「人として」という表現は気持ちが悪い。「人の正しいあり方」は無数にある。

今回は以下のような方に向けておおくりします。

こんな人が読むと役に立つよ
  • ・「人として」という表現に違和感を感じている人
  • ・話しのネタが欲しい人等

「最近、気がついたけどよく自分の上司が部下を怒る時に、「人としてどうなのか」って言葉をすごく多用するのに気がついた。でも、よく考えたら「人として」というけど、どんなものが「人」なんだろうか?人の定義なんてそれこそ人によるだろうし、いちいち他人におしつけるもんでもない気がするよなあ、、、」

まあ、そうねえ。

オニギリス!

今回もよろしゅう!!

今回の話題は「「人として」という表現は気持ちが悪い。「人の正しいあり方」は無数にある。」という話です。

はい、正直な話「人として」という表現には小さい頃からとっても違和感がありました。

別にわたし自身は反社会的な事をしたい訳でもなんでもないですが、単純に子供ながらに「人としてってなんやねん?」という気持ちでいっぱいでした。

そもそもの人の定義がわかりませんからね、、、。

定義もはっきりしていないのに「人として、、、」と言われても「はあ?」てなりませんか?

てか、なっている人も結構いるんじゃないですかね?

個人的な感想ではありますが、「人として」をやたら多用している人って「人に自分の価値観を押し付けて従わせようとしているだけなんじゃね?」て思います。

そして、「人として」が口癖の人、、、結構「ヤバいヤツ率が高い」気がしています。

「人として」を多用する人には気をつけた方がいいかもしれません。

ここで一瞬だけ宣伝?ですが、「悩みがあんよなー」て人も「ただ誰かに愚痴を言いたいねん!」て人も悩みが重症化する前に頭をクリアにしてみませんか?

会話力の強化もお任せあれ!

おにぎりのカウンセリングについて詳しくは以下。

あと、公式ラインでは不定期ですがストレス解消についてのお役立ち情報を配信しています。

登録お願いしマッスル。


友だち追加

では、ゆるりとおおくりします。

スポンサーリンク

人ってなに?

さて、「人として」の謎?を解明しに行く前に「人」って何かちょいと考えてみましょうか?

ちなみに辞書では、、、

 動物分類学上は、霊長目ヒト科ヒト属の哺乳類。直立二足歩行し、手で道具を使い、大脳はきわめて発達し、複雑な言語をもつ。多様な文化を伝承し、地球上で最も栄えた文明をつくり上げている。現生種は一種だけ。学名はホモ‐サピエンス。人間。人類。
 個々の人間。ある特定の個人。「裕福な人」「大阪の人」「目上の人」「人は一代、名は末代」

㋐その事をするのにふさわしい人材。有能な人材。「彼は教育界では得がたい人です」
㋑ある仕事・職業などに従事する人材。「人を募集する」「人が不足している」
 成人に達した者。おとな。
 人柄。性質。「人が悪い」
 世間の人間。「人の目を気にする」「人に何といわれようと平気だ」
 自分と相手以外の人間。他人。「人の悪口をいう」「三時に人が来る」「迎えに人を遣る」
 話し手が自分を第三者のようにいう語。わたし。「人のことも少しは考えてくれよ」

㋐妻が他者に対して、夫をいう語。「うちの人」
㋑意中の相手。恋人。
10 法律上、権利・義務の帰属主体である地位または資格。権利能力者。自然人法人とがあり、狭義には自然人だけをさす。
11 人民。臣下。臣民。
「君も―も身を合はせたりといふなるべし」〈古今・仮名序〉
12 身分。
「―もいやしからぬ筋に」〈・夕顔〉
13 人里。人気(ひとげ)。
「―に遠くて生(お)ひ出でさせ給ふめれば」〈・総角〉
14 従者。家来。供。
「某も―を持ってござれども」〈虎明狂・二人大名
[代]二人称の人代名詞。あなた。
「誠に、―は十三、我は十五より見そめ奉り」〈平家・七〉
[下接句]馬方船頭お乳(ち)の人駕籠(かご)に乗る人担ぐ人そのまた草鞋(わらじ)を作る人眼中の人地獄にも知る人裁ち縫わぬ衣着る人東西南北の人十(とお)で神童十五で才子二十(はたち)過ぎれば只(ただ)の人文は人なり冥土(めいど)にも知る人立志伝中の人我か人か

引用
https://kotobank.jp/word/%E4%BA%BA-536577

まあ、参考までに乗っけてみましたけど、、、、どうですか?

この説明だとわたしの場合一番しっくりくるのは一番上の「生物としての人の定義」ですね。

これが多分一番客観的ではないでしょうか?

言葉を定義するならなるべく具体性がある方がいいですよね。

とはいっても、実際には上記の意味の「人」が「人として」の人ではないですね。

往々にして「人として」の人は「道徳的な意味合いでの人」ですよね。

だからこそ厄介なんですね。

道徳ってそもそも主観的なものだからです。

正解が人によって異なるのですよ、、、。

「人として」という言葉には内容が無い

もう、気が付いている人は沢山いると思いますが、「人として」と言う表現は、そもそもが「人に関する共通の見解」を共有していてこそ意味をなすものです。

もし、「人」に対する見解がお互いに違っていたなら、

「あ?お前の考える人ってワイの考える人とはちゃうんやけど?」

となって話にならないでしょう。

「人として」のようにかなり省略された表現は「共通の価値観や考え方」が無いと成立しません。

しかし、日頃から人というものについての見解を話しあっている仲であるならともかくも、そんな話をしてもいないのに「人として」と言われたところで「は?お前の人間観なんて知らんし」となるだけ。

でも、言われた方としては一応空気をよんで「ああ、なんか道徳とかで言うところの人?かなあ、、、」て想像するって話。

でも、本当にその推測が当たっているのかはわからないのですよ。

直接相手に確認でもして見ないとね。

なので、「人として」という言葉には内容が無いと言ってもいいと思います。

意味のとらえ方は言われた文脈と「本人の想像」によるだけですね、、、、。

人として、、、、まあ、よくわかんない言葉です。

道徳をもちだしてくる奴にはろくなやつがいない

これは私の主観ですが、えてして「道徳を前面にもちだすヤツはクソ」である傾向が高いと思います。

実は、こういった連中は道徳を悪用しているのです。

それなりに納得できる人はいるのではないでしょうか?

普通の人は「道徳的におかしい」とか言われるとその時点ですぐ罪悪感を持ったりする傾向にあると思います。

実は、連中はこの「罪悪感」を感じさせるのを狙って「道徳」を前面に出してきているんですね。

これを道徳の権威性の乱用と言わず何と言うか。

「人として」という言葉は「道徳上の人」という概念を想起させます。

相手に「自分の行いは非道徳だ」と罪悪感を植え付けて行動を支配しようとしているのが実態でしょう。

道徳を盾にして攻撃されると反論もやりにくいですよね、普通。

しかも、道徳をもちだした側は「正しい感じ」が傍目にはする傾向があると思います。

周りからも批判されにくい状況を作って攻撃してきているわけです。

ちなみに、わたしみたいなひねくれ者になると「お前の道徳じゃね?それ。こっちが知るわけないから。」となって罪悪感どころかただ疑問を感じます。

むしろ、共通理解もないのにこんな表現を使う事に頭の悪さを感じるかもしれません。

そして、次に思うことと言えば

「道徳とかそんなもんどうでもいいから。問題だったことだけいえばいいよ。よほど善人アピールというか自分は正しいって周りに思わせたいんだなあ。」

て感じです。

こんな常識やら道徳やらの権威性を借りてきて人を従わせようとする連中には事前に対策を立てておくのがおススメです。

参考に記事おいときますね。

https://datsumanneri.com/covered-aggression/

自分なりの人間像をもとう

「人として」の人は道徳的な意味合いでの人である場合がほとんどでしょう。

でも、道徳って実によくわからないもんです。

道徳とは一応辞書的には「社会生活を送る上で各人が守るべき行動基準」とかって意味になりますが、、、これを決めるのは「あなたの良心」なんです。

「人としてどうあるべきか」はあなたがきめるしかないのですよ、本質的に。

一応、どの国であれ文化であれ共通して「守るべきとされるであろう価値観」には「命を大事にする」、「自分のできる範囲で弱いものを助ける」なんてもがあるかもしれません。

ただ、これは「かもしれない」程度の話。

もしかしたら、「命に価値はない」とか「弱者は不要だから見殺しにするのが妥当」という考えが実際的な常識となっている国もあるかもしれません、、、、ま、わたしは個人的には支持しませんけどね。

大事なのは「あなたなりの人間観」。

そして、その人間観は当然ながらこの世界にそれこそ人の数ほどある。

だから、「人として」なんていわれても、それは「お前はわたしの人間観的にはダメなやつだ」と言われているだけにすぎません。

もういいんですよ、そんな言葉をきにしなくて。

「人として」と言われたら罪悪感より疑問を持ちましょう。

「この人の言う人とはなんだ?」とね。

さあ、、、、あなたの考える「人」とは?

その問いに真摯に向き合っていけばいいだけです。

おわりに

この記事は「「人として」という表現は気持ちが悪い。「人の正しいあり方」は無数にある。」と題しておおくりしました。

「人として」という言葉は一般には「道徳上の人」を想定した発言と考えてよいでしょう。

このように省略された表現では「人」に対する共通の理解が無いと意思の疎通が成立しません。

しかし、道徳はそもそも個人的なものであり画一的なものではありませんね。

なので、実質的には「人として」という言葉に内容はないと言ってもいいんじゃないかと思います。

「人とは何か」みたいな答えのない問いには各人がそれぞれ答えを持てばいいのであって、わざわざそれを他人同士で共有する必要も、まして押し付ける必要もないのです。

道徳なんて個人が自分なりに形成するもんですから、いちいち他人にとやかく言われる筋合いなんかないんですよ、本来。

実は、道徳道徳いっているヤツほど「非道徳」だったりしてね。

色々言葉って難しいっすね。

では!

参考記事等

我の強い人は我の活かし方をポジティブな方に向けると人生よくなる

スポンサーリンク
ストレスの扱いに困っている人注目!

あなたは以下の様な事に悩んでいませんか?

こんなことに悩んでいませんか?

  • ・自分に自信が持てない
  • ・もっと人と話すのが上手くなったらいいのに
  • ・自分がなんのために生きているのかよくわからなくなってきた
  • ・自分に合ったストレスの解消法がわからない
  • ・とにかく愚痴を言ってスッキリしたいけど、誰も聞いてくれる人がいない
  • ・繊細な心の扱いに困っている
  • ・他人にいいたいけど言ったらひかれるような独特の感情や考えを自分だけで抱えていてどうにもつらくもどかしい
  • 明るい性格になりたいと思っているけど中々なれない

もしあなたが上記のような事に悩んでいるのなら、お力になれると思います。

悩みが深まると、自分では自分の事が見えなくなってしまうものです。

自分を変えるのは自分でしかないですが、第三者との対話を通し自分の内にあるこれまで気が付かなった側面や思考といったものに気が付けたりします。

その気づきが思わぬ突破口となって人生を変えていく事はしばしばです。

わたしのカウンセリングはそのような気づきのきっかけの提示やそれを促進する提案をして、あくまでもあなたが自身の持つ力を最大化することを手助けするものです。

これは、あなたにはもとより強く生き抜く生命力が備わっているからこそのもの。

あなたは決して弱くはない。

自らのもとよりもつ強さや長所に気づいてください。

何も卑下することはありません。

ただ今、土日の16:00~21:00の間でカウンセリングを実施しております。

オニギリのカウンセリングの料金等の詳細についてはこちら。

なお、カウンセリング予約は当ブログのコンタクトフォーム公式ラインの方からお願いします。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事