『あつまれどうぶつの森島創造記第30話』商店改装とうごめく眷属達
スポンサーリンク

まずは、前回のおさらい。

前期のあらすじ

プロビデンス島にグレンの眷属たちがやってきて島はより人口が増えて活気づいてきた。

しかし、第2眷属のシャールデンの根本はサイコパスっぽいため、放置しておくと暴走して予期せぬ被害をもたらしかねない。

グレンとしてはシャールデンをしっかりと管理しなければならないので、また一つ厄介な仕事が増えたともいえるのであった。

ただ、島の整備は非常に順調。

住民街は徐々にではあるが、日々整備されていくのであった、、、。

ただ今の住民。

  • アイーダ
  • ガブリエル
  • フータ
  • しずえ
  • ルーシー
  • メリヤス(予定)
  • たもつ
  • リカルド
  • チャック
  • ブレンダ
  • オリビア
  • タケル

どうも、あつもりが楽しくてシャーないオニギリの中の人、紅蓮です。

今日もあつもりライフを満喫していきたいと思いやす!!

このシリーズは以下のような人のお役に立てるかと思う次第。

  • あつもりをこれから始めたい人
  • あつもりをもうすでに始めているけど島をどう作ったらいいかわからない人
  • 暇つぶしになる読み物を探している人

※多少時系列がおかしい点はご容赦を。

では、ゆるりとおおくりします。

スポンサーリンク

眷属始動

今日はしずえさんから重要報告が。

タヌキ商店の改装工事が明日から始まるとのこと。

そして、先日プロビデンス島にやってきたグレンの眷属であるシャールデンとカムイですが、家の最低限の内装も整って二人はそれぞれに活動を開始し始めたようです。

シャールデンは地獄の管理人であり島の防衛を担当しカムイは島の広告やイベントの開催を担当してます。

カムイは基本なまけものなので未だ海で遊んでばかり。

シャールデンはというと島に来てすぐに「たもつというおもちゃ」を見つけてしまっているため、どうやってたもつで遊ぶかを無邪気に考えている模様。

カムイはともかくシャールデンは「サイコパス」疑惑が濃厚なので、見た目はともかくほっとくとかなり危険な奴でしょう。

さて、どうぶつたちとはいったいどんな交流が生まれるのか、、、、。

グレンとしては気が抜けないでしょう。

今日も島は平和

島にサイコパス?がいるとはいえ、今日もプロビデンス島は平和です。

今日も島の整備を続行。

グレンは階段の建設をした後、たもつに「こいつにこれを着せたらおもしろいぞ」というアイテムをひたすら送り付ける気満々でたもつの家へ。

今日たもつにあげるのは「ヘアターバン」。

しかし、たもつもこちらの意図を先読みしているのかこちらの思惑通りにヘアターバンをかぶってくれません。

グレンとしては

「たもつめ、、、、」

と少し不機嫌な様子。

まあ、仕方ないですよね。

順調な島整備

翌日、事前予告の通り、タヌキ商店は改装工事が行われている模様。

そして、先日勧誘したメリヤスが来島したとのこと。

今日はガブリエルからなにやら手紙が来ていた模様。

「あかん、、、、夢と現実をごっちゃにするタイプやん」

グレンは多少困惑気味。

さて、タヌキ商店を確認に行くと確かに工事中の模様。

「今日は採集品を売れないから収納にためて後日売り飛ばすしかないな」

グレンは少々メンディーよう。

気を取り直し、今日も移設作業です。

今日のターゲットは

「リカルド」

です。

グレンはすぐさま場所を決定。

そして、煉獄エリアと憤怒エリアをつなぐ階段を建設。

この会談を設置したことで島に設置する予定であった階段はあと残すところ住民街と地獄エリアをつなぐもののみ

整備も大分佳境に入ってきましたね。

メリヤスはやはりかわいい

作業が一通り終わってから、メリヤスのところへあいさつに行きます。

「ふむ、やっぱりメリヤスは可愛らしい」

一部では闇落ちしたチャチャマルなんてやゆされているメリヤスではありますが、普通にかわいいのでグレンは大満足です。

まあ、やはり住民に可愛いと思えるどうぶつが増えると楽しい気分になるもんですね。

たもつとは何者なのか?

また今日もグレンは懲りずにたもつにアイテムを送り付けます。

今日あげるアイテムはというと、、、

「たまごのから」

さすがのたもつも「こんなものいらねえよ!」といった感じでしょうか、、、?

いや、どうやらそれは杞憂だったようです。

たもつはかなり気に入った模様。

てか、それ「たまごのから」であってどう考えてもぼうしではないんだけどなあ、、、、。

「たもつ、ちょろすぎて草」

失笑せざるを得ませんな。

そして、たもつは「たまごのから」を装着。

これみて思ったことは

「たもつは卵から生まれて来たのでは?」

という疑問。

冷静に考えると、たもつはゴリラなのでどう考えても哺乳類。

卵から生まれてきたはずはないんですけどねえ。

あまりに違和感がないんで、「たもつとは卵生のゴリラである」と断言してもいいじゃないかって気がしてきます。

、、、たもつっていったい「何ものなんでしょうか??」

、、、、、これはあつもり最大の謎ではないかと思うんですけどねえ。

「、、、、違和感がない、、、、卵から生まれたてのゴリラだわ、、、」

きんのパチンコ??

たもつの衝撃的な姿を見送った後、今度はアイーダに遭遇してリアクションを教えてもらいました。

で、アイーダとの遭遇後、浜辺をうろついているとなんか見慣れないきんのふうせんがとんできたのでグレンは風船を打ちおとします。

すると、、、

「きんのパチンコのレシピ」

を入手しました。

※300個の風船を割った後に、「きんのパチンコ」のレシピが入った風船が飛んでくる。

タヌキ商店リニューアル

翌日、無事タヌキ商店の階層は完了したとのこと。

で、今日はブレンダからて手紙が来ていた模様。

結構、住民たちから手紙が来るもんですねえ。

グレンは忙しくて住民に手紙を出したりはしたことはないのですが、そろそろ誰かに手紙を返していこうかって気持ちになっているようです。

そして、昨日建設した階段を確認しに行きます。

「ふむ、、、無事に完成したようだな」

あと、タヌキ商店も随分と立派になりましたね。

どんどん島の整備が進んでいきます。

ジェイ再び

今日も引き続き移設作業。

今回のターゲットは、、、

「タケル」

です。

即座にタケルの家の移設予定地を決定。

そして、地獄エリアへと続く階段も建設。

これで島に建設する階段は全て作り終えたことになります。

ちゃくちゃくと島は完成へ向かっています。

その後、ガブリエルからリアクションを教えてもらいました。

そして、浜辺をほうろうしていると例の「もはやジョニーでしかないかいぞくのJ」がまた倒しれたので、グレンはJをたたき起こしてまた例のごとく通信機を探してあげましたとさ。

おわりに

今回は「『あつまれどうぶつの森島創造記第30話』商店改装とうごめく眷属達」をおおくりしました。

先日プロビデンス島に上陸したグレンの眷属たちもおのおの島での生活を始めた模様。

遊び人のカムイはともかくサイコパスっぽいシャールデンに関して何をしでかすのか予想がつきません。

彼女がグレンの予想を悪い意味で裏切る奇行に出なければいいのですがね、、、、。

さてさて、どうなることやら。

気が向いたら、あつもり専用垢のフォローもよろしく。

またね。

スポンサーリンク
おすすめの記事