方向性が見えて努力をする気にもなってくるかと思います。

自分が何を望んでいるかについては以下の記事を参考にしてみると見つかるかもしれません。

おわりに


この記事は「「自分を粗末にする心理」自分をもっと愛してあげてほしいのだ。」と題しておおくりしました。

自分を粗末にしてしまう人は共通して自尊心が低い傾向があると思われます。

その原因は実に様々でしょうが、まずは人間の不完全性を受け入れたり、自分が何を望んでいるのかといった事を考えてみましょう。

そういった事をすれば人生を幸福に過ごせるようになるのではないかなって思ったりもしますね。

中々難しいですが、少しずつでも進んでいきたいものです。

では!

参考記事等

自分を愛せない人は他人も愛せないという言葉は果たして真実なのか?

スポンサーリンク
ストレスの扱いに困っている人注目!

あなたは以下の様な事に悩んでいませんか?

こんなことに悩んでいませんか?

  • ・自分に自信が持てない
  • ・もっと人と話すのが上手くなったらいいのに
  • ・自分がなんのために生きているのかよくわからなくなってきた
  • ・自分に合ったストレスの解消法がわからない
  • ・とにかく愚痴を言ってスッキリしたいけど、誰も聞いてくれる人がいない
  • ・繊細な心の扱いに困っている
  • ・他人にいいたいけど言ったらひかれるような独特の感情や考えを自分だけで抱えていてどうにもつらくもどかしい
  • 明るい性格になりたいと思っているけど中々なれない

もしあなたが上記のような事に悩んでいるのなら、お力になれると思います。

悩みが深まると、自分では自分の事が見えなくなってしまうものです。

自分を変えるのは自分でしかないですが、第三者との対話を通し自分の内にあるこれまで気が付かなった側面や思考といったものに気が付けたりします。

その気づきが思わぬ突破口となって人生を変えていく事はしばしばです。

わたしのカウンセリングはそのような気づきのきっかけの提示やそれを促進する提案をして、あくまでもあなたが自身の持つ力を最大化することを手助けするものです。

これは、あなたにはもとより強く生き抜く生命力が備わっているからこそのもの。

あなたは決して弱くはない。

自らのもとよりもつ強さや長所に気づいてください。

何も卑下することはありません。

ただ今、土日の16:00~21:00の間でカウンセリングを実施しております。

オニギリのカウンセリングの料金等の詳細についてはこちら。

なお、カウンセリング予約は当ブログのコンタクトフォーム公式ラインの方からお願いします。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事