キャッシュレスを嫌い現金にこだわる人の心理はお金への愛着かも?

「最近は支払いがペイペイとかみたいなQRコード決済のおかげで大分便利になったよねえ。これからは日本も中国みたいにQRコード決済が主になってくるんだろうなあ。便利でいいことだ。、、、なのに、友人の中には執拗に現金にこだわる人がいるんなよねえ、、、わからないわ。現金払いなんてめんどくさいじゃん。高齢者でもあるまいにスマホの使い方がわかんないとかじゃないっしょ?変なの。」

んー、まあいろんな人がいるからねえ。

ちなみに、わたしはスマホだけで支払いができる未来は楽でいいとは思うけど、同時に問題だとも思っておるね。

詳しくはこちら。

オニギリス!

脱マンネリストのオニギリです!

今回もよろしゅう!!

今回の話題は「キャッシュレスを嫌って現金にこだわる人の心理」についてです。

はい、そもそもキャッシュレス決済というと現金以外の決済方法のことですね。

今回は「スマホを利用したキャッシュレス決済」に話を限定して進めてまいります。

で、キャッシュレス決済を使いたくない人の心理といってもいろんなものがあります。

例えば、、、、

  • 通信がうまくいかない時がある
  • 店員の人がよくわからないとかえって時間がかかる
  • スマホの充電が少ないと気が気ではない

なーんて、感じのものがあったりするようです。

今回は上記以外でキャッシュレス決済をしたがらない理由を考えてみたいと思います。

それは、、、、

「お金への愛着」

です。

ん??

ばかばかしい??

いやいや、結構物理的なお金への愛着ってすごいものがあるんです。

では、ゆるりとおおくりします。

スポンサーリンク

お金の本質は「信用」

あなたはお金と聞いて何を思い浮かべますか?

多分、多くの場合は一万円札のようなお札や500円玉ののような効果を想像するでしょう。

お金の値打ちというものはそれを何か価値のあるものと交換できるというところにあります。

そう、言ってみればお金は「価値の貯蔵庫」といっても言い過ぎではありません。

しかし、誰が「お金と価値あるものの交換を保証するのか」がそもそも問題です。

ただの金属の塊は食べれもしないし、紙切れは食べても消化されないし誰かが「それに価値があることを保証」してくれないと安心してつかえませんね。

なので、お金の本質は「信用や信頼」となのです。

あなたは金本位制というものを知っているでしょうか?

金本位制とは、、、

金を通貨価値の基準とする制度。中央銀行が、発行した紙幣と同額の金を常時保管し、金と紙幣との兌換を保証するというもの。1816年に、英国が1ポンドの金貨鋳造をはじめたのが金本位制のはじまりだと言われている。日本では、1897年に明治政府が金本位制を採用。1929年からの大恐慌主因で主要各国は金本位制を離脱し始め、金の保有量とは関係なく通貨を発行する、管理通貨制度へと移行

引用

https://kotobank.jp/word/%E9%87%91%E6%9C%AC%E4%BD%8D%E5%88%B6-248529

ちなみに、兌換(だかん)とは「紙幣と本位貨幣(正貨)を取り替えること」。

まあ、本位貨幣について長々と記述すると本記事の論旨とずれるのでこちらで気になる人は確認してくださいな。

参考

https://kotobank.jp/word/%E6%AD%A3%E8%B2%A8-85532

上記説明にもあるとおり、1929年までは金を価値の基準としてお金を考えていたわけです。

もう本当に最近ですね。

で、大事なのは「金を基準にしていた」という点です。

なんで金だったのでしょうか?

希少だから、きれいだからとかいろんな理由が考えられないわけではありませんが、結局のところ、、、

「金を貴重なものとしてあつかってきたから」

という心理的なものが根本にあるといえそうです。

お金に価値を与えるのは人なのです。

何にでも、価値を吹き込むことはできるのですよ。

人類学者のデヴィッド=グレーバーさん達の研究によれば、お金は5000年前には存在していたとのこと。

そして、そもそもお金が存在する以前の時代、つまり物々交換の時代であっても、「価値が等価であるか」という意識はあったはず。

家の屋根を修理してもらったら、その労力に対して何をひきかえにすれば、釣り合うのか双方で合意できるものを話し合う、、、なんてね。

つまりですね、突き詰めていくとお金の価値は信用ではあるものの、基準となるものが存在することが不可欠です。

で、その基準自体は「人間が勝手に決めたから」。

金に価値があるのも究極的には「歴史的によってたかってみんなが価値があると扱ってきたから」です。

金でなくても何でも基準になりえたわけですね、心理的な意味ではね。

こう考えると何が本当に価値があるのかわかんなくなってきますねえ。

形のあるお金への愛着は格別

実は、お金の物理的な形状それ自体に価値があると感じてしまうのが人間というものです。

人がお金の物理的形状に強い愛着を持つと発見したのは、心理学者のステファン=リーさんとポール=ウェブリーさんでした。

人間はお金の形状にももちろんこだわりますし、同時に意匠、つまり装飾にもこだわるものです。

外国の事例ではありますが、意匠の変更が怒りや脅迫につながった場合もあるといいます。

このような心理的傾向から考えると、あくまで現金にこだわる人の中にはかなりの割合で「お金への愛着」が人一倍強い人が含まれているのかもしれませんね。

いわゆる貨幣収集家やコインコレクターの人達の収拾の動機にこの「お金への愛着」が関係あるような気がしてなりませんねえ。

ただし、日本の場合は日本人には不安を感じやすい遺伝子を持っている人が多いのこともあり、単にキャッシュレスを嫌がる人は「お金に実体がなくなることへの不安」が大きいのかな?なんて思ったりもします。

まあ、理由なんて複合的なもんですからねえ、、、。

「これが理由だ!」とは断定できないもんですね。

無形物より有形物のほうが信用されるよね

これはただの私的考察にすぎませんが、「無形物より有形物のほうが信用されやすい」と思います。

例えば、営業の世界でも無形商材を売るときにはいかにその商品の具体的なイメージを顧客にあたえられるかが問題になる等と言われますね。

ですから、無形商材を扱う営業パーソンは何とか商品の具体的なイメージを持ってもらうために、資料の作り方とかパンフレット作りとかいろんなところに注力しているって話。

まあ、そもそも営業は信頼関係があって初めて物が売れるということが通説のようですから(個人的には納得)、商品が無形有形という以前に営業パーソン自身が「信頼できる人格」であるかが問題ともいえます。

ただやはり、目に見えないものは実体がないので触ったり見たりもできず、どうしても具体性に欠けるんですよね。

で、お金の本質も信用や信頼というものであり、そもそもお金も実体のないものです。

その実体のないものになにがしかの形を与えることで具体化され、それによりお金自体に対する信頼がまし、人はそこに愛着すら感じるようになったのかもしれません。

なので、どんなものも「目に見えるようにする」とか「相手によくわかるようにする」というのが大事ということ。

それが相手との信頼関係の強化になる可能性があるといえます。

例えば、心理学の研究結果には「感謝の気持ちは伝えようとしないと伝わらない」とか「リアクションに乏しい人は嫌われたりする」とかいうものがあったりします。

人間は原則として「未知のもの、予測できないもの」は恐れますからね。

その時々の気持ちはしっかりと相手に伝えるようにしたほうがいいのでしょう(まあ、負の感情に関しては例外もあるけど)。

参考記事等

おわりに

この記事では「キャッシュレスを嫌って現金にこだわる人の心理」についてお金に対する愛着という側面から述べました。

人間の硬貨や紙幣等に対する愛着には並々ならぬものがあります。

お金の本質は「信頼」であり、お金自体に本当は形はありません。

あくまで考察でしかないですが、人はそもそも「未知のもの」等を恐れるので、お金に実体が与えられることで具体化されてよりその信頼がまし、果ては愛着まで感じるようになったのかもしれないですね。

そう考えた場合、無形のものを有形化すること、もっというと「自分の気持ちを形にする、相手によくわかる形で表現すること」で信頼を得やすくなる可能性もあると思うんですねえ。

気持ちって「思っているだけ」だと「ないのと一緒」ですからね。

例えば、「片思い」なんて何にもならんのですよ、言っちゃあれだけど。

ちゃんと思いは伝えないとね。

最後にキャッシュレスによって生じるお金の使いすぎに対策する方法を置いておきます。

では!

スポンサーリンク
楽して稼げる副業はないけれど、ささみサロンなら頑張れば高確率で勝てる道がある

『楽して稼げる副業』

『初月かららくらく月収100万円』

こんな広告文句に目を輝かせる情報弱者の人は世の中に実に多いです。

ただ、きっと、あなたは違うでしょう。

なぜなら、少なくともタイトルの「楽して稼げる副業はない」という言葉を見ても、引き返さずここを見ているのですから。

本当の情報弱者とは「いや、そんなことないさ!きっと楽に稼げる副業はあるもん!」等と楽をしたい気持ちを優先して現実から目を背けます。

そうして、貴重な機会を失い続けることになるという話。

厳しい現実があったとしてそれを「受け入れるか受けれないか」、、、この選択肢のいずれをとるかでその後、「本当に楽な人生をおくれるのか」それとも「今よりもっともっと苦しい思いをするのか」が変わってきます。

そもそも、「楽に稼げる副業」なんてものはこの世にありません。

いわゆる転売や物販にしろ、ブログやアフィエイトにしろ、みなそれなりの金額を稼ぐためにはかなりの作業量と努力が欠かせません。

まして今のネットの状況は、個人がブログやアフィリエイトで記事を上位表示させるのは非常に困難であり、多くのブロガーやアフィリエイターが「もうブログはオワコン」とか「もうアフィリはオワコン」等と嘆き、一時は勢いがあった猛者たちも静かにその姿を消していくあり様。

そして、「初月から云十万円」とのたまう業者の中には、

「物販やブログといった基本的な情報だけしか用意せずそれでたとえ月に数万円でも利益を出したらその実績をもとに基本的な手法を「自分が初月から~で○○万円稼いだ方法」のようにタイトル付けして高値で売れ、そうすれば月数十万円になるから。そしてそれで数十万円稼いだらまたその実績をもとに、、、」

といったグレーゾーンな手法で情報弱者から吸い上げている者もいます。

これは、私が彼らの取る手法を勉強するためにわざと試しに公式ライン登録してみた時に分かったことです。

まあ、誰とは言いませんが。

いずれにせよ、ブログやアフィリエイト、物販などで純粋に稼ぐのは至難の業なんです。

そのうえ最近では、ブログやアフィリエイトは元から「簡単に稼げるような類の副業ではない」のにそのハードさは以前よりはるかに増しています。

でも、「ブログもアフィリエイトもオワコンでは決してない」のです。

それは断言しましょう。

では、なぜそう断言できるのか??

それは

「この悪環境の中にあっても月に数百万単位で稼ぎ続けている凄腕アフィリターが未だにいる」

からです。

しかも、「まぐれ当たりで成功したのではなく数々の挫折を経験してなおネットで勝ち続けている再現性の高い手法を身に着けている本物のアフィリエイター」です。

もはや、アフィリエイターというよりは、総合的なビジネス戦闘力が高い人物といった方が正しいですね。

この悪環境の中、敗退していくアフィリエイトやブログの敗残者達は口々に自分を正当化するためにいうのです、「ブログはオワコン」と。

しかし、「実際に稼ぎ続けている人がいる」という事実がある限り、彼らの発言は結局の所「ただの負け惜しみでしかない」のです。

そんなアフィリエイトの強者の一角がこの白い物体『ささみみりん氏』。

彼は過去にアフィリエイトで「単月1000万」を達成し、その後ブログアフィリエイトでも月に300万を安定して稼ぎ出すなどの実績を持つ凄腕。

また、彼は歴一〇年超のプロであり、現在も研鑽を怠らずアフィリエイトやブログ運営の未来を見据えた新たな戦略も用意しその戦略を惜しみなく自身のサロンにて公開しています。

※この金額は純粋にアフィリエイトで稼いだ金額。

今でも、アフィリエイトやブログでそれなりの大きな額を稼ぐことは全然可能であり、それを彼は体現し、アフィリエイトやブログの運営において再現性の高い手法をサロンにて公開しているのです。

ただ、その手法はどれも世の中に転がる幻想まみれのものとは違い、「非常に現実的で泥臭く厳しいもの」。

もちろん、それぞれの情報は非常に詳細かつ丁寧に整理されていてわかりやすいのですが、「その内容をしっかりと理解したうえで愚直に実践できるか」と言うとかなりハードと言う事です。

ここまで聞いて「はいはい、よくある情報商材屋にありがちなモリモリな実績アピールですねー」と思ったあなたは、素晴らしいです。

その疑い深さがあるからこそこの嘘と真実の入り乱れるネットの情報の奔流にもてあそばれないというもの。

ただ、こうした賢明な人にも弱点があるのを忘れてはいけません。

それは「疑わしいものには触れないという慎重さのあまり1%未満の貴重な真実を取り逃がす可能性がある」と言う事です。

慎重であることも賢明であることも、無用なリスクをとらないために大事な姿勢。

しかし、世の中には「実際に多少のリスクを承知ででも飛び込まないと知りえない真実」と言うものもあり、そうしたごく少数の真実こそ「情報強者だけが知っている価値ある情報」となります。

世の中に渦巻く「ブログ運営に関する小手先の上澄みの様な情報」は、少し賢い人であればすぐに取ってこれますが、「本当に価値ある奥底にある情報」は「リスクを承知で飛び込んだものにしか得られない」のです。

正直、わたしも割と疑い性格なので、世に渦巻くオンラインサロンなどと言う存在に対して、「ただのサロン運営者どもの金づるを量産するためだけの搾取装置にすぎない」といった冷ややかな目を向けていました。

ただ、わたし個人だけでは「どうにも今のいかんともいえない現状(ビジネス全般やこの先のブログ運営の方向性や発展させた後の展望等)の閉塞感を打破できない」という思いが募り、最近になって初めて「誰かに教えを乞う事」をはっきりと意識しました。

そんな時に、先ほど言及した白い物体の存在をユーチューブにてたまたま知ったのです。

https://www.youtube.com/watch?v=zsO2Sa-bDm0

これは感覚的なものになってしまいますが、どうも彼の語り口などから「何やらタダものではない感じ」や「物事に取り組む際の誠実さ」のようなものを感じたので、ささみサロンに試しに入ってみようと思ったのです。

何せ、通常の毎月のサロン会費が3300円(税込み)のところ、初月はSNS登録料の498円(税込み)しかからないと言う事でしたから。

しかも、「いつでもやめていい」。

※ただし、近いうちに4000円台後半への値上げが決まっている。今、入会すれば値上げ後も3300円のままサロンに参加できるので、今が一番コスパがいい。

さらに、ささみサロンに入会すると以下のような特典がもらえます。

7日で覚える「超訳アフィリエイト」

アフィリエイトを全く知らない初心者が、入会後7日間でアフィリエイトで稼ぐ為の基礎を学べる動画カリキュラム

厳選プラグインリスト

今の複雑なGoogleのアルゴリズムに対応するには、wordpressのプラグインのフル活用が必須。

そこで、現役アフィリエイターのささみりん氏が使用する厳選WordPressプラグインリストを公開。

WEB担当者 必携ツールリスト

WEB集客を考えるなら絶対に抑えておきたい「必携のWEB集客分析ツール」をリスト形式でプレゼント。

最短で月収30万円を突破させるロードマップ

今からアフィリエイトを始める人でも、確実に結果を出し、結果が出た後も安定的に結果を出し続けるための再現性の高い方法を公開。

コスパを高める最強の外注戦略

外注ライターにとってはあまりうれしい事ではありませんが、質の高い記事を安く買い叩くスキルはアフィリエイターにとって重要。そこで、ささみりん氏がこれまで実際に試して有効だった「質の良いライターを安く揃える方法」をまとめたレポートをプレゼントします。

最強のASPレントラックスへ登録する権利を付与

7桁8桁といった高額報酬をたたき出すトップアフィリエイター達が活用する高単価案件であふれるASP「レントラックス」への入会権を付与。レントラックスへの登録は、通常レントラックス側に実力を評価されなければ登録できません。かなりの狭き門です。そんなプレミアムなASPレントラックスにサロンメンバー限定でご招待(参加には180日以上の継続参加が条件)。

ささみサロンには、稼ぐために実際に使える強力な武器がそろっているのです。

武器はあります。

あとは、「あなたの気力と行動力」です。

、、、ただ、それだけです。

もし、「ささみサロン役にたたないじゃねえか!」と思ったのであれば、初月のうちに解約すれば「無料でサロンのコンテンツを見れる」と言う事になりますね。

もっとも、コンテンツの総数は1000を優に超えそれぞれが非常に濃いので、一か月程度では到底コンテンツを消化することなどできないですが。

率直に言って、わたしも「入ってみて大して価値がないと思ったらすぐにやめてしまおう」と思っていました。

わたし自身、「効果のないものにかける金をかけるのは死んでも嫌だ」という信条だからです。

ええ、わたしは目的を決めない行動ものぞんだ効果のないものもただただ不快で切り捨てずにはおれないのです。

そんな、偏屈な私ですが、ささみサロンには決して惰性ではなく積極的な理由で何か月も在籍しています。

明確な結果と言えば、まだ紅茶とギターを題材としたブログ「ティーゼンスミス」のpvがサロン入会前

( 2022 年8月あたり)に5000もあったかどうかであったのが最近ついに11000を超えるようになった、とか「自分の特技(ギター)を生かした商材を作って販売しある程度売ることができるようになった」と言うところでしょうか。

ただ、ささみサロンに入ってから全体的に作業が前進し始めたのは確かです。

サロンの情報を得ても実践しない事には、何の効果もないので「お客様感覚」で参加するのは御法度です。

本物の情報があるところ、本物になろうとする意志のある人が来れば「必ずやものになる」と思います。

ただ、「お客様感覚で手取り足取り教えてほしい」という他力本願な人は、きっとものになりません。

まあ、ゴタクはいいでしょう。

自分の生活に経済的余裕をもたらし、ひいては事業主になって会社勤めから脱する、、、そんな希望や野心があるのなら、ささみサロンでともに切磋琢磨しましょう。

それでは賢明なあなたと「ささみサロン」にて会えることを楽しみにしています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事