「あつまれどうぶつの森島創造記第4話」好き嫌いの多い博物館館長と憧れのマイホーム。
スポンサーリンク

まずは、前回までのおさらい。

前回のあらずじ

島での生活に少しずつ適応してきたグレン。

島で虫取りや海や川で釣りをするなどしてちゃくちゃくと生物を捕獲していく、、、。

そして、その副産物としてマイルもたまっていくのであった、、、。

グレンはそのマイルを使い、たぬきちにもらったアプリであるマイデザインを「proバージョン」へとアップデート。

早速、自分なりにマイデザインで服を作ってみるのであった、、、。

前回の記事はこちら。

ただ今の住民。

  • アイーダ
  • ガブリエル

どうも、あつもりを楽しんでいるオニギリの中の人、紅蓮です。

今日もあつもりライフを満喫していきたいと思いやす!!

このシリーズは以下のような人のお役に立てるかと思う次第。

  • あつもりをこれから始めたい人
  • あつもりをもうすでに始めているけど島をどう作ったらいいかわからない人
  • 暇つぶしになる読み物を探している人

※多少時系列がおかしい点はご容赦を。

では、ゆるりとおおくりします。

スポンサーリンク

フータが島に来る、、、だと?

採集を地道につづけてたぬきちに魚と虫を合わせて合計5種類提出すると、たぬきちよりたぬきちの古くからの知人である博物館館長のフータ氏がこの島に直接来るとのむねを告げられます。

そこで、たぬきちから急きょフータ氏のテント設営の場所を決めてくれないかと打診されるのでした。

そして、何故かまめきちからはちょっとした豆知識をおしえてもらいます。

んでも、「フルーツのような(なんでまだようながついている??)食べ物を食べると思いがけないパワーが出る」んだそう。

具体的に言うと、岩をたたき割ったり気を引っこ抜いたりできるんですな。

んー、まめきちありがとう。

多分、この情報は地味に役に立つわ。

そうだ、家を建てよう!

何となくの直感でフータ氏のテントは砂浜の近くに決定しました。

ここは見晴らしがいいし、フータ氏もきっとご満悦では?

そして、たぬきちにテント設営が無事終了したことを告げに戻るとなんでかわかりませんが、「テント狭くて大変じゃね?」みたいにこっちに共感するような前振りの後にマイホームの建設を進めてきました。

ははーん、またでたね、たぬきち商法。

このタヌキ煮ても焼いてもくえないっすね、テント設営で疲労して判断力鈍っているところを狙ってこういったデカい買い物をさせようとしてくるか(笑)。

基本、相手の判断力を鈍らせたところで大きな買い物させようとしてくるのな。

さて、この世界にもクーリングオフとかってあるんかな??

確か、宅建の勉強してたときにいろいろメンドクサイ制限が沢山あったが、、、まあ、それ言い出したらきりないか(笑)。

あくる日、全ては完了していた

次の日、なんとたぬきちが演説!?、、ではなく「島内放送」をしていました。

なんでも、毎日島の出来事を伝える事が目的のよう。

そして、たぬきちによる報告は以下。

  • ・飛行場のオープン
  • ・フータ氏の来訪

「え!?フータ氏来るの早くね??」

まあ、早いことはいいことです。

むしろ、「来るのに1週間かかりマウス」なんて言われないでよかったよかった。

で、朝になると見事に家は建設済み。

見た目はかなりかわいい模様。

うん、なんかやっと「あつもりやってる感」が湧いて来たな。

いい感じ。

リア充ならぬ「あつ充ってカンジ?」

ただ、昨日からの採集で家の前が完全に物置状態www

まあそれはさておき、早朝から恒例の採集活動開始!

すると、アイーダと遭遇。

おまえさ、夜行性じゃなかったん?

昨日の夜、普通におそくまで起きてた気がするんだが、、、、。

何時ねてたん??

おめめパッチリやん、、、でもよく見ると目に生気がない?(笑)。

で、砂浜を歩いているとメッセージボトルを発見しました。

中に何のメッセージが入っているんだろうか、、、、。

確認してみると、なんとDIYレシピをプレゼントしてくれるとのこと。

てか、送り主がアマミンって、、、、もしかして、奄美島の人なのかなあ、、、、ま、知らんけど。

で、レシピを確認してみると「もくせいのすがたみ」でした。

つまり、全身が見える鏡ってことですな。

これを使うと自分の姿を自由に整形、おっと、、、、見た目や髪型、髪色なんかを変えられるようになるんですね。

そして、一端家に帰ってポストの確認。

すると、、、、ははからの手紙!!?

「おかあちゃ~ん!!」ということで、ポケットにしまいもう一通を確認。

ん?「ハッピーホームアカデミー」なる謎の組織からの挑戦状、いや「家の建築祝い」が届いていました。

本当、演出が細かいなあ。

さすが、あつもり。

館長は好き嫌いが激しい??

そんなこんなでやっと気になっていたフータ氏のもとへ。

フータ氏は、、、「安定のフクロウ」でした(当たり前)!!

「え!?永住??気が早くね??」

もはや、ここまでくるとフッかるというより「軽率」では??

そして、なんとフータ氏、川を飛び越える道具である「たかとびぼう」のレシピをくれたではありませんか!!

これで活動範囲がましましのまし!!

圧倒的感謝!

そして、他にもかせき発掘のためにスコップのレシピもくれます。

んー、気が利くな、さすがフクロウは違う。

で、博物館建設に必要なさかなと虫の数は15種類とのこと。

うん、余裕余裕(汗)、、、、見つけてやんよ(必死)。

で、早速てもちの虫をまず寄贈。

、、、すると、、、、

この顔である。

どうやら、フータ氏は大のむし嫌いの模様。

まあ、わたしも同じだからわかるぜ、むしキモいよな。

ただ、それでよく博物館の館長やってんなあ、、と思わずにはいられない(笑)。

しかも、説明もしたくなさそう。

そうか、ヤドカリもむし扱いだったか、、、。

「ヤドカリってなんだっけ?」

家のローンはマイル不可?

そして、また一旦家に帰宅し家の前の生物をフータ氏に渡す準備をしようと、家路を急ぎます。

その道中でプレゼントのぶら下がった風船に出くわしたので、ぱちんこで撃ち落としました。

そのプレゼントの中身はDIYレシピ。

こんなこともあるんだな、ラッキー☆

そしたら、また風船。

今度もまたもやレシピ。

ついていすぎて怖い」

で、ここでなんとなく気分的にたぬきちのテントに立ち寄ってみました。

すると、、、、

たぬきたちの密談が行われていました。

しばし、立ち聞き。

そして、たぬきちはこちらに気付くと何もなかったかのように、話を振ってきます。

開口一番これである。

なんなんだろうか、この若干恩着せがましい言い方は、、、、。

まあ、いいや。

で、家を持っている人は謎の組織「ハッピーホームアカデミー」の会員にならないといけないようです。

はあ、なるほど、だからあの手紙が来ていたわけか。

で、おもむろに家のローンの話題に移行。

また今回も「マイル払いできるんだろ」とタカをくくっていたら、「現金で払え」とのこと。

どうやら、マイル払いは「特例措置」だったようです。

ざっとその額98000ベル!!

うわあ、いきなりデカくなったなあ(笑)。

てか、たてる前にこの金額聞いたっけ??

全然、「記憶に御座いません」

しかも、高笑いしながら「現金で払ってね!」とかいうなし、、、。

さて、これからローンを無事に返済できるのか、、、、。

分割とはいえ心配だ。

おわりに

今回は「「あつまれどうぶつの森島創造記第4話」好き嫌いの多い博物館館長と憧れのマイホーム。」をおおくりしました。

今回新しく島にやってきた博物館長のフータ氏は予想外に大のむし嫌いということで、まあ少しは気が合いそうな予感。

住民もまた一人増えてにぎやかになってきました。

ただ、たぬきちから98000ベルもの多額のローンという十字架を課せられてこの先の島生活に不安を覚える次第、、、。

さてさて、このまま無事にやっていけるのか?

いつか、たぬきちに臓器をうられるなんてことになんなきゃいいんだなも。

気が向いたら、あつもり専用垢のフォローもよろしく!

またね!

スポンサーリンク
おすすめの記事