『あつまれどうぶつの森島創造記第41話』2人の眷属と異界の神。
スポンサーリンク

まずは、前回のおさらい。

前回のあらずじ

前回はたもつの誕生日を祝ったグレン。

島の住民の誕生日を祝ったのはこれが初めて出逢った。

順調に島の住民たちとの交流を深めるグレンであったが、そんな中シャールデンが何やら死者蘇生の儀を執り行いたいとの話をグレンにしてくる。

グレンはまたかとおもいつつもこれを承諾。

シャールデンが蘇生した死者とは「神を超えようとして世界ごと神に消されたという科学者」であった。

一体シャールデンは何を企んでいるのか、、、、。

前回はこちら。

ただ今の住民と眷属等。

  • シャールデン
  • カムイ
  • まるこめおしょう
  • マーガレット
  • ガブリエル
  • フータ
  • しずえ
  • ルーシー
  • メリヤス
  • たもつ
  • リカルド
  • チャック
  • ブレンダ
  • オリビア
  • マール

どうも、あつもりが楽しくてシャーないオニギリの中の人、紅蓮です。

今日もあつもりライフを満喫していきたいと思いやす!!

このシリーズは以下のような人のお役に立てるかと思う次第。

  • あつもりをこれから始めたい人
  • あつもりをもうすでに始めているけど島をどう作ったらいいかわからない人
  • 暇つぶしになる読み物を探している人

※多少時系列がおかしい点はご容赦を。

では、ゆるりとおおくりします。

スポンサーリンク

ネコは丁重にもてなそう

今日もしずえさんは超辛辣。

あいかわらず真顔で「おめえに言うことは何もねえ!」といってきます。

きっつ!

で、今日も手紙確認。

今日の手紙にはどちらもプレゼントが添付されています。

メリヤスからはこれ。

そして、ジョニーから来たのがこれですな。

ストーンヘンジはなんか使い道ありそうですね。

今日は紫のバラもオレンジのバラも何も咲いていないので、あおいバラプロジェクトは特に進展なし。

そして、今日はグレンは先日越してきたばかりのマールにプレゼントを贈りに行きます。

グレンは本当に猫がすきですなあ。

あと、たもつに今日はちょんまげをあげましたが、、、

「かぶってくれなかった」

模様。

、、、グレンとしてはかなりくやしいっすね。

ちなみにオリビアにも贈り物。

そしてこの日の夜、グレンは貝殻のアーチを作っていましたとさ。

異界の神

次の日、昨日しずえさんはまた対談番組を見ていた模様。

今日も朝から手紙確認。

今日の手紙はマーガレットからです。

どうやらウォールクロックをおくってきた模様。

そして、この日グレンが仕事をしていると客人が来ました。

それは、、、

グレンと長い付き合いのある異界の神であるフェアル。

彼女はかなり長いことメンヘラ化して次元の彼方に引きこもって音信不通になっていた模様。

グレン
「おお!!フェアルではないか!!久しぶりだな!」

グレンは久々の親友との再会をかなり喜んでいるようです。

フェアル
「フェアル参上!」

フェアルはテンション高めが普通だったので、いつもどうりって感じです。

グレンは彼女に対して「やっとメンタルが安定し始めたんだな」と思った模様。

グレン
「よく来たな!」

、、、、しかし、、、

フェアル
「グレンちゃん、、、実は今日はお願いがあってきたんだぁ、、、」

グレン
「?、、、自分の世界を立て直すための協力か?それならすぐにでも力を貸すぞ?」

フェアルの世界はあまりに荒廃しすぎてしまったため、フェアル自身が精神をやられて嫌になって世界を消滅させてしまった模様。

※この世界では理性ある生命体の幸福感の総量が神の力の総量になる。世界の幸福感の総量が著しく減少すると神は病んでしまう。

そのために、フェアルは長いこと閉じこもっていたという話です。

フェアル
「あのね、グレンちゃんの第一眷属のカムイ君をわたしにくれないかなあ、、、?」

グレン
「!!?なにぃ!?なんでそうなる!?」

どうやら、フェアルによると次元の彼方に引きこもっているときに、偶然出会ったカムイと交流するうちに好きになってしまった模様。

しかしある日突然カムイがフェアルのところに来なくなったので、フェアルはカムイを探しに来たとのことでした。

グレン
「カムイはやめておけ、、、。

あいつの女癖の悪さに関して、われはあきれ果てている。

あいつだけは悪いことは言わんからやめておけ。

振り回されるだけだ。

身近に置いていいことはない。

さらにいうなら、病んでいるときの恋ほどろくな選択はしないもの。

今は自分の世界再建に専念したほうがいいと思うぞ。

協力が必要なら言ってくれ。」

グレンは何とかフェアルを冷静にさせようとしている模様。

、、ところが、フェアルは一歩も引きません。

フェアル
「ふふ、、、なかなか手に入らないなんて燃えるじゃない、、、。

グレンちゃんがなんて言っても彼はわたしのものにするから、、、。

て、ことでまずはプロビデンス島に移住するからこれからよろしくね。」

グレン
「ぐぬぬ、、、相変わらず手に入れたいものは何が何でもとろうとするのだな、、、。

まあ、分かった。気が済むまでやってみればいい。

言っておくが、あいつを縛り付けるのはわれでもできん。

自由をはく奪されるくらいなら消されてもいいとごねるような奴だ。

力に服従するような奴ではないぞ。

お前がいくら神であってもあいつの心は支配できんぞ。」

フェアル
「やったー!じゃあこれから同じ島の住民としてよろしくねー!」

グレン
「、、、こいつめ、聞いてないな、、、、ああ、、、よろしくな、、、」

グレンとしては凄くめんどくさい新住民が増えてしまったようです。

遅れてきた眷属

面倒な新住民があいさつにやって来た後、また来客があった模様。

今日はなんだかすごくいろんな客がやってくる日です。

サフィア
「主よ、遅ればせながらはせ参じましてございます」
ネメッサ
「主よ、遅ればせながらはせ参じましてございます」

で、そのやってきた客というのはグレンの第3眷属と第4眷属のネメッサとサフィア。

※ネメッサは公平性と義等を世界に反映させること、サフィアは世界の歴史や智の全てを記録することを仕事としている。

グレン
「おお、2人とも来たか!」
サフィア
「はい、主におかれましてはご機嫌麗しゅう」
ネメッサ
「はい、主におかれましてはご機嫌麗しゅう」

グレン
「うむ。ただそんな堅いあいさつなどいらんぞ。

毎回そう言っておろうに。

もっと、気楽にふるまえばよいのだ。

二人ともまじめすぎなのだ。

もっと気楽にすればよい。

われもその方が好きだ。」

今回やってきた2人の眷属はどうも結構な堅物の模様。

そして、2人からそれぞれ近況を聴いた後、サフィアはすぐに帰っていきました。

ただ、ネメッサはまだ何か話したいことがあるようです。

ネメッサ
「主に久々に会えて心よりうれしゅうございます」

ネメッサ
「ただ少しばかり気にかかることがあり、主との再会を喜んでばかりもおれません。

お耳に入れたいことがあります故、少々お時間を頂戴したく存じます。」

ネメッサは急に真顔になります。

ただ、グレンはなんとなく何を気にしているのか察しがついていた模様。

彼女が気にしていたのは、先日シャールデンが蘇生させたドクターバベルの件。

世界の均衡を崩す可能性を考えるとどうにも居ても立っても居られないとのこと。

彼女はいざというときは自分が盾となって消滅してでも主であるグレンを守り、シャールデンともども相打ち覚悟で戦うとの意思を表明。

そして、毎回のように暴走するシャールデンの封印も検討してほしいとのこと。

義を尊ぶネメッサと力を正義とするシャールデンは犬猿の仲、あうと結構な確率でケンカをしているような関係です。

※実際的な力ではシャールデンの方がかなり上だが、彼女は直ぐ油断するし詰めが甘いため勝負自体はネメッサにいつも完敗している。

ただ、彼女は私怨で行動するような奴ではなく、行動にはきちんとした正当性が必要と考えている模様。

グレン
「ううむ、、、、シャールデンは確かに暴れん坊だが、あいつの存在も均衡に大いに資している。

キレイすぎる世界に生命は住めぬ。

毒も薬も併せのんでこその世界であろうと思うのだ。

大事なのは均衡よな。

まあ、ゆえに正直、あいつを消したり封印したりすることは現時点では妥当ではないと思っている。

今回の蘇生の件に関してはわれも気にはなっているが。

まあ、なによりお前の忠言は心から嬉しいぞ。

お前には忙しいところ申し訳ないが、あいつの動向に関して今後無理のない範囲で監視を頼む。

われも引き続き注視する。」

ネメッサ
「主の雅量に富む対応に心より感謝申し上げます。

また差し出がましいことをして申し訳ありませんでした。」

あいかわらず、こいつは堅苦しいのを直す気はないようです。

グレンはマジで堅苦しいのが嫌いなんですがねえ、、、。

困ったもんです。

即死系?の口癖

そして、この日。

めんどくさい客ばかりで嫌になったグレンが散歩していると、口癖で悩んでいるチャックと遭遇。

グレンは何となく今の気分に流されて、反射的にあの有名な断末魔の叫びをすすめてしまいました。

なんか、、、、これで本当に良かったのか、、、、?

これは本当にチャックのためになっているんだろうか、、、、。

はなはだ疑問ですねえ。

おわりに

今回は「『あつまれどうぶつの森島創造記第41話』2人の眷属と異界の神。」をおおくりしました。

今回はプロビデンス島にいろんな新しい住民がやってきた模様。

それにしても、異界の神であるフェアルはシャールデンと同じく一波乱起こしそうな予感。

一体今後何が起こってしまうのか、、、。

どう考えても、グレンのスローライフはこれで崩壊決定でしょう。

気が向いたら、あつもり専用垢のフォローもよろしく。

またね!

スポンサーリンク
おすすめの記事