スポンサーリンク

夜のドライブに最適のオシャレでエモいアーティスト洋楽部門

次は洋楽いってみヨウ!

さて、気にいるアーティストはいるかな?

では、HERE  WE GO!

jamiroquai(ジャミロクワイ)

言わず知れた大御所ですね。

ジャミロクワイはイギリスのアーティストです。

ジャンルはアシッドジャズです。

わたしはやはりヴァーチャルインサニティが大のお気に入りです。

カラオケに行ったら歌いたい曲でもあります。

公式チャンネル:https://www.youtube.com/user/Jamiroquaivideo

Daniel Powter(ダニエルパウター)

ダニエルパウターはカナダ出身のアーティストです。

ピアノでの弾き語りスタイルからピアノマンなんて言われたりしていますね。

代表曲はやはり、2005年に全世界的ヒットを記録した「bad days」でしょう。

公式チャンネル:https://www.youtube.com/user/DanielPowter

Pharrel Williams(ファレルウィリアムズ)

ファレルウィリアムズはアメリカのアーティスト。

彼の曲では個人的に「Happy」が一番好きです。

公式チャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCNUbNl2U6Hg8J0Zem6hzC2g

Sigala(シガーラ)

シガーラはイギリスのアーティストでDJです。

全英チャートでも1位を連発したりする人気ぶりです。

公式チャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCgR3ohlFbKx6yjg2xz0CFOQ

Alicia Keys(アリシアキーズ)

アリシアキーズはアメリカのアーティストです。

ジャンルとしてはジャズやR&Bに該当します。

公式チャンネル:https://www.youtube.com/user/aliciakeys

Nora Jones(ノラジョーンズ)

言わずと知れたアメリカのアーティスト、ノラジョーンズです。

ジャンルとしてはジャズ、カントリーなどに該当するでしょうか。

公式チャンネル:https://www.youtube.com/user/norahjones

P!nk(ピンク)

ピンクはアメリカのアーティストです。

ジャンルはロックやブルース、R&Bに該当するでしょう。

公式チャンネル:https://www.youtube.com/user/PinkVideoVault

Talor Swift(テイラースウィフト)

テイラースウィフトは、アメリカのアーティストですね。

ジャンルはカントリーやロックでしょうか、、、。

ちょっと分類がわかりにくいですね。

公式チャンネル:https://www.youtube.com/user/taylorswift

Adam Young(アダムヤング) 

アダムヤングはアメリカのアーティストです。

ジャンルはシンセポップですね。

ソロプロジェクトのOwlCityでの楽曲「Fireflies」 は聞いていて心地いいですね。

公式チャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCv9z4ZvS2UcPB1QItF19jGQ

Ella Mai(エラメイ)

エラメイはロンドン出身のアーティストです。

ジャンルはR&Bとヒップホップでしょう。

公式チャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCy1qd93CcOTvOrQ-QM8_pyQ

Amp Fiddler(アンプフィドラ―)

アンプフィドラ―はアメリカのアーティストでかなりの大御所です。

ジャンルはファンク、R&B、ソウル等多岐にわたります。

曲にもよりますが、結構ジャミロクワイと似ています。

Ben Westbeech(ベンウェストビーチ)

ベンウェストビーチはイギリスのブリストル出身のアーティストです。

もう、聞いた瞬間に「ジャミロクワイ?」と錯覚したほどに曲の系統としては似ています。

ジャンルはジャズ、ファンク、ハウスなどに該当します。

公式チャンネル:https://www.youtube.com/user/BreachUK

スポンサーリンク
Jpopにしか興味がないのならdヒッツ一択!!

世の中には実に多くの音楽配信サービスがあります。

しかし、どれもこれも毎月1000円を超えるものばかり。

1000円って一度きりならそこまででもないですが、毎月となると結構気になる額です。

それも数か月、一年と期間が長くなるごとにその損失は増え続けていきます。

、、、恐怖です。

音楽配信サービスの価格設定はおよそそのラインナップの広さと相関があります。

つまり、価格が高めの配信サービスはそれだけ洋楽やJPOPなどといった様々なジャンルの楽曲を配信しているのです。

しかし、「わたしは洋楽とか特に興味なくてJPOPしか聞かないんだよな」という人にとっては、洋楽のラインナップが充実していてもあまり意味がありません。

もっぱらJpopしか聞かない人にとっては、洋楽分の料金を毎月無駄に払い続ける事になって損なんです。

もっぱら、Jpopしか聞かないという人には、断然dヒッツがおすすめです。

価格は月額税込み550円と破格的な安さ。

総楽曲数は約500万曲。

他社と比べると少ないようですが、これはほとんどが「Jpop」の楽曲数です。

他サービスは海外の楽曲が大量に含まれているから数千万曲のラインナップなんです。

dヒッツはJpopに特化しているから500万曲という楽曲数だという事を忘れてはいけません。

Jpopだけで500万と言ったら相当な数ですよ、実際。

そして、自分独自のプレイリストも作成できます。

自分の今感じていている感情別にプレイリストを作っておくと、自分のメンタルコントロールにも役立つのでこのプレイリスト昨日は日々のストレス管理においても非常に有益です。

dヒッツには他にも以下の様な機能があります。

  • 複数端末で利用可能
  • スリープタイマー
  • 音質選択
  • 端末内保存の音源も再生可能

特に、この中だと、端末内保存の音源も再生可能は結構ありがたいですね。

わたしの知人にジャニーズ系アーティストの曲にしかほぼ興味がないため、dヒッツで自分独自のプレイリストを作成して毎日ヘビロテしているという人がいます。

彼女の場合、洋楽で気になるものをたまに見つけた場合はユーチューブで探して聞いているそうです。

ただ、やはりユーチューブは宣伝が挟まって気分がぶち壊されるとのこと。

※広告なしのユーチューブプレミアムは月額が1000円超えで割と高い。

きちんと楽曲の世界観にひたりたいのなら音楽配信サービスを利用したほうがいいといっていました。

dヒッツは初回の場合31日間無料で利用できていつでも解約できます。

もし、使ってみて「なんか期待したよりもラインナップが少なかったな」とか「自分の好きなアーティストの曲が充実してない~」と思ったらすぐに解約すればいいです。

31日以内ならまったく損失は発生しませんから。

コスパよくJpopを楽しみたい人は使わない手はありませんね。

毎日、好きなアーティストの曲を聞いてテンション上げて過ごしましょう。

さあ、まずは無料体験から!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事